本日の昭和電機システムエンジニアリング営業部のブログは

中日本エリア担当よりお届けいたします

 

以前のブログで・・・・・

https://ameblo.jp/showa-system-eng/entry-12299506280.html

 

『 送風機の状態を診断する代表的な要素は音・熱・振動となっており、

それらが発生する原因のTOPは羽根車のアンバランスです!!

羽根車のアンバランスで振動が発生し→軸受の発熱や異音に発展するパターン

これが送風機のトラブル原因No1ですグッ 』

 

とお伝えしました

 

こちらは製鉄ユーザ様で使われていましたモータ軸直結型送風機です

鉄の形状加工をする設備のモータの冷却用送風機で

振動が発生していました。

 

ちなみに、昭和電機製ではありませんダウン

 

 

そこで、新品に入れ替えるまでの延命処置として羽根車のバランス調整を

現場対応で承りました

 

まずは吸込口を外し・・・・

 

 

軽く羽根車を手回しすると重たいほうが下にくるので、

上に“おもり”(カウンターウェート)を付けます

 

次に運転させて秘密兵器で測定し、さらに“おもり”を付けますダウン

 

 

さらに運転させて秘密兵器で測定

 

これをくりかえすこと3回程度でバランス調整完了!!

 

このような重要パーツである羽根車の点検・バランス調整なども

メーカー問わず、現場の状況に合わせて

サポートさせていただきますチョキ

 

送風機のプロフェッショナルが迅速に対応し、

大切な設備の維持・管理のお手伝いはお任せ下さいグッド!

 

ご相談はお気軽に!

昭和電機システムエンジニアリング営業部までお問い合わせ下さいニコニコ

 

 

昭和電機システムエンジニアリング営業部

 

【伊賀オフィス】  ☎ 0595-45-2721

昭和電機伊賀株式会社

 

【東  京】高木  ☎ 03-5833-3201

✉ takagi0277(a)showadenki.co.jp

 

【名古屋】杉坂  ☎ 052-821-1211

✉ sugisaka0248(a)showadenki.co.jp

 

【大  阪】大西  ☎ 072-873-1221

✉ oonisi0126(a)showadenki.co.jp

 

【札  幌】佐藤  ☎ 011-792-8175

✉ satok(a)showadenki.co.jp

 

メルアドの(a)は@に変更して送信お願いします!!

AD

本日の昭和電機システムエンジニアリング営業部のブログは

東日本エリア担当よりお届いたします

 

昭和電機も11日~20日まで、長いオフィシャル休暇を頂いておりましたが、

システムエンジは、お客様の休み ⇒ 設備停止に合わせて、

各種現場作業を実施させて頂きました

 

こちらは、印刷会社様でご採用いただいた昭和電機製Vベルト駆動式送風機の

点検&メンテナンスの様子ですウインク

 

Vベルト・プーリー・軸/軸受ユニットの交換ですグッド!

 

 

ベルトカバーを外してVベルトを確認してビックリびっくり

 

 

Vベルトは摩耗と劣化で亀裂が多数あり回っているのが不思議なくらいでしたガーン

 

 

早速新品に交換し事なきを得ましたが、

こんなミラクルなタイミングは滅多にありませんパー

断裂していたら送風機は停止で設備に大きな影響が出る事は勿論、

性能面も低効率状態で運用されておりました!!

 

昭和電機では他社製品も含め、送風機の定期点検を送風機のプロフェッショナルが

迅速に対応し、大切な設備の維持・管理のお手伝いをさせて頂きますグッ

 

お気軽に、昭和電機システムエンジニアリング営業部までお問い合わせ下さいニコニコ

 

昭和電機システムエンジニアリング営業部

 

【伊賀オフィス】  ☎ 0595-45-2721

昭和電機伊賀株式会社

 

【東  京】高木  ☎ 03-5833-3201

✉ takagi0277(a)showadenki.co.jp

 

【名古屋】杉坂  ☎ 052-821-1211

✉ sugisaka0248(a)showadenki.co.jp

 

【大  阪】大西  ☎ 072-873-1221

✉ oonisi0126(a)showadenki.co.jp

 

【札  幌】佐藤  ☎ 011-792-8175

✉ satok(a)showadenki.co.jp

 

メルアドの(a)は@に変更して送信お願いします!! 

 

 

 

 

 

AD

本日の昭和電機システムエンジニアリング営業部のブログ更新は

西日本エリア担当よりお伝えいたします

 

システムエンジニアリングのスタッフは東京・名古屋・大阪・札幌より

お客様への緊急対応に備えておりますが、特に初動の対応を大切にしてます!

先日も『他社製送風機ですが振動が大きくなってきて心配』との

ご相談を頂いて、現場調査をさせて頂きました

 

このような初動の現場確認においては、多くの場合が

『生産ラインを止められない』とか

『少しの時間しか送風機を止められない』など

限られた条件での調査となり、迅速性・判断力・安全性が求められますグッ

 

今回のケースはベルト駆動送風機、

運転音、振動、周辺も含めた使用状況を安全性に配慮して確認し

送風機を停止後に細部の状態をスピーディーに調査ですグッグッ

 

結果としては、送風機本体は問題なく、モーターの軸受が原因と判明

ベルトを外してモーター単体運転で振動・異音をお客様と一緒に確認させて頂きました拍手

モーター修理は勿論、他にも気になる所のメンテナンスメニューも一緒にご提案ですニヤリ

 

昭和電機では他社製品も含め、送風機のお困り事に、送風機のプロフェッショナルが迅速対応しております

お気軽に、昭和電機システムエンジニアリング営業部までお問い合わせ下さいニコニコ

 

昭和電機システムエンジニアリング営業部

 

【伊賀オフィス】  ☎ 0595-45-2721

昭和電機伊賀株式会社

 

【東  京】高木  ☎ 03-5833-3201

✉ takagi0277(a)showadenki.co.jp

 

【名古屋】杉坂  ☎ 052-821-1211

✉ sugisaka0248(a)showadenki.co.jp

 

【大  阪】大西  ☎ 072-873-1221

✉ oonisi0126(a)showadenki.co.jp

 

【札  幌】佐藤  ☎ 011-792-8175

✉ satok(a)showadenki.co.jp

 

メルアドの(a)は@に変更して送信お願いします!! 

 

AD

昭和電機システムエンジニアリング営業部

 

『メンテナンス』をキーワードにエンジニアリングの情報をお届けしておりますが

今日は中日本エリア担当より発信です!!

 

先日、昭和電機HPの『お問い合わせ』バナーをご利用頂いて

カップリング直結型送風機の修理に関するご依頼を頂きました

 

早速、ご訪問したところ症状は

オイルバス方式の軸受け(タービン油で軸受けの潤滑を行う高速回転用の軸受け)に

損傷が認められ、そこからオイル漏れている状況で、

なんとか週1回のペースでオイルを補給して、ご使用頂いておりました

 

お客様によるとびっくり

なんと・・・・20年間もオイル交換や補給もせずにお使い続けアセアセ

さすがの昭和電機製送風機でも悲鳴を上げて軸受破損に至り

更に、その修理を外部の業者に依頼しましたが、軸受箱の損傷を見逃した為にオイルが漏れ出したようですタラー

 

20年間NOメンテナンスで働き続ける、昭和電機製送風機スゴイです滝汗

 

こちらの送風機、後日、お客様のスケジュールに合わせて

昭和電機システムエンジニアリング部隊が責任もって手当てさせて頂く事にグッグッ

 

20年間NOメンテナンスは超ラッキーなケースですアセアセ

送風機のメンナンス周期?とかメンテナンスのポイント?などなど

送風機の色々な質問・疑問にも、お答えさせていただきますので

昭和電機HPのバナーのご利用でも、直接お電話でエリア担当でも

お気軽にお問い合わせ下さいルンルン

 

HPトップページの『お問い合わせ』 右矢印 『故障・修理に関するお問い合わせ』

 

昭和電機システムエンジニアリング営業部

 

【伊賀オフィス】  ☎ 0595-45-2721

昭和電機伊賀株式会社

 

【東  京】高木  ☎ 03-5833-3201

✉ takagi0277(a)showadenki.co.jp

 

【名古屋】杉坂  ☎ 052-821-1211

✉ sugisaka0248(a)showadenki.co.jp

 

【大  阪】大西  ☎ 072-873-1221

✉ oonisi0126(a)showadenki.co.jp

 

【札  幌】佐藤  ☎ 011-792-8175

✉ satok(a)showadenki.co.jp

 

メルアドの(a)は@に変更して送信お願いします!! 

昭和電機システムエンジニアリング営業部

『メンテナンス』をキーワードにエンジニアリングの記事をお届けしていきますが、

 

今日は東日本エリア担当より、

送風機で一番多いトラブルの原因に関して発信いたします!


こちらの送風機は工業炉循環用に8年ほどお使いいただいた

昭和電機製、電動機直結タイプの『デンチョク』シリーズ
 

ちなみに、このケースは症状が重傷だったので現場作業ではなく

昭和電機工場に送風機を一旦持ちかえってメンテナンスさせていただいたパターンです

 

メンテナンスに至った経緯は送風機の振動発生注意

モーター(軸受付近)から異音がし、振動値も大きく基準を超えていました

 

 

お客様のヒアリングと、使用状況から概ねの予想はついていましたが・・・・

予想通り、羽根車に沢山の付着物が確認出来ました下矢印

 

送風機の状態を診断する代表的な要素は音・熱・振動となっており

それらが発生する原因のTOPは羽根車のアンバランスです!!

羽根車のアンバランスで振動が発生し→軸受の発熱や異音に発展するパターン

これが送風機のトラブル原因No1ですグッ

 

逆の言い方をすれば、羽根車の状態に問題がなければ

運転時間に応じた軸受の手当で、末永くお使い頂ける訳ですニコニコ

 

そんな重要パーツである羽根車の点検なども

昭和電機システムエンジニアリング営業部がサポートさせていただきますので

昭和電機製、他社製は問いませんので、お近くのエリア担当まで、お気軽にお電話下さい

 

昭和電機システムエンジニアリング営業部

 

【伊賀オフィス】  0595-45-2721

昭和電機伊賀株式会社

 

【東  京】高木  03-5833-3201

✉ takagi0277(a)showadenki.co.jp

 

【名古屋】杉坂  052-821-1211

✉ sugisaka0248(a)showadenki.co.jp

 

【大  阪】大西  072-873-1221

✉ oonisi0126(a)showadenki.co.jp

 

【札  幌】佐藤  011-792-8175

✉ satok(a)showadenki.co.jp

 

メールアドレスの(a)@に変更して送信お願いします!!