介護の臨床で用いられる消臭技術を流用した消臭剤を二輪事業部の新店舗 BIVOUAC OSAKAのオープニングノベルティとして紹介したところ、驚きの反響を頂いております。


商品名は防具専用持続性除菌消臭剤 REFRESHING ARMOR。


実際に介護の臨床や清掃業者が使ってる製品をベースに、速攻性消臭成分と持続性除菌消臭成分をバランスよく配合。介護用より揮発性成分と持続性除菌消臭成分の比率を高めたもの。実際に自分がラリーで爽やかさを保つために長年使ってきた製品です。


まだ製品化前で、売るともプレゼントするとも書いてないのに一瞬で200万以上のVIEWと3万件以上のいいねがつきました。いわゆるバズるです。新店舗のオープニングに勢いがついて嬉しい限りです。


ところが介護用品の流用なのに、逆に介護の臨床からの問い合わせが殺到しています。スポーツ用品なら臭い!臭くない!だけの話ですが、介護の臨床となると深刻な問題なのでお越し下さった方には極力丁寧にお話させて頂きました。それでもTwitter上のご質問には全て返答できていないし、お電話やメールも対応できない数に及んでいます。

そこでこの場をお借りし、臭いについてご説明させていただきます。

臭いは人にとって深刻な問題です。色々な芳香剤や消臭剤が市販されていますが効かなかったり一時的な効果に終わることがほとんどです。何故なら臭いというのは意外と複雑なもので一側面からのアプローチでは解決しないからです。

防具専用持続性除菌消臭剤は意外とアプローチが簡単です。汗など分泌物と体温と蒸れによって雑菌が繁殖して匂う。ほとんどがアンモニアなどアルカリ性の雑菌で、足などにはイソ吉酸などの酸性の雑菌が混在します。

だから速攻性が高いエタノール系(一般的芳香剤ではとうもろこし由来とか植物由来と表示)や第4級アンモニアカチオン(一般的芳香剤では揮発性剤と表示)で雑菌と雑菌による臭いを消してやりつつ、中和成分(ここが肝要)で雑菌のPHを中和してあげればよいのです。具体的には防具類の臭いのほとんどはアルカリ性バクテリアによるものなので、REFRESHING ARMORは酸性による中和に重点を置いています。また介護用ではないので刺激がある揮発性溶剤の比率を上げ、酸性中和剤の濃度も高めに設定しているのが特徴です。

ただし、先にあげたイソ吉酸のどな酸性の雑菌(納豆やチーズみたいな臭い)には揮発性溶剤による一時的効果はあるものの、中和による持続的な効果は期待できません。つまり臭いに対するアプローチが逆と言うことです。このようなケースでは中和剤の成分をアルカリ性に変更する必要があります。こちらはREFRESHING ARMOR BLUEとしてアルカリ性中和剤を生産する予定です。

介護の臨床では、このように酸性とアルカリ性の臭いが混在します。一般的な除菌消臭剤は揮発性溶剤が含まれるので一時的な効果がありますがほとんどが中性なので持続的中和機能は期待できません。また酸性中和剤を使ってもアルカリ性の臭いは残るし、逆にアルカリ性中和剤を使っても酸性の臭いは消せません。

介護の臨床では、まずは臭いの原因を除去することが肝要です。排泄物の処理、褥瘡の治療はもちろん、湿度管理や換気、まめな寝具や着衣の交換、ベッドパットやソファーカバーは交換が容易なもなを使用します。特に雑菌が好む湿気には気を使うべきです。部屋に除湿器を設置したりデイサービスの間に布団乾燥機を使うだけでずいぶんと効果があります。

また入浴できない時には水ではなく除菌効果が高いもので体を拭くようにします。


当社の在宅医療機器展示センターでも昔から扱ってますが銀イオン水を作るペレットマナチュラはかなり効果が高く繰り返し使えるので経済的です。もちろん僕もサハラマラソンやヒマラヤ遠征など長期間シャワーできないときは使っています。

このように様々に対策を行い初めて効果を発揮するのが除菌消臭剤です。気をつけていてもマットレスやソファーに臭いが染み付いてしまう。これは介護の臨床では防ぎようがないものです。しかもバイクのプロテクターや剣道具やボクシンググローブと違って24時間365日のことだから臭いの根深さが桁違いです。

REFRESHING ARMORは先に述べた通り、もともと介護用に利用されていた製品の流用なので基本的には無害ですが、成分を強くしているので介護用品としてはご紹介できません。だからこそ介護業界から逆輸入的なニーズが高まっているのだと思います。

もしこの製品を介護の臨床で使うのであれば、まずはエタノール系消毒剤や揮発性溶剤で表面的な臭いを叩いた後に、酸性、アルカリ性と交互にアプローチしてゆく必要があります。比率としては7~8割は排泄物などを起因とするアンモニア系(アルカリ性)の臭いなので現在紹介しておりますREFRESHING ARMOR REDで臭いの大半は消せると思います。そして次の段階でアルカリ性の REFRESHING ARMOR BLUEを用い酸性雑菌の臭いを叩く。この繰り返しをしっかりと行えば少なくとも布系に染み付いた臭いからは解放されるはずです。

また先に紹介しましたマナチュラを加湿器に入れておけば常時銀イオンとOHラジカルが空気中に漂うのでびっくりするくらい臭いがなくなります。こちらも自身が長年使っていますし、介護施設でも使われているので効果覿面、インフルエンザなどウイルスもやっつけてくれます。

長文になりましたが、臭いというものは側面からのアプローチでは簡単に解決できません。特に人間が発する臭い、時には酸性にもアルカリ性にもなる尿や汗の臭いは難解です。非常にたくさんのご質問をお受けしましたのでブログとしましたが、施設や医療機関でお悩みの方がおられましたらお問い合わせください。恐らく解決のお手伝いができると思います。