3学期スタートしました★

テーマ:

みなさんこんにちは!
今週のブログは、
年中さんが大好きで仕方ない
ことり組担任☆武笠楓がお送りします!




さて、いよいよ3学期のスタートです💞
今学期もお子さま達と一緒に、
最後まで全力で駆け抜けていきます!
本年も宜しくお願いいたします。



さて、先週の月曜日は始業式でした。
あと3ヶ月で進級・卒園だなんて…。
早いものですね🥺
本日は、
先日の始業式の様子をお届けいたします♩

長期休み明けで、
お母さんと離れるのが
寂しくなってしまうかな。
と少し心配していましたが…。

そんな心配は
いらなかったようです!!(笑)
多くのお子さまが、
元気いっぱい登園してくれました✨

お子さま達の口からは、
「クリスマス、サンタさん来たよー!」
「冬休み、おばあちゃんちに行ったよ」 
「家族で初詣に行っておみくじ引いたよ!」
などと、沢山の思い出話…😊


そして、
「冬休みにテキスト◯冊目終わりました!」
「沢山絵本を読みました!」
「手踏み◯回出来るようになったよ!」
など、
冬休みに頑張ったことも
沢山教えてくれました。

冬休み中、
保護者の皆様のご家庭でのご協力、
本当にありがとうございました😊
冬休み中にご家庭で
頑張ってくださったことを、
幼稚園で更に伸ばしていけるように、
保育に努めていきます♩


始業式が始まり、
まず始めに神社の神様に、
新年の挨拶です!
「明けまして おめでとうございます!」
みんなで元気に言うことが出来ました👏

今年も怪我なく健康に過ごせますように…。
心を込めてお祈りしました。


続いて、
体育館にて3学期の行事を知りました。
豆まき集会、生活発表会、ひな祭り集会、
熊野カップに終業式……。
3学期も行事が一杯ですね!


3学期に期待を持って
ワクワクしながら見ていました😊



続いて、冬休みに頑張ったこと発表です!
まず最初に、年少さんの発表です✨


ちょうぐみは、Kくんの発表です!
なんと冬休み中、
書きの1冊目を終えてきたそうです!
しかもとても丁寧に、
筆圧も濃く書けてました🙆‍♀️
素晴らしいですね!

ひよこぐみのYくんは、
ブリッジ回転発表☆
Yくんが2学期からずっと、
一所懸命に毎日練習してきたことを
職員もお友達も知っていたからこそ、
大きな歓声が起きました!
Yくん、やったね💞



続いて、年中さんの発表です。


はとぐみのAちゃんは、起き上がりの発表!
2学期の最後の日まで、
なかなか成功しなかったのですが、
冬休みに頑張って練習し、
見事合格しました💯素晴らしいですね💞

そして、ことりぐみのHくんは、
数字のテキストを頑張ったようです😊
去年の4月には1冊目だったHくん。
しかし、なんと!始業式の日には、
4冊目を終わらせてきました!!
Hくんの頑張りには職員一同驚きです!



最後に年長さんの発表です。


やまぐみのRくん。
年長さんが歌っている、
「早春賦」の意味を
しっかりと捉えて発表していました。
Rくんのように、
歌詞の意味を知り、
情景が思い浮かべられるからこそ、
心のこもった暖かい歌を歌えるのですね♩

ふじぐみさんでは、
Mくんの逆立ち歩きの発表です!
写真の跳び箱から、
体育館の端まで歩いていました!
頑張って努力したMくん、素敵です👏


そして、
ぞうさんクラブのお友達の発表です!

堂々とみんなの前で
ひらがなを読んでいたAちゃん💞
まるで年少さんみたいに格好良かったです!
ひらがな50音目指して頑張ってね!


頑張った7人に、全園児で全力の
いいね👍👍👍をプレゼントしました✨

今回惜しくも発表出来なかったお子さまの
冬休み中の頑張りや成長にも、
職員一同驚きで一杯でした!

最後に、城山八訓をみんなで言いました😊
流石、城山幼稚園のお友達!
完璧に上手に言えていました💯
3学期も城山八訓を
意識した行動が出来るように
お子さま達と一緒に過ごしていきます😊


そして、3学期も頑張るぞ🔥
の気持ちを込めてエールを切りました。


3学期も元気に頑張りましょう♩
今年もよろしくお願いいたします。




💞おまけ💞
つい先日の保育室での一コマ。
外装修理の方が乗ってる
作業車に興味津々のお子さま達😂
手を振ってくださったり、
お話をしてくださいました。
お子さま達は、
格好良い乗り物を間近で見れて、
とても嬉しそうでした😂✨
ありがとうございました😊


by ことり組担任☆武笠楓

姉妹園 城山みどり幼稚園ブログ
2歳児 ぞうさんクラブブログ

風の子保育☆体操編

テーマ:


新年、明けましておめでとうございます。

今週のブログは、
年長さんと過ごせるのもあと3ヶ月…。
みんなと楽しい思い出を作りたい!
ふじ組担任☆岩崎桃々が
お届けいたします😁✨

うた1グランプリ練習時に
みんなで撮ったお気に入りの写真です☺️💓



今週のブログでは、
風の子保育体操
取り上げてお伝えします\(^o^)/

冬休み期間に行われている風の子保育では、
職員目線から考えると、
担任を持つ学年だけではなく、
各学年のお子さまと関わることができます!

そして今回、取り上げる体操では、
普段あまり見る機会がない
各学年のお子さまの
頑張りを見ることができました。



こちらの写真は、
風の子保育に毎日のように登園し、
ブリッジ回転ができるようになった
城山幼稚園 年少・ひよこ組のYくんです!
ブリッジ回転が
できるようになった時の笑顔は
本当に素敵でした✨


しかし!
ブリッジ回転ができた=ゴール
ではありません!!
ブリッジ回転の練習を通して、
諦めない気持ち
努力をすることの大切さ
を私たちはお子さまに伝えています。

こちらは
逆立ち歩き3メートルに合格した、
城山みどり幼稚園 年長・やま組のRくんです!
Rくんはみんなの前で
逆立ち歩きの発表をして、
自信をつけることができました✨

発表をするまでの時間も、
真剣に壁に向き合い、
逆立ち歩き練習を重ねていたRくん。
Rくんのその姿を見て、
やる気のその先にある
「その気」になっていたように感じます。



風の子保育は城山幼稚園だけではなく、
姉妹園の城山みどり幼稚園のお子さまも
一緒に活動するため、
お子さま同士の刺激にもなっています!

「〇〇ちゃん、凄いね!
   私も頑張る!」など、
姉妹園の友だちを見て、
練習に励む姿もありました。

年中さん・年長さんになると、
お子さま同士で
体操のやり方を教え合う姿も見られます。

「こうするといいよ!」
「さっきより上手になってるよ!」
という声が聞こえてくると、
お子さまの心の成長を
日々感じることができます。


3学期も、体操だけではなく、
歌・ピアニカや、
かけっこ・思考力授業などを通して
お子さまのたくさんの成長を
近くで見守っていきます\( ˆoˆ )/



☆おまけ☆
いよいよ、先日、
平成31年 1月5日(土)に
「鎮守の森 城山どんぐり保育園」
開園式が行われました!


城山グループ創立者石川文吉先生の想いが
形となった1日なりました。
新しくスタートを切った
「鎮守の森 城山どんぐり保育園」に
今後もご注目ください♫


byふじ組担任☆岩崎桃々

姉妹園 城山みどり幼稚園ブログ
2歳児 ぞうさんクラブブログ

謹賀新年

テーマ:

新年、あけましておめでとうございます。

平成31年最初のブログは、

園長 石川明彦がお送りします。





旧年中は保護者の皆さま、

並びに地域の方々には、

大変お世話になりました。

時にご期待に100パーセント

添えないこともある中で、

教育活動をスムーズに行えましたのは、

皆様のご理解とご協力が

あってのことと感謝しております。

本年も、その子、その子が持つ可能性を

引き出していけるよう、

精一杯努めてまいりますので、

引き続きよろしくお願いいたします。


さて、私は平成19年から

城山グループで働いておりますので、

今年でちょうど

干支が1周したことになります。

過去12年を振り返ると、

幼児教育界も他業種界同様に

驚くほどの変化を遂げました。

12年前は、預かり保育を実施しても、

利用されるご家庭は、

ほとんどありませんでした。

この間、カリキュラムが

創立者の想いに立ち返り、見直すことで、

かなりの進化を遂げることも出来ました。



しかし、

平成31年は過去12年で、

最も大きな

制度変更が起きようとしています。

それが10月の

消費税増税と同時にスタートする、

「幼児教育の無償化」です。


無償化と聞くと、

タダになると勘違いされる方が

多くいらっしゃいます。

しかし、

「無料」ではなく「無償化」ですので、

完全無料とは異なります。

現在、制度が定まらない中でも、

どう制度を使うことが、

子ども達にとってベストなのかを

検討している段階です。

仕組みが複雑な上に、

具体的な数字が板橋区では

固まっていませんので、

細かい解説はここでは控えます。

しかし、いずれにしましても、

教育にかかる負担は

大幅に軽減されることになります。



この無償化に社会が慣れてくると、

二極化してくるのが、

「教育は無料が当たり前というご家庭」と

「多少負担があっても

   良い教育を受けさせたい

   というご家庭」です。


もちろん、

当園の場合は、後者になるわけです。

私は教育内容も重要ですが、

それ以上にどれくらいの

愛情を受けて育つかは、

お子様達にとって、

さらに重要なことであると考えます。


ここでいう「愛情を受ける」というのは、

過保護になってください

という意味ではなく、

お子様にかける想いだと思ってください。


過去12年間の

カリキュラム改善の成果があって、

昨年は卒園児から

四谷大塚で全国1位を獲ったり、

板橋区の陸上大会で

二冠を獲る子が出始めました。

おそらく、この流れは

今後さらに加速すると想像します。

しかし、これらの結果は、決して

当園の保育によるものだけではありません。

保護者の皆様のお子様への想いが、

間違いなく作用していると考えます。

城山グループが

「子守」と「子育て」で言えば、

かなり子育ての方に舵を切った

教育機関でいられるのは、

通ってくださる

ご家庭の影響が大きいと考えます。


無償化以降は、ますます、

各ご家庭の教育への想いというのが、

それぞれの園の特徴を決めてくると考えます。

これからも、

東京をリードする教育機関でいられるよう

職員一同、研鑽を積んで参ります。

本年も、よろしくお願い申し上げます。





※「鎮守の森 城山どんぐり保育園 開園」




平成31年1月5日に、

68年ぶりの新しい姉妹園として

「鎮守の森 城山どんぐり保育園」

が開園します。

この保育園は内閣府所管の

「企業主導型保育施設」

という制度の施設です。

法的には、城山グループで

働く職員のための

託児所という位置付けになります。


しかし、

19人定員ですので、

職員の子ども達だけでは埋まらない定員を、

一般の方々にも開放するというのが、

この園の制度的特徴です。


この

「鎮守の森 城山どんぐり保育園」ですが、

実は設立までに70年もの月日を経たのです。

城山グループの創設者石川文吉は、

自身が実の親に育てられていなかったり、

子宝に恵まれなかったことから、

終戦後、

「鎮守の森を保育の庭に!」を掛け声に

保育園を建てようと試みました。


しかし、

昭和23年当時は、今のように

保育園が簡単に建つ時代ではなく、

結果として認可がおりなかったのです。


そこで、申請を幼稚園に切り替え、

昭和24年、

境内に生えていた木で園舎を作り、

城山幼稚園をスタートさせたのです

(城山みどり幼稚園は昭和26年開園)。


それから70年、

石川文吉の没後からも

33年が経過しました。

「鎮守の森を保育の庭に!」

の想いを生かすためにも、

「鎮守の森」を頭に付け、

1月5日に

「鎮守の森 城山どんぐり保育園」という

少し長い名前の保育園がスタートします。

70年間、

幼児教育に真剣に向き合ってきた

城山グループだからこそ、

現在の保育制度に対して、

感じる疑問が沢山あります。

そういった問題を一つひとつクリアして、

本当に子ども達の将来のためになる

保育園を作り上げていきたいと思います。


by 園長☆石川明彦


姉妹園 城山みどり幼稚園ブログ
2歳児 ぞうさんクラブブログ