当方シンガポールにて、築150年の建物に住んでいます。 昔は倉庫だったようです。 

 

でもそのこともあり、天井高がピークで6メートルあり、これまでのオーディオとは別次元の音でスピーカーが歌っています。 

さてこの経験から私なりにルームアコースティックの理想、それもクラシック音楽再生についてはどのような条件があれば良いかをまとめてみました。  

 

1)部屋の壁が共振しない石造り(レンガもしくは岩石をコンクリートで固めたもの)であること 

これは、日本でよくある石膏ボードなどとは、低域の明瞭さで大きな差が出ます!ポンとスピーカーを置くだけでかなりの音が

でてしまいます。その上でところどころモールディングや飾り柱などで音が拡散するのがベストです。

 

2)屋根の部分が木材で、適度に音が拡散する凹凸があること 

一見、傾斜屋根なので定位などが乱れるかと思いましたが、高さがあればかえって傾斜していたほうが、定在波対策になることも確認できました。もし次のオーディオルームをつくるようなことがあれば、天井には必ず木材をけたに組んだようなものを使うと思います。 

 

3)部屋は縦長配置よりも横長配置 

視覚的には縦長のほうが良いかと思ったりしましたが、現実では横長のほうが壁からの低音の反射が少なく、開放的で巨大な音場が出現する感じです。私は虫眼鏡で覗き込むような再生は苦手です。ボーカルの位置や口などを気にする方はもっとスピーカー感覚を狭めて、内ぶりにするのでしょうが、lumen whiteはかなり音が広く拡散するので、限りなく平行に近い配置で中央に座っていても、ぽっかりと個々の楽器はピンポイントで、遠方に定位する感じになっています。スピーカーが音源であるとはほとんど感じられない状態です。ロックを聞くと、ややドラムが台の上に乗っているかのような位置で鳴りますが、ライブでもそうゆう配置がよくあるので、個人的にはあまり気になりません。

 

4)床はやはり硬いフローリングが良い 

壁が石造りなので、床はフローリングのほうがゆったりとした鳴りが楽しめる。ただしオーディオ周りだけはもしかして強固な

コンクリートなどで土台を補強してあったほうが良いのかもしれません。個人的にはコンサートホールともやや違うオーディオ的なズシーンと建物が揺れるような低音も快感に感じたりします。サブウーファーは本当にすばらしい音響効果をもたらしてくれます。

 

5)カーテンやソファー、絵画など適度な装飾品があること

録音スタジオではないので、適度に音を吸収し、かつ拡散させる効果があると、自然に部屋のいろいろな位置で音楽が楽しめるようになる。 当方の場合、スピーカーの背後に横3。5メートル高さ2メートルの巨大なキャンバス画がありますが、それが弦楽器や木管が優しい音で鳴る一助となっているようです。

高い天井とレストランから移したシャンデリア

 

6)サブウーファー

現在使用しているのは、サーロジックのサブウーファーです。DSPで位置を追い込み、47hzから先をかなり急なスロープで落としています。普段は鳴っているかどうかわからないぐらいなのですが、スイッチを入れるだけでヴァイオリンやチェロの倍音が非常に美しくなり、音が滑らかになります。それからスタジアムのライブ録音もスタジアムの空気感がはっきり再現できて、教会の録音では、奥行き感と低音の残響感が素晴らしく美しく出ます。ただし設定がうまくでないと音に圧迫感がでてきたり、伸びがなくなったりするのでかなり追い込みが必要になります。  

 

結果としてオンマイクの録音では、かなりステージに近い位置、状況では自分が指揮者になったかと錯覚するような音(ゲルギエフの一連の録音)が楽しめます。オフマイク録音の場合は、ゆったりとした余韻に包み込まれる感じになります。たまに、音量をとてつもなく上げて、恐怖を感じるレベルぐらいの低音に揺すられてストレス発散することもあります(ストラビンスキー、リヒャルトシュトラウス、パイプオルガン曲など)、まるでヘビメタみたいな感覚かもしれません。 

 

ただ反面、ビートの効いたロックなどを聞くと、ちょっと響きが多すぎるかなと感じることはあります。 

将来もっと余裕が出た場合、ロックやジャズはホーンスピーカーなどで再生し、システムによって使い分けることができれば

ベストではないかと思ったりします(もっと働かねば。。。)  

 

以上

さて、最近はやることもやりつくして音楽に楽しく浸っております。   

 

通常のパソコンでもChord DaveのUSB接続でかなりの高音質が達成できますが、先日機会があってマックミニ、そしてプロとオーディオ専用Linux搭載機(Airbow NMP-Roon i5  Limited) との比較したところ、まず音の透明度、音場の立ち上がり、そして広がり、音の実在感という意味で、もはや完全に勝負にならないぐらいの差がついてしまいました。 Linux搭載専用機は、400Wの外付け電源にオーグラインによる自作DCケーブルなどもあって、これはもうMacと同じ土俵で話をすること自体が間違いな感じです。 

 

さらにこのLinux搭載専用機の実力を見るために、たまたま借りることができたDELAの最上位グレードのNASとのUSB接続の比較、それから各種音源の比較もしてみました。 

比較は以下のもので行いました 

 

使用したCD ゲルギエフ、ストラビンスキー 「火の鳥」、コルチャコフ「シェラサード」

1)外付けCDドライブからのリアルタイム再生同士 おまけでdCSヴェルディによるSACD再生も同時に比較

2)同じCDからリッピングしたデータファイル同士 

3)ダウンロードしたファイル同士とリッピング音源との比較 

4)Linux搭載機によるTIDALマスターのストリーミング再生とDELAのデータファイル再生 

 

さて、1)についてはもはや外付けCDドライブのリアルタイム再生などには意味がないと思うぐらい悲しい音になりました。

CDドライブの電源なのでしょうか? それとも機材の質量の問題? 理由はいろいろありますが、音のスケール感、SN、鮮度のすべての面でデータ再生、そしてCDトランスポート専用機にも負けてしまい、音になにか薄いモヤがかかっているように感じられます。 こちらについては、Linux専用機とDELAとの間には、マックとの対決ほど大差はつきませんでした。ちなみに外付けCDドライブは、パイオニアがパナソニックに買収される前の時代で、音質に定評がある最高グレードのものを利用しています。 ただし電源供給はややプアな通常のAC/DCアダプターからです(ここにも、問題がありそうです)。 

CD再生専用オーディオトランスポートでのCD再生と外付けCDドライブでの再生にはかなり大きな隔たりがあるようです。 

 

2)についての結果は、興味深いことなのですが、どちらも外付け外付けCDドライブのリアルタイム再生よりも良い音に感じられました。 やっぱりCDドライブがなくなり、ノイズなどが入らなくなるからでしょうか? 

音の鮮度感がかなり上がる感じです。 dCSヴェルディでのCD再生との比較では一長一短という感じですが、やはりヴェルディでは聞き慣れているかリラックスして音楽が聴ける感じでした。 

 

3)については興味深いことなのですが、CDリッピングに比べてダウンロード音源は音の鮮度感とSNがさらに上がる感じです。

ただし1)2)ほどの差がなく、同じ曲をすぐに気合を入れて比較するとやっとわかる程度の違いです。

海外では普通にTIDALやQOBUSがあるので、わざわざ高いお金を払ってダウンロードすることはないのですが、データを直接記憶装置に送って再生するほうが、やはりCDを読み取りリッピングするという作業がない分だけ有利なのでしょうか? それとも利用環境の差なのでしょうか? 専用トランスポートとの比較では、情報量ではダウンロード音源です、ただしやはりリラックスできるという意味ではdCSは健闘していました。

 

ただし、そんな差を軽く吹き飛ばしてしまうぐらいの差が4)でついてしまい、正直私自身がびっくりしました。

 

まず出だしの音が出たとたん、ストリーミング再生では、木管楽器のリードの音、会場の雰囲気、ホールの暗騒音がまるで違います。それから強奏部のスケール感やティンパニーの皮の張りなど、多くの面でLinux搭載専用機が、完全に比べるのも悲しいぐらいDELAでのファイル再生よりも優れています。違いは一聴してだれでもわかるぐらいのものです

 

Bricastiの設計者が、「ファイル再生ではなく、自社のレンダラーからストリーミングしたものを直接DA変換した時の音のほうが良い、ショーでもそのようにしている」ということをフォーラムで言っていたことに納得させられます。 

 

うーん、まいった。 でもどうしてこんなに差がでるのだろうか? 

 

やはり、単なるデータなのですが、一度記憶媒介に記憶させたものを再生するのと、Roon独自のデータ伝送方式を通じて送られてくる音声データをそのまま処理するのとでは差がつくのでしょうか?ストリーミング再生時には記憶媒体からの呼び出しというステップがなくなるので、それがCPUの負荷を下げているのでしょうか?それとも記憶媒体を駆動する電源からのノイズでしょうか? 私には説明不可能です! 

 

さて、私が現在使用しているオーディオパソコンですが Airbow NMP-Roon i5 Limitedという機材です。大阪の逸品館さんがOEMされていますが、元は株式会社DEEが販売されているiCat社のオーディオ専用パソコンです。株式会社DEEはJRiver社 Media Center21, illustrate社 dBpoweramp Signalyst社 HQPlayerの販売元であり、現在日本でネットワークオーディオのハード、ソフトとも最先端の製品を扱っていらっしゃいます。 またRoonなどへの取り組みもだいぶ前から行っており、私の知る限り、ネットワークレンダラー兼NASとしてこれ以上の選択は考えられません。 

 

私はNMP-Roon i5 Limitedに惚れ込み、使いこなしについては株式会社DEEの前川様にいろいろとアドバイスをいただきました。一般のパソコンと違い、オーディオ再生に特化したLinux OSを搭載しており、データ処理のレイテンシーをとことん無くしたまさに究極の音楽専用パソコンです。ハードディスクは別躯体、呼び出したデータは本体内のSSDに一旦バッファされます。

 

最近はさらにインテルの業務用特別CPU搭載、軍用規格の基盤と配線材、ファンレス、強化電源、きわめつけにGUI機能、リッピング機能もオフにして、CPUの能力を最大限活用する究極のハイエンドバージョン(150万円らしい)をリリースしたとのことで、もう少し資金がたまったらそちらを是非試してみたいところです。その究極バージョンではなんとアナログ入力があり、LPなどをHQPlayerプロ向けバージョンでDSD512までアップサンプルできるというまさに時代の先端を行く機能が搭載されているようです。 

 

Roonでネットワークオーディオの音質を極めるならば、まず最初に軽いOS、別電源、TIDALストリーミング再生、SSDによるストーレージ、そしてファンレスなどの要素を持つパソコンを用意した上、そしてしっかりとした躯体を持つルータと電源対策、そしてスイッチングハブ、LAN環境のアイソレーションとアースループ対策、これらが揃えば通常のファイル再生をはるかに凌駕する、もしかしたらアナログ再生を超えてしまうような環境をつくることも可能ではないかと思います。 

 

次回は、LAN環境におけるノイズ対策と、アースループ対策について少し触れたいと思っています。  以上