菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba

菊田俊介オフィシャルブログ「Shun Kikuta Life and Music」Powered by Ameba



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

=News=

菊田の新著が3月24日(金)発売決定!

ギター・マガジン
世界のブルース横丁
シカゴ、メンフィス、ニューオーリンズ、ヨーロッパ、オセアニア、アジア、日本……地球の熱々ブルース・スポットをぐるり!
著者  菊田俊介
定価  1,620 円(本体1,500円+税)
仕様  四六判/256ページ
発売日 2017.3.24
ISBN 9784845630219

image

■□■□■□■□■□

オリジナルTシャツの販売を開始しました!!

⭐️ブラックTシャツ、ホワイトプリント

⭐️ホワイトTシャツ、ダークネイビープリント

サイズはS、M、L、XLを用意しています。

サイズ、カラーに関係なく値段は一律¥2500です。

最初の100名様に、このデザインと同じステッカー(3枚目の写真)をプレゼント。

ご希望の皆さんは、shun@shunkikuta.com にメイルにてお知らせください。




━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

Shun Kikuta & Legend Of Rockers
『Power In My Arms』(King Records)


【品  番】(CD) KICS-1917 
【POSコード】(CD)003-43219-5CD (2013/6/26)
【価格】 税込¥3,150
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-1917/

━─━─━─━─━─

$菊田俊介オフィシャルブログ「菊田俊介ブルース日記」Powered by Ameba

BEST OF SHUN’S BLUES (King Records)


【品  番】(CD2枚組) Y  KICP-1647~1648 
【POSコード】(CD)003-43219-5
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICP-1647/

━─━─━─━─━─

フェイスブックに
菊田俊介オフィシャルページが登場!
みなさんの参加をお待ちしています!!

https://www.facebook.com/shunkikuta.music

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

テーマ:

帯広から、釧路へ。

{A87E8C85-328E-4BAD-924E-FB8D8DDABFFA}


釧路湖陵高校の音楽研究部で、Far East Blues Bandのメンバーと一緒にブルース・ワークショップとライブをやる。

{6D6AFBB8-54AA-44AD-9886-3C68A7C83D9E}

{78C7FD9D-027C-412C-8E94-58CD07BC8D3F}



同部のギターの生徒も入って、その場でしっかり合わせてきた。

{173D085D-6FA5-4791-984F-F0A17A3CF1A4}



乾いたスポンジのような彼らが、どう音楽を吸収していくのか。

これからがとっても楽しみだ^_^


明日21日は、釧路市の麺ALLカフェにて、北海道ツアーのラストライブです!!

釧路近辺のみなさんは、ぜひお越しを♫

{849D98D7-BE30-4FD8-912F-BA2839A031E5}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



帯広の名物 、インディアンカレー。

{25439A64-7171-4C2E-9D76-C3AF37751534}



お昼に食べようと思い、店に行くと長蛇の列が。

これはしばらくかかりそうだ。

あきらめて、同じく帯広名物の豚丼を食べに行く。

ところが名店はんちょうは定休日。がっくり。

{9CCB352B-15B9-4E39-AF7E-37E1A1E5537D}


今回はどちらにも縁がなさそうだ(涙)


3年連続の帯広Joy Club。

年を経るごとに、お客さんとミュージシャンの数が増え、熱くなっている。

これもオーナーのアズさんこと、東川さんのブルースや音楽への情熱と人柄によるものだろう。

アズさんは、素晴らしいギタリストでもある!

{439DF9B0-A11F-4998-897D-B9D70CB05DC1}


JCBBがオープニングを務めてくれ、自分もたっぷりと2セットを演奏、さらに地元のミュージシャンたちと数曲のジャムセッション。

{D50CFE96-CEF3-41CF-B196-5FDFB4D0DF47}


盛りだくさんなブルースナイトになった。

「来年まで1年間もあるのか。待ち遠しいなあ」

参加してくれたミュージシャンの声が、この日の盛り上がりを物語っていた。

帯広のブルースにこれからもずっと火が灯り続きますように。

{D9866D57-E601-4B25-9C17-17E0D25C1C3F}


帯広の熱いみなさん、ありがとう!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


台風が北海道に上陸。

{53E54F04-3A13-49E1-B3CA-F71B4BA1806E}



大雨で特急列車や飛行機がほぼ全て運休になる中、ラッキーにも南千歳から帯広行きのバス"ミルキーライナー号"は運行。

{CE45A73C-71D5-4139-AD92-CFBE0ED2D377}

{C117D799-AB93-43A9-9668-1A1689052F9D}



途中で高速道路が閉鎖になり、下道を経由。予定よりも2時間余計にかかり、計5時間の長旅だった。

帯広は雨も上がり穏やかな気候になっています。

{36F72C1A-29A5-4771-BC33-BEA32FA480B9}


下道を通ったおかげで、広大な十勝の大地を見ることができたのは、嬉しかったな。

道草にも思いがけない楽しみがありますよね。

皆さんご心配いただきありがとうございます😊
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


小樽を出る前に、噂の若鶏時代なると本店に行ってみた。

{326ABF14-8289-4D40-BD8A-0405B0CCC6D3}

{6B9E1843-6BD3-4D02-919E-4252A5FE8C5C}


まだお昼前だというのに、店内で20人ほどが待っていた。満員だ。

カウンター席が1つだけ空いていて、待たずに通してくれた。

若鶏定食をオーダー。出てきた鳥を見てびっくり。

{736848D0-BC0A-4E12-B414-F89FE3DA823E}


一羽の半分だ。こんなに食えるだろうか。ところがいざ食してみると、軽い塩味で油もさっぱり、サクサク食べられる。これはうまい。あっという間に平らげてしまった(笑)。

{FDC15258-604C-4F84-8A21-12E417881D60}


小樽のソウルフードなんだと、小樽出身のメンバーが言っていた。それも納得。



腹が膨らんだところで、バスに乗って札幌へ。

{ACA3C0F8-C05F-4A07-A3A1-D536059DD347}

{0182DFAD-91BB-4809-8C1A-565F0A151264}



1年ぶりのD-BOPでのライブ。

開店以来、札幌のジャズとブルースの中心的なライブバーだ。

{E52FC00E-151A-4093-A5AB-541192E2B320}



札幌市内はもちろんのこと、苫小牧、帯広、東北、さらに遠くは大阪の堺からもお客さんが。

とってもありがたいことだ😊

引き締まったTwincam'sのサウンドに乗って、思いっきり演奏を楽しむ。

Photos by イシザキカツミ
{C05B1C41-BBC6-4091-A204-2CE2D7B2EBD5}

{9CF97A64-6929-49AA-825E-8E8A8FC7E21E}


札幌のミュージシャンのレベルはとても高い。

ブルースだけでなく、R&Bやソウルなどのブラックミュージックを深く理解するミュージシャンのプレーには音にグルーブ感と深みがある。

2日間にわたって一緒にプレイしたTwincam's。次の機会をまた楽しみに!

{844BD8C3-6E34-44B0-9893-9EFB366E7A37}

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:



カラッと乾いた空気が気持ちいい。

気温は20度。湿気の高い関東と違い、外にいるだけで体も心もスッキリする感じだ。


{3F4DEA4A-2109-4765-9C55-11630585AA12}


{3E941F52-8A2A-4727-97DF-6E336592E3A4}

苫小牧を出て、南千歳で急行エアポートに乗り換えて一路小樽へ。

{C8BA7E07-237A-4E41-B328-D4AFD7B0BBC8}


1年ぶりの小樽。美しい古都。

{A371B756-5710-4445-99D9-B01C7DDCD083}



運河まで散歩して、海鮮丼を食べてまったりと午後を過ごす。

{C2603A61-87FD-4B8A-88F1-9C8B31363E94}

{B50263DF-8EBE-4D82-9651-E79820AB83C4}



小樽は古いビルがたくさん残っていて、なんとも言えない味わいがある。

ライブ会場のA.LIVEも昭和3年に建てられたビルの中に入っている、素敵なライブハウス。

{A7FF0A82-EDA9-4E70-81C3-1CB90EE71E8D}



小樽と札幌はともに北海道を代表するブルース、R&Bバンド, Twincam'sとの共演だ。何度も一緒にやってるメンバーだけあって、すぐに音で一つになれるのが嬉しい。

{7F2051E3-5B66-453E-8B70-A111D7B7DA8E}


最初にTwincam'sのセット。シンガーのPattiさんを中心にした、グルービーでブルージーなサウンドが気持ちいい。

そして自分が入って、1時間半のセットを。

{FA589855-8C1F-4D79-B2AF-7C714EE58E9D}


途中で1人だけのソロも入れて、オリジナルやカバーを交えた選曲で、小樽の皆さんと楽しい時間を過ごした。

{AC6A7CF6-42E7-41DB-9FA6-B6F145E36355}


これは変わったフェンダーアンプだ。初めて見る。

{91210183-ABA0-436A-93B6-EC8D96C5ECCE}


小樽はじめ、札幌からも見に来てくれて、あったかい夜になりました。

皆さんありがとう!!





こまさやさん、プロジェクトの成功祈ってますよ。
egaoさん、いつもメッセージありがとう。ツアー頑張ってます^_^
Fusetschさん、お互いにがんばりましょう!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新千歳空港から道南バスに揺られて約1時間。

北海道に来る度にアメリカを思い出す。空が大きい。

{72CEF007-F0D2-4C62-B0AE-386716E0C52E}



苫小牧駅前に到着。初めての苫小牧だ。

{896B9F0C-A9A1-4BC8-85B7-93D1FFA68D00}


駅に入ってみると、列車が鹿をひいたので、その処理のため遅れが出ているとアナウンスが聞こえてきた。バスで来てよかった。

このハプニングも北海道ならではだ (笑)。

さすがに北海道は肌寒い。ジャケット持ってきてよかった。


駅南のグリーンホテルにチェックイン。朝食が付いて4,600円は悪くない。


ブルースファンやブルースをプレーするミュージシャンの間ではよく知られたマジック・サムでライブ。

{9FF50A8A-FEDC-4E87-B7C7-F6CCCA5D3019}

{7FF8C1A0-A7F1-4861-88DB-47D8CB9C0F01}


拙著「世界のブルース横丁」でも取り上げさせていただいた、開店30年を迎えた老舗中の老舗ブルースバーだ。

地方都市にポリシーを持って長年続けて来られた名店があるのに驚くとともに、畏敬の念を感じずにはいられない。

今日は1人のソロセットを最初にやって、後半ではオーナーの中澤さんはじめミュージシャンたちとのジャム。

{1B36C0CC-8448-4E98-8F21-B3A20E051794}


お客さんの中には、東京や青森で小生のプレーを見たとか、教則ビデオや本を買って練習しましたなんて言ってくれる人もいて、初めての場所なのに、知り合いの前でプレーしているような感覚があった。

これも音楽のパワーですよね。 

苫小牧の人たちは、気持ちを素直に表現する感じが素敵だ。皆さんに盛り上げてもらって充実の夜に。

苫小牧の皆さんありがとう。

小生のTを着た中澤さん、ナイスっす👍

{84089319-7CCC-4F61-B38A-684A5B946885}


また来ます!!

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:





今月はじめにツアーで行った岩手県宮古市。

三陸海岸に面した、漁業と観光の町。

本州で一番シカゴに近い町だといって、情熱を持ってブルースをやっているDimples。

Dimplesの宮古を歌ったオリジナル曲が今でも耳に響いてくる。

いつか宮古の海にす潜ってみたい。歌を聞いてそう思った。もちろん密漁はしませんよ笑。


メンバーでキーボーディストの田中祥子さんが素敵なプロジェクトを立ち上げた。


彼らの歌が入ったCDや、宮古の魅力が詰まった「みやこじん」を是非聞いて、読んでみたい。

被災地でもある宮古。こういうプロジェクトを通して、町が元気になって、未来への希望が湧いていくといいなぁ。



田中祥子さんからのメッセージ

今回のプロジェクトは、「みやこじん」の創刊に向けたものです。

記録としての読み物、広告誌ではなく、昔の街並みの地図と共に、現存する建物や景色を織り交ぜながら、「人」や「ストーリー」を通して、「今」の宮古を切り取る作品、読み物を掲載します。





また、創刊に先駆けて、宮古を中心に音楽活動をしている仲間に声掛けし、それぞれの「ご当地オリジナルソングを集めたアルバムを作ろう」という企画も走り出しています!

先日、さっそく第一弾のレコーディングをしました。





創刊号は、個性の光る「みやこじん」を素材にした、音楽(CD)と市民作家のアートbookとして楽しめる一冊にします。





この「みやこじん」創刊の動きが、人と人、芸術・文化の境界を越え、あたらしい発想やムーブメント、コミュニティを生み出す可能性を見出せるように。

宮古の”まちなか”から、“宮古人”の想いを発信していきます!





http://ishiwari.iwate.jp/pj/IswK4261325


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:
 
今の自分自身と、自分が置かれている環境は、あるべき姿で、必要な経験なのだと、ある日信じることにした。
 
過去にしがみつかないためにも、自分にはそれが必要だった。
 
すると、その思いを後押ししてくれる出来事が起こり始めた。
 
流れには逆らうよりも乗った方が、旅は楽しめる。
 
ちょっぴり学んだ。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


今週金曜(15日)から、北海道ツアーが始まります!!

5都市、5会場でのライブに、20日は釧路湖陵高校でのワークショップとライブも行います。

一年ぶりの北海道、各会場でみなさんに会えるのを楽しみにしています♫


★ 「世界のブルース横丁」発売記念ライブ Tour in 北海道 2017

 

◼9/15 (Fri) 苫小牧市 Magic Sam

http://w01.tp1.jp/~a190459661/magicsam.html

Start 20:00
Charge: ¥2500(要オーダー)

お問い合わせ:0144-36-4142

 

◼9/16 (Sat) 小樽市 A.LIVE

http://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1051865/

O.A & Support TWINCAM’s

Open 18:30  Start 19:00
Charge: 前売り¥3000 当日¥3500(1Drink付き)

お問い合わせ:0134-64-1706

 

◼9/17 (Sun)  札幌 D-Bopp

http://www.d-bop.com/

Open 19:30  Start 20:00
Charge: ¥3000 学生¥2000(オーダー要)

菊田俊介 & TWINCAM's

お問い合わせ:011-613-3999

 

◼9/19 (Tue)  帯広 Joy Club

https://joy-club.jimdo.com/

Open 19:30  Start 20:00
Charge: ¥3000(Drink別)

お問い合わせ: 0155-67-8279

 

◼9/21 (Thu) 釧路市 麺カフェALL

https://www.facebook.com/mencafeall/

Open 19:00  Start 19:30
Charge: ¥3000(w/1drink)

Support: Far East Blues Band

お問い合わせ: 0154-95-0253

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
{5DBE8D2D-FAD9-4C1F-A8B5-8376EA12E393}

 
ブルース・カンパニーやブルース・プロジェクトで一緒に活動するドラムのマーティ・ブレイシーと渋谷でミーティング。
 
マーティとは、”ルーツ・オブ・ブルース”というプロジェクトを進めている。 
 
アメリカ南部のミシシッピ・デルタ地帯で産声をあげたブルース。アフリカのリズムやメロディに起源を持つこの音楽が、時間とともにアメリカ国内に広がり、さらにイギリスや日本にまでその羽を伸ばした100年以上にわたる歴史を紹介。
 
さらに、それぞれ地域特有のブルースを実際のライブとしても体験してもらおうという、Education(教育)とEntertainment (エンターテイメント)が一緒になった、Edu-tainmentプロジェクトだ。
 
このプロジェクトの第一弾が、
 
10月15、16両日、長野県松本市のGNU2nd
 
で行われることになりました!!
 
 
 
 
シカゴ出身のマーティは、人生の4分の3ぐらいを日本で過ごしている。
 
方や人生のほぼ半分をシカゴで過ごした自分はちょうど逆。
 
同時に、海外生活を長い間経てきたという点では、お互いに共通する部分がたくさんある。
 
異国で生活することの苦労や失敗、現地で受け入れてもらえるように郷に従って努力して来たことなど、経験したことが重なるせいか、とっても気が合う。もちろん、音楽的な部分でも。
 
また、先輩ミュージシャンとして、マーティはいろんなアドバイスをくれる。
 
なんてったって彼をもんた&ブラザーズのメンバーとしてベストテンで見ていたのは、小生が中学の頃だったもんなぁ。
 
その話をすると「やめんかい」と関西弁が返ってくるけど(笑)
 
ミーティングは順調に進み、松本市の第一弾が楽しみになって来た。松本や近郊のみなさんは、どうかこの機会をお見逃しなくです^^
 
 
そして11月9日(木)は、モーションブルー横浜で、ルーツ・オブ・ブルースの関東初ライブが予定されています!!
 
ぜひ今からカレンダーにマークを付けて下さいね♫
 
詳細は追ってアップします^_^
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース