shiraidesignのブログ

shiraidesignのブログ

白井要一のアウトドア日記

Amebaでブログを始めよう!

こんにちは

5月25日(金)〜27日(日)は谷中ギャラリー(ギャラリー茶屋町三番地)で

「良いモノ一生物出会い展」が開催されます。

3社の出会いから新しいライフスタイルが生まれます。

谷中散策も兼ねて是非お出かけいただければと思います。

 

① 日興エボナイト製造所・・・・・エボナイト製万年筆

② 軽井沢スティロアート・・・・・木工品、万年筆

③ シライデザイン・・・・・・・・帆布リュック、バッグ

 

25日(金):14:00〜19:00

26日(土):10:00〜19:00

27日(日):10:00〜17:00

ギャラリーには電話がありません。当日のお問い合わせなどは

白井の携帯までお願いいたします。 090−6653−6189

それでは当日お待ち申し上げております。

 

 

こんにちは!

いよいよ新緑が眩しい5月です

寒暖の差が大きいこの季節はアウトドアーでも同様

残雪が残っている高地なら晴天なら雪の照り返しでTシャツ1枚でもOK

でも夜間はフリースで冬支度が必要です

 

軽量化について

山の荷物は1グラムでも軽い方が良い軽いと疲れにくい、と感じます

まあ自分の体重を軽量化する方が先ですが(汗)

シライデザインの帆布バッグは少し異なるスタンスです

 

軽量化よりも心地よさ優先です

使い込んだ心地よさ

素材の心地よさ

古びた心地よさ

少し重さを感じる心地よさ

などなど

 

山支度をして自宅を出る、よっこらしょ!とリュックを背負う

一瞬掴んだショルダーベルトやリュックの背中をみる

だいぶ擦れてきたな、少し退色が進んだかな・・・

帆布バッグには道具と対話する愉しさがあります

 

昨今の機能性ばかりをうたっている山用品はどれも同じ様な素材、

同じ様なデザインとなり、山行きの列車内では誰も彼も同じ顔に

見えます

普段使いのこのシャツ、昔履いていたツイードのズボンやジャケット

低山歩きではこれが似合うのですね

 

軽量化や機能一辺倒のグッズとは異なる「心地よさ機能」を研究して

みるのも山道具の楽しさです

 

 

 

 

 

 

少し前の情報になりますが4月に神奈川県大山に行ってきました。
大山ケーブルが新しくなり、小田急ロマンスカーと同じデザイン会社がデザイン。
モダンデザインになりました。速度は同じです。
5月の谷中ギャラリー「良いモノ展」へのご来展有難うございました。無事終了いたします。相変わらずインバウンド(どうも言い方馴染めませんが)、海外よりのお客様が多いですね。決済方法も一工夫必要です。

さてシライデザインでは<3デイショップ>始めます!!
毎月末、金土日の3日間だけの開催です。
定番商品から新製品、アウトレットまで、シライデザインワールドを展示販売したします。
初回は7月29日(金)~31日(日)の3日間。
7月に入りましたら詳細ご案内いたします。
谷中ギャラリーフェア開催です!!

<良いモノ・一生モノ出会い展7>のご案内
今回のフェアはシライデザイン単独ではなく、7年目になりますが、手作り万年筆で有名な日興エボナイト+スタイロアート(軽井沢)との3社展です。日興エボナイトは日本で唯一のエボナイト素材製造で万年筆も製造。軽井沢のスタイロアートは木工家具以外にもウッド製万年筆を作っています。
どうぞお気軽においでください。お待ちしております。

期日:5月27日(金)~29日(日)11時~19時
                最終日は17時までです。