大阪発!心理カウンセラーの「自分で自分を癒すヒント」

大阪発!心理カウンセラーの「自分で自分を癒すヒント」

うつ、不安、不登校など、様々な神経症やお悩みを少しでも軽くする為の
ヒントを開業カウンセラーがお伝えしてゆきます。

当ブログへお越し頂きまして、ありがとうございます。





この記事に共感して頂いた方は、お手数ですが


  クリック応援をお願いします。とても励みになります。





心理カウンセラー ブログランキングへ




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 治療方法へ





★実践的な心理学を勉強したい方、心理カウンセラー


 を目指している方の為の「個別ご指導」を始めました






①「今日から使える実践的な心理学を学ぼう」




②「心理カウンセラーを仕事にする為のノウハウ全て」




お問合せは
「超短期解決」「低価格」「全額返金保証制度有り」


「心の相談ルーム」オアシス大阪
 まで。










皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

 

<前回からの続き>


 

②「成功イメージ」(成功回路)を定着・強化してゆく

※必ず前述の「①「失敗イメージ」(失敗回路)を

   変化させてゆく」を行った上でなさって下さい


(1)過去の成功イメージを使う

a.過去の成功場面を思い出す
 
 
過去自分が成功した場面(うまく喋られた、うまく書けた、

 うまく投げられた等)をいくつか思い出して下さい。


 例1:発表でうまく喋る事ができて、

    みんなから拍手を貰っている場面


 例2:受付でうまく書けて、

    受付の女性がニコッと笑ってくれた場面


 例3:うまく投げられたファインプレーで拍手喝采、

    外角低めにズバッと決まって、

    バッターが呆然と見送り

    味方から「凄い!」と褒められた場面
    等々


b.その場面を五感を使ってイメージする
 
 その時の情景を自分の眼で見て、身体で感じて、

 耳で聴いて、(匂いを感じ、舌で味わって・・・)等、

 「今まさにそれを体験してる」かの様に

 五感を使ってイメージする



c.それを短時間で良いので、

 頻度を多くする事を意識して繰り返す

※未来の成功イメージはその回路がまだできていないので、
 失敗回路がまだ強い段階ではうまく作りにくいと考えます。


 その点、過去の成功イメージは当時と同じ回路

 が使用されるので「成功回路」の強化に向いてると考えます



(2)未来の成功イメージを使う

a.未来の成功イメージを思い浮かべる


 自分が成功している場面(うまく話せている、うまく書いている、

 うまく投げている等)をいくつか思い浮かべて下さい。


 例1:発表でうまく喋って、

    みんなから拍手と感嘆の声を貰っている場面


 例2:受付でうまく書けて、

    受付の女性がニコッと笑ってくれて、

    その後のお酒を美味しく飲んでる場面


 例3:うまく投げてファインプレーでゲームセット・・・

    監督やチームメイトから手荒い祝福を受けている場面
    等々


b.その場面を五感を使ってイメージする
 
 その時の情景を自分の眼で見て、身体で感じて、

 耳で聴いて、(匂いを感じ、舌で味わって・・・)等、

 「今まさにそれを体験してる」かの様に

 五感を使ってイメージする


c.それを短時間で良いので、

 頻度を多くする事を意識して繰り返す



※必ず「(1)」がスムーズにイメージできるようになってから

  行ってください

 



以上、

比較的短期間で吃音や書痙・震え、イップス等を治すヒント

お書きしましたが、

 

お独りでは難しい場合はお気軽にご相談下さい。

 



<次回へ続く>
 

 

 

 

それでは今日も良い変化を

 

 


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

 

<前回からの続き>


 

今回は、

「吃音や書痙・震え、イップスを治すヒント」
「①「失敗イメージ」(失敗回路)を変化させてゆく」
2つ目として、

 

「(2)「失敗回路」を弱体化してゆく方法」
をお書きしたいと思います。



(2)「失敗回路」を弱体化してゆく方法


まず「吃音」や「暴投」に至る「失敗回路」を作った時

の事を思い出して頂きたいのですが・・・。


それは(前回お書きした様に)既に自動化されて

無意識下で行われていた「成功回路」を

意識的に行う事によって、

”妙な所に力が入った神経回路”(失敗回路)が
できてしまい、

 

2つの回路が干渉し合い、

自動化された「成功回路」が弱まった

という事が原因なのでは?と推察しました。


だとすれば、

「失敗回路」を意識的に行う事によって、


同様に「失敗回路」とは微妙に違う

「失敗回路を失敗させる新たな回路」
(ややこしくてすみません(笑))が形成され、

 

それらが干渉し合い、
結果として「失敗回路」も弱まる
と考えられます。


その為には、

「意識してわざと失敗する」事が必要だと考えます。


例えば、
「”わざと”思い切りどもろう!」

とか

「”わざと”思い切り暴投しよう!」
等と意識して失敗する事等が有効です。


※ここで、「周りに”ドッ”とウケる」「自分も周りも笑い転げる」

  等の強い(ポジティブな)感情が出て来るイメージをするのも、
 より「失敗回路」の弱体化につながると思います。



次回は、

「吃音や書痙・震え、イップスを治すヒント」
3番目の方法として、


②「成功イメージ」(成功回路)を定着・強化してゆく
についてお書きしたいと思います。

 



<次回へ続く>
 

 

 

 

それでは今日も良い変化を

 

 


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

 

<前回からの続き>



今回からは3回に分けて

「吃音や書痙・震えやイップスを治すヒント」

をお書きしたいと思います。



<吃音や書痙・震え、イップスを治すヒント>

 


①「失敗イメージ」(失敗回路)を変化させてゆく


=不安や恐怖等を伴う「失敗イメージ」→「吃音」・「暴投」

  といった脳の「失敗回路」が自動化されてしまっている

  訳ですから、

 

  ここの部分を変化させないで

  「成功イメージ」だけを強化してゆくのは至難の技
  だと思います。
(前述の様に混乱状態に陥る事もあり得ます)


  ですから、

  まずはこの部分を変化させる事が大切だと思います。


  そしてこの「失敗イメージ」を強固にしているのは、
  「不安」「恐怖」といった強い感情だと考えられます。


  そしてそれによって、

  「失敗回路」が強化され続けてしまっている訳です。


  だとすれば、それらの強い感情を変化させる事

 「失敗回路」を弱体化してゆく必要がある

  のではないでしょうか?

 


以下、その変化の起こし方をお書きしたいと思います。


(1)不安感情を弱めて「失敗イメージ」を弱める方法


a.不安・恐怖と対峙し、「最悪」と「最善」を考える


  例えば
  「このままイップスが治らなければ最悪どうなる?」

  と自問し、


  「レギュラーから外されるだろう・・・」

  と、その答えを書いてゆく。


  「最悪そうなったら、

   自分のベストを尽くすとすればどうする?」 


  「バッティングや走塁をもっと磨いて、

   代打要因や代走要因を目指す」


  「もしそうなったら、

   自分にとって生きて行けない程辛い?」


  「いや、悔しいけどそこまでは・・・」

 


  或いは
  「もし吃音が治らなかったら、最悪どうなる?」


  「恥ずかしくて学校で喋れなくなる」


  「最悪そうなったら、

   自分のベストを尽くすとすればどうする?」


  「私の吃音を気にしない子とだけつるむ様にする」


  「もしそうなったら、辛すぎる?」


  「いや、そこまでは・・・」


b.認知療法で認知の再構成を行う(略)



c.NLPのサブモダリティーを変える方法や

  イメージ記憶の再構成


  例えば、過去の失敗イメージを

  自分もみんなも大笑いしてるイメージへ変える等で

 「失敗イメージ」をダイレクトに弱めてゆく(略)



次回は、

「吃音や書痙・震え、イップスを治すヒント」
「①「失敗イメージ」(失敗回路)を変化させてゆく」
2つ目として、

 

「(2)「失敗回路」を弱体化してゆく方法」
をお書きしたいと思います。



<次回へ続く>
 

 

 

 

それでは今日も良い変化を

 

 


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

 

<前回からの続き>



今回は

 

「何故吃音や書痙・震えやイップスになってしまうのか?」

 

について、私の理解に基づいてお書きしたいと思います。


まず、

 

人が「話そう」とか「ボールを投げよう(ある動作をしよう)
と意識した時には、脳の様々な部位の神経回路の

ニューロンが順次発火してゆく事で、


最終的には、

「言葉に出す」とか「ボールを投げる」という

(主に筋肉の収縮・制御を伴う)アウトプットに至る

訳です。


そして、

その意識→動作(発話、ボールを投げる等)

繰り返す事によって、


そのアウトプットに至る神経回路は強化され

(同じ部位に負荷をかける事を繰り返すと
その部位の筋肉が鍛えられる筋トレと同じ)

 

やがて小脳を中心として、その動作が
自動化(力の入れ具合や筋肉や声帯を意識しなくても)

できる様になります。


ところが、

 

「ちゃんと話そう」という意識が強くて生真面目な性格の人
そのスポーツに
賭ける思いが強い人ほど

そこへの拘りが強いと考えられますので、


「どもらない様に」とか「ちゃんと投げなきゃ」

という意識が強く働くでしょう。


そうして妙な所(肩・腕の筋肉や声帯の)

力が入ったりして、

 

既に自動化されている一連の動作と

異なる動作を行ってしまう・・・。


その時点で、

その「妙な動作」が脳にフィードバックされてしまい、


「自動化された神経回路」とは異なった

”妙な所に力が入った神経回路”、


言わば「失敗回路」が形成されてしまう。


そうなると

相反する2つの神経回路がお互いに干渉し合う事になり、
混乱状態に陥り、「自動化された神経回路」が弱まってしまう。


その様な時には「失敗」し易くなるでしょうから、

(生真面目な人ほど)一度の失敗や

他人が失敗している姿を見て、
「失敗したらどうしよう?」という不安や恐怖が出てくる。

そして

この恐怖や不安という強い感情(情動)は扁桃体を興奮させて
脳に強く記憶され、それが「失敗イメージ」として定着します。



すると、

「話そう」とか「ボールを投げよう」等と意識する度に
「失敗イメージ」が出て来て

 

「吃音」や「暴投」等のアウトプットに導く
「失敗回路」が強化されてゆきます。


(※ニューロンは実際の出来事等によってだけではなく、

  知覚経験を思い出す、つまりイメージするだけでも

  発火する事がわかってきています)

そしてそれを繰り返してゆくと、

「失敗イメージ」→「吃音」・「暴投」に至る
「失敗」回路がどんどん強化されてゆき、

「吃音」や「暴投」が自動化されてしまうでしょう。

 


もしこの段階で無理に

「成功イメージ」を繰り返そうとしたり意識し過ぎると


「成功イメージ」(成功回路)

「失敗イメージ」(失敗回路)が拮抗し、


「言葉が出ない」「ボールの投げ方さえわからなくなる」
等といった「身動きできない混乱状態」

になる事さえあるでしょう。


それでは、

どうすれば「吃音」や「書痙・震え」や「イップス」を

治せるのでしょうか?

そのヒントを

次回から3回に分けてお書きしたいと思います。

 



<次回へ続く>
 

 

 

 

それでは今日も良い変化を

 

 


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ

皆さんこんにちは。「みんなのカウンセラー」こと、
のぶさわです。

 

 

 

「落ち着いて話そうと思っても、

 どうしてもどもってしまう・・・


 そんな自分が恥ずかしくて、

 会社に行くのが苦痛になっています。」


「ファーストに送球しようとしても、

 腕が言う事をきかずに暴投になってしまう・・・


 大好きな野球なのに、

 もう続けてゆく自信が無くなってしまった。」


うちのルームにも、

「吃音」「書痙・震え」「イップス」等で

悩んでお越しになる方も多いです。

ご家族や周りの方は

「気にするな」と仰る事もあるかと思いますが


「そう言われたって、

 私(僕)にとってはとっても深刻な問題なのに・・・」
ととても悩んでおられると思います。


「今迄は普通に喋る事ができていたのに・・・」


「今迄は普通に投げる事ができていたのに・・・」

そして吃音書痙・震えイップスが起きた為に、

自信まで失っていってしまう。


今回からは


「何故吃音や書痙・震えやイップスになってしまうのか?」

「どうすればそれを治す事ができるのか?」


を私の推論と臨床での経験を基に

お書きしてゆきたいと思います。


<次回へ続く>
 

 

 

 

それでは今日も良い変化を

 

 


★お問い合わせ・ご相談は下記の私のホームページを
  
ご覧ください。

     新大阪駅 徒歩1分!
「心の相談ルーム」オアシス大阪
(超短期解決、全額返金保証制度有り)
//////////////////////////////////////////////////////////
↓ 今回の記事に共感して頂いたら、お手数ですが
  クリック応援をお願い致します。とても励みになります。

心理カウンセラー ブログランキングへ