お陰様で、苦節13年…昨日合格通知が届き、とうとう黒帯を締めた磨酉子さんです😭
13 years of hardship ... Mayuko-san, who is my wife and disciple received a pass notification yesterday and finally fastened her black belt 🙌


 50歳を過ぎての黒帯獲得は、中々です。
Acquiring a black belt after the age of 50 is a big deal.


 四端塾で、奥村達志 三段・橋本寿一 二段・奥村大輔 初段・奥村真琴 初段に続き5人目の黒帯です。
 良かった、良かった!!


via 空手道【四端塾】
Your own website,
Ameba Ownd

 合気柔術逆手道の倉部宋師から、写真の本を、取材協力の礼として頂戴しました。長年研究している脳波と、合気モードの関係を対談させて頂きました。

 武術の奥の深さ、心身の繋がりの本性を考えさせられます。

 抜力…脳で理解してもその脳が反抗して力みが抜けません。修行の足りなさを痛感する今日この頃です😭

 四端塾関係者は、ぜひ購入し、熟読するように!!

 7月より、中央区総合スポーツセンターが再開することになりました。

 1日が抽選になると思いますが、3カ月分を一気に抽選しますので、まだ抽選方法等の詳細は決まりません。

 いずれにせよ、2日(木)は緊急事態宣言前に予約済みなので、久々の稽古になります。参加できる方は、是非!!

 以降のスケジュールは、7月に入ったらHPをみてください。

                 四端塾 塾長 橋本政和

 武漢コロナウィルス対策としてのビタミン+ミネラル群の配合を紹介しました。

 今後、私たちは必ず感染します。感染した時、ウィルスに負けて発症しない為に、今できることは自分の免疫力を上げておく以外にはありません。それが、食事であったり、運動であったり、睡眠であったりします。その一環に、プラウシオンやオーソモレキュラーの考えがあるのだと理解して下さい。

 結果は、下のグラフのように、見事にリンクした結果になっています。

 

 

”Behaviorally Assessed Sleep and Susceptibility to the Common Cold”より

 

 睡眠不足になると免疫システムが崩れるメカニズム…免疫力を維持するためには、良質な睡眠が必要である…という事です。
 良質な睡眠とは…
● 規則正しい睡眠、覚醒のリズムが保たれ、昼夜のメリハリがはっきりとしている
● 寝床に就いてから、過度に時間を掛けすぎずに入眠できる
● 睡眠で熟眠感が得られる
● 必要な睡眠時間がとれており、日中に眠気や居眠りすることがなく、良好な心身の状態で過ごせる
● 途中で覚醒することが少なく、安定した睡眠が得られる
● 朝は気持ち良くすっきりと目覚める
● 目覚めてからスムーズに行動できる
● 日中、過度の疲労感がない
睡眠のことです。
 ですから免疫力の維持=「自律神経系のバランスが取れている生活習慣」に行き着きます。
 これはストレスへの対処にも繋がります。
 ストレス(心身の過剰な緊張)を受けると、ストレスに打ち勝つために自律神経のうち交感神経が優位になります。
 緊張状態で亢進する交換神経(脳波で言えばβ波)が優位になり続けると、弛緩の副交感神経(α波)に支配されている内臓、特に腸の働きが落ちて腸内環境が悪化して免疫力が低下します。またNK細胞などリンパ球の数が減少しますから、免疫力の低下に繋がります。
 逆に副交感神経が優位になることで、リンパ球が増えて活性化し、免疫力が向上します。白血球(免疫細胞群)は体温が37℃以上でより活動が強まるからです。
 また体内の様々な代謝に関わる酵素は36℃~約40℃までは比例して活性化し、代謝を高めて体温を上げ、免疫力が向上します。
 普段からエクササイズなどによって筋力を付けて体温を上げて基礎代謝も上げ、血行をよくして代謝に必要不可欠な栄養素や酸素、そして白血球を全身の細胞に届けて免疫力を高く保つことが、病原菌感染の予防にも繋がります。
 ストレスを緩和する休息や良好な睡眠による脳の緊張緩和(血流改善と副交感神経の亢進)が大切ですし、腹巻などでお腹を冷やさない(腸内環境の維持)ことも重要です。

 総括すると、ストレス・運動不足・偏食・睡眠不足などで、自身本来の末梢血液循環でない状態が続く事で…

 


 つまりは、良い血液循環と安定した自律神経の働きで体温が維持されれば、高い免疫力が期待できる訳です。
 別の言い方をすれば、血流改善すれば本来の体温に戻って、本来の免疫力を維持できると言う事です。

2020年4月7日
            NPO法人 日本健康事業促進協会

 

 

 

 

「一般社団法人 日本感染症学会」が、3月19日に武漢ウィルスに対する漢方治療をHPにアップしています。

 その後、メディアでも取り上げられず、ひたすらアビガン等のニュース一辺倒です。確かに、保険で処方し得る漢方薬は限られますし、漢方を勉強した医師が殆どいない点を考えると難しいのだろうとは思いますが……。

 たかだか70年ほどしか歴史のない中国共産党のする事為すことには様々言いたい事がありますが、古代からの叡智としての薬の処方は参考になります。

 特別寄稿論文で小川先生は、日本の漢方に組み換えて解説しています。
 症状が軽く、画像で肺炎症状が認められなければ、「葛根湯」が肺炎予防に使えます。
 今は、免疫力が低下しますからありきたりの風邪も引けません。風邪っぽいと思った時も葛根湯は有効です。
 大切な人にシェアしてください。頑張りましょう!!

 是非、参考にしてください。

 

【抜粋】

 

「COVID-19感染症に対する漢方治療の考え方」
        金沢大学附属病院漢方医学科  小川恵子

 COVID-19に対する中医学処方(漢方薬)の状況と推奨
1.予防(無症状病原体保有者)
 補中益気湯 :動物実験より、補中益気湯はインターフェロン自体の産生を抑制する
 十全大補湯 :ヒト対象の研究では、十全大補湯服用によってNK細胞機能が改善される

 2.軽症、中等症、重症患者
 麻杏甘石湯+胃苓湯+小柴胡湯加桔梗石膏

3.軽症型 /「症状が軽く、画像では肺炎症状が出ていない」と定義され、倦怠感が主体の場合。
 ①胃腸の不調を伴う場合:香蘇散+平胃散
 ②発熱を伴う場合:黄連解毒湯、清上防風湯、荊芥連翹湯
 ③悪寒を伴う場合:通常は健康な成人や小児=葛根湯、もしくは麻黄湯。高齢者や倦怠感が強い患者=麻黄附子細辛湯

 

 これ以上の詳細については、

一般社団法人 日本感染症学会 HP

を参照してください。

 睡眠不足になると免疫システムが崩れる!?
 人はウイルスに感染すると眠くなり、自然に睡眠を取るようになります。これは、免疫システムが正常に働いている証拠です。
 人が風邪・ウイルスに感染する仕組みは…
 1. ウイルスが口や鼻から体内へ
 2.ウイルスが細胞に侵入して感染
 3.細胞が壊され症状(咳や喉の痛み)が発生
 4.免疫細胞(マクロファージ)が異常を検知
 5.防御システム(サイトカイン)発動(発熱)
 となります。
 つまり熱が出ている状態というのは、サイトカインが「敵が来たぞ!攻撃だぁ!」とサイレンを鳴らして他の細胞たちに知らせる反応の一つで、脳の体温中枢が刺激された結果です。
 このサイトカイン自身もウイルスと戦っていますが、眠りを促すようにも働きます。
    例えば肺にインフルエンザウイルスが入り込むと、白血球がインターフェロン(免疫反応を行うサイトカインの一種)を造ります。インターフェロンはウイルスの増殖を抑えるとともに、脳に働いて熱を出し、ノンレム睡眠(熟睡モード)を増やします(引用:「病気の原因は『眠り』にあった」宮崎総一郎 著・実業之日本社 刊)。
 カリフォルニア大学サンフランシスコ校が2015年に発表した研究論文があります。
 平均29歳の健康な男女164名が対象。
 1.7日間通常の睡眠を測定する
 2.鼻から風邪ウイルスを入れる
 3.睡眠時間別にグループに分ける
 4.管理された睡眠時間で5日間過ごす
 5.各グループのウイルス感染率を調べる
 結果は……

(続く)

 

 

 体温が下がると、新陳代謝が低下する!?
 厚労省のある報告書の基礎代謝に関する項目に、「体表面積が広い場合には体表面からの放熱量がそれに比例して多いため…体温が1℃上昇するごとに代謝量は13%増加するとされることから、体温が高い人は基礎代謝が大きい。」と書かれています。それを逆にして、「体温が下がると新陳代謝が低下する」となり、ここから文言を変えて「体温が1℃下がると…」と言った記述をよく見ます。しかしそれも出典が記載されたものは見かけませんから、誰かが何処かに書いたものをそのまま確認せずにコピーしているのであって、厚労省の文章には13%と記載されているのに、12%になってしまっているものが多く見受けられます。間違った記述を、確認もせずにそのままコピーしている証拠ですね。
 因みに、この厚労省の報告書にも出典は記載されていませんが、私は出典のアドレスを調べてあります(ここで記載はしません)。
 扨て、ここで言っているのは、「運動時の発熱に対して代謝が高まる」という事です。
 つまり、発熱器官である筋肉の活動が減っている状態では、代謝は悪くなる訳です。筋肉が動かなければ血流も悪くなります。血流が悪くなれば、酸素・栄養素が組織末端まで行き渡りませんし、老廃物の回収も上手くいかなくなりますから、組織の再生が滞って、老化が起きます。細胞や組織が老化、劣化すれば、外部から侵入して来たVirusには勝てなくなります。これが、「免疫力が低下する」になります。
 逆に言えば、末梢血流が良ければ、代謝が高まって免疫力も向上することになります。

 睡眠不足になると免疫システムが崩れる!?

(続く)