きていることがあたりまえすぎて、

 

あらためて「いのち」について考える暇もないという方が、

 

ほとんどなのかもしれません。

 

 

しかし、人生には必ず終焉があります。

 

いつかはわからないけど、

 

だれもに訪れるその日まで、

 

「いのち」に感謝して

 

日々を大切に生きていけたら、素敵ですね。

 

 

「終活」に関わることは、

 

「生きる」ことにも関わってきます。

 

 

生きること、死ぬことを

 

前向きに真剣に話す

 

第一部「いのちを語る」トークライブでした。

 

 

●NPO法人「いのちをバトンタッチする会」代表の 鈴木中人さん

http://www.hm7.aitai.ne.jp/~inochi-b/index.html

 

●静岡大学農学部・創造科学技術大学院教授 竹之内裕文さん

 「死生学カフェ」「哲学カフェ」「政治カフェ」などを主宰されています。

 

●終活サポート協会理事長 矢野雅世

 今回は、「朗読家」として朗読をしました。

 

 

 

「6さいのおよめさん」は小学校の道徳教材としても紹介されているそうです。

 

 

第2部は「いのちを歌う」ミュージックライブ

 

現役医師のデュオ「インスハート」さんのライブでした。

 

 

 

終わりはどこかわからないけれど、

 

限りある生を

 

一生懸命に生きるのが

 

私たちの使命でもあります。

 

 

「終活」は、

 

終焉を見据えながらも、

 

自分にとっていい一日を過ごしていくための

 

前向きな活動ともいえます。

 

 

終活の勉強会などでも、

 

「いのち」「生きる」を

 

語り合うひとときを設けてみたらと

 

思っています。