私、自閉症です。

保育士、ピアノ講師、自閉症スペクトラム支援士(自閉症スペクトラム学会所属)です。

当事者として、社会と折り合いをつけながら自分らしく生きていく方法を、日々模索しています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

初めてのYouTube(笑)

あつぎごちゃまぜフェスのクラファン企画で、あめちゃんにインタビューしていただきました♪

 

絵本のお話を中心にするつもりがもちろん脱線(笑)

でも、そこで飛び出した告知についての話が思いがけず好評だったので良かったです。

 

息子への告知は、自分の人生観や障害観に向き合う時間となりました。

障害についてあんなに考えたことはなかったし、あの時の時間はその後の私の生き方も変えてくれたと思います。

 

保育園年長での告知は早いと言われるけれど、私と息子にとってはあの時期がベストタイミングだったし、その思いは今も変わっていません。

 

発達障害に限らずどんな病気や障害でも、告知は、される側にとってみれば、それで終わりではなくそこからがスタートです。

告知から、自分の特性や考え方の癖を少しずつ知り、様々な自分に合った工夫を積み重ねていく。

そうすることで、自分なりの生きやすさを見つけて、社会と折り合いを付けながら生きていくことができればと思います。

 

*一番下に告知について過去記事のリンクを貼りましたので、ご興味のある方はご覧いただければと思います♪

(9年前の記事を読み返さずに貼ったから、何を書いたか覚えてないけど(笑))

 

 

 

↓こちらをクリックしていただくと、アマゾンのページに飛びます。

そらをとびたかったペンギン

 

↓過去記事はこちらから。

自閉症と出合うまで・1

 

自閉症と出合うまで・2

 

自閉症と出合うまで・3

 

自閉症と出合うまで・4

 

自閉症と出合うまで・5

 

自閉症と出合うまで・6

 

自閉症と出合うまで・7

 

息子への告知・1

 

息子への告知・2

 

息子への告知・3

 

息子への告知・4

 

息子への告知・5

9月4日は世界性の健康デー!

9月4日は『世界性の健康デー』って知ってた!?
恥ずかしながら、私は初めて知りました。

 

性の健康と権利って、日本でも少しずつオープンになってきているとはいえ、未だにないがしろにされていることが多いなって思います。

 

性虐待、性被害、デートDV、セクハラ、性的少数者に対する差別などなど、性の権利が守られていないことって本当にたくさんあります。
(加害者は、自分が加害者だと思ってないことも多い)

 

『世界性の健康デー』の目的は、性の健康と権利の重要性を国際社会に広めること。

9月4日~6日まで、3日間連続でオンライントークイベントが行われます。

 

9月4日は、LGBT当事者のお友だちアーサーイケさんが、これまでの経験談を話してくれるということで、私も早速申し込みしました。

性についてオープンに話せる機会ってなかなかないので、オンライン開催のこの機会にぜひ多くの方にご参加いただけると嬉しいです。

 

概要、お申込みは↓のリンクをご覧ください^^

 

*******

 

●9/4「自分の性を生きる。カミングアウトと家族」

 

自分の性に生きるときめたとき、どうやって、家族に話した?
友達、職場の人、恋人、どんなタイミングで、どう話した? 
それは、人によって、家族によって、道のりもやり方は十人十色。
この会では、自分にとことん向き合って生きてきたゲスト数名の経験談と、
性の外来 産婦人科医早乙女智子さんによる、これまで対話したケースからのお話です。
性について、オープンにしていいよという時代がやってきても、
そうそう簡単ではないこと、生きづらさ、伝わりにくさ、
メディアからのイメージと現実のギャップもあり、そんな困った実際と、Happyなことも、
どんな話が出てくるか、ぜひ耳を傾け、話せる人は挙手してディスカッションに参加も歓迎です。
聴きたいこと、話してほしいこと、悩んでいることを申込みと共に、事前によせていただけたら、
時間ゆるすがぎり、お応えするかも!

 

<2020世界性の健康デー>Umiのいえオンライントークイベント3日間連続講座

 

●9/4「自分の性を生きる。カミングアウトと家族」
https://shop.uminoie.org/items/32635533

 

●9/5「コロナ時代の恋愛とエロ〜避妊、中絶、不妊、出産〜」
https://shop.uminoie.org/items/32635964

 

●9/6「コロナ時代のパートナーシップ~情報と自分と人と上手につながろう~」
https://shop.uminoie.org/items/32354837 

 

●学生さんは学割あり申し込みはこちら
https://shop.uminoie.org/items/32522893

 

発達障害の当事者演劇『わたし』2日目レポ♪

2日間のオンライン公演が無事に終了しました!

 

公演5日前の時点では、20数枚しかチケットのお申し込みがなく・・・。

どうなることやらとヒヤヒヤしましたが、公演日が近づくにつれてたくさんの方に興味を持っていただいて、結果的に18日のチケット105枚、19日のチケット96枚、合計201枚ご購入いただくことができました!

公演終了後の今も売れ続けて、なんと300枚に届きそうな勢いです。

 

本当に嬉しいーーーーーーー(´;ω;`)ウゥゥ

 

今回初めてオンライン演劇を体験してみて、オンラインの大きなメリットは、子育てや介護、ご自身の体調などで外出がままならない人や、地方や海外に住んでいる人など、生の演劇を見に行くのが難しい人でも気軽に観劇でしていただけることだなと思いました。

 

観劇された方が、「感覚過敏で劇場に行くことができないけれど、自宅でなら安心して見ることができました」とおっしゃっていたのを聞いて、これまで観劇を諦めていた人にも見ていただくことができて、本当に良かったーーーと思いました!

 

終わった後のアフタートークでは、出演者と観客がリアルタイムでチャットでやり取りを楽しむことができたので、それもオンラインならではの魅力ですね^^

 

『わたし』のチケットは26日までご購入いただくことができます♪

見逃してしまった方もまだ間に合いますので、ぜひ関根淳子さんがつむぎだす発達障害の世界を覗いてみてください!

 

チケットは1000円、障害者用チケットは500円です。

障害者チケットはとくに確認などはありませんので、手帳を持っていない方でも大丈夫ですよー♪

 

チケットは→コチラ

 

この料金で観劇できる機会はなかなかないので、このチャンスをお見逃しなくっ^^

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>