楽しかった

気分転換になった

勉強になった

また参加したい

 

 

笑いあり

驚きあり

愚痴吐きあり

赤ちゃんの癒しあり

子どもの乱入あり

 

 

何でもありな会 笑

 

 

【アトピーandアレルギー】をテーマに開催中

 

 

 

 

おはなし会について

 

例えば、

 

⚫家の食事はどうしてる?

 

⚫給食の除去食は作ってる?

 

⚫家でのセルフケアはどうしてる?

 

⚫ホメオパシーの個別相談は何をするの? 

 

⚫アレルギー負荷試験てどうなの?

 

⚫ステロイドは使う?使わない?

 

⚫アレルギーマーチって何?

 

など

よく聞くお悩みを挙げてみましたが

そんな疑問に、

 

 

薬剤師として

ホメオパスとして

二児の母として

 

 

色々お答えしていきます。

知らないことには答えられないので、お許しを〜

 

 

【日程】 

子どもがガヤガヤしてても、みんな同じなので気にせずお話しましょ

 

6月4日(木)10:00〜11:00

6月10日(水)13:00〜14:00

6月25日(木)10:00〜11:00

 

 

【場所】

オンライン(ZOOM)

 

 

【参加費】

500円

 

 

少人数で開催するので、お気軽にどうぞ

内容は被るかもだけど、何度参加されてもOK!

 

お申込はこちらをクリック

 

 

 

 

 

【注意事項】
■別日に振り替えやキャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
■前日までのキャンセルは、振り込み手数料を引いた金額を返金します。
■低価格とはいえ、無断キャンセルの方は、今後一切の申し込みを受け付けません。
■参加者が複数の場合、1人だけ連続で質問されるのはご遠慮ください。
■発言しにくいという方は、チャット機能を使って、入力いただいても構いません。
■システムの都合上、もし40分で強制退室となった場合は、再度入室ください。

 

 

 

image

これは別のときの写真ですが、こんな感じでお話します。

 

 

 

1人で頑張ってると肩こっちゃうので

たまには息抜きしましょうね。

 

 

節薬薬剤師 つきおかしのぶです。 

 

 

 

*過去記事に加筆修正しております。

 

 

 

 

 

『掻いちゃだめっ!!!!!』

 

 

 

アトピーっ子とそのお母さんは、毎日、痒い場所を掻く掻かないの葛藤があると思います。

でも、痒みを我慢すると、余計に痒みが増す気がしませんか?

 

 

 

 

 

 

 

数年前、アトピーっ子の支援団体?が

『我慢せずに掻いてもいいんだよ』と書いているのを見かけて、涙したことがあります。

 

 

『掻くな』と言い続けることは、かなりのストレスになるんですよね。

もちろん、掻く姿を見ているのもストレスなんですけどね。。

 

 

よく、

アトピーは要らないものを排泄しようとしているから、抑えない方が良い

と言われます。

 

 

『わかっちゃいるんだけどね。。』とため息をつきたくなりますよね。

 

 

 

『いつまで続くかわからない』から、

薬で抑えたり、掻かせまいとしてしまいます。

 

 

 

子どもの方は、

 

 

『掻きたいけど、掻いたら怒られる。。

 でも痒い!!ムキーーー!!!』

 

 

と、爆発する感じかな。

 

 

 

アトピーなどの皮膚疾患の経験者ならわかるとは思いますが

親がアトピーではない場合、余計に気持ちのすれ違いが起こってしまいます。

痒みを我慢するつらさがわかってもらえないから。

 

 

だから、余計にストレスになるんですよね。

 

 

 

痒みを楽にする方法として、良いと言われているものをご紹介しますね。

(人によって、合う合わないがあると思います)

 

 

 

●お風呂の中で掻く (シルクの布でこすると、なお良しby冷えとり)

→うちの子は遊んでばかりで、風呂の中では掻こうとしなかった

 

 

 

●冷やす

20分以上、一度水にくぐらせた氷で冷やすといい

というのを見かけましたが、じっとしない子どもには不向きかも。

 

水で濡らしたタオルをのせるだけでも、十分です。

水分が揮発することで、患部の熱が下がったように感じます。

 

 

汗を洗う

汗が刺激になって痒みが出るケースにはお勧めします。あせも対策にも。

体を拭くときに、擦らないようにご注意ください。

 

 

レメディのChamを与える

カモミールから作られたレメディです。

 

眠い時など、痒くてイライラ掻きむしるような時に舐めさせると、

比較的早く寝てくれる子が多いです。

(数日かかることはあります)

 

 

掻く姿を見てイライラしているお母さんにも。

 

 

ただ、ホメオパシーに関しては

本なり講座なりで学ばれてからの使用をお勧めします。

 

 

●布でこする

掻いた気にならない人もいるかもしれません。

 

アトピーの子のために作られた

TAKEFUで作った筒状ガーゼと手袋は、布同士の摩擦も少なく

思いっきり掻いても傷がつきにくいと、注文が殺到しているそうです。

 

 

1週間程付けっ放しにしていると、ジュクジュクの褥瘡もかなり綺麗になるとか。

滲出液もぺりぺりにくっつくこともないそうです。

 

 

お母さんが手袋を付けて、かわりに掻いてあげるのもいいですよね。

 

 

 

空飛ぶ竹ガーゼ社HP

 

 

 

 

 

 

 

 

掻き終わったら、カレンデュラクリームを塗ってあげてください。

 

出したいものがある限り、痒みは変わらないと思いますが

カレンデュラ自体がは傷修復を促進すると言われているので

一時的に傷を塞いでくれることで

傷から細菌が入って~なんて恐れが多少は軽減されるのではないかと。

(範囲や傷の深さにもよります)

 

 

つきおか家の救急箱~肌荒れ その1~

 

つきおか家の救急箱~肌荒れ その2~

 

 

 

 

これらは全て、

あまり薬を使わずにアトピーを落ち着かせたいという方向けの痒みに対する対処法です。

 

 

もちろん、ステロイドを塗っていても

痒くて掻いてしまう子もいますから、プラスαの対処法としてご活用ください。

 

 

これでアトピーが治るわけではありませんが

痒みのストレスが少しでも軽減されればと思います。

 

 

 

もう限界だと思った時は、個別相談へお越しくださいね。

 

 

 

 

 

アトピー/アレルギー体質との付き合い方
プライベートグループ
グループに参加
 

 

講座&イベントメニュー一覧


●ステップメール:アトピーアレルギー体質は改善ではなく落ち着かせるもの

●メルマガ:情報に振り回されない健康美メルマガ

SHOPはこちら

リクエスト開催・招致のお問合せはこちらから
問い合わせフォーム(外部サイト 24時間受付中)
●050-5375-9266(平日10:00~17:00)
移動や講座セッション中等で電話に出られないことがございます。その場合は折り返しご連絡致しますので、留守電にメッセージをお願いします。

 

薬にたよらない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。

 

 

昨日はホメオパシー入門講座だったのですが

途中で気が付きまして

 

 

 

あ。。。お二人共、看護師さんだわ

 

 

 

 

薬使わない健康な方と薬使いすぎの自覚アリな方

対照的だけど、仲良しのお二人♪

 

 

医療関係者の方が、薬に頼らない思考の人が多かったりします。

 

 

 

色々、見てきてるからでしょうね。

 

 

 

薬だけにたよるのも

代替療法だけにたよるのも

よろしくない。

 

 

ただ、それだけのことなんです。

 

 

その辺は、現役看護師さんだから

偏り過ぎませんので、安心です。

 

 

たまに、固執しすぎる人がいるから、問題になるだけで

ある程度の線引きは大切です。

 

 

 

他にも、

お子さんに使いたいというのも、大きな理由だったそうで

幻のスポーツケアサポートにも申し込みいただきました。

(思い付きで、表にも出さなくなった商品)

 

 

お子さんが、「使ってみたい」となったそうですよ。すごいよね。

 

 

ケガしても、ほとんど薬は使わないません。

でも、早く復帰したいと焦るし

焦って無理してこじらせたら意味がないし。

 

 

そういう時の見方にもなってくれます。

 

 

 

薬のように、痛みを抑えることはしないけど

そんな焦る気持ちのサポートもできますし

試合で緊張するタイプのサポートもできますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトピー/アレルギー体質との付き合い方
プライベートグループ
グループに参加
 

 

講座&イベントメニュー一覧


●ステップメール:アトピーアレルギー体質は改善ではなく落ち着かせるもの

●メルマガ:情報に振り回されない健康美メルマガ

SHOPはこちら

リクエスト開催・招致のお問合せはこちらから
問い合わせフォーム(外部サイト 24時間受付中)
●050-5375-9266(平日10:00~17:00)
移動や講座セッション中等で電話に出られないことがございます。その場合は折り返しご連絡致しますので、留守電にメッセージをお願いします。

 

薬にたよらない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。

 

 

 

 

薬剤師なのに?薬を飲まない私

 

 

変?

 

 

最近、そういう発言をする薬剤師が増えた気がしますが

それだけ、問題視してるってこと。

 

 

 

頻回に風邪をひいたり

毎年、花粉症で

よく頭痛が起こって

年々、生理痛がひどくなって

 

 

薬を飲む回数が増えて

 

 

 

「このままでいいのかな?」

「ずっとこのままなのかな?」

 

 

 

なんて、思ったことありませんか?

 

 

もう申し込んじゃう

 

ホメオパシー

 

 

【薬に頼りすぎる人を減らしたい】

医療費がどんどん膨れ上がり

政府も、市販薬を購入してもらおうと

同じ成分の薬に関して

保険の対象外にする方向で固まりつつあります。

 

ネットニュースはこちら

 

 

最高額の薬が承認され、薬の値段は1憶超え!

対象者は赤ちゃんで、年間25人程ですが

それでも25億オーバー。。。

 

 

何を削る?

 

 

とはいえ、市販薬だと

受診しないで済むから楽だけど

 

医療者側からすると

用法用量を守らないとか

症状をこじらせてしまうのではないかと

色々と懸念されています。

 

 

そういうことをしちゃうのは

薬さえ飲めば治ると

思ってるからじゃないかな?と思うんですよね。

 

 

 

薬飲んで健康になるなら

飲む薬は減っていくはずです。

 

 

 

なのに、薬が減らないということは

一時しのぎでしかないのでは?

 

 

だから、どうせ自分でケアするなら

薬以外のツールも使えばいいのにな

と、この救急箱講座を作りました。

 

 

薬に頼らないなら

自然と、食・生活改善もするでしょう?

 

 

 

薬拒否ではなく、薬に頼りすぎない

似てるけど異なります

 

 

 

自分で試してみて、限界があると思ったら

個別相談を受けたらいいし

薬を使う頻度が下がるほうが、調子が良くなる人も見てきました。

 

 

ホメオパシーに限らず、ありがちですが

せっかく習っても、

上手く使えずに棚の奥にしまわれるのはもったいない!

 

 

「こういう時には使えないよね。。」

 

 

いやいや、

案外、使えるレメディはあるかもよ?

他にも、選択肢あるかもよ?

 

 

色んな角度から、何度も聞いて使って質問して

それを繰り返すことで、

いつの間にやら、薬を使う機会がなくなるかも。

(薬との併用も可)

 

 

 

年齢関係なく一生使えます。

 

 

 

健康維持のためにも

薬だけでなく、他のツールも生活の一部に取り入れてみませんか?

 

 

あ、

 

 

一生ものではあるけれど

最終目標は、

「ツールの不要なからだ作り」です♪

 

 

 

本講座は、エインズワースの基本キット42種がベースになります。

他のメーカーのキットをお持ちの場合、

キットに含まれないレメディも出てきますが、ご了承ください。

 

 

症状別講座ではなく、レメディの解説をメインとし

使ってみての感想や疑問点をシェアし、解消していくことで

薬との違いや考え方に慣れ、レメディがどんどん選びやすくなります。

 

 

受講期間中、みっちりサポートしていくので

薬との違いや観察の仕方もしっかり身に付きますよ。

 

 

 

 オンライン講座に申し込む

 

 

image

 

 

講座詳細

 【講座内容】

 

【平日】 

日程 学ぶレメディ

①5月13日(水) 13:30-15:30

①ACONITE、②ALLIUM CEPA、③ANTIM TART、④APIS MEL、⑤ARGENT NIT、⑥ARNICA、⑦ARSEN ALB

②5月20日(水) 13:30-15:30

⑧BELLADONNA、⑨BRYONIA、⑩CALC CARB、⑪CALENDULA、⑫CANTHARIS、⑬CARBO VEG、⑭CHAMOMILLA
③6月11日(木) 10:00-12:00 ⑮CHINA、⑯COCCULUS、⑰DROSERA、⑱EUPHRASIA、⑲FERRUM PHOS、⑳GELSEMIUM、㉑HEPAR SULPH
④6月11日(木) 13:30-15:30 ㉒HYPERICUM、㉓IGNATIA、㉔IPECAC、㉕KALI BICH、㉖LACHESIS、㉗LEDUM、㉘LYCOPODIUM
⑤6月17日(水) 10:00-12:00 ㉙MAG PHOS、㉚MERC SOL、㉛MIXED POLLENS、㉜NAT MUR、㉝NUX VOM、㉞PASSIFLORA CO、㉟PHOSPHORUS
⑥6月17日(水) 13:30-15:30 ㊱PULSATILLA、㊲RHUS TOX、㊳RUTA、㊴SEPIA、㊵SILICA、㊶STAPHISAGRIA、㊷SULPHUR

 

 

【土曜日】

日程 学ぶレメディ

①5月23日(土) 10:00-12:00

①ACONITE、②ALLIUM CEPA、③ANTIM TART、④APIS MEL、⑤ARGENT NIT、⑥ARNICA、⑦ARSEN ALB

②5月23日(土) 13:30-15:30

⑧BELLADONNA、⑨BRYONIA、⑩CALC CARB、⑪CALENDULA、⑫CANTHARIS、⑬CARBO VEG、⑭CHAMOMILLA
③5月30日(土) 10:00-12:00 ⑮CHINA、⑯COCCULUS、⑰DROSERA、⑱EUPHRASIA、⑲FERRUM PHOS、⑳GELSEMIUM、㉑HEPAR SULPH
④5月30日(土) 13:30-15:30 ㉒HYPERICUM、㉓IGNATIA、㉔IPECAC、㉕KALI BICH、㉖LACHESIS、㉗LEDUM、㉘LYCOPODIUM
⑤6月13日(土) 10:00-12:00 ㉙MAG PHOS、㉚MERC SOL、㉛MIXED POLLENS、㉜NAT MUR、㉝NUX VOM、㉞PASSIFLORA CO、㉟PHOSPHORUS
⑥6月13日(土) 13:30-15:30 ㊱PULSATILLA、㊲RHUS TOX、㊳RUTA、㊴SEPIA、㊵SILICA、㊶STAPHISAGRIA、㊷SULPHUR

 

 

 

※時間については、延長する場合がございます。

※曜日固定ではないので、ご都合の良い日にお申し込みください。

※夜間や日曜開催はご相談ください。

 

 

【注意事項】

・内容は同じですので、どこから始められてもOK

・受講までにテキストとなるレメディ辞典をご購入下さい。

・受講チケットが残っている場合、その旨、備考欄に記載ください。

(差額にて受けていただけます)

 

 

【費用】

一括払い 10,000円

単回払い 2,000円

 

お申込はこちらをクリック
 

薬にたよらない節薬薬剤師 つきおかしのぶです。

 

 

 

昨日も妊娠中のトラブルについて

あれこれ書きましたが

 

 

たいていの女性が

今まで疑問に思わなかったことに疑問を持つのが

妊活・妊娠・出産なんですよね。

 

 

私もだったし、仕方ないんですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

生理がきつい子に

ピルが処方されることも増えました。

 

 

そもそも、

 

 

 

何故、きついのかを見直さなくていいの?

 

 

 

とか、

 

 

薬を飲む前提ばかりだから

急に薬が飲めない状況になって慌てるわけです。

 

 

働きが弱めとかで

症状が治まらない…

 

 

じゃあ、どうするか?

 

 

 

我慢するしかない

 

 

 

言い方は悪いけど

Dr.も、自分の患者では試したくないので…

 

 

我慢するくらいなら

砂糖玉も試したっていいよね。

 

 

咳でお腹張ることもあるし。

 

 

 

ホメオパシーを知った今、

もし妊娠中だったとしたら

 

 

 

逆子に使ってみたい!

 

 

 

ほんとにくるんて回るんかなあ?

 

 

事務の子と、

逆子体操やっても戻らなかったよねって話してて

 

そういや、

逆子に使えるレメディあるじゃん!

と、思い出しました 笑

 

 

 

親離れのレメディなので 

陣痛・出産が進まない時にも使えます。

 

 

出血したり

傷が出来たりするから

そういう後のケアにも使ってみたり

 

 

妊娠の予定ないけど 笑

 

 

 

花粉症といい、

自分で試せないのが残念だわ…

 

 

 

 

『もっと早く出会っていたらよかった』

 

 

 

そう言われることも少なくないホメオパシー。

 

 

薬剤師だからこそ

何かに頼りすぎないサポートもしています。

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

アトピー/アレルギー体質との付き合い方
プライベートグループ
グループに参加
 

 

講座&イベントメニュー一覧


●ステップメール:アトピーアレルギー体質は改善ではなく落ち着かせるもの

●メルマガ:情報に振り回されない健康美メルマガ

SHOPはこちら

リクエスト開催・招致のお問合せはこちらから
問い合わせフォーム(外部サイト 24時間受付中)
●050-5375-9266(平日10:00~17:00)
移動や講座セッション中等で電話に出られないことがございます。その場合は折り返しご連絡致しますので、留守電にメッセージをお願いします。