日本武道館武道学園と中庸(ちゅうよう)塾

日本武道館武道学園と中庸(ちゅうよう)塾

日本武道館武道学園 講師 太田忠徳範士八段を仰ぎ、2006年(平成18年)中庸(ちゅうよう)塾を開塾。34才から剣道を始め、30年で教士7段を取得。中庸塾新聞社主幹。
表千家茶道を習う。弓道三段、趣味はDIY、樹木剪定、
バイク、本業は彫刻および木目込み人形製造業です。

あらためて

中庸(ちゅうよう)塾開塾の目的と目標

目的は正しい剣道の伝承です。

その目的を実現するために目標を設定するのですが、

そこにはなんのために生きるのかという人生観や、

共通するよい価値観、共通するよい使命感をもって

目標を設定しなければならないのかと思います。

広い意味での「いかにして勝つか!」ということも、

大事な目標のひとつです。

苛立つ長いコロナとの戦い、

延期・中止の日常の稽古や大会事情、

あらためて、一貫した短期目標と長期目標を掲げて、

その目的達成に向け日々精進したいと思います。