信頼される署名をデザインする
書ムリエの池上晋翔です。

 

先日、2 week Sho 練習会参加者の方から

 

筆ペンの練習帳によくある

「なぞる練習」ではなく、まずは

「自分で文字の形をとらえること」が

よかった

 

といった感想をいただきました。

 

 

そういえば、

字をなぞる練習は

大人になってから

あまりしていないです。

 

 

賞状技法士の講座で

基本点画の練習のために

なぞって以来していない。

 

 

なぞっただけですと

上手く書けた気にはなります。

 

ですが、しっかり

書き方に意識を向けていないと

手が覚えないんですよね。

 

 

ちなみに2 week Sho練習会の

見本パソコンのフォントです。

 

HG正楷書体-PROです(笑)

 

 

恥ずかしながら、練習用紙はこんな感じ。

 

 

ですが、その方がかえって

みなさん、見本をよく見て

分析をされているようでした。


 

パソコンのフォントですので

ちょっと味気ない見本ですが

(フォントを作られた方すみません)

かえって効果抜群です!!

 

 

 

手本をよく見るって

当たり前のことですけど

やっていそうで

できていないことが多いです。

 

書き始める場所

線の長さ

線の太さ

 

基本的な部分ですが

見落としていること多いです。

 

それがパソコンフォントだと

どういうわけかしっかり

分析をされるようです。

 

みなさん、書くときにしっかり

確認できていますか?

 

 

 

 

これまで

あまり意識をしたことが

ありませんでしたが

最初はパソコンフォントが

おススメですニコニコ

 

 

なお、パソコンフォントの場合は

 

旧字体などが表示できないなど

多少制限があることと

 

字の形が本来の楷書とは

違うものもあるため

 

あくまで字のバランスの

参考程度にしておいてください上差し

 

AD

信頼される署名をデザインする
書ムリエの池上晋翔です。

 

 


ここのところ
本当の池上が出ていない!
と知り合いに指摘され

思い切って出すことにしました。



な面を。

本人には自覚がありません。


というより、思ったことを

発信するだけなのですが。



筆ペンの通信講座(個人レッスン)を

テストでスタートしはじめてみて

運営面の課題がみえてきました。


色々な意味で順調です。



そして、同時に感じたこと。



それは

練習量
二極化



やらない人は

驚くほどやりませんね。

 

 

私も経験がないわけではありませんが…

 

2週間後にスケジュールを組んで

練習の成果が数分で書けるくらいの量とか。


あれ…自分から臨んで申し込んだんじゃなかったのかな。
超お試し価格だから適当でいいやと思っているのだろうか。




なんて失礼ながら

思ったわけです。


テスト的な面もありオペレーションの部分で
意思疎通が取れないことは仕方がない。

 

事前の指示がいまいちで
私のかじ取りが甘かったので
課題として次に生かそう。と、反省です。



でも、個人レッスンの場合、
ガチで上手くなってほしいのです

そのための個人レッスンですから。

 

 

短期間でお祝儀の名前が

バッチリになってほしいですからキラキラ

 

 





私は字の指導の基本は
褒めるが主体です。



でも、ですね。

 

 

ほんの数回しか練習しないで

個人レッスンの際に

上手く書けません!って。

 

 

それは上手く書けませんえー




大切なお客様ですけど
ここで遠慮してたら
お客様上手くならないわ…


と、とても重要なことに気がつき。


もっと練習してください!

 

 

をお伝えしたのでした。




ということで、
もっと練習が必要だと思った方には
たくさん課題を出すことにしました。



ムフ爆  笑


でもですね、やらされている課題で
上手くはならないんじゃないかな。


やる気が出るように今以上に

しっかり褒めることも意識しよう

なんて思ったのでした。

 

AD

信頼される署名をデザインする
書ムリエの池上晋翔です。

 

先週から何回かに分けて

私の書道のルーツについて書き始めました。

 

このブログは将来的な出版を意識したものです。

 

なぜ私が書籍を書きたいのか。

なぜこのテーマを語りたいのか。

 

マイストーリは今回はひと段落です。

よろしければお付き合いくださいませニコニコ

 

 

***

 

腕のトラブルに悩んでいた頃

友人の悩みも聞き

小筆で名前を書く講座をスタートしました。

 

初め、教えることは新鮮でした。

何より自分自身が一番勉強になります。

 

教えるつもりが、教えることで

結果的に教わることの方が多かったです。

 

2年程教えた頃、伝えることへの

限界を感じるようになりました。

 

一方通行な気がしたのですね。

 

そんなときに出会ったのが

セミナーコンテストというイベントでした。

 

セミナーコンテストでは

発表者が自分でテーマ設定をして

自己紹介から本日のゴール(着地点)

問題提起と課題解決のためのノウハウ

そんなことを10分のミニセミナー

という形にまとめて発表するものです。

 

初めて見学した時衝撃的でした。

 

1時間くらいのセミナーを受けたような感覚。

それがたったの10分間。

 

自分が出場者の立場なら

どんな風に話すだろうか?

 

そんなことを思いました。

 

私も同じように話せるだろうか?

 

ワクワクしたのと同時に

色々思うことがありました。

 

その後、引っ越しなどもあり

関西に越してきてから

挑戦をすることに。

 

 

その時の経験が今に活きています。

 

 

こちらの本はセミナーコンテストを

主催している日本パーソナルブランド協会の

代表理事、立石剛先生の著書です。

 

こちらの「はじめに」の部分で

ある書道の先生の話が

掲載されているのですが

それは私のことなんですチュー

 

 

私が出場した時に話したことが

少しばかりですが載っています。

 

 

私が書道講師ではなくて

書のセミナー講師として学んだことが

こちらの本に書かれています。

 

 

書道の場合は講座ですので

自分で作ったカリキュラムを

進めていくというのが普通な流れです。

 

ずっと講座をやり続けていくことに

限界を感じたのですね。

 

そこで、教える・伝える

ということを改めて考えようと

そして、私自身のことを知ってもらう

機会としてよい経験をさせていただきました。

 

 

 

そして、その時に学んだ経験を活かし

少しずつ教えることを再開しているところです。

 

マイストーリーは今回でひと段落です。

 

また、思い出したりしましたら

追記したいと思いますニコニコ

 

お付き合いいただきありがとうございました。

 

AD

信頼される署名をデザインする
書ムリエの池上晋翔です。

 

今回はマイストーリーは小休止です。

 

 

最近、通信の個別指導をスタートしました。

 

通信講座を希望された方に

字の書き方を図説入りで教えていますニコニコ

 

やはり、直接の指導の場合

不明点を具体的に聞くことができ

レスポンスも早く返せるのがいいですね。

 

 

 

直接の指導の場合は

筆の運びを目の前で見せ

教えられるメリットがあります。

 

逆に、通信指導の場合は

図説解説となるからか

受講者が手本をよく見る力が

ついている気がします。

 

実は、私が目指しているのは

自分一人で書ける力を養うこと。

 

 

私は先生に常々

 

自分で書けるようになりなさい

 

と言われます。

 

私の先生は80歳を超えていますので

私が本当の意味で独り立ちできるようにと

おっしゃってくださいます。

 

状況は違いますが、通信講座の

受講者にも同じことが言えます。

 

自分の名前だけでいい

 

自分の名前だけでいいので

一人で、自分の力だけで

それなりに書けるように。

 

私は、そんなサポートを

していきたいのですニコニコ

 

 

信頼される署名をデザインする
書ムリエの池上晋翔です。

 

 

先週から何回かに分けて

私の書道のルーツについて書き始めました。

 

このブログは将来的な出版を意識したものです。

 

なぜ私が書籍を書きたいのか。

なぜこのテーマを語りたいのか。

 

それを振り返るために書いております。

よろしければお付き合いくださいませニコニコ

 

 

***

 

なぜ、名前を書くことを

教えようと思ったのか。

 

 

そのきっかけになった

出来事が2つあります。

 

本日は2つめ。

 

前回書いた通り、腕のトラブルで

書くときの指先の感覚がなくなってしまい

困っていた頃、友人の結婚式に参列しました。

 

受付で記帳しお祝儀を渡しますが

その際に一緒に並んでいた友人が

私の名前を見るなり



 

上手くていいよな~

俺恥ずかしくってさ。

 

そんな風に言ったんです。

 

私自身、ちょうど思うように書けなくなり

感覚を戻すためのリハビリ中のような状況。

 

個人的には恥ずかしい字でしたが

それは言えませんでした。

 

 

ただ、自分自身が思うように書けずに

そういうタイミングだったからか、

 

こういう悩みもあるんだ

 

ってふと思ったんです。

 

社会人になり、ある程度の年齢になると

友人や職場の同僚の結婚式に

参列をする機会が増えてくる。

 

その時に、それなりの字(名前)が

書けないと恥ずかしいんだよなって。

 

特に管理職や役員とか

それなりの立場になった時には

なおさらそれなりに書けないと恥ずかしい。

 

奥さんなどに書いてもらう人も

多いかもしれないけれど

本音は自分で書けたらいいなと

思っている人がほとんど。

 

 

自分の名前だけなら

字数も少ないので

反復練習でそれなりに

上手くなるのにな…

 

あ~それなら僕が

教えてあげたらいいのか。

 

 

せっかくなら

同じように悩んでいる

同世代の人たちに

書き方を伝えたいなって。

 

 

そんな風に思って、

小筆を教えようと思いました。

 

 

そんな風にして名前を書く講座を

スタートすることになりましたニコニコ