【短歌アート】

不規則に鳴く蝉の声響いてる
木陰でまどろむ夏の日の午後
by恭子


真解鑑定師 藤田恭子です。


この暑さ、本当にまいりますね💦
いつからか"殺人的な暑さ"
と言う表現が当たり前に
なってきていますね。


そんな夏ですが
私は、やっぱり好きな季節です。


春や秋は過ごしやすくて
清々しく気持ちがよくて
とても好きな季節ですが、
夏には特別な思いがあるようです


子供の頃は夏休みになると
田舎のおばあちゃん家に行って
従兄弟たちと
海水浴に行ってBQQをしたり
蝉採りや花火をして遊んでました。


井戸水につけて冷やした
すいか、桃、ぶとうなどを
お風呂上がりに食べたり…と
楽しい思い出がいっぱいです。


ザ・夏休み!みたいな
思い出がたくさんあります。


今、思うと、
両親が色んな事を体験させて
くれていたんですね。
有難いことです。


幼少の頃に体験した事が
人生の折り返しぐらいの年齢になっても
その時の楽しくて幸せな感情が
鮮明に残っています。
凄いですね。



私達は
見たこと
聞いたこと
匂ったこと
味わったこと
触ったこと
つまり五感で感じた事を
第六感と言われる意識
取りまとめて
潜在意識に収めています。
これは、今この瞬間もそうです。


自分が体験したことは
どんどんと潜在意識に
収められているんです。


その潜在意識に収められた情報と
リンクする出来事が起こったら
潜在意識から、その時の感情を
瞬時に引っ張ってきて
楽しい、嬉しいとか
腹が立つ、悲しいなどを
今、感じるんです。


これは無意識です。


夏という季節は
私の子供の頃の楽しくて幸せという
感情を思い出させてくれるようです。


けれど、
潜在意識には楽しい事ばかりでは
ありません。
怒り、悲しみ、嫉妬、比較
苦手、嫌いとか
あらゆる体験が収められています。


もしも、今
何か出来事が起こり「腹が立つ」
と思ってしまった時
"この出来事のせいで腹が立つ" 
と解釈しがちですが 
実は貴方が無意識で「怒り」を
選択しているということです。


全て、感情は貴方の潜在意識の
膨大な情報の中から
貴方が選んいるということです。


だから
怒りや嫉妬などの感情が
湧いてきた時は
「あっ!私、怒ってる」
と自分を客観視してみてください。


無意識には私達は勝てません。
だから、
何か嫌な感情が出てきた時
まず、自分を客観視してみてください。


それだけでも、
怒りはおさまりますよ!


楽しい気持ち 
嬉しい気持ち
優しい気持ち
そんな感情は
大いに味わってくださいね照れ


夏を最大限に味わいたくて
夏の短歌シリーズ
まだまだ続きますウインク