ナイト散歩のお話

テーマ:
昨日はお休みの1日でした。
ひさびさにおーたんと夜のお散歩を(╹◡╹)♡
あまりにも一心不乱に歩いているので
おーたん、おーたん!と声をかけると
何?と不機嫌そうに振り向くおーたんでした(*≧∀≦*)
そんなこんなでしろくまもひさびさに夜のお散歩を╰(*´︶`*)╯♡
クリスマスバージョンのプイプイさんとらいよんチャン
茶屋町もいい感じにクリスマス感が出てました!
やっぱりイルミネーションはいいねえ╰(*´︶`*)╯♡
と、ほっこりしているしろくまですが、
本当の目的地はこちら❗️
筋トレの聖地ゴールドジム梅田店での試合前の最終調整でした(((o(*゚▽゚*)o)))♡
密かに体重問題を残したまま、この時期に来てシャフトの握り方にもちょっぴり問題が発生したりもしましたが、
とりあえず頑張ってきますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

いつもブログで仲良くさせていただいているココアままさんから

18日の試合に向けてのエールが届きました

image

しろくまの大好物の鳩サブレーとわんこチームへのおやつたち

そしてコーギー&柴の立体カレンダーをいただきましたヾ(≧▽≦)ノ

ココアままさんいつもありがとうございますm(__)m

って、お礼を言いつつも試合5日前にしてまだ目標体重に届いてないしろくま

しろくま自身もお仕事を休んで患者さんにはご迷惑をおかけしているのに

トレーナーさんにもお仕事を休んでいただいているにもかかわらず

まさかの体重で失格になったらどうしよう(;゚Д゚)

と、ドチドチしてメンチカツものどを通らない状況です(; ・`д・´)

って、メンチカツを食べている場合ではな~い(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

と、トレーナーさんからおしかりを受けそうですが

とりあえず精いっぱい頑張ってきます(`・ω・´)ゞ

 

と、18日はベンチプレスの試合しかないかのようなイメージで過ごしていたしろくまですが

実は富田林市内ではいろんなイベントがあります(=゚ω゚)ノ

南河内ねこの会の猫ともクラブが午後1時半から3時半まで

金剛のエコールロゼのロゼサロンで行われます( *´艸`)

image

猫好きのみなさんで集まっていろいろとお話をしてみましょうという会だそうです(*^^)v

残念ながらしろくまは参加できませんが

しろくまの病院ではHappy Tabby Clinicの橋本先生のねこちゃんの絵本を

読んでいただくこともできますので興味のある方はぜひ手に取ってみてくださいね

image

そしてもう一つ!

しろくまの病院から徒歩2分の大阪大谷大学で

富田林市の防災訓練が行われます(`・ω・´)ゞ

こちらも11時ぐらいに集合ということなのでお昼ごろからだと思いますが

富田林市の防災訓練はかなり本気モードでDMATとかドクターヘリとかいろいろと参加されます。

同じくしろくまは参加できませんが大阪VMATのみなさんも参加されますので

ペットといっしょの同行避難のお話などを詳しく教えていただけるチャンスです(*^^)v

image

興味のある方はぜひご参加ください

大阪VMATのふじゅくん缶バッヂです( *´艸`)

image

 

しろくまも体が3つあればいいのになあと思いつつも

体重を落としてまずは試合に参加できるよう頑張ってきたいと思います(`・ω・´)ゞ

 

一昨日のブログの続きです(`・ω・´)ゞ

今年、八尾市でオープンされたという

猫の避妊去勢手術専門クリニックのHappy Tabby Clinicさんで

いよいよ手術の見学をさせていただくことになりました

image

1日に10頭前後の避妊去勢手術を行っておられるという先生の手術は

一日1頭か2頭が限界のしろくまの手術とどこが違うのかしら?

手術時間を早くするためにはしろくまの手術にはどこか不要な部分があるはずなので

どこが削られているのかしら?

また、しろくまの病院での手術もまあまあ安い方と言われているけど

その約半分のお値段でできる手術って何が違うのかしら?

と、ドチドチしながらの見学会でした

 

手術の方法はいろんな教科書に載ってはいますが

実際には代診先で教えてくださった先生の影響が大きく

たまにお友達の病院で手術を手伝ったりするときでも

「おお!こんな方法があるのかΣ(・ω・ノ)ノ!」

と、驚くこともしばしば

猫の避妊手術のような基本的な手術であっても

麻酔薬の選び方から術前の準備やお腹の切開部位や縫合の仕方に至るまで

術者によってさまざまな違いがあります。

術者が初めに教えてもらったやり方が基本になっているので

どれが正解というわけではなくちゃんと本来の目的を果たして

その動物が麻酔から醒めてくれることが大切だと思います

 

 

ということで、実際に見学をさせていただくと麻酔薬の選択のちがいはあるものの

手技的に省いているようなところは一切なく

なんだったらしろくまの病院よりもさらに丁寧なぐらいで

切開部分が小さいので縫合にかかる手間が少しだけ少なくなるぐらいでした。

また手術に使う吸収糸などの備品もしろくまが使用しているものと同等のもの・・・

というかマスクなんかは使い捨てなのにしろくまの病院のものよりも上等なんじゃないの?

と思うほど上質のものでした(;゚Д゚)

 

ただ、手術台の上が避妊手術に必要なものだけの空間になっているので

使いやすいところに必要なモノがあり迷うことなく手が動くとても手際がいい手術でした。

手術が早くなるコツを橋本先生におたずねすると

500頭ぐらい避妊手術をすれば誰でもできるようになります(`・ω・´)ゞ

とのことでした。

確かに正しい術式さえ知っていればあとは経験なんだろうなと思うしろくまでした。

そして手術をしている時間というのは実はそれほど長いわけではなくて

麻酔がかかるまでと醒めるのを見ている時間が長かったりするのですが

この麻酔をかけるタイミングが絶妙で一人で流れるように作業をされていましたが

これが経験によるものなのねえと感動するしろくまでした。

 

初めはコストカットをするには備品の質を下げるとか

縫合の間隔をあけたりして糸の使用量を少なくするのかしら?と思っていましたが、

むしろ術後すぐに元の位置に返されて抜糸などで様子を見ることができない猫ちゃんの体を案じて

少しでも負担がかからないように傷口を小さくし、

また傷口が開かないようにと工夫が凝らされたねこちゃんに対する愛情にあふれた手術でした。

 

こうしてたくさんの避妊去勢手術が行われることで

かわいそうな目に合う子猫の数が少なくなっていくんだなと思いました。

この辺りは橋本先生の絵本を読んでいただけたらと思います(`・ω・´)ゞ

image

しろくまも動物の殺処分ゼロに向けて何かできることはないかと思っていましたが

実際は1週間に数頭レベルで数としてはそこまで対応しきれてませんでした

Happy Tabby Clinicの橋本先生はしろくまよりも一回り以上年下の若い女性の先生ですが

こうして実際に覚悟をもって頑張って取り組んでおられる先生にお会いできたことは

大変刺激になりまた勉強になり本当に良かったです。

しろくまには若さも体力もありませんが少しでもお役に立てるように

これからもできることを頑張っていきたいと思いました。

 

Happy Tabby Clinicの橋本先生、スタッフの皆様どうもありがとうございましたm(__)m