アダルトチルドレン専門  家系セラピー 芳賀正和のブログ
アダルトチルドレン専門 心のナビゲーター 芳賀正和 アダルトチルドレン専門


<家系セラピープログラムとは>



家族療法の一つです。



家族療法ではその問題を抱えた”あなた”だけでなくあなたを取り巻く家族全員がセラピーの 対象です。

”あなた”と同じような悩みを抱えた人とグループでセラピーを進めていきます。 あなたが他の参加者の家族の代わりになり、他の参加者があなたの家族の代わりとしてその

家族の無意識を見えるようにしてセラピーを進めて行きます。 その中で「遮られた愛」は何であるかを見つけていきます。 セラピーを通して「親の愛と繋がる言葉」を語り「親と愛で繋がり直す」 家系セラピープログラムがあなたの心に平穏と幸せを引き寄せます。 「生きにくい」と感じている”あなた”の心を癒やすお手伝いをします。



<​アダルトチルドレン専門 心のナビゲーターになった理由​>



子どもの頃の私は、転校が多く学校で自分の居場所がないと感じていました。

しかし、居場所がないのは学校だけではありませんでした。

両親、兄、弟、曽祖母、母方の祖父、祖父の姉、母の妹と一緒に住む複雑な家族関係の中で 誰が親なのか分からない状況で過ごしていたのです。

大人になってからも親や家族との関係に悩みつづけてきました。 そんな中、恋人と別れを経験し”自分の生きづらさの原因”を探るうちに私自身が機能不全の 家族の中で育った『アダルトチルドレン』だと自覚したのでした。



そこから自分癒しが始まり、僕が必要だと思ったアダルトチルドレンに対するさまざまなセ ラピーを模索していました。そしてたどり着いたのが『システム・ファミリー・コンステ レーション』でした。

家族の無意識に流れる愛と感情を明らかにできるこのセラピーを元にした「家系セラピー」 で世代間連鎖の謎が解きアダルトチルドレンの心を癒やすアダルトチルドレン専門 心のナ ビゲーターとして歩み始めました。

「心の成長のために寄り添える」心のナビゲーターになるため日々、研究しています。



資格

家系セラピーの元のセラピー

へリンガー・インスティトュート・ジャパン

システム・ファミリー・コンステレーションセラピスト養成講座  アドバンス終了



あなたは「生きづらさ」を感じていませんか?
アダルトチルドレンの人はこんな特徴があります。

・自分を好きになれず、自己肯定感が低く劣等感や自己嫌悪感が強い
・自分の考えや感情を素直に表現できない
・恋愛関係が長続きしない、長続きしても依存的である
・人間関係に必要以上に緊張する
・人に嫌われることがとても怖い
・他人と自分の境界線が曖昧
・他人の行動や顔色がいつも気になる
・周りにについつい流されやすい
・何もしない完璧主義になりがちである
・周囲が期待しているように振る舞おうとする
・何もしない完璧主義者である
・尊大で誇大的な考え(や妄想)を抱いている
・「NO」が言えない
・しがみつきと愛情を混同する
・被害妄想におちいり、攻撃的になりやすい
・楽しめない、遊べない(罪悪感を持ってしまう)
・変化を嫌う
・他人に承認されることを渇望し、さびしがる、又は相手を束縛する
・自己処罰に嗜癖している
・抑うつ的で無力感を訴える。その一方で心身症や嗜癖行動に走りやすい
・離人感がともないやすい

アダルトチルドレンは、医学的な診断名ではありません。アダルトチルドレンという「概念」なのです!

アダルトチルドレンは自分自身のアイデンティティに属する経験につけられた呼称なので、アダルトチルドレンかどうかは人がきめるのでなく、自分の判断によるものです。
判断がなくとも自我の弱さから様々な精神疾病になります。
・うつ
・境界パーソナリティディソーダ
・人格障害
・解離性人格障害
・不安障害
・パニック障害
・摂食障害
など

しかし、アダルトチルドレンの判断がなくても、生きにくさを解消していくため、アダルトチルドレンの「概念」が役立つことはよくあります。

 一般にアダルトチルドレン(以下AC)

 

は子供の頃からDVや言葉の暴力、ネグレ

 

クト、過保護を受けて育ち「自己肯定感の

 

低さ」、人に合わせすぎる「他人中心主義

 

、普通の人と違っていると言う「疎外感

 

を感じ、生きづらさを抱えています。




エナジーバンパイヤ



 HSPの人たちは上手く自己主張できる


人が少なく、自分の言いたいことや考えを


言わずにおくことが多いのです。それと、


「本当はこの人のこと苦手」だと思ってい


ても、その人に合わせてしまい、後で心の


中でモヤモヤが残るのです。


 人に気を遣い、苦手な人にまで愛想を振


りまいてしまうHSPの人は、「その人と


付き合い続けていいのだろうか?」と悩ん


でしまう人を引き寄せてしまうことがある


のです。この人と付き合うとHSPの人は


、心と身体のエネルギーを奪われたり、嫌


な気分になったり、ひどいと、その人に会


わないために、学校や会社に行きたくない


と思ってしまうのです。


 その人はあなたから見たら「エナジーバ


ンパイヤ」です。この「エナジーバンパイ


ヤ」はあなたから、気力、体力、やる気を


奪っていくのです。特にHSPにまとわり


ついてくる人の中には「かまってちゃん」


、「依存性の高い人」、「人の批判をする


人」、「暴言をはく人」や中には、HSP


の人を利用しようと悪意のある人も近づい


てくるのです。でも、HSPの人は、そん


な人たちにでも気を使って付き合ってしま


うのです、内心はイヤなのに、無理にそん


な人たちと付き合って心のエネルギーを吸


い取られて、彼らに付き合うために無駄な


時間を使い、体力も吸い取られていくので


す。


 もし、あなたが、今、付き合うと疲れて


しまうような知人や友だち、会社の人がい


たのなら、その人は「エナジーバンパイヤ


かもしれません。早めに、その人から離


れることをお勧めします。いつまでも、エ


ネルギーを吸われて、やる気を奪われてし


まいます。



 

 エナジーバンパイアの存在

に気をつけよう


 エナジーバンパイアこの言葉を聞いたこ


とがあるでしょうか?エナジーバンパイア


とはわかりやすく言うと現代版バンパイヤ


のようなもので人からエネルギー(気力や


やる気など)を吸い取って元気になったり


パワーアップしたりする人のことです。


 ちなみにエナジーバンパイアと接すると


次のようになります。


◉悪い人じゃないけれど、〇〇さんと会っ


た後はどっと疲れる。


◉〇〇さんの悩み相談に乗っていると、相


手は元気になって、こっちは元気がなくな


っているような、元気を吸い取られたよう


な気になってしまう。


◉体調が悪くなる。


◉頭痛や吐き気めまいなどは起こる。


◉大して思い当たることもないのにイライ


ラしてしまう。


 直接対面していなくても電話やメールL


INEやSNSなどでやりとりをしている


だけでもこちら側が消耗することもありま


す。こちら側がこのようになっていたとし


ても、当の本人は無自覚です。そのような


方の特徴を細かく分類している書籍なども


ありますが、簡単にお伝えすると次のよう


になります。


◉愚痴が多い人


◉くよくよと悲観的に物事を捉える人


◉かまってちゃん


◉依存心が強い人


 このような人の方にエナジーバンパイア


は多いと言われています。相手と自分の境


界線がもろくなりがちなHSPは、自分の


意識の範囲内で大丈夫!と思っていたとし


ても、自然と相手から影響受けてしまうこ


とがあります。ですから、できるだけこの


ような形とは距離を置くことをお薦めしま


す。


Clover出版 HSPの教科書 上戸えりな著




 人を疲れさせる人



 Tは元気のいい、お調子者ですが、彼の


おしゃべりに付き合うと、その後、得体の


しれない疲労感に襲われるのです。彼自身


、どこか他の人とズレていて、会話をして


いても「この人分かってるのかな?」と思


ってしまうことが多く、ただ、彼の元気の


良さだけで乗り切っているように感じるの


です。


 それとは別に彼との会話が疲れるのは


プライドが高すぎて、自分の非を認めない


し、口では相手を褒めているのに、言われ


た方は、なぜか小馬鹿にされ不快感を感じ


のです。」そして、会話の端々に自分の自


慢を入れてくるのです。Tは自分が有能だ


と見られたい、認めてもらいたいと思って


いるのです。でも、実際は口先ばかりで、


仕事を覚えていないのです。でも、「覚え


ていません」とは言えず「教えてもらって


いない」と言い放ち、周囲から批判を買う


のです。そして、彼の理論で「教えてもら


ていても、僕が理解していないのは教えて


いないのと一緒です。」と自分の非を認め


ないのです。次第に彼と会話をする人がい


なくなり、彼はかまってもらう人を外に求


め、社内で孤立していったのです。でも、


Tは外に依存できるできる人を見つけると


、その人に依存しはじめて、その人はだん


だん、Tのことを負担に感じ、Tから離れ


ていくのです。結局、Tは外の人からも疎


まれるようになり、居場所がなくなり、そ


の会社を辞めていくのです。



エナジーバンパイヤから

離れよう!



 Tのようなエナジーバンパイヤだけでは


ありません。中には依存的であったり、暴


力的であったり、他人の心のエネルギーを


奪い、疲れさせるのです。特に、HSPの


人は、そんな人たちにつけ込まれやすい特


長があります。それは、「自己肯定感の低


さ」、「他人中心主義」、「他人との境界 


線が薄い」という特徴によって、エナジー


バンパイヤにつけ込まれるのです。


 HSPの人たちは自己肯定感が低いため


何事にも自信を持ちづらく、自分のしてい


ることに、いつも迷っています。そして、


他人中心主義のため、他人が自分に対して


の評価や態度について、人になんて言われ


るのか、嫌われないか、怒られないかにつ


いて、とても、気になるのです。他人との


境界線が薄く相手を優先してしまうあまり


、相手がエナジーバンパイヤであっても、


相手に無意識に合わせてしまうのです。


 エナジーバンパイヤはあなたの優しさに


付け込み、あなたの心のエネルギーを奪っ


ていきます。あなたが彼らと付き合わない


ようにしても初めは彼らは抵抗し、あなた


を、また、元の関係に戻そうとするかもし


れませんが、彼らは次から次へと獲物を探


して、その人から心のエネルギーを奪って


いきます。あなた自身のためにエナジーバ


ンパイヤとは距離を置きましょう。


 彼らに付き合うより、自分自身のために


、そのエネルギーを使ったほうが、自分の


ためになりますから。



 

ランキングに参加しています
ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです(*^^*)
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

あともうひと手間、
こちらも押して頂けると
嬉しいです(-^□^-)


アダルトチルドレンランキング




ご予約はこちらから

 

こんにちは!

 

 

アダルトチルドレン専門

 

家族の無意識」を見える化するセラピーで

 

親との“愛”を再び繋げて

 

最高の幸せ感情を呼び覚ます

 

家系セラピープログラム


こころのナビゲーター芳賀正和です。

 

 

 

 一般にアダルトチルドレン(以下AC)

 

は子供の頃からDVや言葉の暴力、ネグレ

 

クト、過保護を受けて育ち「自己肯定感の

 

低さ」、人に合わせすぎる「他人中心主義

 

、普通の人と違っていると言う「疎外感

 

を感じ、生きづらさを抱えています。

 

 



HSP・ACの人の成長

のために


 HSP・AC人たちは、その特性と育て


られ方で、ストレスを受けやすくなってい


るのと、我慢強さのおかげで本当に疲れる


まで頑張ったり我慢してストレスをため鬱


になったりパニック障害になったりと心を


病んでいくのです。


 そうならないためには自分のことをよく


理解することとストレスをためないように


ケアをすることが大切です。特にACの人


は過去に受けたトラウマや植え付けられた


思い込み、親からの洗脳を癒してあげつつ


も日ごろからケア必要になります。


 HSPの人は自分の特性を理解しつつも


、HSPであるため、日常の生活の中で、


情報過多であるのを認め、少し情報から離


れることが必要です。一日、必ず何も考え


ずに、一人でいられる時間を作ったり、(


HSPの人は同じ空間に人がいると落ち着


かないので場所も必要です)、好きな音楽


やアロマを焚いてリラックスできるバスタ


イムを心がけたり、メディテーションなど


生活に取り入れることでセルフケアをしま


しょう。


 ただ、家庭的に自分のスペースが取りづ


らい場合はカフェや散歩など工夫が必要で


す。子育て中の人はパートナーの協力的で


あったら、パートナーに相談して自分一人


になる時間を作りましょう。協力的でない


なら住んでいる地域の情報を調べコミュニ


ティーを探してみましょう。自分の心の成


長のために、ちょっと勇気を出して習慣を


変えたり、人に頼んでみたりすることもあ


なたのストレスを軽減することの一つです


。ちょっと勇気を出しましょう。





頑張りすぎてませんか?



 HSPの人はがんばり屋さんが多く自分


が病気になるまで、走り続けてしまうこと


があります。HSPでACの僕も、自分で


は、がんばっているつもりではないのに他


の人から見るとがんばりすぎたみたいです


。HSPの人は自分以外の人が優れている


と思い込んでいるので、自分で努力すれば


いつか普通の人になれると信じて頑張って


しまうのです。HSPの人は「人に得て不


得手」があるのを知っていて、他人にはそ


れを認めているのに、自分に対してそれを


認めない傾向があります。自分に厳しく他


人には甘いのです。


 僕も今だに、他の人から「大丈夫がんば


りすぎてない」言われることがあります。


20代前半の時、忙しい時に200時間、


オーバーの残業をしたことがあります。ほ


とんど、家に帰ったりしていませんでした


。その時のひどい経験を生かし、その後は


基本残業のない仕事を選んで時間を作るよ


うにしました。


 それにHSPの人は、変に真面目で、手


を抜かずに頑張ってしまうので、疲れきっ


てしまい、結局、疲れが溜まりパフォーマ


ンスが極端に落ちてより、頑張らないとい


けない状況に追い込まれ、自分をすり減ら


して、自己肯定感も落ち、イライラし、負


のスパイラルに入るのです。また、僕の場


合、睡眠不足だと極端にパフォーマンスが


落ちます。ただでさえ自分に厳しいのに、


さらに自分に厳しくなって、自分が嫌にな


っていたのです。


 HSP・ACの人たちは自己肯定感の低


さから「まだ自分には早すぎる」「もっと


できるようになってから」といっては自分


のことを後回しにしてしまい、結局、ケア


をせずにストレスを溜めて、それが心にく


るか身体に来るか分かりませんが、いつか


大きな病気とつながるのです。その前に、


自分をケアして、自分を満たしてあげまし


ょう。 自分に休むことを許可するのです。



セルフケア



 刺激をブロックしようと、どれだけしっ


かり準備を行っても、突発的な出来事など


で、刺激が自分の中に入ってきてしまい、


それらに悩まされる事は少なくありません



 そのときに、刺激によって起きたマイナ


スの感情や、あるいは体調不良などを悪化


させないように、自分自身の心と体のケア


を行うのはセルフケアです。


 自分を悩ます刺激に出遭ってしまったと


きでも、マイナス感情の処理方法や、疲労


感和らげる方法などの「その後の対策」を


持つことができていれば、気持ちはだいぶ


楽になるでしょう。


 自分で自分をきちんとケアできるように


なれば、外からやってくる刺激に対して過


剰に恐れを抱くこともなくなっていくはず


です。


 良心的であるために頑張りすぎることも


多く、さらには自分を責めることが日常化


しているHSPの中には、セルフケアが苦


手な人も多いように思います。


 刺激に敏感なHSPだからこそ、自分を


いたわる方法を知り、それに意識的に行う


ことが重要なのです。それは決して甘えで


はなく自分を大事にして生きづらさを減ら


すために重要な行為だといえます。


 ストレスや敏感さによる疲労感和らげる


方法には、睡眠、入浴、食事の改善、アロ


マテラピー、ヨガ、ストレッチなど、さま


あります。人それぞれ合うもののが違うの


で、自分の心と体は本当にリラックスでき


るものをつけると良いでしょう。



青春出版社  敏感すぎる自分を好きになれる本


長沼睦雄 




休みましょう



 HSPやACの人は、人より劣っている


と思い、自分に厳しいので、本来ならいつ


も情報過多で、人より多くの休みを必要と


している体質なのに、普通の人より頑張っ


てしまいストレスを溜めて病気になってし


まうのです。だからこそ、一人になってス


トレスを減らす必要があります。勇気を持


って休むには、自分の特性や性格傾向を理


解する必要があり、自分のことを認める勇


気も必要なのです。HSPやACの人は心


の成長のために一人になって休息すること


も必要なのです。


 それにHSPの人が、ストレスを溜めて


いるときは、さらに敏感になったり、ネガ


ティブスパイラルに入ってしまったりと、


いいことがありません。ただ、そんな時は


、視野がせまくなっていて、悪い方へと突


き進むこともあります。HSPやACの人


たちは、余計に休むことを心がけていきま


しょう。自分をケアして自分をいたわるの


です。自分の成長のために休むことも大切


です。



 

 

 

ランキングに参加しています
ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです(*^^*)
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

あともうひと手間、
こちらも押して頂けると
嬉しいです(-^□^-)


アダルトチルドレンランキング




ご予約はこちらから

 

こんにちは!

 

 

アダルトチルドレン専門

 

家族の無意識」を見える化するセラピーで

 

親との“愛”を再び繋げて

 

最高の幸せ感情を呼び覚ます

 

家系セラピープログラム


こころのナビゲーター芳賀正和です。

 

 

 

 一般にアダルトチルドレン(以下AC)

 

は子供の頃からDVや言葉の暴力、ネグレ

 

クト、過保護を受けて育ち「自己肯定感の

 

低さ」、人に合わせすぎる「他人中心主義

 

、普通の人と違っていると言う「疎外感

 

を感じ、生きづらさを抱えています。

 


 

自分を責めるのはやめる



 HSPの人たちは、自分の繊細さを「弱


さ」だと思いこんな「弱い自分はダメ」


と自分を責めるのです。確かにHSPの人


は繊細すぎて人より疲れやすいし、人のこ


とを敏感に察知して、その人の気分を害さ


ないように、自分の考えとは違っても、そ


の人に同意したり、その人の思う通りに動


いてしまいがちです。そして、そんな自分


を嫌いになったり、ダメ出しをしたり自分


を責めてしまうのです。


 HSPの人たちが生きづらさを感じるの


も、この「自分を責めてしまう」ことが原


因の一つにあるんです。そして、この自分


を責めてしまうことが一番、情け容赦なく


自分を責めてしまい、自己肯定感を下げ、


余計に生きづらさを増すのです。


 何回かブログに書いている事ですが、自


分がHSPかもしれないと思ったら、まず、


自分の特性を知りましょう。自分のHSP


としての特性を理解し、自分を責めるのや


めましょう!、責めることをやめることで


自分に余計なストレスが係ることがなくな


ります。そして、自分の特性を知れば、そ


れに対してできる事はありますから!




自分を責める気持ちを捨てる



 どうして人自分は小さなことを気にして


しまうのか、みんなよりも疲れやすいのか


、いつもおどおどしてしまうのか・・・。


HSPの多くはそれこそ物心つく頃から、


自分の「弱さ」に悩み、失望し、そして、


自分を責めてきたことでしょう。「弱さ」


の大半がHSPという、とても敏感な気質


からきていることを知って今も、やはり自


分を責める気持ちを捨てきれずにいるので


はないでしょうか。


 けれど自分を責めるたびに、あなたは自


分を否定することになります。自己否定す


るたびに、自分のことがまた好きでなくな


っていき、そして、自己肯定できる自分か


ら一歩ずつ遠のいていくのです。


 自己肯定感は自分を守るためになくては


ならないものです。自己肯定感を持つこと


で他人との間に境界線を築けるし、必要な


ときに自己主張もできるようになります。


そうすれば、相手の弱さも認められるよう


になり、他者も肯定できるようになります


。自己を肯定でき、他者も肯定できること


は、あなたが生きづらさから抜け出すため


の重要な一歩なのです。


 弱い自分に出会ってしまったときは、自


分を責めるのではなく、その弱さをまず認


めましょう。


        〜中略〜


 常に自分を責め続けてきた人にとって、


自分の弱さを認めることは、それだけで自


分を肯定することにつながります。これを


実践してるうちに、あなたも弱さも含め自


分と言う一人の人間を徐々に受け入れられ


るようになるはずです。


 自己肯定ができるようになれば、他人も


肯定できるようになり、境界線も少しずつ


強固なものになり、今まで抱えてきた生き


づらさは薄れていくことでしょう。


青春出版社 敏感すぎる自分を好きになれ


る本   長沼睦雄 著




どんなことにでもダメ出し

する



HSPの人は、何かと自分のことを責めが


ちです。そして、自己肯定感を下げてしま


うのです。僕も昔は、自分を責めることが


多く、また、何かあると自分のせいでそう


なってしまったのではないかと不安になる


のです。


 あと、昔、学校の体育でチームを組んで


行うスポーツなどHSPの人が、とても苦


手な人を率先して、チームを率いる事も苦


手で、さらに、遠慮がちなので競い合うこ


とを避けてしまう傾向にあり、体育が苦手


意識が強かったのです。また、遠慮がちな


のできそうなことを避けてしまう傾向にあ


り、何か避けてしまうことや失敗すること


があると自分以上に責めてしまい、本当に


、そんなことはないのに、自分はスポーツ


が苦手になってしまいました。また、人間


関係で繊細なので人の顔色をよく観察して


いるのに、その場の沈黙が怖くて考えずに


、会話のキャッチボールが成立しない訳の


分からない質問をして、余計に変に思われ


、そのことに、自分はダメなんだと責めて


しまうことがありました。それにHSPの


特性として3人以上、人によりますけど、


3人での会話は、いつ、どのタイミングで


話しかけるか?、どんな質問や話がいいの


かが分からなくて、結局は他の2人の会話


を、ただ、ニコニコしながら聞いている第


三者になってしまい、後で、後悔の念に駆


られるのです。そして、自分にダメ出しを


して落ち込むのでした。


 会話を楽しむことができずにそこでも自


分にダメ出しをして落ち込むんです。自分


がHSPだと知らない人たちは.毎日、自分


を責めることだらけで自己肯定感が下がり


いろいろな心の問題が現れるのです。



それは弱さではありません



 HSPやエンパスの人たちは自分たちの


繊細さや敏感さを「弱さ」だと思って他の


人と比べてしまい自分をだめだと思ったり


、周りの人たちから「敏感さ」「繊細さ


を指摘され、自分を欠陥のある人間だと


思ってしまうんです。そして、HSPやエ


ンパスの人たちは自分を「弱い人」「欠


陥」のある、人より何か足らないと思い、


何かあると自分のせいだと感じて自分を責


めるのです。決してHSPやエンパスの人


たちが「弱い」わけでも「欠陥」がある訳


でもないのです。他の人たちがキャッチで


きない、多くの情報をキャッチして、人よ


り多くの情報を処理しているんです。HS


Pやエンパスの繊細さや敏感さは処理能力


の高さなんですだからあなたがHSPやエ


ンパスであったとしても、自分を責める必


要は無いのです。



 

 

 

ランキングに参加しています
ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです(*^^*)
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

あともうひと手間、
こちらも押して頂けると
嬉しいです(-^□^-)


アダルトチルドレンランキング




ご予約はこちらから

 

こんにちは!

 

 

アダルトチルドレン専門

 

家族の無意識」を見える化するセラピーで

 

親との“愛”を再び繋げて

 

最高の幸せ感情を呼び覚ます

 

家系セラピープログラム


こころのナビゲーター芳賀正和です。

 

 

 

 一般にアダルトチルドレン(以下AC)

 

は子供の頃からDVや言葉の暴力、ネグレ

 

クト、過保護を受けて育ち「自己肯定感の

 

低さ」、人に合わせすぎる「他人中心主義

 

、普通の人と違っていると言う「疎外感

 

を感じ、生きづらさを抱えています。



 

 

繊細すぎるゆえに



 HSP・エンパスの人たちは繊細さゆえ


に、トラウマや愛着障害を起こしやすくな


ります。非HSP・非エンパスの子どもで


あれば、なんてことのないことでも、HS


P・エンパスの子どもにとっては、些細な


ことでも大きなダメージになるのです。


そのため、親や周りのひとたちから「弱虫


」「感受性が強い」「臆病」「変わってる


と、その人たちの何気ない一言を言われ


ると、自分を否定された気になって心を痛


めるのです。


 そして、親や家族の中の誰かがHSP・


エンパスの苦手な声が大きかったり、乱暴


だったりすると、非HSP・非エンパスの


子どもが虐待を受けたレベルくらいまで、


心が傷つくのです。また、HSPやエンパ


スの子どもは親を良く見ています。親が子


どものニーズを満たせないときや、憂鬱そ


うな顔をしていると、自分は親に愛されて


いないのではないか、むしろ、自分がいな


い方が親が幸せたのではないかと思い自己


否定して、親からの愛を感じられず愛着障


害を起こしてしまうのです。


 そして、HSP・エンパスの子どもたち


は、普通の子どもたちより繊細で、傷つき


やすいので、普通の子どもたちに言ってし


まう「元気に明るく、みんなと仲良く」


いう言葉がプレッシャーになり、それがで


きない自分はダメな人間なんだと思ってし


しまい傷ついてしまうのです。


 今、自分がHSP・エンパスだと気づく


親が増え、それと共に、自分の子どももH


SP・エンパスかも知れないと気づく人が


増えました。そのため、その子どもたちに


合った育て方をする親が増えてきました。


もっと、多くの親がHSP・エンパスに気


づき、その子に合った愛され方をされるこ


とを期待します。でも、普通の親たちは、


子どもに対して「元気に、明るく、みんな


と仲良く」と根深く、ステレオタイプ的に


そのことを、子どもに求めてしまいがちで


す。それが、HSP・エンパスの子どもた


ちにとって苦痛なのです。



トラウマや愛着障害の引き金に



 まず、HSPの敏感さというすばらしい


特性を親や先生が理解できないという親や


先生側の問題があります。人によっては、


HSPの敏感さが、ときに非常にうとまし


く感じられてしまうのです。これが、対人


関係に悪く作用し、トラウマのきったかけ


をつくってしまいます。


 たとえば、HSPの子どもは敏感ですか


ら、母親や先生の心の内を読んで先回りし


て行動できます。「この子は、なんて賢い


子なんだろう」と感心する大人がいるいっ


ぽうで、自分の心の内を見透かされている


ような不安を感じる大人もいるでしょうし


、権威を保ちたがる大人であれば、「生意  


気だ」と腹立たしさを覚え、その結果、子


どもに対してうまく愛情を注げなくなって   


しまうでしょう。


        〜中略〜



 子どもの中には親や先生から否定的な評


価をされても、そのことに気づかないし、


意に介さない子も多くいます。しかし、H


SPはそのタイプでは決してありません。


そのため、さまざまなトラウマを抱えやす


くなるのです。


「そんな細かいこと、気にしないの!」


「イライラさせないで!」


「おまえみたいに弱虫だったら、大成しな


いぞ!」


 このような言葉は、敏感なHSPの心を


深く傷つけて、癒えることのないトラウマ


を残す可能性は大いにあります。


 また、人の心に深く共感できるというの


もHSPの特徴でした。幼い子どもは、た


だでさえ、大人の考えに同化しがちですが


、HSPの子どもは生まれつきの気質ゆえ


に、さらにその傾向が強いのです。


 そのため、たとえ親や先生に傷つけられ


ても、親や先生の気持ちを読み取ろうとし


、そして、「悪いのは自分だ」と自分を責


めてしまうことが多く、マイナスの感情を


押し殺してトラウマを抱えることがありま


す。



青春出版社  敏感すぎる自分を好きにな


れる本  長沼睦雄 著




真面目すぎる人たち



 クライエントさんたちの中にはHSP・


エンパスのことを知らずに、自分の繊細な


ところを嫌っている人が多くいます。繊細


さのため、子どもの頃に親や学校の先生か


ら言われたネガティブなことを大人になっ


ても、その時の言葉を引きずっているので


す。それに、子どもの頃に言われた「元気


に、明るく、みんな仲良く」という言葉は


繊細で内向的なHSPやエンパスの子ども


にとってプレッシャーでしかないのです。


そして、元気に振る舞えない、明るく振る


舞えない、人と距離を置いてしまうという


自分に対して「ダメな自分」「弱い自分」


というレッテルを貼ってしまい劣等感に悩


やまされるのです。


 多くのクライエントさんは、真面目すぎ 


て、無理に元気に、明るく、みんなと仲良


く振る舞うのですが、無理をしているせい


で疲れ切ってしまい、一人になったときや


家に帰ったとき、何もできなくなり、さら


「だらしない」「情けない」「弱い」


思い込み、自分のことを嫌いになっていく


のです。


 人より繊細なだけで、人より敏感なだけ


で親や周囲の人から、何気なく言われる言


葉が、普通の人ならなんでもない言葉でも


傷つきやすいHSPやエンパスの人たちの


心を深くえぐるのです。


 HSPとエンパスの人たちの「繊細」


特性は変えることはできません。でも、自  


分の特性を理解することで、自分の心の動  


きが分かり、対処しやすくなります。自分


がHSPやエンパスだと気がついたなら、


まず、自分の特性を知ることができます。


そうすることで、ひどく落ち込むことが少


なくなるはずです。



大きな声が苦手


 R子の第一印象は、素直な良い子でとて


も母親に気をつかっている様子が見受けら


れました拒食症で連れてこられ、繊細な感


じがあり拒食ではなくHSCの件で話をす


るとHSCの可能性が高いと思われました


。ただ、その間、R子は母親に妙にビクつ


いているように見受けられ、しばらくする


と母親に対する愚痴が語れるようになった


のです。


 R子の母親は不安型愛着障害で、自分の


中で不安が起こってくると口調が荒くなり


相手が普通のことを言っても自分の正当性


を主張して1歩も譲らなくなるのです。R子


は普段の母親は好きなのですが、この混乱


した口調の荒い母親は苦手です。大きな声


で言われると自分が何か悪いことをして怒


られているような気になって嫌なのです。

 

 そして、母親に大きな声で責められるの


は嫌なので、母親の機嫌を損ねないように


良い子をやっていたのです。でも、あまり


にも良い子をやり過ぎ、小学5年生の時に


不登校になり、そして、母親の機嫌が悪く


なるという悪循環に陥り中学では拒食症ま


でなり、カウンセリングに連れてこられた


のです。


 R子も母親の育て方で愛着障害を起こし


拒食症に陥ったのです。でも、母親は家族


の歪みの中で、R子が今の状態になってい


ることを説明すると母親は自分の責任を父


親に押し付けR子をカウンセリングに来さ


せないようにしてしまったのです。R子は


母親の不安定さを怖がっていたのです。妙


にビクツクのも母親の態度によるものだと


思われます。この先、R子がどのように育


っていくのか胸が痛みます。



 

ランキングに参加しています
ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです(*^^*)
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

あともうひと手間、
こちらも押して頂けると
嬉しいです(-^□^-)


アダルトチルドレンランキング




ご予約はこちらから

 

こんにちは!

 

 

アダルトチルドレン専門

 

家族の無意識」を見える化するセラピーで

 

親との“愛”を再び繋げて

 

最高の幸せ感情を呼び覚ます

 

家系セラピープログラム


こころのナビゲーター芳賀正和です。

 

 

 

 一般にアダルトチルドレン(以下AC)

 

は子供の頃からDVや言葉の暴力、ネグレ

 

クト、過保護を受けて育ち「自己肯定感の

 

低さ」、人に合わせすぎる「他人中心主義

 

、普通の人と違っていると言う「疎外感

 

を感じ、生きづらさを抱えています。



 


私は悪



 HSPの人は無意識に自分が悪い人間だ


と思っていて、自分とは直接、関係がない


のに、他の人に起こる不幸から、他人の気


分の変化などにも「自分が悪いからだ」


思ってしまう人が多いのです。HSPの人


「善良な人」がほとんどなのに、なぜか


自分を「悪い人」だと思い込んでいる人が


多いのです。


 これは、HSPの人の「人の影響を受け


やすい」人の影響を受けやすいHSP


傾向と「他人との境界線が近すぎる」

境界線が薄い


傾向と「ネガティブに考える」

ネガティブに考えてしまうHSP


傾向によって「自分は悪い人」だと思うの


です。


 「人の影響をを受けやすい」「境界線が


薄い」「ネガティブに考える」、この三つ


によって相手が感じたネガティブな感情を


自分のせいで相手に与えてしまったと思っ


てしまうのです。


 HSPやエンパスの人はネガティブに考


える傾向が強く、相手のネガティブな感情


に引っ張られがちです。人はそれぞれ感じ


方が違うのに、自分の行動や言動に対して


、人それぞれ違うはずなのにHSPやエン


パスの人は「自分だから」相手を怒らせて


しまったのではないか?気分を害してしま


ったのではないか?と気を揉むのです。そ


して、相手の感情にまで責任を持ってしま


い、その責任を取ろうとしてしまうのです


。HSPやエンパスの人は自分と関わった


人のネガティブな感情は、すべて自分に関


係があると思ってしまうので、「あの人の


ネガティブな感情を作り出したのは私だ!


」「私がいるから、あの人は怒っているだ


!」「私がいるから、あの人は苦しんでい


るんだ!」と思ってしまうのです。そして


HSPやエンパスの人は「人のネガティブ


な感情を作り出した私は悪者だ」「私は悪


と思ってしまうのです。


 そして、その考え方がHSPやエンパス


の人の、「親切」の要因の一つでもあり、


彼らの常に抱える「罪悪感」の要因でもあ


るのです。




 いつも「悪いのは自分だ」

と考えてしまう



 HSPには、「自責の念が強い傾向にあ


る」という特徴もあるように思います。自


分の心の内に目を向けて物事を考えること


が多く、良心的でもあるため、自分を責め


やすいのでしょう。


 私の出会ったあるHSPの女子高生は、


子どもの頃にかわいがっていたペットを自


分の不注意で死なせてしまったことで、自


分をずっと責めつづけていました。彼女は


非常に頭がよく、まだ高校生でありながら


、人生のことも、人間のことも驚くほど深


わかってきるように感じられる聡明な子で


したが、自分を責めることだけはやめられ


ず、強い罪悪感を持ち続けていました。


 「あなただけの責任ではないよね」と、


いくら話をしても「とにかく、自分が悪い


の一点張りで、「こんな自分なんか」


、自分に怒りを向けるのでした。


 この「自分を責めやすい」という特徴は


、これまで診察を通してお会いした、多く


のHSPの方々に共通して感じるものです


。とにかく、HSPの多くは、自分に非が


まったくないようなことでも、自分を責め


てしまう傾向にあります。それだけでも生


きづらいはずなのに、自責の念が、人から


攻撃を受ける原因となることもあるのです



青春出版社  敏感すぎる自分を好きに


なれる本  長沼睦雄 著




良い人の呪縛



 HSPやエンパスの人たちは、何かある


と、すぐに自分が悪いと思う傾向があり、


事あるごとに「すみません」を連呼してい


る場合があります。側から見ると何も悪い


ことをしてあいわけでもないのに、彼らは


自分を「悪」だと思っているので、些細な


ことにでも、申し訳なく感じて周りの人に


謝ってしまうのです。


 僕自身も昔は、すぐに謝ってしまうクセ


がついていたのです。何かあると、すぐに


「すみません」と言っていました。僕がそ


の頃、思っていたのは「自分なんかが相手


に迷惑をかけていい存在なのか?」「自分


の要求は単にわがままではないのか?」


んな「わがまま」を言う僕は「悪人」なの


ではないか?と思っていました。だから、


人に頼まず自分一人でなんとかしようとい


つも考えていました。


 また、人に親切にするのも、「人として


そうでありたい」という考えと、親切にす


ることで、人から認められたいという想い


と、自分が「悪」であると思っているので


、人に親切にすることで「悪」を返上して


「良い人」に成れると考えているので、人


に親切になり、そして、「良い人」になる


ことで抱えている「罪悪感」を帳消しにで


きるのではないかと思っているのです。


 中には「人を助ける」職業に望んで就職


する人もいます。



自分の特徴を認める



 HSP・エンパスの人たちは「人の影響


を受けすぎる」「境界線が薄い」「ネガテ


ィブに考える」ことで、自分が存在するこ  


とで、他の人たちに気分を害することをし


ているのではないか、と考えてしまい、


自分が悪」だと思っています。それは、意


識していなくても無意識に現れてしまうこ


とで、他の人にすぐに、「すみません」


謝ってしまうのです。HSP・エンパスの


人たちは「親切な人」「優しい人」など、


どちらかと言うと「善良な人」が多く、そ


の善良な人が多く、その善良な人たちは、


「自分は悪」だと思っているので、他の人


から手を借りずに、自分のことは自分で何


とかしようと考えてしまい、仮に自分がで


きずに人の手を借りてしまうと罪の意識に


さいなまれるのです。 


 また、自分のことを優先させることは、


「自分のことを優先させるなんてできない


、自分を優先させるのは悪いことだ!」


思っているので、自分のことは後回しにし


てしまい他人を優先してしまいがちです。


そして、自分の意思で優先するのも、他人


に強制されて優先するのも、どちらもモヤ


モヤした感情が沸き起こってきたら、その


感情を持つことは「悪いこと」だと考え、


その感情を認めず、感情にフタをするので


す。そして、ストレスを溜めてしまうので


す。


 HSP・エンパスの人たちは「自分は悪


と考えている人が多く、他人を優先して


ばかりです。そして、ネガティブな感情を


感じることは「悪いこと」だと考えていま


す。実はネガティブな感情を持っているこ


との方が、ごく自然なことです。感情は自


善に湧いて出てくるものです。良いも悪い


ないのです。その縛りから解放されましょ


う!解放される事であなたは自由になるの


です。



 

 

 

ランキングに参加しています
ボタンを押して頂けると
とても嬉しいです(*^^*)
どうぞよろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

あともうひと手間、
こちらも押して頂けると
嬉しいです(-^□^-)


アダルトチルドレンランキング




ご予約はこちらから

 

こんにちは!

 

 

アダルトチルドレン専門

 

家族の無意識」を見える化するセラピーで

 

親との“愛”を再び繋げて

 

最高の幸せ感情を呼び覚ます

 

家系セラピープログラム


こころのナビゲーター芳賀正和です。