みなさんは熨斗(のし)袋と聞くとどんな袋をイメージされますか?

 

 

こんなイメージでしょうか?

 

 

熨斗(のし)袋とは「熨斗(のし)」のついた祝儀袋のことです。

 

※熨斗紙のイメージは熨斗紙素材館さまより

 

もう少し厳密にいうと、こちらのこと。

 

熨斗(のし)とはのしあわびのことでアワビを熨(の)して乾燥させたもの。

熨斗を販売されている兵吉屋さんによるとあわびを薄く剥いて乾かし

竹筒など円筒形のもので伸ばしたものだそうです。

 

鮑(あわび)は100年~150年位生きる貝のため

長寿のおめでたい貝であり不死の象徴として

お供え物の1つとして使われてきたそうです。

 

さて、そんな熨斗(のし)。

現物がどのようななものか気になって買ってみました。

 

 

中は真空パックされていました。

 

厚さは1~2ミリ程で、たとえるなら

あたりめをさらに薄くした感じでしょうか。

 

 

 

昔は保存食とされていたこともあるようなのですが

これ、食べられるのかな…

 

【追記】

 鮭とばにも見える…(そうです)

 エイヒレにも見える…(そうです)

 

美味しそうに見えることは間違いありません。

 

開封をすると保管に困りそうなため、ひとまずこのままです。

 

 

話を戻しますが、現代の熨斗(のし)は

プラスチック製のものか印刷されたものがほとんど。

 

お中元・お歳暮コーナーでは

「『熨斗(のし)』をつけますか?」と聞かれることがありますが

正確には「熨斗(のし)紙をつけますか?」が正しい表現です。

 

また祝儀袋・不祝儀袋の両方をあわせた意味で

「のし袋」と表現をされるケースもあります。

僕も実は最初、熨斗袋は祝儀・不祝儀両方を含めた

呼び方なのかと思っていました。

 

細かい部分をあげるときりがありませんが

日本のよき文化だと思いますので

熨斗袋がこれからも永く続いてほしいと思います。

 

インスタグラムも始めましたのでぜひフォローくださいませ。

https://www.instagram.com/shommelier/?hl=ja

お店に筆ペンコーナーや熨斗袋コーナーがあると必ず立ち寄ります。

特に筆ペンは新製品がないかチェックするのですが

最近、熨斗袋の短冊がトレーシングペーパーでできているものを見つけました。


発売元:協和紙工業株式会社

 

発売はかなり前からかもしれませんが

ありそうでなかったタイプの紙質です。


サイズはのし袋サイズにあわせて少し小さめ。

よくあるサイズの短冊に重ねてみました↓


メリットは短冊が透けるため、

下に見本があれば、なぞるだけで曲がらず、それなりに書けること。

そして、乾くきも早かったです。

 

余談になりますが、通常名前は表書き(お祝)よりも小さく書きます

ですが、表書きの字のサイズが小さいため今回名前は表書きより少し大きめ。

名前が目立たないよう、細い線で書いています。



色々なデザインののし袋がありますね。

 

おすすめの熨斗袋がありましたらまたご紹介しますね。

 

インスタグラムも始めましたのでぜひフォローくださいませ。

https://www.instagram.com/shommelier/?hl=ja

ひょんなことから熨斗袋のあて名書きについて調べていたところ

熨斗袋のあて名書きは「サインペン」でも構わないと書いてあることを知りました。

 

こちらは、自前でコレクションしている祝儀袋の裏側。

宛名部分は短冊タイプのものです。

 

 

①短冊…

下半分に、送り主の名前を、表書きよりもやや小さく、濃い墨で書きます。

毛筆が礼儀ですが、筆ペン・太いサインペンでも構いません

(万年筆やボールペンは細いので失礼になります)

 

 

毛筆が礼儀ですが、筆ペン

太いサインペンでも構いません

万年筆やボールペンは細いので失礼になります。

 

恥ずかしながら太いサインペンならOKなことは知りませんでしたびっくり

線の細いペン類はダメなようですね。

お祝い事には先細りするといった意味合いでNGなのでしょうか

(調べてみましたがきちんとした理由はわかりませんでした)

 

表題は毛筆書体が多いため筆や筆ペンがよいなと思います。

サインペンはあまり印象が良くない方もいるようです。

 

ちなみに、香典袋には上記のような記載はありませんでした。

薄墨で書くケースもあり、難しいのかもしれません。

 

何か分かりましたら共有させていただきますね。

 

 

インスタグラムも始めましたのでぜひフォローくださいませ。

https://www.instagram.com/shommelier/?hl=ja