日報・シマコ

日報・シマコ

演劇のある豊かな暮らし

中嶋悠紀子(ナカシマユキコ)です。
関西で劇づくりをしています。
劇作家・演出家・俳優・ワークショップデザイナー
「プラズマみかん」という劇団の主宰。
C.T.T.大阪事務局局員


【2018年演劇の活動】
◎出演
イコーラムフェスタ ハッピーステージ
プラズマみかん「トライガールズ~花園弁当工場より~」
作・中西一志
2018年2月25日(日) ⇒終了しました!

◎劇作・演出・出演!!
プラズマみかん第10回演劇公演「シルバー・ニア・ファミリー」
2018年4月7日(土)-8日(日)@浄土宗應典院 本堂 ⇒終了しました

【ワークショップ】
◎「劇読み!!!~新聞を体感しよう~」
谷町六丁目にあるコワーキングスペース往来で、
劇で新聞を読むつどいを月イチで開催しています。

◎「暮らしの演劇」
プラズマみかん劇団アジトで月2回開催
週末は俳優気分。演劇で朝活しませんか??

【その他】
◎演出アシスタント
大阪府障がい者オープンカレッジ2018「うみのうたごえ」
2018年11月25日(日)@ビッグ・アイ多目的ホール


テーマ:

 

「うみのうたごえ」の興奮も冷めやらぬまま、来週末、劇団アジトで公演します。

年内最後の公演になります。

勉強会的な位置付けの公演ですが、いつも通り全力です。

 

ずっとやってみたかった、ジャン・ジュネの「女中たち」を上演します。

 

お芝居をやっていると一度はやってみたい戯曲っていくつかあると思うのですが、そのうちのひとつがこの「女中たち」です。実は海外戯曲は初挑戦で、加えて今回は3人芝居を大好きな仲間たちと4人で演じます。

 

とても難解なこの戯曲のセリフ群に四苦八苦していますが、私は何者か?をなかなかに問うてくる作品。ヒーヒー言いながらも楽しいです。

 

15席限定の完全予約制となっています。
しかも今回、無料公演(カンパ制)です。

 

プラズマみかんをまだ食べたこと無い方、お試しいかがですか?

是非、ご来場くださいませ。

 

プラズマみかんおためしアジト公演
『女中たち』
作:ジャン・ジュネ
演出:中嶋悠紀子

 

【出演】
せせらぎよし子
江戸ハレ(演劇集団したかぜ)
阿矢(劇団大阪新撰組)
大妻明日香(pouri bébé)

 

【日時】
2018年12月15日(土)-16日(日)
両日13:00/18:00(全4回公演)
※開場は開演の30分前
※予定上演時間:2時間

 

【会場】
プラズマみかん劇団アジト
東大阪市若江東町4-1-5
(近鉄奈良線『若江岩田駅』より徒歩20分

 

【チケット】
入場無料(カンパ制)
※限定15席

 

【予約】

件名を「チケット予約」とし、①お名前②お電話番号③メールアドレス④来場日時⑤枚数を明記の上、以下宛先にご送信ください。
追って劇団より予約完了のご連絡をお送り致します。
◎プラズマみかんWEBサイト メールフォームでのお申込み
http://plasma-mikan.com/contact/


◎メールでのお申込み
plasmamikan★yahoo.co.jp (★を@に変えて送信)


◎電話でのお申込み
080-3862-0481(劇団)

 

【WEBサイト】

http://plasma-mikan.com/stage/po1/

 

【チラシ】

 

 

余談ですが、久々に劇団公演のチラシを自分で作りました。

写真も自分で和歌山県の友が島まで撮影に行きましたよ。

ぬいぐるみは我が家の自称大黒柱「めりひこ」

観光客でにぎわっている中、バシャバシャ撮影しました。

 

ちなみにめりひこは、六甲山からAmazonの箱に詰められてやってきたそうです。

 

image

 

 
 

テーマ:
 
11月12日、コワーキングスペース往来にて、5回目の「劇読み!!!」が開催されました~!!
 
★「劇読み!!!」とは
http://ameblo.jp/shimako1011/entry-12246971548.html
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/
 
この日は、男性1名、女性2名の3名でスタート。
イエスアンドゲームでアップをしたら、早速新聞を広げて記事探し。
 
気になった記事を切り出して、自分で見出しを付けてみます。
 
それが出来たら、「記事かるた」です。
 
自分で書いた見出し「読み札」から、「どの記事の見出しか?」を当て合いっこします。
今日はこんな記事が集まりました。
 
 
 
そして、今日選んだ記事はコチラです。
 
 
11月8日の日経新聞
『「生きた証」誰に 寄付、ペット…変わる相続』
 
という記事です。
価値観や家族の在り方が多様になった今、相続に対する考え方も変化し、親族への相続だけでなく、寄付やペットへの相続も増えている…という記事です。
 
早速劇づくりの素材を作っていきます。
 
①どこで
 
②どんなことが起きていて、
 
③もし自分ならどういう役割で登場するか?
 
これらを3人で膨らませていきます。

この日はとても絵が上手な方がいて、メモも全て絵で描いてくださいました!
 
 
 
素材があっという間に揃ったので、早速「劇読み」スタート!
 
 
 
 
 
場所は喫茶店。
妻に内緒で10億円貯めた近所のおじいさんに相続先を相談された隣人2人が、ああだこうだと話をしています。おじいさんは家族に相続したくないのだそう。

そこに、おじいさんの奥様が登場。
隣人たちは10億円のことを隠しきれずに白状してしまいます。

隣人たちは、奥様にペットに相続すべきだとか、病院に寄付をするだの様々な提案をしますが、次第に町内会でハワイ旅行に使いたい…などと自分たちの恩恵も主張するようになります。

演劇、やったことありますか?という私の問いに、「人生そのものが演劇です!」答えられた大学生の参加者さま。

その答え通り、とても初めては思えない怪演ぶりで、私の方が羨ましく思えてしまう程でした。
 
あっと言う間の2時間でした。
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。
 
今年最後の「劇読み」は12月18日(火)19:00~21:00です。
クリスマスバージョンでお届けしたいと思います!
是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう~。
 
==================================
次回コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ
『劇読み!~新聞を体感しよう~』

 
【日程】
12月18日(月)19:00~21:00
*各回完結です。連続講座ではありません。
 
【会場】
コワーキングスペース往来
住所:大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌」2階
Tel&Fax:06-6796-8834
Mail: ourai@adash.or.jp
HP:http://www.ourai.jimdo.com
 
【参加費】
1000円/回
 
【お申し込み】
空きがあれば当日の飛び込みも可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。
お申込みフォーム⇒コチラ
 
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/entry/
 
【詳細】
コワーキングスペース往来さんのWEBサイト

テーマ:


大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2018
「うみのうたごえ」

こちらのアシスタントをしています。
本番まであと少し。

こういう現場は初めてで、最初全然知識もないし、障がいの種類や名前とか、聞いても全然分からないし、手話も出来ないし、粗相しないか…不安たくさんでした。

それから3ヶ月。
やっぱり分からない!笑


だけどむしろそんな種類や名前のことはさほど大事ではなくて、その人がどうか?どうすると嬉しくて、どうすると大変なのか。ただそれだけ。そこに耳を傾けていくだけなのだなと。

最近、「あの人は私(たち)と違う」と強く思うのは、日常(つまり、この稽古じゃない時間)の方が多いことに気がつきました。

みんなが違うのは、当たり前のことだから。苦労もあるけど、多くの違う人が集まるのだから、それも当たり前、と。前向きに考える気持ちを刺激されています。

本番まであと少し。
バリアフリー対応のため、観劇には予約が必要ですが、明日(11/15)まで予約出来ますので、是非!!

🌟稽古の様子



🌟スタッフ陣も豪華!
(あ、いしいさんとウォーリーさんがいない!)




◎予約

◎WEB


◎稽古場ブログ(担当してます!)




テーマ:


10月15日、コワーキングスペース往来にて、14回目の「劇読み!!!」が開催されました~!!
 
★「劇読み!!!」とは
http://ameblo.jp/shimako1011/entry-12246971548.html
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/
 
この日は、男性1名、女性1名の2名でスタート。
 

いつも通り、イエスアンドとキュレーターゲームのアップをした後、記事探しです。

 

 

 

そして、今日はこの記事が選ばれました。

今回はニュース記事ではなく、コラムです。

 

 

ふとした時に、自分をじっと見つめているカエル、実は亡くなった夫がカエルの姿を借りて会いに来てくれたのではないか?という記事です。

ちょっぴりファンタジー。さて、どんなお話が生まれるのでしょうか??

 

亡くなった誰かが会いに来てくれるとすれば、

その時の自分はどんな状況にあるのでしょうか???

 

 

出来上がった劇は、

 

舞台はイギリス、何故かテロリストに人質に取られた老父を、鹿が助けに来る。

実はその鹿は、日本に住んでいた頃、父を庇って亡くなった息子だった…というストーリーに!!

 

元の記事よりかなり壮大な物語に広がりました。

どういう時に会いに来てくれる(と思う)のか?という問いをとっかかりに、

自分の少し未来を想像してみるのは楽しかったです。

 

あっという間の2時間でした!

参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!

 
次回は11月12日(月)19:00~21:00です。
是非一緒に楽しい時間を過ごしましょう~。
 
==================================
次回コワーキングスペース往来 暇活ワークショップ
『劇読み!~新聞を体感しよう~』

 
【日程】
11月12日(月)19:00~21:00

*各回完結です。連続講座ではありません。

【会場】
コワーキングスペース往来

住所:大阪市中央区谷町6-5-26 複合文化施設「萌」2階
Tel&Fax:06-6796-8834
Mail: ourai@adash.or.jp
HP:http://www.ourai.jimdo.com
 
【参加費】
1000円/回
 
【お申し込み】
空きがあれば当日の飛び込みも可能ですが、できるだけ事前のお申し込みをお願いします。
お申込みフォーム⇒コチラ
 
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/entry/
 
【詳細】
コワーキングスペース往来さんのWEBサイト
https://ourai.jimdo.com/himakatsu/gekiyomi/

【アクセス】

大阪市営地下鉄 谷町線・長堀鶴見緑地線
「谷町6丁目」駅 2号出口より徒歩4分
 
(1)2号出口を出て左に曲がる
(2)大きな交差点をそのまま左に曲がる(信号は渡らずに長堀通りを直進)
(3)お好み焼き屋「さかもと」を左に曲がる
(4)「萌」という建物(建物の壁面に植栽がある建物です)へ
(5)「萌」の2階が往来です
 
*駐車場はございません
*「谷町6丁目」駅の4号出口は閉鎖されていますのでご注意ください

 


テーマ:

少し時間が経ってしまいましたが…。

プラズマみかんお出掛け公演in神戸鈴蘭台「誰の、ベア?」

 

こちらも無事終演しました!

 

故郷の鈴蘭台。

 

LEGATOで定期的にリーディングパフォーマンスをされている方が実は弟の同級生のお母さん(=私の母のママ友)で、たまたま観に来た母が十数年ぶりの再会を果たしていたり、

母校宛に送った案内を見て、高校時代の、隣のクラスの国語の先生が観に来て下さったり、

故郷ならではの出会いや再会があって、私個人的にもとても嬉しい時間になりました。

 

パンフレットにも書きましたが、16年ぶりに訪れた鈴蘭台は、

まちの方々がとても鈴蘭台を愛していて、まちが呼吸をし続けるために、アートを必要としていることがとても良く伝わってきました。

そしてその拠点となるべく、LEGATOが存在している。

駅が大きくなることも大事ですが!それ以上に、暮らしの中で何が必要であるかに自覚的で、

私が暮らしていた頃には無かった意志の強さに、嬉しくなりました。

 

その意志が、私たちの上演した作品ともちょっとマッチしたのではないかと思います。

 

作品は、かなり難産しました。(いつもやん。。。)

スタートは早く、大枠を決めるまでは比較的順調でしたが、ホンづくりがなかなか思うように行かず、

作っては壊し、作っては壊しを何回も繰り返していました。

2人だけの稽古場は詰まった時が大変です。どこまでも沼にハマるというか。

沼を抜ける馬力があるのも知っているのですが、こういう時に限って追い打ちをかけるように別件が飛び込んで来たり、台風が来たりで、初のアジト泊まり込みもやってしまいました。

創の部分と、作の稽古はやっぱり少し違っていて、その配分はコントロールしないといけない。

それが小屋入りまで影響して、結局本番もバタバタして。。。

 

改めて稽古の質を考える公演にもなりました。

 

せっかくのカフェ公演なので、ジブリみたいなのやりたい!

魔女の宅急便とか、耳をすませばやろう!!

というふざけた感じで始まったのが、最後こんなことに…!!

結果、ライトな割にかなり癖の強いお話になったのではないかと思います。

 

御覧頂いた方は、誰の、ベア?って、誰のベアか分かりました??

クマじゃなくてベア。ベースアップのベア。誰のベースアップなのか?

ジジじゃなくてクマ。支配の象徴。それを誰が、誰にプレゼントしたのか??

 

今回で終わりにするのももったいないので、せめて平成が終わるまでにもう一回くらいやりたいなーなんて思ってます。

もしくは誰か、鈴蘭台の方がやってくれないかな?

私たちをみて、鈴蘭台の中から次のパフォーマーが出てくれたら、それが一番私たちは嬉しいですし、

そこを目的に、私たちも意識を置いています。

 

 

LEGATOのマスターはじめ、プラみかに縁の深いメンバーも、ブログを書いて下さいました。

(私の方が行進が遅く…すみません。。。)

そして以下のリンクのほとんどを、今回音響照明をお手伝いしてくれた有安さんが纏めて下さっている。。。

 

◎舞台となった coffee shop LEGATOのマスターの記事

https://ameblo.jp/legato-kobe/entry-12410715390.html

 

◎今回音響・照明をしてくれたプラみかが長年お世話になっているスタッフ、有安ありさんのブログ。

https://ameblo.jp/ariy-ariy/entry-12410927310.html

 

◎プラみかの撮影で何度もお世話になっている、有安さんのパートナー、田辺麻衣さんの記事

https://ameblo.jp/maingagain/entry-12410675286.html

 

◎プラみかの人外女優、せせらぎよし子が書いた劇団ブログ

http://blog.livedoor.jp/plasmamikan/archives/1731148.html

 

今回のご縁は、長年劇団の映像スタッフをお願いしている有安ありさんからいただきました。

有安さんと田辺さんが定期的にLEGATOで上映会をしている繋がりなのですが、

LEGATOのお客さんからの、有安さんと田辺さんの愛され具合が物凄かった!!

 

私たちも、こういうまちの愛され劇団になっていきたいなぁ~なんて言いながら神戸を後にしました。

 

ここ数年、大阪以外にも、愛媛、東京、京都、神戸と色んな場所でお芝居をさせてもらって、

どれもが、おばあちゃんの家のように温かく迎えて頂いています。

こういう、戻る家のような場所があるのはとても嬉しいです。

 

なかなか毎年全部回るのは今の劇団状況では難しいのですが、

またいつか、小さなツアーがやれたらいいななんて思ってます。

 

鈴蘭台の皆様、本当にありがとうございました!

 

↑マスターお手製カレー。めっちゃ美味しかった!!!!この玉葱!是非みんな食べて!!!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス