ブログ_自主トレッ!!

ブログ_自主トレッ!!

ブログ初心者。「自主トレ」タイトルの元、気軽な投稿をめざします。
書きたいことはいっぱいありますが、ブログがよー分からず、ここでトレーニングさせて下さい。

 

 

「なつぞら」1.5ヶ月遅れでやっと観た

ビデオ録画で溜め置いていた「なつぞら」をやっと見た。

世間では少々厳しい評価も多いようだが、自分の感想では、『最高』だった。

 

草刈正雄ふんする秦樹さんの深みある演技や、主役なつのひしひしと伝わってくる心の揺れ、ドラマ全てで貫き通された温かな家族愛、どこをどう切り取っても、自分の中では最高のNHK連ドラだった。

 

また、ドラマ後半での舞台となるアニメーション草創期では、後に日本文化の代表となるアニメという新たなメディアに対し、当時のチャレンジャー達がどんな気持ちでこの新たな世界に果敢に挑んでいったいったのか?を、北海道の開拓者魂に絡めて伝えてくる、この脚本の巧みさ、本当に頭の下がる思いでいっぱいです。

 

全て手書きで制作されていた、当時のアニメ作成の過酷さや、追い風を受けて勢いに乗った、いけいけどんどん的な作品作りから一転! クライマックスに向けてはアニメを愛する現場の人たちの思いが込められ、日本のアニメが“質”に舵をきりかえてゆく転換点へ繋げてゆく流れも素晴らしい。全編を通して本当に気持ちの良い丁寧なストーリーで、違和感なく感動に浸れたと思う。

 

さらにさらに、伏線で描かれていたなつの妹、千遥の境遇や彼女を取り巻く人たちの(結果としての)暖かな描き方や、ムードメーカーとして無くてはならない山口智子ふんする亜矢美さんの描き方など、書いても書いても書ききれない、人情豊かなストーリーが、無理なく飽きなく、人生の機微もしっかり描きつつ最後まで走り切ってくれていて、こんな名作は滅多に無いものだと、本当に感服仕った、最後の1ヶ月分は泣き通しで、ハンカチが手放せない作品だった。

なので、今、この文章を作っている私は、世間からはずれた「なつぞらロス」状態でございます。

 

この思いを、キーボードに叩き付けないわけにはいかず、今、この瞬間、この文章を綴っております。

 

・・・・・

ここからは、ちょっとだけマニアックはことを書きますね。

 

この作品は、バックに本当のアニメ聡明期作品(タイガーマスク、デビルマン、ハイジ、火垂るの墓)などなどをパロった作品がでてきます。こんな、今や知る人ぞ知る“アニメの名作”を臭わせるニクい演出も香る程度の適量で上手い。これらの作品を観て育ってきた僕たちの古い記憶をこそぐることで、よりこの連ドラへの没入感が高まったことは否めません。

 

当然作品だけではなくて、今や世界のアニメ界にその名を轟かせている、高畑勲さんや、宮崎駿さん、スタジオジブリ を臭わせる人や会社が出てくる粋な演出も相まって、これらの作品や作り手と共に生きてきたファンとしては、もう黙っちゃいられないってな作品に仕上がっていたと、本当に思います。「流石NHK、その距離感できたか〜」という楽しみ方は、ちょっとマニアックな楽しみ方ではありましたが、旧来からのアニメファンを楽しませる演出としては、本当に絶妙な演出だったと思う。

 

一般受けはともかく、アニメコア世代でアニメ好きだった僕のような人間には、「大大大大作」だったと、声を大にして言いたいっ!!!

 

それにしても広瀬すず、すっごい素敵な女優さんに成長したね〜。一部のバッシングに負けず、素直にこれからも成長していってほしい女優さんの一人です。

 

〜 以上 〜

 

 

 

今回並(2019年10月12日上陸 台風19号)の台風が毎年来るのが当たり前になるという報道・・・から思うこと。

今回の台風19号による河川氾濫/洪水災害報道を見ていて思うのは、被災した人々はこれからも、あの、被災の可能性がある土地に住み続けるのかなぁ・・・? ということ。

顕在化している異常気象 → 巨大台風に毎年襲われるとしたら・・・

報道を見ていると、今回の台風は今後、特別な台風では無く、毎年のように押し寄せる台風の一つになる可能性が高いと語っている。

 

このような報道を聞かなくても、どんどん加速してゆく世界的な異常気象の猛威を見ていれば、今回のような台風が今後も日本を襲うであろうことは、誰もが容易に想像できる、普通の感覚なのだと思う。

 

そこで、ふと・・・、思った。

 

今回並の(19号)台風が毎年来るのが当たり前になることを前提に考えたら、被災者は同じところに住み続けて良いのか? 近い将来、また同じ水害に遭う可能性が充分に有るという事実を目の当たりにしつつ、被災した家を修理/建替すべきなのか?

今までの対症療法的な再建では対応できない?

例えば地震による震災は、ある程度周期性がわかっており、かつ技術的にも耐震建築工法が進んでおり、同じ土地に再建するにも、【次】に備えた再建ができる。

 

しかし水害は、温暖化の影響で毎年襲われる可能性が高まっていて、しかも防ぐ手立てが(基本的に)無いという、厄介な災害であることを前提に考えなければならない。

 

当然、コストや対人関係、仕事や学校などなど諸々を考えると、気軽に別の土地に住めるものでも無いということはわかっている。

 

が、それでも・・・、水害の特性を考え、繰り返すリスクを考えると、同じ土地での再建は早い段階で見直すべきだと思う。

それでも、水害に備えつつ、同じ土地に住むとしたら。

それでも被災地で新たな生活を再建するのであれば、先ずは昔から水害に備えた「輪中」の智恵を現代の家に取り入れる必要がある。住宅下部は水に浸ることを前提に考え、重要な生活道具は2Fより上に設置する。また、避難に使う船を常時準備しておく。そんな、洪水対策を施した家にする必要があると思う。

 

それでも、5mを超える洪水には一軒家は耐えられないことを考えると、いっそ集合住宅化(タワーマンション化)してしまい、下部の水没リスクを共同でヘッジした住宅にするしか、その土地に住み続けることを前提とした洪水対策にはならないんじゃなかろうか?。

 

当然この場合、武蔵小杉で発生したような、タワーマンション特有の電源消失リスクをヘッジする構造対策は必要ですが、最悪、共用下部が浸水で被災したとしても、各家庭の家財いっさいを守ることは可能になるうえ、再建も共用部のみ、住人全体で負担しつつの再建が可能となる。これならば、今のような、各戸各々での再建期待より、よほど現実的な再建が計画できると思う。

自然災害は抗せ難い。ダイナミックに住む場所見直し含めた発想で、来たるべき未来の日本の姿に備えよう

洪水、津波、自然火災、崖崩れ、雪崩、猛暑、などなど、地球の上で生きていく中で、自然災害は避けて通れない。この事実は変わらないとしても、できる限りこれらの災害からは距離を置きたいのは、誰しも同じだと思う。であれば、住む場所から見直す時代に入ったのでは無いかと思う。

 

折しもこれからは、少子高齢化/過疎化が進んで行くことも明白な時代であり、住む場所を徐々に変えていかないと、過疎化した地域が各所に散らばったような、薄くて穴だらけの日本に今後突入してしまう。

 

このような、過疎偏在多状態を避けるためにも、前述の被災可能性をヘッジするためにも、住む場所を変えるダイナミックな変革を、国民皆で考えるべき時代に入ったのだと思う。

 

〜 以上 〜

 

 

身体が治る・・・って凄くない???

最近、足を捻挫した。「捻挫」って何がどうおかしくなったのか、目に見える怪我と違って「ただ漫然と痛いだけ」なだけに、原因が良くわからない。

原因が良くわからないだけに、対処も「湿布を貼る」程度しか無く、あとは日薬しか無い。

 

・・・で、ふと思った。

 

人の身体は、この得体の知れない「捻挫」をしっかり治してくれる。何がどうなってこんなに痛いのか?理解不能な事象にもしっかり対処してくれる。これって地味に凄いことでは無かろうか?

 

恐らく身体の中では、細胞君達が捻挫発生部位に集まり、「お! ここの筋肉が断絶して傷んでる。この傷んだ筋肉細胞を取っ替えるぞ〜!!」 ・・・な〜んて声を掛け合って、一定の工期を見繕って、修理工事を行っている。 ・・・という風景が頭に浮かんできて、なんともその細胞君達が愛おしく思えて仕方が無くなり、こんなブログを書くに至った。

 

話は繰り返すが、人に限らず生物って、「自分自身をとにかく何とかできる限り治す」という力が備わっている。人類の英知がここまで進んでも、この仕組みは解明し切れていないし、仕組みが緻密すぎて永遠に正しく理解することはできない気がする。

これって、やはり文字通り”神業”なんだと思う。

 

・・・もしも僕たちにこの能力が無かったら、痛みが永遠に続くことになって・・・・こりゃもう、地獄ですね・・・・。

因みに、きっかけとなった捻挫、やらかしてから10日ほど経ちましたが、未だ微痛あり。想定以上に工期が長引いているようで、見かけ以上に根が深い捻挫だったみたいです。(^_^;)

 

〜 以上 〜

 

 

読書メモ: 池井戸 潤 著「ノーサイド・ゲーム」

【きっかけ】

2019年9月 ラグビーワールドカップで日本が歴史的な連勝記録を樹立。国中が湧く中、僕も御多分に洩れずにわかラグビーファンと化して毎週のラグビー中継を楽しみにするようになった。

そんな中、この小説を原作とする(日テレに塩を送るような、ラグビー熱を煽る)ドラマがTBSで放送されていた。たまたまそのダイジェスト版の、しかもそのほんの一部を観てしまった。

この二つが重なり、「よし! ラグビーワールドカップが終わる前に、熱に任せるまま、この小説読んじゃおっとっ」と思ったのがきっかけ。

【感想】

タイトルからもドラマのちょい見からも、スポ根ドラマなのだと勝手に思い込んでいたらものの見事に違った。考えてみれば当たり前で、”池井戸潤”がそんな単純小説を書くわけは無く、しっかり社会派/企業ドラマを描く重厚エンターテインメント小説になってて充分楽しめた。

惜しむらくはその出来映え。無名小説家の作品であればこのレベルで充分満足ゆく、上級作品として世の中に評価されると思う。・・・が、今まで池井戸潤作品を充分に堪能してきたいちファンの目には、ちょっとだけ・・ほんのちょっとだけ、マックスに辿り着き損ねた、(池井戸潤作品の割には・・・という前振りがつくものの・・・)単調かつ無理のあるストーリー展開を感じた。

勝手な想像だが、今回はラグビーワールドカップに合わせてドラマの制作が必要で、その原作となるこの本にも譲れない〆切があり、いつもの池井戸潤なら、もう少し練り込んだストーリー展開も捻り出せたであろうレベルで、止むなくリリースしてしまったのではなかろうか・・・という想像が働いてしまう、ちょっとだけ惜しいできだったというのが、個人的な感想。

改めて言いますが、作品としては充分に楽しめます。良い小説です。ただ単に、池井戸潤ファンとして、あまりに高い期待を抱いているからこその「惜しい」評価ですので、誤解の無きように。

【ポイントメモ(本作からの抜粋)】

  • 戦術と才能のミスマッチは、結局のところ戦力のロスになります。逆に、選手の個性と戦術の歯車が噛み合えば、そこにはシナジーが生まれます。
  • 本気ってのは、相手に伝わるもんなんだよ。精神的な成長は、チームにとってもの凄い力になる。スキルやフィジカルコンディションをいくら鍛えても、それには及ばない。
  • 大事なのは、どうあるべきかを正しく判断することだ。誰でもわかる当たり前のことなんだよ
  • 簡単に変えられるものは簡単にダメになる。でも、苦労して獲得したものは大切な財産になるはずです
  • 逃げ回ってるより、ぶつかっていく方がずっと簡単なんだよ。必要なのは勇気だけ
  • 我々は社会人としての責任を常に背負ってここにいる。我々に必要なのは、変化する環境に対応し、そして常に逆境を乗り越える精神力なんだ。どんな状況だろうと負けない気持ちの強さだ。そういう精神力を持ったチームだけが生き残り、強くなれる。そういうものだと思う
  • 善と悪が入れ替わるというより、人間の感情は本来、二元的なものではなく、色でいえばグラデーションに近いのかも知れない。その細かな傾斜や配分は、様々な環境や出来事によって色合いを変え、その人ならではの、独自の色調へと変化していくのではないか。 誰もが常に善人でもなく、また悪人でもない。 だから人は変われるし、組織だって変われないことはないと思う。
  • 最後には道を過たず、理に適ったものだけが残る。逆にいえば、道理を外れれば、いつかしっぺ返しを食らう。自浄作用がなくなったとき、そのシステムは終わる

2019/10/13

 

 

遠地介護の母、大腸検査が延期となる。

大腸検査までの経緯

半月ほど前、担当ケアマネさんより「母が大腸検査を受けることになった。」と知らせがありました。母本人にTELで確認したところ、「定期検診でちょっとひっかかった・・・」との事。大事は無いと思うが、念のために検査を受けることになったのだと告げられました。

これまでに2度、がんを患ってきた母のことなので、3度目の宣告があっても不思議は無く、そんな背景もありちょっと心配ではありますが、兎にも角にも先ずは検査結果を待つしか無いと思い、検査日と結果が出る日を教えてもらいました。

検査当日にTELしてみると・・・

検査結果当日、検査がどんなだったか母にTELできいてみました。ところが、母曰く「前日飲まなければならない薬を飲み忘れちゃったので、検査が延期になっちゃったの。」との返事。なんでも、夕刻からの断食は覚えていたらしいのですが、同時に飲まなければならない薬については、すっかり忘れていたらしいのです。朝の段階で飲み忘れに気づき、直ぐに飲んで検査に臨んだらしいのですが、当然そんな状態では検査はできず、止むなく延期に・・・。

今回の反省

記憶力が弱っている母なので、大腸検査に備えた準備のことを前日に本人に確認すれば良かったと反省しきり。反面、何でもかんでもこちらからTELでフォローしていると、本人の(記憶が弱っていることに対する)自助努力を怠ってしまいそうな危惧もあり、このあたりのさじ加減がなかなかに難しく感じる今日この頃。

ただ、今回のような重要イベントについては、可能な限りフォローするようにしようと、改めて肝に銘じるできごとでした。

ー 以上 ー