この世には

 

「できない理由」を考える天才がいっぱいいます。

 

 

本当に天才じゃないかと思います。

 

これは決して嫌味で言ってるわけではありません。

 

本当に天才なのです。

 

 

「できない理由」を100ぐらい並べて圧倒してくるのです。

 

私は人と議論をするのが好きじゃないので

 

相手が「できない理由」を並べ始めた瞬間に

 

議論をやめます。

 

 

SNS とかだったら

 

「まさに、あなたのおっしゃっる通りですね」と一言言って議論をやめます。

 

以前にも

 

「教育者としてそのような発言をするのはいかがなものかと思う」

 

と言われたので、

 

私は、その方にそのようなことを言わせてしまったことに対して

 

誠心誠意謝罪し投稿を削除させて頂きました。

 

(確かそれは「日常生活で着ぐるみを着てみては」みたいな投稿でした)

 

 

なぜなら他の人の方が私よりも数倍偉いからです。

 

これは自分が言ってるのだから間違いのないことですし

 

周りの人もそう思っているでしょう

 

さらにさっきの書き込みをした人は東京大学を卒業していますから。

 

偉いに決まっています。

 

 

「できない理由」を考える人はちゃんとした人なのです。

 

人間がもともと持っている自己防衛本能に基づいて動いている結果なのです。

 

 

一方で「できない理由」を考える頭のいい人もいます。

 

「できない理由」を考えて、面倒くさそうなことを一切しないで、

 

でもお給料は満額もらう。

 

これはとても頭がいいと思います。

 

面倒くさそうなことを押し付けられるのは厄介ですから。

 

私はサラリーマンとかではないので、

 

こういう立場の人が本当にうらやましいです。

 

祝日も休めるし有給ももらえる。

 

仕事を辞めたら退職金と失業保険がもらえる。

 

そういう人になればよかったとつくづく思いますので

 

偉い人はそういう人を目指してください。

 

 

またそういうずるい考え方でなくても

 

「できない理由」を頭ごなしに言ってくる人もいます。

 

 

私の周りでもそういう方がいます。

 

その人のおかげで朗読むすめの企画が結構ボツになったりしますが、

 

でも、それは私の生活に直接的にダメージを与えるものではないので

 

おとなしく、その「できない理由」にしたがっています。

 

(ラジオドラマとかカラオケ企画とかやりたかったのですが……)

 

 

そういう頭のいい偉い人とは違って

 

私のような偉くない人は

 

「できない理由」をいくら考えても1円にもなりません。

 

 

私のような凡人がやることは、

 

「できるようにする方法」を考えることです。

 

 

私の場合

 

「できなかったね、仕方がないね」

 

なんてのんきなことをやっていたら、

 

明日からご飯を食べる事が出来なくなってしまって

 

のたれ死んでしまいます。

 

それが私のような凡人です。

 

 

そう言うと必ずこういう反論が起こります。

 

「人間引き際も大切。下手にやって失敗したらどうするのだ」

 

 

私は無手勝流に動いているわけではありません。

 

実はそこまで馬鹿じゃないんです。

 

馬鹿なのは変わりありませんが…

 

 

最初に失敗した時の事を考えた上で動いています。

 

失敗した結果、破産するようなことにならないようにしよう。

 

失敗した場合、こうやって収入を確保しよう。

 

などです。

 

私の場合はまずそれを設定します。

 

 失敗しても今の仕事を失うことはないだろう。

 こちらの仕事がなくなってもこちらの仕事で食べていくことはできるだろう。

 生活保護を申請すれば何とか食べていけるだろう。

 

みたいな設定です。

 

お若い方だったら

 

「玉の輿に乗ろう」

 

なんて選択肢を入れてみるのもいいかもしれません。

 

 

まずこれを大前提として設定した上で

 

そこからは

 

「失敗したらどうしよう」

 

ということを一切考えないようにします

 

「どうやったらうまくいくだろうか」

 

これをひたすら考えていきます

 

そして成功した時の事を思ってワクワクし始めたら

 

これはうまくいく兆候です

 

 

逆に頑張ってみたけどワクワクしないなと思ったら、

 

その時に止めればいいわけです。

 

「できない理由」を言われてやめることしません。

 

 

だってそればっかりやってたら

 

私はご飯が食べていけなくなるからです

 

ご飯はとっても美味しいです

 

ほっぺが落ちてしまいそうになる時もあります。

 

 

今日は今から何を作ろうかな。