みなさん、こんばんはニコニコ





第7弾からの連載再スタートさせて頂いております

『損しない投資信託』再開第17話目となります!!





過去に学んだのは以下の通りです。



第7弾は、『投資信託(投信)』

第8弾は、『投資信託のメリット』

第9弾は、『投資信託の課題』

第10、11弾目は、『元本保証型投信』

第12、13、14弾目は、『外国債投信』

第15弾は、『外国株投信』

第16~20弾は、『ヘッジファンド』

第21、22弾目は、『REIT』

について説明させて頂きましたビックリマーク



今回は、第23弾目ですが、

前回に引き続き『REIT』その3について

説明させて頂きます。





REITの中には怪しいものも混在している場合もあります。



なんと、投資家に売れそうもない不良物件を潜り込ませている商品も存在するのです。



REITは多数かつバリエーションに富んだ不動産を所有しており、それが価値のあるものなのか評価の難しいものであります。



同じ不動産でも用途や地域により収益が変わってきますので、その判断も難しいものになってきます。



REIT(不動産投資信託)そのものを評価する方法も、株式投資信託と比較すると、まだまだ確立されたものとは言い切れないのです。



今回は、ここまでですクラッカー




みなさん、お疲れ様でした!!



次回の「損しない投資信託24」は、

『REIT』の第4回目について説明します。

では、皆様次回もお楽しみに合格



みなさま、最後まで読んで頂き、

誠に有難う御座いましたラブラブ



では、皆様次回もお楽しみに合格




下記のバナーをポチッ♪と押して下さると

喜びますラブラブ



人気ブログランキングへ

   




 



 




AKB48 LIVE!! ON DEMAND   SKE48 LIVE!! ON DEMAND   NMB48 LIVE!! ON DEMAND   HKT48 LIVE!! ON DEMAND







みなさん、こんにちはニコニコ





第7弾からの連載再スタートさせて頂いております

『損しない投資信託』再開第16話目となります!!




過去に学んだのは以下の通りです。


第7弾は、『投資信託(投信)』

第8弾は、『投資信託のメリット』

第9弾は、『投資信託の課題』

第10、11弾目は、『元本保証型投信』

第12、13、14弾目は、『外国債投信』

第15弾は、『外国株投信』

第16~20弾は、『ヘッジファンド』

第21弾は、『REIT』

について説明させて頂きましたビックリマーク

今回は、第22弾目ですが、

前回に引き続き『REIT』その2について

説明させて頂きます。




日本のREITの最大の問題点と

言われているのは、規制の多さ、

そして関係会社の多さです。

海外のREITと比べると関係会社

が多すぎるのが日本のREITの

特徴です

各社が手数料を取るので、関係会社が

多いということは、それだけで投資家

は不利なことになりますよね。

REITに関係する会社からすれば、

手数料収入を取るわけですから、

REITを作れば作るほどノーリスク

で儲かる仕組みです。リスクは投資家

が取ることになります。

また、不動産は修繕がつきものなので、

その修繕も関係会社に高コストで依頼

することになります。






つまり関係会社が投資家から集めたお金

を使って不稼働資産を処理して、万が一

上手くいかなかった場合でも、既に

投資家へ販売した以上関係会社は何も

困らない仕組みになっているのです。

今回は、ここまでですクラッカー

みなさん、お疲れ様でした!!





次回の「損しない投資信託23」は、

『REIT』の第3回目について説明します。

では、皆様次回もお楽しみに合格





下記のバナーをポチッ♪と押して下さると

喜びますラブラブ



人気ブログランキングへ

   

また、下の各広告にご興味のある方は、
クリックして内容を見て頂けると

大変うれしいです。





みなさま、最後まで読んで頂き、

誠に有難う御座いましたラブラブ

では、皆様次回もお楽しみに合格

   



 



AKB48 LIVE!! ON DEMAND   SKE48 LIVE!! ON DEMAND   NMB48 LIVE!! ON DEMAND   HKT48 LIVE!! ON DEMAND







みなさん、こんにちはーはニコニコ





第7弾からの連載再スタートさせて頂いております

『損しない投資信託』再開第15話目となります!!




過去に学んだのは以下の通りです。



第7弾は、『投資信託(投信)』

第8弾は、『投資信託のメリット』

第9弾は、『投資信託の課題』

第10、11弾目は、『元本保証型投信』

第12、13、14弾目は、『外国債投信』

第15弾は、『外国株投信』

第16~20弾は、『ヘッジファンド』

について説明させて頂きましたビックリマーク


今回は、第21弾目ですが、

『REIT』について

説明させて頂きます。





REITとは、不動産投資信託の

ことです。2001年9月に誕生

したものです。



REITは、投資家から集めた

資金で投資法人を設立し、オフィス

ビルや商業施設・店舗・住宅などの

不動産に投資します


そこから得られる収益を投資家に

分配する仕組みです。


投資家は、投資法人が発行する

投資証券を証券会社で売買し、

株と同じように値上がり益を狙う

ことも可能です。




しかしながら、今後は人口が減少

していく中で不動産の賃料が下がり、

空室率も上がっていくので、配当は

下がっていくでしょう。





今回は、ここまでですクラッカー


みなさん、お疲れ様でした!!




次回の「損しない投資信託22」は、

『REIT』の第2回目について説明します。

では、皆様次回もお楽しみに合格



下記のバナーをポチッ♪と押して下さると

喜びますラブラブ



人気ブログランキングへ

   

また、下の各広告にご興味のある方は、
クリックして内容を見て頂けると

大変うれしいです。




みなさま、最後まで読んで頂き、

誠に有難う御座いましたラブラブ





では、皆様次回もお楽しみに合格


最後に、下記ボタン達をポチッ!と押して頂くと大変喜びます合格





















結婚式パーティーレンタル DVD/CDレンタル DVD/CDレンタル




AKB48 LIVE!! ON DEMAND SKE48 LIVE!! ON DEMAND NMB48 LIVE!! ON DEMAND HKT48 LIVE!! ON DEMAND

人気ブログランキングへ

みなさん、こんにちはーニコニコ




第7弾からの連載再スタートさせて頂いております

『損しない投資信託』再開第14話目となります!!





過去に学んだのは以下の通りです。



第7弾は、『投資信託(投信)』

第8弾は、『投資信託のメリット』

第9弾は、『投資信託の課題』

第10、11弾目は、『元本保証型投信』

第12、13、14弾目は、『外国債投信』

第15弾は、『外国株投信』

第16、17、18、19弾は、『ヘッジファンド』

について説明させて頂きましたビックリマーク



今回は、第20弾目ですが、前回に続き

『ヘッジファンド』の続編について

説明させて頂きます。


今回で『ヘッジファンド』については

最終回となります。





ヘッジファンドは、莫大な資金を

背景にいろんな金融商品の取引をし、

価格が上がろうが下がろうが利益を

狙う(絶対収益)のです。



しかし、リスクをヘッジしていても

万能ではありません。



大きなヘッジファンドが破綻すると、

その規模ゆえ、破綻したこと自体が

大きなニュースになるのです。



今回は、ここまでですクラッカー




みなさん、お疲れ様でした!!

次回の「損しない投資信託21」は、

『REIT』について説明します。

では、皆様次回もお楽しみに合格



   

また、下の各広告にご興味のある方は、
クリックして内容を見て頂けると

大変うれしいです。




みなさま、最後まで読んで頂き、

誠に有難う御座いましたラブラブ



では、皆様次回もお楽しみに合格

下記のバナーをポチッ♪と押して下さると

喜びますラブラブ


ライフスタイル(全般) ブログランキングへ


























AKB48 LIVE!! ON DEMAND SKE48 LIVE!! ON DEMAND NMB48 LIVE!! ON DEMAND HKT48 LIVE!! ON DEMAND


FX 絶対儲かる 株式投資 マンション投資 資産運用 億万長者 金儲け 金持ち 大富豪

ノーリスク ハイリターン ハイイールド 国債 債券 円安 円高 アベノミクス ボーナス

みなさん、こんにちはニコニコ




第7弾からの連載再スタートさせて頂いております

『損しない投資信託』再開第13話目となります!!

過去に学んだのは以下の通りです。


第7弾は、『投資信託(投信)』

第8弾は、『投資信託のメリット』

第9弾は、『投資信託の課題』

第10、11弾目は、『元本保証型投信』

第12、13、14弾目は、『外国債投信』

第15弾は、『外国株投信』

第16、17、18弾は、『ヘッジファンド』

について説明させて頂きましたビックリマーク



今回は、第19弾目ですが、前回に続き

『ヘッジファンド』の続編について

説明させて頂きます。



 投資信託 ブログランキングへ  

   


また、下の各広告にご興味のある方は、
クリックして内容を見て頂けると大変うれしいです。みなさま、最後まで読んで頂き、誠に有難う御座いましたラブラブ
では、皆様次回もお楽しみに合格
   

 

 
     

 

 

  AKB48 LIVE!! ON DEMAND   SKE48 LIVE!! ON DEMAND   NMB48 LIVE!! ON DEMAND   HKT48 LIVE!! ON DEMAND 


 

 


下記のバナーをポチッ♪と押して下さると喜びますラブラブ
ではなぜ、「ヘッジファンドが売りを浴びせて来た」というのは、とても大きな規模で「空売り」をしてきたという意味。市場が大きく下落すると、売りが売りを呼んでさらに下落するということになりかねません。そうするとあとで買い戻すヘッジファンドが大儲けするということになります。こうした暴騰・暴落など大きな取引はニュースになりやすいですし、「投機的売買だ」と批判する人が出てたら、それはそれニュースになりやすいわけです。 
今回は、ここまでですクラッカー
みなさん、お疲れ様でした!!

次回の「損しない投資信託20」も、『ヘッジファンド』の続編について説明します。
では、皆様次回もお楽しみに合格




25万人が愛用する人気シリーズ【マカ威龍】




AKB48 LIVE!! ON DEMAND SKE48 LIVE!! ON DEMAND NMB48 LIVE!! ON DEMAND HKT48 LIVE!! ON DEMAND