くもり「嫌な気分を切り替える技術」齋藤孝著より。UMAくん

軽やかな言葉とは、肩の力が抜けた標語みたいなものだった。座右の銘、名言よりも軽快に思える。それで自分の気持ちが前向きになればしめたものだろう。

たとえば、「やればできる」「ダメでもともと」「やるだけやってみよう」「ものは試し」などがあるようだ。まだまだ「なるようにしかならない」「当たって砕けろ」「一応試してみるか」などでもいいのかもしれない。

リズムがいい言葉として「人生風まかせ」「棚からぼた餅」「明日は明日の風が吹く」などもあるようだ。

明石家さんまは「生きてるだけでまる儲け」とよく言っているらしい。よく考えれば意外にしぶとい生き方にも思えてくる。

 

AD