日報・シマコ

演劇のある豊かな暮らし

中嶋悠紀子(ナカシマユキコ)です。
関西で劇づくりをしています。
劇作家・演出家・俳優・ワークショップデザイナー
「プラズマみかん」という劇団の主宰。
C.T.T.大阪事務局局員


【演劇の活動】
◎出演
イコーラムフェスタ ハッピーステージ
プラズマみかん「トライガールズ~花園弁当工場より~」
作・中西一志
2018年2月25日(日)

◎劇作・演出・出演!!
プラズマみかん第10回演劇公演「シルバー・ニア・ファミリー」
2018年4月7日(土)-8日(日)@浄土宗應典院 本堂


【ワークショップ】
◎「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」
谷町六丁目にあるコワーキングスペース往来で、
劇で新聞を読むつどいを月イチで開催しています。

◎「暮らしの演劇」
プラズマみかん劇団アジトで月2回開催
週末は俳優気分。演劇で朝活しませんか??




テーマ:

 
2月13日、コワーキングスペース往来にて、8回目の「劇読み!!!」が開催されました~!!
 
★「劇読み!!!」とは
http://ameblo.jp/shimako1011/entry-12246971548.html
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/
 
 
この日は、男性1名、女性3名の4名でスタート。
ボールを使ったイエスアンドゲームや、新聞記事を使ったかるたで緩やかに頭をほぐしていきます。
 
平昌オリンピック開幕中ということで、やはりスポーツ関連の記事が多く掲載されていますが、
今日はどんな記事が選ばれたのでしょうか…?
 
(本当はフィギュアスケートうんちくを存分に語りたかったのですが、劇読みどころではなくなってしまうので、それはまたいつか別のところで。。。)
 
今日の記事は、この2つに決まりました。
え、ふたつ…???
 
↓こちらは読売新聞。
 
↓こちらは日経新聞です。
 
最初、狩猟免許の記事で盛り上がっていると、偶然にももうひとつ狩猟に関する記事を発見。
前者は狩猟免許取得拡大の話題で、後者はジビエカーの記事です。
内容は少し違いますが、どちらの記事も、「狩猟で命をいただくこと」に触れる内容は共通していて面白いね、ということで、今回は両方の記事を使って劇づくりをすることにしました。
 
今回のメンバーに狩猟をした事がある人はいませんが、一体どんな劇が出来上がるのでしょうか??
 
まずは劇づくりの素材を準備します。
 
大まかな材料が揃ったら、オープニングの音楽と共に開演。
あれ、さっきと同じ風景…??
 
この日は、狩猟雑誌の創刊号を作ることになった編集長と新人のやり取りが上演されました。
ちなみに編集長は釣り専門誌から異動になったという設定で、両者ともに、狩猟の知識はほとんどありません。そんな二人が、どうやって狩猟雑誌を作るのか?頭を抱えつつもアイデアを出し続けるシーンが描かれました。創刊号は、淡路島での狩猟生活特集をする!ということが決まりました。
 
上司と部下が打合せする姿がとてもリアル!
続きが見たくなったので、欲張って続きも作ってみることにしました。
 
続編は、編集長の釣り仲間で、狩猟免許も取得した仲間を呼んで話を聞いてみることに。
(ちゃっかり私も仲間役で登場しましたー)
淡路島での狩猟生活をより魅力的に感じてもらうために、まずは釣り人をターゲットにアプローチをかけようと。そのきっかけとして、釣人と狩人との婚活パーティを企画してみてはどうか?と話題は膨らんでいきます。そしてとうとう、「ラブハンター」と呼ばれるジビエカーを登場させて、獲れたての肉と魚料理を振舞う婚活パーティが雑誌社主催で企画されることに…!!
 
あー面白かった!!!
新しいものって、必ずしもその道の専門家だけで生み出されるものではないのかもしれませんね。
様々な背景や得意分野を持つ人が集まって知恵を掛け合わせるからこそ、思いもよらないアイデアが生まれてくるのかもしれません。
創造の過程を見せてもらいました。本当に素晴らしかったです!!
 
あっと言う間の2時間でした。
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
 
 次回は3月5日(月)19:00~21:00です。
是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう~。
 
==================================
次回コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ
『劇読み!~新聞を体感しよう~』
 
【日程】
2018年3月5日(月)19:00~21:00
*各回完結です。連続講座ではありません。
 
【会場】
コワーキングスペース往来
住所:大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌」2階
Tel&Fax:06-6796-8834
Mail: ourai@adash.or.jp
HP:http://www.ourai.jimdo.com
 
【参加費】
1000円/回
 
【お申し込み】
空きがあれば当日の飛び込みも可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。
お申込みフォーム⇒コチラ
 
 
【詳細】
コワーキングスペース往来さんのWEBサイト
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
次回の「劇読み!!!~」は第二月曜日が祝日のため、2月13日(火)です!
月曜日に来られない方も是非どうぞ!

コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ
『劇読み!~新聞を体感しよう~』
 
皆さん、新聞を読んでいますか?
毎日読んでいるよ!という人も、そうでない人も、
今日はいつもと違った読み方をしてみませんか?
その名も「劇読み!!!」
そう、演劇仕立てで新聞を読むのです。
もしも記事の中に「自分」がいるとしたら、どんな風景が広がっているでしょうか?
そのまさに現場、またそれを見ている人たち、関係者、、、
実際にその場面を演じてみることで想像してみましょう。
このワークショップは、新聞記事を題材に、小グループで短いシーンを作って遊ぶ演劇創作のプログラムです。
演技力を試したりするものではありません。
創作のコツも遊びながら身に付けていくので、
演劇をやったことがなくてもお気軽にご参加頂けます。
紙面の出来事を他人事ではなく、自分のこととして想像することで、
社会との関わりをいつもより少しだけ、意識出来るようになるかもしれません。

【日程】
2018年2月13日(火)19:00~21:00
*1回完結です。連続講座ではありません。
 
【会場】
コワーキングスペース往来
住所:大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌」2階
Tel&Fax:06-6796-8834
Mail: ourai@adash.or.jp
HP:http://www.ourai.jimdo.com

【参加費】
1000円/回

【お申し込み】
当日の飛び込みも可能ですが、できれば事前のお申し込みをお願いします。
お申込みフォーム⇒コチラ https://ourai.jimdo.com/himakatsu/entry/


【詳細】
コワーキングスペース往来さんのWEBサイト
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/

【Facebook】

https://www.facebook.com/events/2003576233215486/

 

 

【地図】

大阪市営地下鉄 谷町線・長堀鶴見緑地線
「谷町6丁目」駅 2号出口より徒歩4分
 
(1)2号出口を出て左に曲がる
(2)大きな交差点をそのまま左に曲がる(信号は渡らずに長堀通りを直進)
(3)お好み焼き屋「さかもと」を左に曲がる
(4)「萌」という建物(建物の壁面に植栽がある建物です)へ
(5)「萌」の2階が往来です
 
*駐車場はございません
*萌のWebサイトはこちら
*「谷町6丁目」駅の4号出口は閉鎖されていますのでご注意ください
 
【前回の様子☆彡】

https://ameblo.jp/shimako1011/entry-12343804912.html

 

【新聞掲載されました!!】

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新聞の話題が続くのですが。

應展院コモンズフェスタ「まわしよみ新聞」に参加してきました。

まわしよみ新聞、色んな方にオススメされて、以前から気になっていたのです。

気になる新聞記事を選んで切って、それをお題に喋って、最後にまわよみ新聞として再構成する、というものです。

テーマを決めず、纏めようとせず、緩く喋る。
複雑なものは複雑なままで、無理に纏めたり結論を出したりしない。
だけどその中で、相手のことが少しずつ見えてくる。それを味わう。

コミュニケーションと会話のデザイン。
陸奥さんは、喫茶店の井戸端会議の、ケーキの代わりって言ってました。なるほど!


↓私が選んだ記事はどれでしょーう?

{81FC4047-9BBB-4BAD-BE8E-75CA62F6B0E0}

さて、今日は1月17日。

阪神淡路大震災から23年です。

23年前、私はせっせと震災の新聞を作っていました。

新聞では纏まりきらないので、結局ノートになりましたが、クラスで出された課題は阪神淡路大震災の新聞でした。

{A4CAB1C7-78AC-4A11-8890-60F6A892CB9D}

タイトルに「あわじ」が途中で付け加えられているのは、この表紙を作った時点ではまだ「阪神大震災」と呼ばれていたからなのです。


{72E76550-96A0-4CBA-974C-252E84FF1F3A}

{EB395517-A801-42AE-8D18-1CB164DC5CED}

{A978D9A2-7941-4C04-A165-D5270CD04C00}

{289CAD82-0941-4563-91F4-EF9905AD5B9C}

今思えば。

私は新聞を作るのが好きだったのです。


新聞係には何度もなったような気がするし、
フリーペーパー書いてた時期もあるし、
なんせそこに情熱を注いでいた記憶があります。

自分が気になっていることが、
誰かの胸を打つかもしれない、というワクワク。
「新聞読んだよ!」をきっかけに、友達が出来るかもしれない、という期待。

…が、あったかどうかは覚えていないのですが!

23年経っても変わらないもの、
大人になっても変わらず好きでいるものリストの中に「新聞づくり」がひとつ加わって、嬉しい気持ちになりました。とさ。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

1月9日、コワーキングスペース往来にて、5回目の「劇読み!!!」が開催されました~!!

 

★「劇読み!!!」とは
http://ameblo.jp/shimako1011/entry-12246971548.html
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/

 

この日は、男性2名、女性2名の4名でスタート。

2018年最初の劇読み!!!ということで、元旦のお正月を読み比べてみました。

 

いつもと比べてページ数が多く、広告もとても大きい。

記事を切り分ける作業がいつもより難航しました。

 

元旦の新聞は、未来に向けて希望が持てる記事が多く、

特に日経新聞では日本の誇れる産業を紹介する記事が目立ちました。

 

特にIT系の記事が多かったので、今回はそちらの記事が選ばれるかなと思いましたが、

最終的に決まったのはこちらの記事になりました。

 

 

もし、この記事の中に自分がいたら、どんな場所で、どんなことが起こっているでしょうか。

おはなしの素材づくりの過程で、気軽に副業が出来るようになったメリットと、

正規雇用で雇う側の企業が待遇改善をしなくなるのではないか?などというデメリットが

語られていたのはとても興味深かったです。

 

好きなことが仕事になって嬉しい!…という気持ちで副業をする人と
本業の収入では生活が成り立たないのでやむを得ず…などという切迫した理由で働く人とは
副業の捉え方も大きく異なります。

 

大まかな素材を準備したら、演技スタート。

 

今回は、「互いに隠れて副業をしている上司と部下の居酒屋の風景」

「副業仲介サイトを利用して副業をしている人にインタビューしているWEBライター」

という2本のお話が生まれました。

 

全然回、現場にインタビュアーがやって来る、という枠組みを導入して、とても手応えを感じたので

今回も同じルールでスタートしたのですが、

今回はお話づくりが得意!という方が多く揃っており、

あれやこれやとインタビューするよりも、登場人物だけのやり取りをじっと見ている方が

記事の本質に迫れる気がしました。それくらい、様々な考えや思いが溢れる劇読みでした。

 

あっと言う間の2時間でした。
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

今回は終わった後の雑談タイムも楽しくて、

気が付いたら2時間くらい喋ってました。

安心・安全が守られており、初対面の人と自由に自分の考えを述べられる場って、そうないですものね。

 

次回は2月13日(火)19:00~21:00です。

是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう~。

 

==============================

コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ
『劇読み!~新聞を体感しよう~』

【日程】
2018年2月13日(火)19:00~21:00
*各回完結です。連続講座ではありません。
 
【会場】
コワーキングスペース往来
住所:大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌」2階
Tel&Fax:06-6796-8834
Mail: ourai@adash.or.jp
HP:http://www.ourai.jimdo.com

【参加費】
1000円/回

【お申し込み】
空きがあれば当日の飛び込みも可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。
お申込みフォーム⇒コチラ

【詳細】
コワーキングスペース往来さんのWEBサイト
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/

【Facebook】

https://www.facebook.com/events/2003576233215486/

 

 

↓産経新聞さんに紹介頂きました!!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2018年早々に嬉しいお知らせです。

 

「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」の様子が、

2018年1月11日の産経新聞朝刊(大阪版)に掲載されました。キラキラ

 

 

結構大きな記事でビックリ!!!

WEB版も見ることが出来ます。

 

新聞記事をテーマに寸劇 女性劇作家がワークショップ 大阪】

http://www.sankei.com/region/news/180111/rgn1801110071-n1.html

 

WEBと紙面だとまた全然伝わる雰囲気が違いますね。

 

記者の中井さんにはとても丁寧に取材して頂き、

あっちこっち脱線する私の話を拾い集めて記事にして下さいました。

新聞記者さんって凄い。。。

 

紙面を読みながら、お正月に実家に帰った時のことを思い出していました。

 

両親に、演劇で新聞を読む集いをしていることを話し、

次回は元旦の新聞を読み比べしたいから元旦の新聞を譲ってほしいと声を掛けた時ことです。

 

父母は私にこう言いました。

 

「もう新聞取るの辞めてん。」

 

「(嘱託で)お給料下がったし、新聞代もったいないやん。」

 

「ニュースはテレビとネットで十分やしな。」

 

ちなみに母はネットも使えないので、頼れる情報源はテレビのみ、ということになります。

図書館や喫茶店で新聞を読む、読書をする、という習慣もありません。

特に母はテレビの言うことを鵜呑みにしがちで、テレビで見た情報があたかも世の中の正解であるかのように話します。

 

私はなんだかとてもショックでした。

 

昔あれだけ「新聞を読みなさい」と言っていた父が別人のように見えたこともそうですが、

それよりも何よりも、

他者や社会への関心を失い、それらとの関わりを積極的に断っていく、

閉鎖されたところにどんどん向かっていく両親の姿が、私には耐え難い事実として目の前に現れたからです。

 

それを「老い」と片付けて良いものなのか。

私は分からずに困惑しています。

 

私はもう一度自分自身に問いかけます。

二人の間では正当な理由があって、満足の得られる選択だったのです。

何故、他者や社会との関わりを意識しなければならないのか?

内向きの生活では何故いけないのか?

 

人は一人では生きていけないのです。

大災害が起きた時、生死を分けるのは食料やお金だけではありません。

他者と関わりながら、なんとかやっていけるかどうか?なのだと思います。

命を助けられた時、手元にもっている食料で過ごす時間よりも、

他者と助け合い、分け合いながら生きていく時間の方が圧倒的に長いのです。

 

23年前、神戸で震災を経験して、私たちはそれを共に感じたはずなのです。

東日本大震災でも、再度それを思い出す機会があったはずなのです。

 

 

 

昨日、「明日の産経新聞に記事が載るから、見てね!」と両親にメールしました。

 

グッ

 

という絵文字だけが、偶然にも父母の両方から返ってきました。

 

二人は今回の記事をどう読んでくれるのでしょうか。

 

 

いつも演劇やワークショップをしながら考えます。

結局、劇場やワークショップにやってくるのは、既に他者との関わり合いに関心を持っている人なのだと。

けれども、そもそもそれを必要と感じていない人にはどうやってきっかけ作りをすれば良いのだろう。

 

試行錯誤はまだまだ続きます。

 

==============================

コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ
『劇読み!~新聞を体感しよう~』

【日程】
2018年2月13日(火)19:00~21:00
*各回完結です。連続講座ではありません。
 
【会場】
コワーキングスペース往来
住所:大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌」2階
Tel&Fax:06-6796-8834
Mail: ourai@adash.or.jp
HP:http://www.ourai.jimdo.com

【参加費】
1000円/回

【お申し込み】
空きがあれば当日の飛び込みも可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。
お申込みフォーム⇒コチラ

【詳細】
コワーキングスペース往来さんのWEBサイト
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/

【Facebook】

https://www.facebook.com/events/2003576233215486/

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。