熊本市 児童発達支援 りぼん
  • 27Oct
    • 技巧走あそび(グループ活動)

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今回は先週行ったグループ遊びの様子をご紹介します。今回のグループ遊びは技巧走を行いました。二人のペアのお子さんが違う場所からスタートし、それぞれ平均台をわたります。渡ったところに置いてあるカードから一枚をめくります。カードの絵と同じものを、たらいに入っているカードの中から探してマッチングさせます。マッチングさせたカードを新聞紙の上に置き、二人で新聞紙を持ってカードを落とさないようにゴールまで運びました。二人でカードを落とさないように運ぶためには新聞紙のどこを持つか、また、歩く速さの加減も必要です。ルールの理解が難しいお子さんや、1人では難しい時などにスタッフがサポートします。午後のお子さん達には、平均台を渡った後にくじを引いてもらい、くじと同じ絵のカードを魚釣りで取ってもらいました。取った魚達を新聞紙に乗せてゴールまで運びます。ゴールまで運べた達成感のある笑顔がとてもかわいらしかったです。年長さんのペアは、ゴールした後、両手でハイタッチをして喜んでいました。うれしい気持ちを共有する表現ができていることに成長を感じました。

      2
      テーマ:
  • 16Oct
    • 貸し借りの練習

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。ここ最近は冷え込むようになりましたね。寒暖の差が激しいこの時期、体調を崩されませんよう、気を付けてください。さて、今回は今月のSSTの活動から物の貸し借りの練習の様子をご紹介します。まずは絵カードでいくつかのパターンを説明します。この絵カードは、女の子が遊んでいたスクーターを男の子が勝手にとってしまい、女の子が泣いている場面です。「女の子が泣いているね。どうして泣いているのかな?」「男の子は女の子にどう言えばよかったのかな?」など状況の説明と質問をしながらお話しし、「かして」というお願いの言葉、「いいよ」「ちょっと待ってね」「もう少し遊んでからかしてあげる」などの返事の言葉を練習しました。その後はねんど遊びをしながら貸し借りの実践練習です。数少ない道具で、貸し借りの状況を作ります。「かして」「いいよ」「まだもうちょっと待って」などの言葉を子どもさんの気持ちを汲み取りながらスタッフも促し、ことばにするお手伝いをします。使う時間を決めて見通しをつけることでスムーズに貸し借りができるお子さんもいらっしゃいました。みんなで仲良く粘土遊びができ、楽しい活動になりました。おまけに、今月制作した“とんぼ”の写真を載せます。体の部分は木の板にモールを巻いています。羽を好きな色で塗り、好きな色のモールを巻いて作ったとんぼ。飛んでいるように手に持ちながら「とんぼのめがねは・・・♪」を歌ってあそびました。

      テーマ:
  • 25Sep
    • NEW段ボールハウス

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今月より「段ボールハウス」が新しくなりました。段ボールハウスはお子さん達が大好きな遊具の一つです。中におもちゃを持ち込んであそんだり、お友達と入るだけでも楽しそうです。かくれんぼに使ったり、クールダウンに使用するお子さんもいます。段ボールトンネルとつなげて行き来したりして遊ぶ姿もありました。たくさん遊んでくれ、修理を何度もしましたがずいぶん傷んだので新しい段ボールハウスを購入しました。スタッフで作っている様子です。補強しながら作っていきました。そして約1時間後、完成しました!屋根に星形の穴があるので中の様子を気を付けて見ておくことができます。この新しい段ボールハウスでもたくさん遊んでほしいと思います!

      テーマ:
  • 07Sep
    • 金魚鉢かわいいね!!

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。日中はまだ暑いですが、朝晩の気温が下がり、秋の気配がするこの頃ですね。さて、今日は先週の活動から「金魚鉢作り」の様子をご紹介します。今回の制作は布を丸めてガーゼでくるんだ“たんぼ”を使い、独特な絵の具の模様を楽しむこと、シールを剥いでつけたり、紙を小さく丸めそれを包んでねじるなど、たくさんの手先を使った作業を行いました。“たんぽ”の使い方や作り方を説明したあと、実際にやってみます。金魚鉢の台紙にポン、ポン、ポンとたたくと青色絵の具の模様がつくので楽しそうでした。「わーきれい!お水にみえるね」などスタッフも声をかけます。次は両面テープをはがして、藻を貼ります。両面テープをはがすのは結構難しいものです。お子さん一人ひとりできる度合いに合わせてスタッフがお手伝いし、できたことをほめながらサポートします。金魚鉢ができあがったら、金魚作りです。新聞紙をくしゃくしゃっと丸めたものを赤色の折り紙で包みます。 しっぽの部分をぎゅっぎゅっと力をいれてねじっているところです。次に目をはります。目を貼ると金魚らしくなり、「きんぎょかわいいね」などの声も聞こえました。最後に金魚鉢と金魚をビニールの袋に入れて、モールで口を縛れば・・・完成です!金魚が泳いでいるみたいでしょ(≡^∇^≡)かわいいく出来上がりましたね

      3
      テーマ:
  • 01Sep
    • 交通ルール

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今日は、先週のSSTの活動から交通ルールの様子を紹介します。今回は、「信号を見て横断歩道をわたろう」というテーマで、赤信号の時は止まって待つ、青信号になったら車が来ていないか左右を確認して手をあげて渡ることをお勉強しました。まずは、信号を見て横断歩道をわたるという内容の紙芝居を見ました。次に、手作りの横断歩道や車、歩行者用信号で道路の雰囲気をつくり、正しい横断歩道の渡り方をロールプレイで行いました。スタッフと手を繋ぎ、青信号で渡っている様子です。スタッフと一緒にわたる練習をしたあと、年長さんはお友達と二人で手をつないでわたる練習も行いました。「一年生になったらね、ひとりで学校へいくんだよ」とお話ししてくれるお子さんもいて、成長を感じることもできた活動になりました(*^o^*)

      1
      テーマ:
  • 22Aug
    • 小麦粉ねんど

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。7月はとにかく暑かったですね。最近、朝晩は気温が下がってきて少し過ごしやすくなりましたね。夏の疲れも出るころなので、休養を十分とって暑さを乗り越えましょう!今日は先週の感覚統合の活動から「小麦粉ねんど」の様子を紹介します。まずはボウルに粉を入れ、粉の感触を確かめます。「さらさらだね」、「ふわふわしてるね」「手につくね」など感触を言葉にしたり、「何色?」「どんな感じがする?」など質問をして子ども達からの言葉を促します。次に、水を入れ、粉がかたまっていく状態を触って感触の違いを感じます。「べっとりする~」「手にひっつく~」「気持ちわるい」「気持ちいい」などの感想がでます。触りながら顔をしかめて気持ちを表現するお子さんもいます。更にこねて、べとべとで手にまとわりつく感触がなくなった後は個々に好きなように触って遊びました。たたいたり、ちぎったり、こねたり、伸ばしたり、丸めたり・・・腕や手首にも力を入れながら、手のひらや指をつかっていろんな形にして楽しみます。パンダや太陽もできていました。想像して形をつくるのが難しいお子さんはクッキーの型を使って楽しみました。食紅や絵具で色をつけても楽しい小麦粉ねんど。ぜひご家庭でも室内あそびの一つとしてやってみてください(^_^)v

      テーマ:
  • 12Jul
    • 毎月の会議

      こんにちは。児童発達支援 りぼんです。りぼんでは、毎月第二月曜日の午前中を職員会議としてお休みにさせていただいております。会議の内容は毎月多少変わりますが、社内研修、支援方法の打ち合わせと確認、個別支援記録の担当者会議、掃除や療育グッズの修理などを行っております。今月は椅子の念入りな掃除を行いました。車の中の掃除をしているところです。(車は毎週月曜日に安全点検を行っております。)月曜のご利用者様には振替をしていただいたりと、大変ご迷惑おかけしておりますが、職員が意識を合わせ、より良い支援ができるためにどうぞご理解とご了承をお願いいたします。

      1
      テーマ:
  • 27Jun
    • 空き箱でグループ遊び

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今日は今月のグループ遊びから“空き箱あそび”の様子をお伝えします。空き箱を使ってできる遊びを想像し、お友達と協力して一緒に遊ぶのが課題です。形の違うたくさんの空き箱がでてきました。「わーたくさん!」「いっぱいだね」と声があがります。箱を積み上げる、箱を開け、違う箱を出し入れする、たたく、大きな箱の中に入るなど それぞれ好きなように遊びました。「一緒に積もう!」などと、スタッフも声をかけます。箱を自分の背よりも高く積み上げていたお子さんもいました。積み上げた箱が倒れるときの瞬間はドキドキでした(^_^)その後は「箱をつなげて迷路を作ってみよう!」とスタッフがリードし、みんなで迷路を作りました。「ここがスタートだよ」「ゴールはどこ?」「ここからは行けないねー」と会話が聞こえてきます。故意に崩そうとするお子さんもいましたが、「蹴らないで」「しないで」と気持ちを言葉で伝える練習もできました。完成した迷路に「一緒に入ろう」とお友達やスタッフを誘う声も聞こえてきて、楽しくグループ遊びができた活動になりました(*^o^*)

      テーマ:
  • 12Jun
    • 傘のオーナメント

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。梅雨に入りましたね。災害なく過ぎてくれることを願います。さて、先週は、はさみの練習とぼかし絵の“色のにじみ”のおもしろさを楽しんでもらうため、梅雨の季節感を表す「傘のオーナメント作り」をしました。活動(制作)では傘の部分とアルミホイルのボールを作りました。傘の素材はキッチンペーパー。 ぼかし絵で模様をつくります。まずはキッチンペーパーをはさみで線にそって円型に切ります。その後、半分に切って2つの傘の部分をつくります。次はマーカーなどの色ペンで模様を自由に描きました。それから、水をつけた筆でマーカーの上を濡らしていきます。マーカーがにじんでいく様子を見て、「わー!」「きれいだね~」などの声が聞こえます。それぞれ個性的な模様ができあがり、とてもきれいでした。次は飾りのボール作りです。アルミホイルを指先を使ってぎゅっぎゅっと小さく丸めました。子ども達の作業はこれまで。あとはスタッフが手ぐすに通し、飾りを付け、オーナメントにしました。↓出来上がりですぼかし模様の小さな傘がかわいいですね少しの間りぼんで飾った後、お家に持って帰ります。お家に飾ってもらえると嬉しいです!(≡^∇^≡)

      1
      テーマ:
  • 02Jun
    • 運動療育の様子

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今日は理学療法士の先生と一緒に行っている運動療育の様子を紹介します。先週はサーキットの日で椅子・バランスボールなどを使って行いました。まずは椅子や机の下をくぐり,自分の身体のボディイメージを高めます。次はバランスボールで玉ころがしです。お部屋をぐるっと一周転がして次のお子さんに交代です。その後はバランスボールで遊びます。抱きついたり、上に乗ったり。。。 スタッフが支えの手を放しても立っていることができるお子さんもいました。これはバランスボールからマットへのジャンプです。不安定な足場からのジャンプですが、スタッフに支えられ、足や足の指にしっかり力をいれてジャンプができました。みんなよく頑張っていました。最後は、体全身を使って、“よじ登り”の運動です。必至に上るお子さん達の姿にスタッフも「ガンバレ!!」「その調子!」と応援に力が入ります。上までのぼったら最後は滑り台です。事業所のスペース上、あるものを工夫して使用しています。はじめは怖がっていたお子さんも、チャレンジする姿が見られ、成功体験や自信に繋がることができよかったなと思いました(^_^)v

      2
      テーマ:
  • 25May
    • 箱の中身はなんだろう??・・・!!

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。先週の感覚統合の集団活動では、箱の中身を当てる遊びをしました。箱の左右の穴から手を入れて中にあるものを触ってなにが入っているかを当てるというルールの説明、それから、触っている人以外(見ている人達)は中に入っているものを教えてはいけないことを伝えてゲームスタートです。↑お茶碗をさわっているところです。 指先、手の感触に集中してさわり、形や物の質感を感じます。このお子さんの答えは「お皿」でした。おしい!おままごと用のコップを触っているところです。見ているお子さん達も答えを言いたいけれど、先生から「しーっ」と言われ、我慢します。手さぐりでは答えがでないお子さんもいますが、中にあったものを見たときは「これだったんだ!」と謎が解け、ニコニコ顔でした。アンパンマンも出てきました。手をいれるのが怖い時はスタッフが一緒に手を入れ、お手伝いします。たわしも出ました。「おそうじの時に使うゴシゴシするもの!」と使い方がわかっているお子さんもいましたが、「たわし」を知らないお子さんが多かったので、「たわし」という名前を伝えて、ちくちくする触感を感じました。触る側も見ている側もわくわくする楽しい活動になりました。(*^o^*)

      1
      テーマ:
  • 12May
    • こいのぼり

      こんにちは。児童発達支援 りぼんです。この季節の風物詩「こいのぼり」をスタッフさんが持ってきてくれました。お空に泳いでいる大きさのこいのぼりに触れて、お子さん達はとても喜んでいました。一番大きな「まごい」の口の部分から体を入れて、人魚のような姿になったり、鯉を持ち、泳がせるように走ったりして遊んでいました。先週の活動で、こいのぼりを作成しました。こいのぼりの形に切ってある台紙に、目とうろこの部分をシールで貼ります。うろこの形をよく見てシールを貼るように声をかけます。目とうろこができた後は、両面テープで棒に固定しました。こいのぼりの出来上がりです!↓3歳~5歳のお子さんの作品です↓2歳のお子さんの作品です。みんな健やかに成長していかれますよう、お祈りすると共に、りぼんスタッフもサポートを頑張っていきます(^_^) 

      1
      テーマ:
  • 20Apr
    • 新年度です!

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。先月3月末に、りぼんから3名のお子さんが卒業され、小学校へ入学されました。色々なことにチャレンジする姿や喜怒哀楽の表情など、たくさんの思い出とともに、たくさんの成長を見せてくれました。お子さんの成長はスタッフの喜びです。小学校でも頑張ってくれることを期待しています新年度が始まり、クラスや先生などの環境が変わり、少し戸惑いながらも頑張っているお子さん達。 今年度も楽しく療育に通ってくれるよう、努力していきたいと思っております。さて、今回は4月に行ったグループ遊びの様子をご紹介します。みんなで広めのビニールシートの端を持って、バルーンごっこ遊びをしました。上下に動かすことでバッサバッサと鳴る音や、風を感じ波のような動きを楽しみました。 (シートを持つ手が離れないように持ち方も確認します。)それから、音楽に合わせて左右へ回ったり、上にあげたり下に降ろしたり、中央へ寄ってまた離れたりと色々な動きを皆と一緒に行いました。上下にシートを動かすと、上からふわっと降りてくるシートを見て、中に入りたがるお子さんも。お子さんを中に入れ、シートをかけると「わーーー!」と喜ぶ声が出ていました。(シートが落ちてくる感覚はすこし緊張しますが楽しいですよね)「海みたい!」というお子さんの声から、最後はシートを床に敷き、上に乗ってもらい、スタッフが波をたて遊びました。たくさんの笑い声と笑顔を見れたグループ活動になりました(*^o^*)

      1
      テーマ:
  • 23Mar
    • 指えのぐとスライム遊び

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今回は3月に行った感覚統合の活動を2つ紹介します。まずは「指えのぐ」です。指に絵の具を付け、てんとう虫の黒い模様をつけたり、クローバーの葉を塗りました。絵の具はみず糊で溶き、感触を感じやすくし指にふれてみました。一本の指を上手に使うお子さん、手のひら全体を使って描くお子さんなどそれぞれ色々な描き方を楽しみながら活動ができました。こんなかわいい絵ができあがりましたよ。(*^▽^*)次は、スライム遊びです。 今回は柔らかさの違うスライムを作り、それぞれの感触を楽しみました。黄色はとろとろに柔らかく、赤色は塊ができるくらいの柔らかさです。スライムの冷たい感触、べったりした感触、プルンとした感触、形の変化なども楽しみました。「きもちいいね」「ゼリーみたい」 「おばけみたい」などと会話もはずんでいましたよ。スライムの感触が苦手なお子さんは、ビニール袋に入れ、上から触れるチャレンジができていました。(^∇^)

      1
      テーマ:
  • 09Mar
    • 新聞紙あそび

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。3月に入り、ずいぶん暖かくなりましたね。今月は雨が多い月になるとの予報。 暖かい季節を運んできてくれる雨なので少しの大変さは我慢して元気に過ごしたいと思います(^_^)今日は先週の活動から「新聞紙あそび」を紹介します。新聞紙は形を変えていろんな遊びに使うことができます。今回は、指先や手全体を使い、くるくると丸めて棒状にし、ぎゅっぎゅっとぞうきんを絞るようにねじりました。 次に、固くなった棒状の新聞紙を剣にして、新聞紙を破ります。上を少し破っておくのがコツですが、子ども達は棒を振り降ろし、スパッと半分に裂ける感覚を楽しみます。棒だけでなく、手でパンチやチョップをして破くお子さんもいました。みんな生き生きした表情です(⌒▽⌒)その他にも、ボールを作り、棒をバットに見立てて野球をしたり、神主さんがお祓いにつかう道具に似たものを作って遊びました。最後はひっくりかえした傘の中に小さくちぎった新聞紙を入れ、雪のように降らします。みんな「わー!!」と声を上げて喜んでいました。この日は新聞紙のいろいろな感触を楽しみ、アイディア次第でいろんな遊びができることを感じた一日でした。(≡^∇^≡)

      1
      テーマ:
  • 16Feb
    • ふうせん遊び

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。先週のグループ活動で行った「ふうせん遊び」の様子をご紹介します。まずは風船で自由に遊びました。ふわっと落ちてくる風船にタイミングを合わせてたたいたり、抱きかかえて歩きまわっているお子さんもいて、笑顔がたくさん見られ、みんな楽しそうでした。次に、カゴに風船を入れて運ぶリレーをしました。カゴから風船をおとさないように・・・速さを加減しながら歩いたり小走りをします。スピードが速くなり、カゴから風船が落ちることも。「ゆっくりゆっくり」と声をかけたり、スタッフが一緒にカゴを持ち加減をしながらサポートします。順番を待っているお子さん達は、「がんばれ~!」と応援です(^∇^)戻ってきたらタッチして次のお友達に交代します。「上手に運べていたよ!」「難しかったけど最後までいけたね!」「風船が落ちないように時々見ながら走れていたね!」など、その子が頑張ったことを褒めます。その後はうちわであおいで風船をゴールまで持っていくゲームをしました。風船がふわふわして、思い通りにいかないのもまた面白いところ。うちわの使い方も、なかなか難しいものです。「あれー!難しいなぁ」といいながらも最後まで扇ぎ、ゴールのスタッフの所まで運ぶことができました。応援される嬉しさや応援する楽しさも感じてくれたのではないかと思います(^∇^)

      2
      テーマ:
  • 05Feb
    • 人気のプラレール

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。新年が明け、1月が終わり、月日が経つのを本当に早く感じます。1月は、寒さに負けず通ってきてくれた元気なお子さん達でにぎやかでした。りぼんに到着してタオルかけなどの準備とバイタルチェックをした後の自由時間では、「プラレール」が人気でした。レールを組み合わせて線路を作り、電車や新幹線を走らせるあそびは男女問わず子ども達の興味を引き付けていました。お友達が近寄るとすぐ逃げていたお子さんも、電車の動きに興味をひかれ、線路の近くでお友達にレールを渡している姿や、それぞれが作った線路をつなぎ合わせて、大きな線路が出来上がり喜んでいる姿を見ることができました。また、「これかして」などの貸し借りの練習や、別方向から来た電車どうしがぶつかりそうな時に、そっと道をゆずってくれる優しいお子さんへ「ありがとう」を言えるよう、促すこともできました。りぼんでは、療育グッズやおもちゃを写真にとりファイルにし、自由時間には好きな遊びを選ぶことができるようにしています。

      1
      テーマ:
  • 06Jan
    • 今年もどうぞよろしくお願い致します

      2018年、あけまして おめでとうございます。今年もスタッフ一同、力を合わせて頑張ります!!どうぞよろしくお願いいたします。先週の土曜日、お正月にちなみ、折り紙でつくる「凧」を作りました。まずは折り紙にクレヨンや色鉛筆で自由にお絵かきをし、凧の形に折り目をつけます。その後、凧糸を小さな穴に通し、テープで止めます。最後に尾をテープで貼って出来上がり!難しいところはスタッフと一緒に行いました。ぶつからないようにひとりずつ交代で、りぼんの室内を駆けて凧を揚げました。「わーあがってる~!!!」とお友達の凧があがる様子を見て楽しんだり、自分で凧をあげるのも楽しんでいたお子さま達でした。今年も安全に活動ができますように。また、りぼんに通うお子さま達、ご家族にとって、ブログを見てくださっている皆様にとって笑顔の多い一年でありますように!

      1
      テーマ:
  • 29Dec
    • 2017年、大変お世話になりました。

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。今年3月下旬に開所し、早、9か月が経ちました。たくさんのお子さまが毎日通ってきてくれ、、活動を楽しんでくれていることを大変うれしく思います。この一年、多くの方々に支えてもらい、助けられてきたことに大変感謝しています。「りぼん」に通って良かったと喜んでもらえるよう、これからもスタッフ一同、日々頑張っていきますのでどうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。りぼんでは今週、「おせち料理」でごっこ遊びをしました。スタッフ手作りのおせちです↓伊勢エビやかまぼこ、伊達巻にこぶ巻、黒豆も入っています。「わーエビだぁ!」とエビ好きなお子さんは大喜び!おせちの食材には人々の願いが込められていることをお話しました。ごっこ遊びは、おせちを作る人と食べる人の役を交代でしました。伊勢エビを豪快に入れたり、好きなように箱に詰め笑顔で「どうぞ~」と運んでいたお子さん達です。食べる役のお子さんは運ばれてきたおせちをお箸やスプーンを使って食べるまねをしました。「おいしいね~」「かまぼこになんて書いてあるの?」など会話が弾んでいました。今週のSSTの活動では、「よいお年を」「あけましておめでとうございます」など、お正月に使う言葉を練習しました。皆さまがよい年末年始を迎えられることを心から願っています。

      3
      テーマ:
  • 21Dec
    • 竹馬に乗りました!!

      こんにちは。児童発達支援りぼんです。先週木曜日の午後から、理学療法士の先生と行った運動の様子をご紹介します。その日は理学療法士の先生が竹馬を持ってきてくれました。その珍しい外観に、「なにこれ~」という年少組のお子さん、「これ、やったことある!」という年長組のお子さん、ほとんどのお子さんが初めて見る竹馬。興味深々でした。右手と右足を一緒に、また左手と左足を一緒に前にだす動作を練習した後、お待ちかねの竹馬乗りをしました。スタッフが支えてはいるものの、足を置く場所も不安定で、バランスをとることはなかなか難しそうでしたが、初めて乗るお子さんもみんなチャレンジできました。親指と人差し指の間に竹を挟むこともできました!1970年代生まれのスタッフにとっては竹馬は本当に懐かしかったです【笑】

      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス