昨年奥様との思い出のカプチーノとご紹介しておりました

神戸ナンバーのカプチーノですが、いよいよ下回りの防錆処理からオールペンへと作業開始致しました。

ほぼ5年間ガレージに保管されたままだったそうですが

下回りはつぶつぶの表面錆が一面に広がっていました。

画像では分かり難いですが

リアフェンダーの耳が爪折りされています。

ここを引っ張り出して純正の状態へ戻します

純正の状態へ戻したフェンダー耳

今回は下回りを純正カラーで塗装するため

サビキラーでサビを転換させます。

サビを表面に出来るだけ出して塗装します。

塗装した部分にぶつぶつと転換された跡が出てきます。

乾燥すると転換された部分が浮き出て来ます。

これを数回繰り返します。

完全に乾燥後、ボディと同じ色で塗装します。

次にリアアクスルを取り外しトランクフロアーも防錆処理します

フロアー全体をシャーシクリアーで塗布します。

これでオリジナルの雰囲気を残した防錆処理の完成です。

最後にタンク回りのフュエルラインを交換し

タンク及びリアアクスルを取り付けて作業完了!!

 

今年最初の大仕事でした。

松本君ご苦労さま!!

いよいよ来週からボディ塗装作業に入ります。

神戸のT様ご覧いただけたでしょうか?

作業は順調に進んでおりますのでご安心下さい。