訪問ありがとうございます。

 

2月に参加した将棋大会で、

 

唯一「角頭歩戦法」になった一局を―

 

相手は県大会で、常に上位に入る高校生!

 

初戦でいきなり強敵に当たってしまう運の無さ…(涙)

 


先手:相手の方
後手:鹿田 大

初手からの指し手

▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △2四歩(第1図)  

「角頭歩戦法」になるには条件が必要です。

①後手番になる事

②先手が▲7六歩と▲2六歩を指してくれる事

 

 

第1図以下の指し手

▲6八玉 △5四歩 ▲7八玉 △8八角成 ▲同 銀 △2二飛▲4八銀 △4二銀 ▲7七角 △3三角(第2図)  

ットの練習対局では、

△2四歩に対して▲2五歩と指して来る方ばかりで

こういう持久戦は経験がありません。

棋書を思い出しながら進めました。

TO BE CONTINUED…

 

あなたの応援が励みになります。

「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね!


にほんブログ村

 
将棋 ブログランキングへ

 

将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋

こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ