小堺翔太オフィシャルブログ『ショウタパドック』Powered by Ameba

■所属事務所:タイムリーオフィス
HP:
http://www.timely-o.com/

■お問合わせや励ましmailは下記まで(小堺翔太宛)
timelyoffice@gmail.com


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

関東オークス、馬場入場コメントの作成を担当しました。

今年の1月終わり

今までに経験した事のない、

しかも全く新しいタイプのお仕事依頼が。

 

川崎競馬場の交流重賞の馬場入場で

各馬を紹介するコメント作成の仕事

 

中央・地方問わず全国の実況アナウンサーの皆さんが作る

大きなレース直前の馬場入場コメント。

いちファンとして愛の溢れるコメントに唸り、

少しクスっとできるコメントに心踊らされてきた。

それを僕が担当してもいいのだろうか、できるのか?

という想いもありつつ、

単純に面白そう…

さらに各馬を彩るお仕事に携われるならば、

それはこの上ない喜び。

 

ということで、お受けさせていただくことに。

 

 

 

今夜、川崎競馬場で行われた

関東オークスがその担当初回でした。

 

出走予定馬が出たところから

各馬の特徴や背景を調べはじめて、

出走馬が決定してから枠の並び等もあるので、微調整。

ない頭を捻る作業は、なかなか難儀だったけれど、

やはりとても楽しく作らせていただきました。

 

 

以下に

実際に紹介していただいたコメントと

どんな意味を込めて作ったかを並べてみます。

よろしければ感想などもお聞かせください…!

 

 

1・スピーディキック

16年ぶり、2頭目の牝馬三冠へ。20年途切れぬ、益田への想いも乗せて。

→御神本騎手・藤原調教師・末田厩務員は

ともに益田競馬場(2002年廃止)出身であることから。

 

2・トキノゴールド

2冠はともに掲示板内。3冠目、今宵の夢は金色メダル。

→桜花賞4着、東京プリンセス賞5着馬。

原田知世さんの楽曲『時をかける少女』の歌詞【ゆうべの夢は金色】より。

 

3・リッキーマジック

繰り上がり出走で開運。鞍上の魔法のステッキも味方に。

→父・コパノリッキーから「開運」を連想。

ルメール騎手を配する意気込みを加味。

 

4・ソレイユスマイル

カサブランカオープンを制した、君の笑顔に乾杯。

→前哨戦・カサブランカOPの優勝馬。

映画「カサブランカ」の名セリフ【君の瞳に乾杯】と

同馬の「太陽のような笑顔」という馬名由来をかけて。

 

5・ティーズハクア

桜は2着。タイセイレジェンド産駒・2本目の矢も侮れません。

→スピーディキックと同じタイセイレジェンド産駒。

 

6・サンオルソーライズ

強豪相手に夢見る挑戦。立ち向かうんだ、陽はまた昇るから。

→同馬の馬名由来「日はまた昇る」より。

緑黄色野菜の楽曲【陽はまた昇るから】の歌詞をもじって。

 

7・グランブリッジ

4代母・ビクトリアクラウンからつながる「血統の架け橋」も魅力です。

→ビクトリアクラウンはエリザベス女王杯馬で日本が誇る名血。

馬名由来「壮大な架け橋」をかけて。

 

8・グラーツィア

園田、名古屋、水沢…各地で魅せた優雅な舞を今夜も。

→他地区遠征で重賞を3勝。同馬の馬名・イタリア語で「優雅」とかけて。

 

9・クレールアドレ

東京ダービーを制した「トーセンブランド」の血が今週も虎視眈々。

→先週、東京ダービーを制したカイルと同じ

エスティファームの生産馬であることから。

 

10・ラブパイロー

南関東の砂に愛された父の名を誇りに大舞台へ挑む。

→父・パイロの産駒は南関東で大活躍中。

馬名に入る「ラブ」ともかけて。

 

11・ドライゼ

2連勝中。勢いそのままにビッグタイトルも撃ち抜くか。

→父はガンランナー。

同馬の馬名由来「世界最古の銃の名前」より。

 

12・コ―ミズアムール

2歳時に川崎でローレル賞4着。穴党への愛をこめて。

→同馬の実績を見てくれる穴党へのメッセージ。

アムールがフランス語で「愛」。

 

13・ケウ

大きな馬体に宿る名血の力。今日こそ僕らに見せてくれ。

→牝馬としては珍しい超大型馬。母も重賞勝ち馬で父はラニ。

ラニの血の力を【僕“らに”】見せて欲しい。

 

…いかがでしょうか?

 

ケウのラニに絡めたコメントは

ちょいダジャレ感が強いけれど、

実況担当の耳目社・百瀬アナウンサーが

強調して読んでくださったのが嬉しかったです(笑)

 

今年の川崎で行われる交流重賞では、

引き続き、馬場入場のコメントを担当させていただく予定です。

少しでも大きなレースの雰囲気に華を添える事ができれば、

と思っております。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>