薬にたよりすぎない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。 

 

 

薬剤師だからこそ、

薬にを使うなではなく

薬にたよりすぎるなをモットーにしています。

 

 

 

だってね、、

 

 

 

風邪薬で風邪が治るわけでもなし

頭痛薬飲んでも根治するわけでもなし

生活習慣病の薬飲んでも良くて現状キープ

 

 

もれなく、副作用付き

 

 

それなら、すぐに薬にたよる前に

ホメオパシーも活用するのもありじゃなかろうか?

 

 

 

コロナもね、今まで薬に頼りすぎていたから

今の現状が不安で不安で仕方がないんです。

有効な薬がない感染症が出てきたから。

 

 

今後も、いくらでも出てくると思いますが

その度に、こんなことを繰り返すのでしょうか?

 

落ち着いたら、人は忘れちゃいますからね。

間違いなく、また同じことを繰り返すでしょう。

 

 

繰り返さないためには、どうしたらいいのか?

 

 

とりあえず、薬に頼りすぎるのを止めましょう。

薬に頼るから、薬のない状況に不安になるんです。

 

 

薬は、本当に必要な時だけ、使うものですから。

 

 

 

 

受講生の声

風邪の流行を乗り切る

 

薬剤師さんから学びました

 

 

image

 

 

講座内容

●ホメオパシーが出来たきっかけ

●現代のホメオパシー事情

●ホメオパシーで使うレメディというツールとは

●レメディの作り方について

●心と体の関係とは

●おうちケアの範囲について

●ホメオパシーで考える治癒の法則

●セルフケアの方法について

●セルフケア本の見方について

●おうちケア以上に大切なこと

●注意事項

 

 

など、ホメオパシーの基本をギュギュっと詰め込んだ内容になっています。

 

 

日程詳細

【日時】

5月1日(土) 9:30-11:30

5月13日(木) 9:30-11:30

 

【受講費】

5,000円(使い方フォロー6週間付き)

 

※資料はメールにて送付

※お土産はレメディ早見表のみ

※事前振込 or オンライン決済

 

お申込はこちらをクリック

 

 

ご都合が合わない方は

お気軽にリクエストください

 

※夜開催OK

※ちょっと休憩も挟みながら行います。

 (内容自体は1時間半くらい)

※質問の数等によって、若干、終了時間が前後する可能性はございます。

※カメラを切って、授乳もOK

※お子さんをあやしていて、聞きもらしたところは、後でフォローいたします。

 

 

 

 

薬にたよらない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。

 

 

 

風邪は風邪薬じゃ治らない

痛み止めの飲みすぎで頭痛が起こる

 

 

 

 

 

なんて、

まだまだ知られていないかもしれませんね。

 

 

子どもに使えなくなった咳止めがあったり

妊活中の方は、念の為に気をつけたい成分とか

なんか、ちょこちょこありまして。

 

 

去年の話ですが、

アンケートの回答で

65%の人が、風邪薬でウィルスをやっつける

なんて答えたそうですよ。。。

 

 

ありえないから。。。

 

 

ということで、薬の基本を

時々、お話しております。

 

 

がっつり学ぶというやつではないので

まあ、ラジオみたいに聞き流してもらったらOKです♪

 

 

 

セミナー時間割

※申し込みない日は時間や内容が変更となることもあります。
※開催リクエストもお気軽にどうぞ

 


5月8日(土) 9:00~10:00 風邪薬について
5月8日(土) 10:10~11:10 抗生剤について
5月8日(土) 11:20~12:20 生理痛の薬について
5月8日(土) 14:00~15:00 頭痛薬について
5月8日(土) 15:10~16:10 便秘薬について
5月8日(土) 16:20~17:20 花粉症の薬について
5月8日(土) 21:00~22:00 市販薬について

 

5月25日(火) 9:00~10:00 市販薬について
5月25日(火) 10:10~11:10 花粉症の薬について
5月25日(火) 11:20~12:20 便秘薬について
5月25日(火) 14:00~15:00 頭痛薬について
5月25日(火) 15:10~16:10 生理痛の薬について
5月25日(火) 16:20~17:20 抗生剤について
5月25日(火) 21:00~22:00 風邪薬について

 

参加者がどのくらいいらっしゃるかわからないけれど

各コマ、私からのお話とQ&Aで1時間程度を予定しております。

 

 

授乳・おむつ替えしながらもOK!

 

 

【注意事項】

・参加人数がどのくらいになるかわかりませんが、アシスタントはおりませんので、事前にZOOMの使い方を確認しておいていただけると助かります。

・ご質問は、基本的にチャットに入れてください。

・時間までに回答できなかったご質問に関しては、ブログあるいはメルマガにて回答します。

・話が脱線することもありますが、ご質問は、その時間帯の内容に沿ったものでお願いします。

 

 

申し込み詳細

時間は上記に記載通り。

 

 

料金:1回 2,000円

 

・同一テーマなら、再受講は1000円

 

 

 

 

薬剤師から直接話が聞けるおくすりセミナー

こちらからお申し込みください。

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

ヒーリング用LINE公式アカウントできました


 

講座&イベントメニュー一覧


●ステップメール:アトピーアレルギー体質は改善ではなく落ち着かせるもの

●メルマガ:情報に振り回されない健康美メルマガ

SHOPはこちら

リクエスト開催・招致のお問合せはこちらから
問い合わせフォーム(外部サイト 24時間受付中)
●050-5375-9266(平日10:00~17:00)
移動や講座セッション中等で電話に出られないことがございます。その場合は折り返しご連絡致しますので、留守電にメッセージをお願いします。

 

 

 

赤ちゃんの肌ケアというと、

乳児湿疹やアトピーのイメージが強いけど

大人の肌ケアだと

湿疹・ニキビが出たり、乾燥に悩む人も多いですよね。

 

 

乳児湿疹

アトピー性皮膚炎

脂漏性湿疹

あせも

ニキビ

水虫

麻疹

風疹

水ぼうそう

ヘルペス

乾癬

突発性発疹

蕁麻疹

とびひ

手足口病

かぶれ

etc.

 

肌に出るトラブルって、たくさん!!

 

 

女性なら、しみとかシワも気になったり。。

(気になりだすお年頃 笑)

 

 

 

時には、病院で薬をもらうことも必要で

細菌感染なら、抗生剤を使うことも。

 

 

他によく処方されるのは

ステロイドやプロトピック。

 

2020年には、アトピーの新薬も発売されました。


 

でも、中には

特にステロイドを全否定し

かたくなに塗らない人もいますよね。

 

 

 

え、ステロイドを塗ってもいいの?

 

 

私も一時期、頑なにステロイドを塗らずに

頑張っていたことがあります(子どもに)。

 

 

でも、痒いから掻こうとする我が子の手を止めたり。

 

 

周囲からは薬を塗れと言われ続けたり。

可哀想と言われたり。

 

 

いい加減、私のストレスもたまって、ステロイドを塗っちゃいました。

 

 

翌日には、明らかに炎症が減り、

数日もすれば綺麗な顔になりましたよ。

 

 

↓ ↓ ↓

 

 

 

右はステロイドを塗ってしばらく経った後

 

 

 

塗らない方が、短期間(それでも何か月も)で綺麗になるかもしれないけど

そこにプラスされるストレスは測りきれないものがあります。

 

 

ステロイドを使わないことにこだわって

最後は肌はきれいになったけれど

「本当に大変だった」と呟く経験者もいます。

 

 

経験的にも、周りを見ていても

お母さんが抱えるストレス度合いも、やっぱりお子さんの肌に影響すると思うんですよね。

(肌ケアだけでなく、全体的にね)

 

 

また、細菌感染も怖いので

状況によっては、塗り薬で、一旦抑えるのも一つの方法です。

別に薬を塗っても負けではないですよ。

 

 

昔と今では、

ステロイドの使い方も変わってきています。

 

 

中途半端にちびちび使うくらいなら

ゼロかしっかり塗るかの方がいいと思います。

 

 

 

では、肌ケア講座とは?

 

薬を調剤した経験

薬を使ってきた経験

薬を止めた経験

自然療法を試した経験

相談を受けてきた経験

 

 

色んな観点からのまとめとして

私ならではのお話をしていきます。

 

 

正直なところ、

 

アトピー性皮膚炎や乳児湿疹は

何か月も続く症状ですので、個別相談をおすすめしますけどね。

 

 

食事の見直しも大切だし。

とりあえずのかゆみもどうにかしたいだろうし。

 

 

そういう、様々な観点からのお話をすることで

『うちでは、どういう風にやっていこうかな?』と

一緒に考える講座です。

 

 

 

講座内容

 

 

 

●肌の基本構造

●肌荒れの一般的な要因

●ホメオパシーで考える肌荒れの要因

●さまざまな皮膚症状

●薬

●一般的なスキンケア

●つきおか家が試したスキンケア

●肌断食って、どうなの?

●ホメオパシーはセルフケアに使える?

 

 

 

最初に、よくある発疹がみられる診断名を挙げましたが

ホメオパシーでは、診断名ではなく症状で選びます。

 

 

● 湿疹
● 水疱
● 蕁麻疹(アレルギー性)
● ニキビ(感染性でなければ、湿疹と同じ)

 

 

違いって、水疱性か否か、感染症か否か、痒いか否かくらいじゃないですか?

あとは、出やすい場所?

 

だから、使うレメディも必然的に決まってきます。

 

 

 

あと、大きなポイントとして、

【かゆくて眠れない時】に使えそうなレメディがあるということ。

 

 

 

 

 

 

眠いし痒いし、親も子どももイライラ感が半端ないですよね。

夜中に起きる子もいるので、親子で寝不足になることも。。。

 

 

もちろん、全員に合うとは限りませんが

ひたすら掻くのを我慢させるだけでなく

レメディを使うことによって、いつもより少しでも早く寝てくれると、ほっとします。

 

 

 

他にも、

【肌対策ブレンド】レメディを発見!!

 

 

私と掻きむしってた娘で試しましたが

なかなか良かったのです♪

 

 

もちろん、対症療法的な使い方ですが

掻かないことで、肌の回復も早まりますよね。

 

ご希望の方は、

申し込み時、レメディ付きをご選択ください。

 



そのほかにも、

チェック どのタイミングで病院に行ったらいい?

 

チェック 家族に反対されたらどうしよう…

チェック 他にはどんなことに注意したらいい?

など、一般的なお話やおてあてについてもお伝えします。
 
その他、この機会に聞いてみたい内容がございましたら、
申込みフォームの備考欄にご記載下さい。



なお、本内容はあくまでも突発的に起こった急性症状に対するご自宅でのセルフケア方法です。

慢性的な症状であったり、緊急性の高い症状につきましては、病院の受診や然るべきところにかかるようにお願いします。

 


 
講座のお申込みについて
 

【日程】 終了時間は多少前後する可能性あり
5月28日(金) 9:30-11:30 オンライン

対面をご希望の方は、ご相談ください。

講座代:5,000円

        7,000円(レメディ付き)

【受講特典】
個別相談の事前無料相談(30分程度)


講座に申し込む

※どの開催も、講座代は事前振り込みorオンライン決済をお願いしております。
※時間は2時間内(+Q&A)に収める予定ですが、幅を持たせています。
※レメディは、講座終了後にお送りします。


【キャンセルポリシー&注意事項】
■ホメオパシーの基本的な使い方の話はしませんので、どこかで基本を学ばれておくことをお勧めします。
■お子様の体調不良等で受講できなくなった場合、別日程に振り替えいたします。
■お客様のご都合によりキャンセルされる場合、会場の手配などの都合上
・7日
前午後7時までのキャンセルは全額返金いたします。
・上記以降のキャンセルにつきましては、費用の100%を事務手数料として頂戴します。
※返金の場合、振り込み手数料を差し引いた額となります。
キャンセルされる場合は入金の有無にかかわらず、必ずご連絡ください。お振込みをされていない場合でのキャンセルも、ご入金頂くこととなります。
■キャンセル待ちの方へご連絡を速やかに行えますよう、なにとぞご協力の程よろしくお願い申し上げます。
■当方の都合により中止となった場合、全額返金あるいは振替対応とさせて頂きます。



問い合わせフォームはこちら 


 

 

薬にたよらない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。

 

 

目は口程に物を言う。

 

 

「家にカメラ付けました!?」

「目を見ただけなのに!?」

「誰にも言ってないのに!!」

 

 

と、驚かれる眼心。

 

 

眼心とは、陰陽五行・中医学をベースとし

目を見て、体質や身体からのサインを読み解きます。

 

 

診断はしないので、

不調がひどい方は、病院を受診してくださいね。

 

 

 

image

 

 

眼心で何がわかるの?

(岩茶荘HPより)

眼心でどういったことが分かるのですか?

 色々なことがわかります。
  1. 体質
  2. 臓器の主に弱い箇所
  3. 臓器の主に強い箇所
  4. 性格
  5. 三因と呼ばれるストレス
  6. 摂取した方が良い食べ物
  7. なるべく控えた方が良い食べ物
  8. 季節に応じた養生方法
 など多くのことがわかります。


目のどこを見てわかるのですか?

 目の輪郭や白目、瞳、潤い、眼経線などを見ています。

 

 

 

眼診 眼心

 

 

よくあるご質問

Q.何分くらいかかりますか?

A.ざっと目を確認するのに1-2分くらいです。

 

 

Q.コンタクトしてても大丈夫ですか?

A.問題ありません(カラーコンタクトは不可)

  少し乾くので、瞬きしたりしてフォローしてください。

  ハードの方も、今のところ外れた方はいません。

 

 

Q.化粧はしない方がいいですか?

A.スッピンじゃなくて大丈夫です。

  ただし、目の周りを触るので、アイカラーが少し落ちるかもしれません。

 

 

Q.触られたくないのですが。。

A.ご自身で目の周りを引っ張っていただけるなら、受けていただけます。

 

 

Q.遠方ですが、受けてみたいんです。

A.出張講座のオプションとしてなら付けることが可能です。

  ホメオパシー初心者講座等で招致をお願いします。

 

 

Q.飲んでいる薬がからだに合っているかわかりますか?

A.残念ながら、そこまではわかりかねます。

  

 

Q.リピートして受けるなら、どのくらいの間隔がいいですか?

A.すぐには体調も変わらないと思いますので、3か月間隔くらいをお勧めします。

  全く体調に変化を感じられないのであれば、個別相談等もご検討ください。

  尚、眼心は診断するものではないので、時には受診されることも必要です。

 

 

 

実際に受けられた方の反応は?

 

 

だいたい、皆さん驚かれます 笑

 

 

 

大阪梅田開催

【費用】

眼心30分 初回 4500円

       2回目以降 3000円

※私の眼心を受けたことがない
 または、自分の色を忘れられた方は、初回としてお申し込みください。

 

 

【相談枠】

5/28(金) 11:10-11:40 
5/28(金) 11:45-12:15 
5/28(金) 13:00-13:30 
5/28(金) 13:35-14:05 
5/28(金) 14:10-14:40 
5/28(金) 14:45-15:15 
5/28(金) 15:20-15:50 
5/28(金) 15:55-16:25 

 

30分でも、十分満足いただけますが

がっつり相談されたい方は、2枠お取りください。

 

*緊急事態宣言の状況により、最初にご案内した会場から変更となることがございます。

 

 

申し込みフォームより

ご希望の枠を第二希望までご選択ください。

申し込み順に受け付け致しますので、調整後、こちらから確定メールをお送りします。

 

埋まった枠から上の表示も消していく予定ですが

時間差がありますこと、ご了承ください。

 

 

眼心会に申し込む

 

 

 

当日は、あなたにお勧めの

漢方ハーブティもご購入いただけます。

 

 

 

薬にたよらない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。

 

 

 

 

薬剤師なのに?薬を飲まない私

 

 

変?

 

 

最近、そういう発言をする薬剤師が増えた気がしますが

それだけ、問題視してるってこと。

 

 

 

頻回に風邪をひいたり

毎年、花粉症で

よく頭痛が起こって

年々、生理痛がひどくなって

 

 

薬を飲む回数が増えて

 

 

 

「このままでいいのかな?」

「ずっとこのままなのかな?」

 

 

 

なんて、思ったことありませんか?

 

 

もう申し込んじゃう

 

ホメオパシー

 

 

【薬に頼りすぎる人を減らしたい】

医療費がどんどん膨れ上がり

政府も、市販薬を購入してもらおうと

同じ成分の薬に関して

保険の対象外にする方向で固まりつつあります。

 

ネットニュースはこちら

 

 

最高額の薬が承認され、薬の値段は1憶超え!

対象者は赤ちゃんで、年間25人程ですが

それでも25億オーバー。。。

 

 

何を削る?

 

 

とはいえ、市販薬だと

受診しないで済むから楽だけど

 

医療者側からすると

用法用量を守らないとか

症状をこじらせてしまうのではないかと

色々と懸念されています。

 

 

そういうことをしちゃうのは

薬さえ飲めば治ると

思ってるからじゃないかな?と思うんですよね。

 

 

 

薬飲んで健康になるなら

飲む薬は減っていくはずです。

 

 

 

なのに、薬が減らないということは

一時しのぎでしかないのでは?

 

 

だから、どうせ自分でケアするなら

薬以外のツールも使えばいいのにな

と、この救急箱講座を作りました。

 

 

薬に頼らないなら

自然と、食・生活改善もするでしょう?

 

 

 

薬拒否ではなく、薬に頼りすぎない

似てるけど異なります

 

 

 

自分で試してみて、限界があると思ったら

個別相談を受けたらいいし

薬を使う頻度が下がるほうが、調子が良くなる人も見てきました。

 

 

ホメオパシーに限らず、ありがちですが

せっかく習っても、

上手く使えずに棚の奥にしまわれるのはもったいない!

 

 

「こういう時には使えないよね。。」

 

 

いやいや、

案外、使えるレメディはあるかもよ?

他にも、選択肢あるかもよ?

 

 

色んな角度から、何度も聞いて使って質問して

それを繰り返すことで、

いつの間にやら、薬を使う機会がなくなるかも。

(薬との併用も可)

 

 

 

年齢関係なく一生使えます。

 

 

 

健康維持のためにも

薬だけでなく、他のツールも生活の一部に取り入れてみませんか?

 

 

あ、

 

 

一生ものではあるけれど

最終目標は、

「ツールの不要なからだ作り」です♪

 

 

 

本講座は、エインズワースの基本キット42種がベースになります。

他のメーカーのキットをお持ちの場合、

キットに含まれないレメディも出てきますが、ご了承ください。

 

 

症状別講座ではなく、レメディの解説をメインとし

使ってみての感想や疑問点をシェアし、解消していくことで

薬との違いや考え方に慣れ、レメディがどんどん選びやすくなります。

 

 

受講期間中、みっちりサポートしていくので

薬との違いや観察の仕方もしっかり身に付きますよ。

 

 

 

 オンライン講座に申し込む

 

 

image

 

 

講座詳細

 【講座内容】

 

日程 学ぶレメディ

5月3日(月) 9:30-11:00

①ACONITE、②ALLIUM CEPA、③ANTIM TART、④APIS MEL、⑤ARGENT NIT、⑥ARNICA、⑦ARSEN ALB

5月3日(月) 13:00-14:30

⑧BELLADONNA、⑨BRYONIA、⑩CALC CARB、⑪CALENDULA、⑫CANTHARIS、⑬CARBO VEG、⑭CHAMOMILLA

5月4日(火) 9:30-11:00
⑮CHINA、⑯COCCULUS、⑰DROSERA、⑱EUPHRASIA、⑲FERRUM PHOS、⑳GELSEMIUM、㉑HEPAR SULPH

5月4日(火) 13:00-14:30
㉒HYPERICUM、㉓IGNATIA、㉔IPECAC、㉕KALI BICH、㉖LACHESIS、㉗LEDUM、㉘LYCOPODIUM

5月2日(日) 9:30-11:00
5月5日(水) 9:30-11:00
㉙MAG PHOS、㉚MERC SOL、㉛MIXED POLLENS、㉜NAT MUR、㉝NUX VOM、㉞PASSIFLORA CO、㉟PHOSPHORUS

5月5日(水) 13:00-14:30
5月16日(日) 9:30-11:00
㊱PULSATILLA、㊲RHUS TOX、㊳RUTA、㊴SEPIA、㊵SILICA、㊶STAPHISAGRIA、㊷SULPHUR

 

 

 

※だいたい60~90分くらいです(ご質問の数によります)。

※どの順番から受けていただいても大丈夫ですので、ご都合の良い日からお申し込みください。

※申し込みがない日程に関しては、途中で変更することもございます。

※他の日程をご希望の方は、ご相談ください。

 

 

【注意事項】

・内容は同じですので、どこから始められてもOKです。

・受講までにテキストとなるレメディ辞典をご購入下さい。

・受講チケットが残っている場合、その旨、備考欄に記載ください。

(差額にて受けていただけます)

 

 

【費用】

一括払い 12,000円(1回目にお支払いください)

単回払い 2,500円

 

お申込はこちらをクリック