高田聖子の見られていい日記

高田聖子の見られていい日記

人様にみられていいワタクシの日記帳です


度重なる洗濯で縮んでしまったのか、私が大きくなったのか、随分小さくなったTシャツだけれど、甥っ子が小さかった時にお揃いだったものなので処分しがたく、枕に着せて第二の人生を歩ませはじめました。

物持ちのいい方で、気にいると使えなくなる結構ギリギリのところまで手放せません。

気にいるとトコトンは食べ物もそうで、またキノコ焼売を。


今回は新生姜をブッ刺して爽やかに。

まだまだ飽きそうにありません。美味い!

お気に入りに囲まれて暮らしております。


今日の昼はこれすると決めていた。

おしゃべりクッキングでやってた鶏むね肉と新生姜の素麺。

番組では汁を冷蔵庫で冷やしていたけれど、私は煮麺で麺も半田そうめんバージョンで更に優しく。

あー美味しい。

片栗粉のトロトロと新生姜の爽やかな辛味で汗が噴き出る日曜日。

今日はお天気がいい。
日曜日に限ってこんな天気でパーっと出かけたくなってしまいますが、近所を散歩で我慢我慢。

先日下北沢に行き、『3年B組皆川先生〜2.5時玄目〜』を観劇。あーマスクの下でグフグフ笑った。

面白くて清々しい時間を気分よく過ごして劇場を出ると、駅前の道いっぱいに帰りたくなくてたむろっているグループが沢山いて、気持ちはわかるけどこれじゃまだまだ安心して行動できる日は来ないなと思ってしまった。

緊急事態宣言は解除されたけれど、油断大敵。
稽古ももうすぐ始まるし無事に仕事を全うできるように用心して過ごそう。

そういえば最近のアルコール消毒液はサラッとしてて手も荒れにくくなった。
色々改善されているのだろうけど、私の手も強くなったのかもしれない。

用心ばかりじゃ生きてゆけまへん、この一年余りで人もちょっとバージョンアップしているのかも。

iPhoneみたいに、寝ている間にアップデート希望です。





冷凍室でカッチコチになっていたスペアリブを発掘し、昆布とりんご酢を入れてクツクツ煮た。

お酢は肉を柔らかく、脂をさっぱりさせますわね。美味しゅうございました。

さて、先日の予感通り、あちらこちらでひょっこりと友人や先輩に会っています。ニアミスで会えなかった人もいますが、近いエリアですれ違っているかと思うとちょっと嬉しい。

そしてえらいものを観ました。

『フェイクスピア』は凄かった。
芝居という枠じゃなかったな。
純度の高い見世物でした。
どこか客観的でドライな感じ、詩的に内向的にならない感じ、怖くて、でも気持ちよかったです。

最近観た3作品は、どれも全く違う方向を真っぐ向いていて気持ちがいいです。

気持ちがいいは、最高だと思うのです。

今期は素晴らしいTVドラマも沢山あって、もう幾つか終わってしまったけれど本当に気持ちよかった。

『今ここにある危機と僕の好感度について』も『大豆田とわ子と三人の元夫』も、まだ終わってないけれど『コントが始まる』も、観終わると一瞬呼吸が深くなるような気がして(息を詰めてみてたからか?)ふーっと深呼吸して大満足。

このような予想だにしなかった世の中になって、さまざまな行動が規制されてつまらないと思う反面、より焦点が定まって研ぎ澄まされるものもあるのだなと唸ります。

ぼんやりしてたらいかんな。
ビッと決まった味に整えて参りましょう。

というわけで、お酢はいいですね。
味も決まって爽やかでペロリ。