食一の社長ブログ

食一の社長ブログ

『食』の世界でてっぺん目指す、株式会社食一 代表取締役 田中淳士の起業日記

        食の世界でてっぺん目指す 『食一』 という会社を


  学校を休学してまで立ち上げた、ちょっと変わった男の起業日記です。


    起業に関すること以外にも、日々の出来事を載せていきます。


                どうぞ、ご覧くださいビックリマーク


          食一の珍魚販売サイトも合わせてご覧くださいキラキラ 


                ↓    ↓    ↓
            
        魚魚っとネット



         食一の取り組みが放送されたものですビックリマーク


                ↓    ↓    ↓


        海一流 youtube

最近は次々に新しい言葉がでてきますね。。

「ステイホーム」

「緊急事態宣言」

そして、今回の

「まん坊」

 

と、いうことで食一なりに、考えてみました!

もう食一で「まん坊」といえば、、、

 

 

お気づきの方多数おられると思いますが、、、

 

 

そうです。

 

 

マンボウです!!

 

 

決してふざけているわけではありませんよ?

蔓延防止の思いを込めて、まん坊(マンボウ)セットです!!

 

 

マンボウの部位でもひときわ美味しく、産地での評価も高い、マンボウの腸を3種食べ比べできますデレデレ

ご家庭で解凍後、フライパンやグリルで焼いていただくだけで、美味しいまん坊(マンボウ)ができますキラキラ

 

 

蔓延防止への思いを込めて届け-!!!!!!!!!!

 

東京の緊急事態宣言も解除されるようですね!

この調子で皆さんに活気が戻ってきてほしいものですルンルン

 

 

さてさて、この流れに乗って!?

またまた営業職の採用を復活しますキラキラ

 

 

 

「人と話すことが自分には向いている!

「魚がとにかく大好き!

「気分転換はもっぱら海派!

「口から生まれてきたと言われている!

「強みのある会社で働きたい!

 

そんなあなたにはもってこいですデレデレ

 

定期的に行われる漁港回りでは、都会を離れひたすら海と魚と面白い産地の方々と触れ合い(笑)

楽しい魚屋ライフが待っていますデレデレ

営業拠点は京都になるので、ほとんど帰ってこないとかはないです(笑)

魚屋や営業の経験者はもちろん優遇いたしますグッ

 

 

営業職は、全国100数十か所の提携漁港より、お客様となる飲食店・小売店さんに鮮魚や加工品を提案する仕事になりますキラキラ
なかなか市場に出回らない魚だったり、地方に眠っている美味しい珍味たち・・・

「え、この魚めっちゃ美味しいやんラブ
「はじめてみたこんな魚・・・」
「こんな珍味あったんや、感動ラブラブ

などなど、お客様が楽しくなるような魚や加工品を扱っていますグッ

食一で扱う魚は、あまり他の魚屋さんでは扱いがないような魚もたくさん扱いますが、はじめは専門知識のある先輩から教えてもらえるのでご安心をグッグッ



産直の魚屋業界では提携産地数もトップクラスにあると自負しています!!
さらに他が扱えないような地魚も全国の漁港から集めることができ、提案するお客さんにも楽しんでもらえて営業していて楽しいですデレデレ(自分は)

 

 

京都移住計画さんに掲載している求人情報では、

食一のことを掘り下げて書いてもらっていますので、

こちらも参考にされてみてくださいウシシ

 

 

応募は、食一の採用サイトからでも京都移住計画さんからでもどちらでも大丈夫ですグッ

 

食一ホームページからのご応募はこちらから

 

 

 

 

 

関西では、緊急事態宣言も解除され、

時短要請中とはいえ飲食店さんも少しずつ元気を取り戻してこられたかなと思いますルンルン

この調子で、どんどん盛り上がりたい!!(心の奥底からの声)

 

 

さてさて、今回もメディア情報です。

そろそろメディア以外のことも書いていきたいなと思っているんですが、何かいたらいいもんやろかと、、、(笑)

なにかアイディアあれば皆さん教えてください(笑)

 

 

と、いうことで、今回はU35-KYOTOに掲載いただきましたキラキラ

(にしても顔のシワの多さよ(笑))

 

 

U35-KYOTOは、概ね35歳以下の多様なプレイヤーが対話し、U35世代の視点で「これからの京都」を描く企画です。

私はぎりぎり当てはまりました(笑)

こう思うともうそんな歳か・・・と思いますが、まだまだ若い気でしかいませんゲラゲラ

むしろ気持ちはまだ10代グッ

 

 

今後、この記事がタブロイド紙で数万部刷られるようですルンルン

紙媒体になるのも楽しみですデレデレ