文旦ピール作り

ふるさと納税で、宿毛市からいただいた文旦で、ピールを作りました。

 

届いた文旦の記事はこちら

 

高知県宿毛市からの特産品(文旦10kg)

 

 

去年、ピールを作ったときのメモを参考にしました。

 

今回は、家庭用の少し小さめの文旦だったので、5個使いました。

 

皮をむくときは、去年、ふるさと納税でいただいた

「ムッキーちゃん」

が、大活躍します。

 

包丁が不要、中の房にキズがつきません。

 

<1日目の作業>

皮は、1/6に切り、多めの水を入れたお鍋に入れていきます。

私がピールを作るときに使っているのは、家にある一番大きなお鍋、直径28cm。

 

火にかける前は、皮が浮いてきてしまいます。

 

火にかけ、沸騰したら15分間煮ます。

白い綿の部分に水分がしみ込んできました。

 

お湯を捨てて、水を入れ、再び火にかけます。

沸騰したら15分間煮ます。

 

お湯を捨てて、多めの水を入れ、一晩そのままにしておきます。

 

この作業を、しっかりやることで、ピリピリした苦みが和らぐようです。

 

夜、寝る前に気が付いたときは、水を替えたりしてみています。

(これが、苦みを和らげる効果があるかどうかは不明ですが)

 

 

<2日目の作業>

一晩置いたお鍋の中の様子。

 

水を捨てて、皮の向きを揃えます。

メモに書いてある砂糖の量より少しだけ多めの270gと、水150ccを加えてみました。

三温糖を使っています。

 

火にかけ、沸騰したらふたをして、弱火で15分間煮ます。

その後、ふたを開け、6分~7分煮詰めます。

 

火を止め、ふたをして、そのまま2時間ぐらい置いておきます。

こうすると、お鍋の中に残っていた水分が、皮にしみ込みます。

当たり前のことだというのに、今回、初めて気づきました。

 

オーブンのお皿に、皮を並べます。

まだ、皮が柔らかくて、丁寧に扱わないとすぐに切れてしまうので、要注意です!

 

100℃のオーブンで20分、皮を裏返して15分乾燥させます。

 

オーブンで乾燥させた直後の皮の様子。

 

エアコンがフル稼働しているこの季節。

オーブンで乾燥させたあとは、エアコンの真下に置いておくと、みるみるうちに皮が乾燥していきます。

 

これで、お好みの乾燥具合になったら、カットして、グラニュー糖をふりかけ、出来上がり!

 

5個の文旦から、500gぐらいのピールが出来ました。

下の写真は、半分の量です。

 

実は、この写真は、最初に載せた写真とは違います。

 

今年1回目のピール作りでは、エアコンで乾燥させ過ぎてしまいました。

私の好みより、固いピールになってしまい、ショックでした。

 

数日後に、リベンジしたものが、一番上の写真のピールです。

 

 

おすそ分け用は、チャック式袋に入れてみました。

ダイソーで購入、マチありです。

1袋に、ピール60g入っています。

 

 

文旦や甘夏、河内晩柑などでピールを作ろうと思っている方、参考にしてくださいね。

 



ふるさと納税ランキング
 

 

AD

リブログ(1)

  • ふるさと納税 宮城県大郷町 米12kg

    宮城県大郷町からのお米です。久しぶりにササニシキ今は色々な銘柄のお米がどんどん出ていますが、私の子どもの頃は美味しいお米はササニシキ!と、いうイメージでした。祖母が買って送ってくれていたからかもしれません。ササニシキを食べると祖母を思い出します。2kg分は年末のおまけのみたいなもので、お餅と選べまし…

    雪だるま

    2018-02-14 09:00:46

リブログ一覧を見る

コメント(2)