将棋「鹿田NOTE(の手)」~究極の奇襲戦法・マイナー戦法を求めて…~

この「お宝ノート」を探し出して下さり、ありがとうございます。

長年、マイナー戦法を収集している”鹿田 大”と申します。


あまり世に知られていない面白い戦法を探して、

将棋雑誌を読みあさり、日夜 右手にマウスを握っています。

幻の戦法に出会えるその日まで…


また、

相手の出方を見てからこちらのペースに引き込む

”3手目▲1六歩作戦”を「鹿田システム」と名付け

記録もしていきたいと思っています。

よろしければ、末永くお付き合い下さい。


 ぜひ、読者になって下さいね。

読者登録してね

  • 21May
    • 【将棋大会】強敵に「角頭歩戦法」で挑む! 第3話

      ご訪問ありがとうございます。第3図から―第3図以下の指し手▲5六銀△4五歩▲同 歩△5五歩▲4七銀△4五桂▲同 桂△同 飛▲4六歩△4一飛▲3二角(第4図) ここまでの局面は、なんと本に載っている形とまったく同じ!でも内容は、第4図以下△3一飛▲2三角成と進むと、後手がさばくのは大変で先手まずまずと書いてあるんです。そんな事など覚えていない私は、本通りの進行にご満悦!(苦笑)TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      3
      テーマ:
  • 13May
    • 【将棋大会】強敵に「角頭歩戦法」で挑む! 第2話

      ご訪問ありがとうございます。第2図から―第2図以下の指し手▲4六歩△6二玉▲4七銀△7二玉 ▲3六歩△8二玉▲9六歩△9四歩▲5八金右△7七角成 ▲同 桂△7二銀▲8六歩△5二金左▲8七銀△3三桂 ▲3七桂△5三銀▲8八玉△4四歩▲7八金△4二飛(第3図)「△2五歩の仕掛けを防がれたら△4二飛と回って△4五歩から攻める。」と覚えていたのですが、この形では△4二飛とせずに△6五歩から駒組みを進めなければいけませんでした…(涙)感想戦で相手の高校生は、「この「角頭歩戦法」の事は知らなかった。」と話していました。おまけに、「△4二飛がおかしな手でしたね。」との指摘!知らないのに教科書通りに指し進めるとはさすが!TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      5
      テーマ:
  • 07May
    • 【将棋大会】強敵に「角頭歩戦法」で挑む! 第1話

      ご訪問ありがとうございます。2月に参加した将棋大会で、唯一「角頭歩戦法」になった一局を―相手は県大会で、常に上位に入る高校生!初戦でいきなり強敵に当たってしまう運の無さ…(涙)先手:相手の方後手:鹿田 大初手からの指し手▲7六歩△3四歩▲2六歩△2四歩(第1図) 「角頭歩戦法」になるには条件が必要です。①後手番になる事②先手が▲7六歩と▲2六歩を指してくれる事第1図以下の指し手▲6八玉△5四歩 ▲7八玉△8八角成▲同 銀△2二飛▲4八銀△4二銀 ▲7七角△3三角(第2図) ネットの練習対局では、△2四歩に対して▲2五歩と指して来る方ばかりでこういう持久戦は経験がありません。棋書を思い出しながら進めました。TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      5
      2
      テーマ:
  • 01May
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」レポ その12(終)~千駄ヶ谷の受け師VS戸辺攻め ガチンコ対局~

      ご訪問ありがとうございます。第4図で、 「千日手になったら、どうするんでしょう?」この様な話をする解説三人の方を、大盤に背中を向けて座っている木村先生は振り返って見つめました。三人と顔を見合わせた後に指した手は…第4図以下の指し手△5三銀(第5図)木村先生の、運営や解説者への忖度(?)で、千日手は打開されました。(これが、この対局唯一の笑いのポイント?)第5図以下の指し手▲5三同金△同 金 ▲5一角成△3一金▲5四歩△同 金▲7二飛△4二桂 ▲4一銀△3三玉▲5二銀成△5八香成▲4二成銀△7五角 ▲3一成銀△4四玉▲4七銀△3九銀▲同 金△同角成 ▲同 玉△9九龍▲2八玉△3九銀(投了図) まで110手で後手の勝ち戸辺攻めは成功しましたが、後手玉の上部が広く捕まえるには至りませんでした。最後は木村九段が即詰みに打ち取って終了。この対局前の勝利予想では、かりんファンは戸辺先生を予想する人が多かったようです。それゆえに、3戦全敗でクリアファイルを一枚も貰えないファンが多くなる事に…逆に、将棋の事を全く知らないつるのファンのお姉さま方は、段位が高いという理由だけで木村先生を予想する人が多かったようです。こちらは結果オーライ!(笑)最後までお読み頂きありがとうございました。協力:通りすがりの将棋ファンさんあなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      5
      2
      テーマ:
  • 23Apr
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その11 ~千駄ヶ谷の受け師VS戸辺攻め ガチンコ対局~

      ご訪問ありがとうございます。最後は、2局目に行われた江の島将棋頂上決戦 特別対局「千駄ヶ谷の受け師 VS 振り飛車の戸辺攻め ガチンコ対局」木村一基九段 VS 戸辺誠七段です。終始曇り空で寒かったのですが、2局目が始まったあたりから陽が射す時間もありました。 「私は今、去年と同じ光景を見ています。皆様が手を顔の上にかざして、眩しそうにしているのを。」遠くから飛ばされて来た雨粒が降りかかった時は、観客席から「雨!」という声が。それを聞いた壇上の二人は… 「私たちの所は降ってないですよね!?」 「そこだけ降ってるんじゃないの?」という感じでした。解説は塚田女流1級、つるのさん、かりんちゃんで行われたのですが、 「私たちには解説は無理なので、塚田さんよろしくお願いします。」  (^_^;)アマチュアがプロの対局の解説をするのが無理なのは当然と言えますが、塚田女流にとっても対局者との棋力の差がありすぎるので無理難題に近かったかもしれません。先手:戸辺 誠七段後手:木村一基九段初手からの指し手▲7六歩△8四歩▲5六歩△6二銀▲5八飛△4二玉▲4八玉△5二金右▲3八玉△3二玉▲2八玉△3四歩▲5五歩△6四歩▲3八銀△6三銀▲7七角(第1図)戸辺先生の戦法が中飛車だった事に対して、かりんちゃんは感謝の言葉を述べていました。第1図の▲7七角を怠ると、▲6八銀と上がった時に△5四歩と突かれてしまい、予定が狂います。(▲5四同歩は△8八角成!)第1図以下の指し手△4二銀 ▲6八銀△3三銀▲5七銀△7四銀▲7八金△6五銀 ▲7五歩△7四歩▲同 歩△7二飛▲8六角△7四飛 ▲9六歩△8五歩▲9七角△8四飛▲5六銀△4四銀 ▲7七桂△7六銀 ▲4六歩△1四歩▲4五歩△3三銀 ▲4七銀引△1三角(第2図)最近流行の△1三角。先手にとっては、この角筋が厄介です。第2図以下の指し手▲5四歩△同 歩▲同 飛△7四飛 ▲7五歩△8四飛▲5六飛△7七銀成▲同 金△6八角成(第3図)角が成れて、後手が指し易くなりました。第3図以下の指し手▲6六金△6五歩▲同 金△6七馬▲7四歩△8六歩▲6六金△5六馬▲同 金△6九飛▲5三歩△4二金寄▲5二銀 △3一金▲5八銀△9九飛成▲4四歩△同 銀▲6六角△9七龍▲8四角△5四香▲5一銀不成△5六香▲4二銀成△同 金▲5二金(第4図) 「私、嫌な筋が見えました!」それは、△3一金▲4二金△同金▲5二金△3一金…の手順を繰り返す千日手。千日手になると、運営側も指し直しの時間などは考えていないでしょうからさあ大変!△3一金▲4二金△同金に二度目の▲5二金!果たして、本当に千日手になってしまうのか…?協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      7
      テーマ:
  • 14Apr
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その10 ~夢の頂上タッグマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。第6図から―次の手は、かりんちゃんが指す番でしたが…第6図以下の指し手△4八金!(第7図)これが去年の ‟△5八金” を彷彿とさせる   ↓ ↓ ↓ (棋譜はコチラ)つるの剛士 「将棋イベント」相手に駒を渡す上に、自分の方が駒損になってしまう悪手でした。ここでは、△3五桂(変化図1)とするのが良かったようです。角道を止めながらの詰めろで有力だったでしょう。これなら先手は持ち駒の銀を使って受けるしかないので、必勝体制に入ったはずでした。先手陣は玉頭が弱く、後手の豊富な持駒の前には困ったでしょう。第7図以下の指し手▲4八同金 △同桂成 ▲同 銀 △4九角 ▲3九金 △7六角成▲5六歩(第8図)△4九角と詰めろをかけましたが▲3九金と受けられ、戸辺先生でもさすがに△7六角成と引き上げる事に…これで、先手玉は絶対詰まない状態になりました。チャンスは来るか?次もかりんちゃんの手番です…第8図以下の指し手△6三桂!!(第9図)これは、特に受ける必要の無い5五の地点を受け、攻めに使えそうな桂を手放し、さらに自玉の上部への脱出ルートを塞いでしまうという三重の悪手でした。ここでも△3五桂(変化図2)がまだ詰めろになるので、6三に桂を手放したのが痛かったです。受けより攻めを選ぶべきでしたね。第9図以下の指し手▲5五歩 △4五金 ▲6四銀(第10図)ここで、かりんちゃんは秒読みに追われました。完全に時間切れのタイミングで指した手は…※本来なら、完全に時間切れ負けだという事を、木村先生はこう表現しました。 「時間を超越した戦いが繰り広げられております!!」―会場は爆笑―第10図以下の指し手△2五歩!!!(第11図)これは完全に1手パスの様な手。玉頭攻めを狙ったのかもしれませんが、この状況ではとても間に合いません。ここでは△5二玉と早逃げして、▲5四桂の追撃にはさらに△4一玉(変化図3)と逃げ、この後どこかの段階で▲2四角と飛び出してくれば△2五飛が角取り詰めろになるので、先手の攻めが難しく後手の勝ち筋だったのではとも思えます。早逃げには気が付きませんでした。▲5四桂は怖い手ですが、先手の持駒が銀だけなので△4一玉で助かっていますね。この局面でも後手勝ちの要素があったのには驚きです。それだけ差がついていたのですね。第11図以下の指し手▲5四桂 △同 馬 ▲同 歩 △5一玉 ▲5三銀成 △2二飛▲7三角成 △4一玉 ▲6三馬 △3一玉 ▲4三成銀 △3二金▲同成銀 △同 玉 ▲5三歩成 △2六歩 ▲4一角 △2一玉▲3二金 △同 飛 ▲同角成 △同 玉 ▲4一馬 △同 玉▲4二飛(投了図)まで、147手でつるの・塚田女流一級ペアの勝ち。▲5四桂で馬を取られた上に、後手玉は詰めろ。これで完全に逆転しました。最後は、使えない形になっていて取られるのを待つばかりだった先手の4六の角が、寄せの主役として働くようになってしまいました…かりんちゃんの指した3回の悪手が原因で、大逆転負けになってしまい残念な一局でした。かりんちゃんは秒読みを克服し、もっと終盤力を鍛えることが必要ですね。次回は2局目の、江の島将棋頂上決戦 特別対局「千駄ヶ谷の受け師 VS 振り飛車の戸辺攻め ガチンコ対局」木村一基九段 VS 戸辺誠七段です。協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      9
      8
      テーマ:
  • 07Apr
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その9 ~夢の頂上タッグマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。先手の相談タイム中(第4図)― 「私の悪手を相手がカバーしてくれました。」双方がこの言葉を口にしていました。第4図以下の指し手▲6九歩(第5図)相談の結果、苦しいが底歩で頑張ろうという事に。第5図以下の指し手△7六角成 ▲7四歩 △同 歩 ▲5六飛 △5四馬 ▲6五桂△6三金 ▲7三歩 △同 桂 ▲同桂成 △同 銀 ▲5四飛△同 金 ▲8八角 △5八歩成 ▲同金上 △6七歩 ▲7九角△6八歩成 ▲同 角 △5六桂 ▲8五桂 △4八銀 ▲3二飛△6二金 ▲7三桂成 △同 玉 ▲4六角 △5五歩 ▲8二銀△6三玉 ▲6二飛成 △同 玉 ▲4九金 △同銀不成 ▲同 銀(第6図)△7六角成の局面は、後手の角得でしかも馬が出来ている圧倒的に優勢な状況。その後、▲8八角に飛車を逃げない戸辺先生の方針に、かりんちゃんも賛同して△6七歩。このあたりは、流石に息の合ったペアだと思っていました。そして先手は遂に、飛車を切ってまで金を手にし、自玉を守らなければならない状態に追い詰められました。第6図を見て、あなたはどう思いますか?後手の圧倒的駒得、しかも後手玉には詰めろがかからない。先手の持ち駒は銀2枚だけで、攻めも受けも見込みがない。先手はいつ投了してもおかしくない状況です。しかし、この後にドラマが…協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      7
      9
      テーマ:
  • 05Apr
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その8 ~夢の頂上タッグマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。かりん・戸辺ペアが相談タイム中。(第2図)後手の相談タイムが終了し、対局再開。第2図以下の指し手△7九飛 ▲8六角 △5六歩 ▲同 歩 △同 飛 ▲6四角△5三銀 ▲6七銀 △7六飛 ▲5三角成 △5七歩 ▲6八金△5三金 ▲7六銀(第3図)相談タイムの結論は、予想通りの△7九飛でした。その後の指し手は、お互いの飛車と角を巡る攻防で、「どちらを先に取ったら良いか?」と迷いそうな状況でしたが、特に悪手は無かったように見えます。▲7六銀(第3図)直後の木村先生のトークが爆笑ポイント! 「次に△5八歩成と指したらどうしましょう。こういうのを「責任逃れ」と言うんですよ。自分が前に指した手を無かった事にして、相手に手を渡してしまうというね…」第3図以下の指し手△5八角(第4図)木村先生のトーク直後、戸辺先生は△5八角。 「ほう、流石に責任逃れはしませんでしたね。これは‟プロとしての役割を果たす”という手です。」―この一連のトークに、会場は爆笑―第4図で、つるの・塚田ペアが相談タイムを宣言!相談タイムの宣言直後にも、爆笑ポイントが… 「足がしびれた塚田さんの為に、つるのさんが相談タイムにしたんですよね?」 「そうです!!」と、明らかに足がしびれているつるのさんが言ったのですから、爆笑にならないわけがない。金銀の両取りをかけられ、角を取る事も出来ない大ピンチの先手ペア。どんなを相談するのか?協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      2
      テーマ:
  • 02Apr
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その7 ~夢の頂上タッグマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。1局目「江の島竜王戦 ~戸辺門下リベンジ対局~」の次に行われたのは、江の島将棋頂上決戦 特別対局「千駄ヶ谷の受け師 VS 振り飛車の戸辺攻め ガチンコ対局」の木村一基九段 VS 戸辺誠七段というプロ同士の対局でしたが、今回は3局目の江の島将棋頂上決戦 特別対局 「夢の頂上タッグ戦」戸辺誠七段・伊藤かりん VS 塚田恵梨花女流1級・つるの剛士のペア戦の棋譜をご紹介致します。先手:つるの剛士、塚田恵梨花女流一級ペア後手:伊藤かりん、戸辺誠七段ペア後手のペアは、二人とも振り飛車党で付き合いも長く、お互いの棋風もよく知っていますが、先手のペアは、つるのさんが振り飛車党なのに対して塚田女流一級は居飛車党と正反対で、二人の息が合うかどうか少し不安があるペア。果たしてどうなる…?対局前の勝利予想では、後手勝利に手を挙げる人が若干多かったような気がします。(かりんちゃんが「私のファンで手を挙げてない人がいるー!」と言い、笑いを誘う場面がありました。)解説は木村九段で、ここでも爆笑を誘うトークの連発でした。先手:つるの剛士、塚田恵梨花女流一級ペア後手:伊藤かりん、戸辺誠七段ペア初手からの指し手▲7六歩 △5四歩 ▲9六歩 △5二飛 ▲6六歩 △5五歩▲6八銀 △3四歩 ▲6七銀 △6二玉 ▲1六歩 △7二銀▲6八飛(第1図)四間飛車対中飛車の相振り飛車に。第1図以下の指し手△7一玉 ▲4八玉 △4二銀 ▲3八玉 △5三銀 ▲5八金左△5四銀 ▲2八玉 △3三角 ▲3八銀 △8二玉 ▲7七角△1四歩 ▲7五歩 △2四角 ▲7八飛 △3三桂 ▲6八角△4五銀 ▲7四歩 △同 歩 ▲同 飛 △7三歩 ▲7六飛△5六歩 ▲同 歩 △同 銀 ▲同 銀 △同 飛 ▲2四角△同 歩 ▲5七歩 △5一飛 ▲6五歩 △4二金 ▲6四歩△同 歩 ▲7七桂 △7八角 ▲9五歩 △8七角成 ▲6七角△7六馬 ▲同 角(第2図)ここで後手ペアが、対局中一回だけ許される「相談タイム」を宣言しました。後手ペアの中飛車は、誰もが予想した通り。先手が振り飛車だったのは、塚田女流のつるのさんへの配慮だと思われますが、四間飛車だったのは意外でした。(その後、三間飛車に組み直しましたが。)相談の為、大盤の前へ歩いていく所で、爆笑ポイントが…。かりんちゃんは、正座椅子を使っていた為足はしびれていませんでしたが、普通に正座をしていた戸辺先生はしびれていて、若干フラフラ。 「師匠の方が足がしびれるって、どういう事なんでしょう!?」この内容での、かりんちゃん、戸辺先生、木村先生のトークに会場は爆笑でした。さて、これからどうするか相談が始まりました。 「私は△2一飛としたいのですが…」 「そういうのは序盤の手であって、戦いが始まってからでは遅いです。ここはとにかく攻めましょう。」私には△7九飛と打込む手以外は見えませんが…協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      1
      テーマ:
  • 29Mar
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その6 ~リベンジマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。第9図から―第9図以下の指し手△3六桂 ▲同 歩 △3八龍 ▲同 玉 △7八飛 ▲4八飛△7七飛成 ▲3五歩 △3六香(第10図)何を思ったのか、つるのさんが意味の分からない桂馬のタダ捨て…局後のトークでは、 「解説の声で詰みがあると思った。」「△2五桂とするつもりだったが、先手の4三の角の利きをうっかりした。」などと話していました。かりんちゃんも、相手の香打ちを手助けする▲3五歩の悪手で応戦。(苦笑) 「私が振り飛車の対局で、相手の玉頭を攻める時に▲3五歩はよく指すのですが、それが裏目になってしまいました。」 「香車は一番好きな駒なんですが、こういう時に飛んできて、一番怖い駒でもあるんですね。」第10図以下の指し手▲3七桂打 △4六歩 ▲5六銀 △5七金 ▲2八玉 △4七歩成▲同 銀 △同 金 ▲同 飛 △同 龍 ▲3八金 △5八飛▲4八歩(第11図) 「ここ(第11図)で△4四龍としたら…」 「そんな勝ち方をするのは…」相変わらず、解説者の言葉がつるのさんを惑わせます。ここでは△3七香成以下の即詰みがあったのですが、つるのさんの手は…?第11図以下の指し手△1八金!! ▲同 香(第12図)つるのさん、またもや意味の分からない捨て駒!次の瞬間…横っ飛びにずっこけました。(これが、この対局最後の爆笑ポイントに。)しかし、桂と金をサービスしても痛くも痒くもない。それくらい差がついていました。第12図以下の指し手△1九銀 ▲同 玉 △3八龍 ▲2八銀 △3七香成 ▲同 桂△2九金(投了図) まで112手で後手の勝ち。 「つるのさんには悪手が一つも無かった。」と、絶賛されていました。一方、かりんちゃんは正反対に、悪手が目立つ非常に残念な対局となってしまいました。来年のリベンジに期待しましょう。(3月18日放送の「将棋フォーカス」で、かりんちゃんは森内九段との二枚落ちをオマケしてもらったものの勝ち、見事初段を獲得されました。果たして、この時点で初段だったのか?気になります。)次に行われたのはプロ同士の対局でしたが、次回は3局目のペア戦の棋譜をご紹介致します。※4月8日追加―「将棋フォーカス」 4月8日放送あおきゆうたさん、ありがとうございます。協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      3
      2
      テーマ:
  • 28Mar
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その5 ~リベンジマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。第7図で、かりんちゃんはハンデ2の「会場からの一手」を宣言しました! 「去年は小さい子を指名したら、将棋の強い子でダメだったのね。」「ここに来ているお子さんは、将棋が好きだから来ていると思うので指名しない方が良いかも…」「私は汚い大人と言われてもいい!!」「将棋を知らないと思われる大人を指名する事も考えます!!」「つるのさんのファンのお姉さん方を指名するのがいいかも!!」 「でも、かりんちゃん。それじゃあ、乃木坂じゃなくて、ダメ坂46になっちゃうよ!!」「ほら、子供たちが手を挙げているよ!!指名してあげなくちゃ!!」この様なやり取りに、会場は爆笑。散々悩んだかりんちゃんが指名したのは…元気が良い9歳の男の子でした。つるのさんが指して欲しかったと思われるのは、当然△5八飛成ですが、男の子が指した手は…第7図以下の指し手△6九銀!!(第8図)タダで取れる金を取らなかったばかりか、3九に打ちたかった銀を使われてしまい、つるのさんは思わず頭を抱えました(去年とは正反対の結果に)。ただ、逆転負けになるような致命的な悪手ではなかった事は不幸中の幸い。第8図以下の指し手▲6九同金 △同飛成 ▲4九銀打 △5八飛成 ▲同 銀 △同 龍▲3九角 △4九銀 ▲4八飛 △3八銀成 ▲同 飛(第9図)もう何をやっても後手が勝ちの局面。後は先手玉をどう料理しようかという状況ですが、ここで解説の先生方の言葉が、つるのさんを惑わせました。 「兄弟子としては、即詰みに打ち取って勝たないと…」「じわじわといたぶるような勝ち方ではねえ…」つるのさんに聞こえる事を前提として話す意地悪な先生方…またもや会場は爆笑。さて、つるのさんは即詰みを狙うのか?その前に、本当に即詰みがあるのか?協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      3
      テーマ:
  • 25Mar
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その4 ~リベンジマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。第5図から―第5図以下の指し手△5一歩(第6図)これが「千駄ヶ谷の受け師」の異名を持つ木村先生も絶賛した受けでした。(ヒントタイムでも考えられていて、かりんちゃんにも可能性がある手として教えられていました。)私は△6三金左と上がり、▲6二銀成△同銀▲5三金△5五歩▲同飛△4四銀と上からの受けを考えましたが、△5五歩を▲同飛と取らずに▲6三金とされると、①△同銀は▲5三歩成△5六歩▲6二金△8二玉▲6三と②△同玉は▲5五銀とされてダメそうですね…第6図以下の指し手▲5五銀 △7四角 ▲6六飛 △9九馬 ▲7五歩 △6六馬▲同 歩 △8五角 ▲5二銀成 △同 歩 ▲4三角 △3六飛▲3七歩 △5六飛 ▲4四銀 △5八角成 ▲同 金 △7九飛▲5九金打(第7図) 「良いタイミングで飛車を取りましたね。」と、飛車を取った△6六馬も絶賛した一手。一方、かりんちゃんの▲3七歩は、後手の飛車の活用を手助けした悪手。△3六飛に対する▲3七歩が、2年連続で悪手になるという皮肉な結果になりました。※昨年の対局では下図(図面は昨年の記事より)から▲3七歩と指してしまい、▲4四角の銀のタダ取りを見逃してしまいました。第7図で、ハンデ2の「会場からの一手」を宣言しましたが、時すでに遅し…協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      4
      4
      テーマ:
  • 24Mar
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その3 ~リベンジマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。第4図で、ハンデ1の「プロ棋士からのヒント」を宣言したかりんちゃん―「銀を上がらなければよかった・・・」と後悔していました。 「第一感としては、角を切って▲5三銀としたい。」と、いつもの「戸辺攻め」を主張して、先生方もそれに賛同する事になり、「もし△4四桂と打たれたら、次に△3六桂と跳ばれないように、必ず▲同銀成とするように。」などとアドバイスを受けました。このヒントタイムで何よりも面白かったのは、待機しているつるのさんとのやり取り。つるのさんは、最初は解説が聞こえないように指で耳を塞いでいましたが、いつの間にか外していました。(笑)そして… 「ヒント出し過ぎ!!」 「一手だけではないんですよ。何手も教えて良い事になっているんです。」 「対局開始からずっと解説が聞こえてますけれど、かりんちゃんにヒントになるような解説をし過ぎです!!」 「へえ~、聞こえてたんですね。私なんかは、対局中は集中するあまり、周りの音なんか聞こえないんですが。」 「こんな状態で…かりんちゃん!勝っても知らないよ!!」―会場中大爆笑!―実は、つるのさんのクレームは対局前から始まっていました。それは…「自分は3年半で将棋フォーカスの司会を「これ以上は…」などと言われて下ろされたのに、かりんちゃんは4年目突入…」という内容でした。この事もあって、かりんちゃんへの闘争心(対抗心)も今年は強かったのでしょう。つるのさんの爆笑ポイントは対局中にも。「もぐもぐタイムに入らせていただきます。」とチョコレートを食べ始め、それを盤を挟んだかりんちゃんにもプレゼント。最初は断るそぶりを見せていたかりちゃんも押し切られて、チョコレートをもらう事に。(カーリングと加藤一二三九段のミックスネタ) 「これは、ひふみんのマネでしょうか?」「今までは「ひふみん」なんて、恐れ多くて呼べなかったのですが、今では気安く呼べるようになってしまいましたね。」―ここでも会場中大爆笑!―第4図以下の指し手▲6四同角 △同歩 ▲5三銀(第5図)ヒントをもらったかりんちゃんは、角を切って勢いよく▲5三銀と打ち込みました。既に10分の持ち時間を使い切っていて、30秒の秒読みになっているつるのさん。ここで受けを間違えるとあっという間に負けになってしまう可能性もあります。さて、つるのさんが指した次の一手は…?協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      6
      4
      テーマ:
  • 21Mar
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その2 ~リベンジマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。第2図から―第2図以下の指し手△3六歩(第3図) 「これは、許さんぞ!という手ですね。」第3図以下の指し手▲3六同歩 △7九角成 ▲5四歩 △8九馬 ▲5三歩成 △同 銀▲5四歩 △6四銀(第4図)つるのさんは、先手の▲6六銀をとがめた△3六歩からあっさりと角成に成功しました。素直に▲3六同歩と取ったかりんちゃんですが、悔しいけど▲5七銀と戻ったらどうなったのでしょう?ひねくれ者の私ならそう指したい。(笑)本譜より難しい気がしますが…かりんちゃんは、▲7七桂と逃げなかった失着で桂損になってしまいました。第4図の△6四銀と逃げた所で、がハンデ1の「プロ棋士からのヒント」を宣言します。去年は、ヒントを聞きに行く時に「足がしびれてヨロヨロと歩いていたところが可愛かった。」などと言われていたかりんちゃんですが、今年は「秘密兵器」と自称する正座椅子を持って来た為、足がしびれている様子はありませんでした。さて、桂損となってしまいましたがここからどう攻めるのか?プロ棋士の先生方はどんなヒントを与えたのか??そして、かりんちゃんはどう指したか???協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      4
      4
      テーマ:
  • 19Mar
    • 「第3回 江の島将棋頂上決戦」 レポ その1 ~リベンジマッチ編~

      ご訪問ありがとうございます。今日から、3月10日(土)に神奈川県藤沢市江の島で行われた「第3回 江の島将棋頂上決戦」のレポを書いていきます。私は今回、仕事があって行けなかったのですが、当日見に行った通りすがりの将棋ファンさんが、詳細なレポをコメントで寄せてくれたので、それを元に記事にさせて頂きます。通りすがりの将棋ファンさん、ありがとうございました。小田急電鉄 江ノ島線 片瀬江ノ島駅昨年の写真竜宮城を模したユニークなデザインですね。今年は終始曇り空で、昨年より寒かったのではないでしょうか?会場は頂上にある、「江の島サムエル・コッキング苑」。少しの間、雲が切れて陽が射す事はあったようですが、遠くから風で飛ばされてきた雨粒が時々降ってきたそうで、とーっても寒そう…【出 演】ふじさわ観光親善大使 「つるの剛士」【特別ゲスト】乃木坂46 「伊藤かりん」【参加棋士】木村一基九段、戸辺誠七段、塚田恵梨花女流1級【内 容】●11:15~第3回 江の島将棋頂上決戦 「江の島竜王戦 ~戸辺門下リベンジ対局~」ふじさわ観光親善大使「つるの剛士」 VS 乃木坂46「伊藤かりん」大盤解説者:戸辺七段・塚田女流●13:30~江の島将棋頂上決戦 特別対局「千駄ヶ谷の受け師 VS 振り飛車の戸辺攻め ガチンコ対局」木村一基九段 VS 戸辺誠七段大盤解説者:つるの剛士・伊藤かりん・塚田女流●14:30~江の島将棋頂上決戦 特別対局 「夢の頂上タッグ戦」戸辺誠七段・伊藤かりん VS 塚田恵梨花女流1級・つるの剛士大盤解説者:木村九段●15:30~出演者全員での対局を終えての感想戦&トークショー(約1時間)第1局目は、「江の島竜王戦 ~戸辺門下リベンジ対局~」ふじさわ観光親善大使「つるの剛士」 VS 乃木坂46「伊藤かりん」【持ち時間】伊藤かりん:持ち時間30分つるの剛士:持ち時間10分(去年より5分少ない)切れたら共に一手30秒。【特別ルール】ハンデ1:かりんちゃんは好きな時に1回だけプロ棋士からのヒントがもらえる。ハンデ2:かりんちゃんが指名した会場のお客さんが、つるのさんの手を一手指す。(去年あった目隠し将棋は無くなりました。)今年も対局前の勝利者予想があり、当たると豪華賞品(クリアファイル)がもらえます。ハンデがきついという事で、かりんちゃんを予想する人が多数。 「おいおいー!!」という状況に…先手:伊藤かりんアマ1級後手:つるの剛士アマ三段初手からの指し手▲5六歩 △3四歩 ▲5八飛 △3五歩 ▲5五歩 △3二飛▲5六飛 △3四飛 ▲4八玉 △5二金左 ▲7六歩(第1図)昨年同様、中飛車対三間飛車となりましたが、後手の3筋の歩交換を防ぐために▲5六飛と浮く形をかりんちゃんが初めて見せました。(全部の対局が終わった後のフリートークのコーナーで語られた事ですが、戸辺先生はこの日の為に、かりんちゃんの事務所にまで駆け付けて指導をしたそうです。)第1図からの指し手△4四歩 ▲3八銀 △1四歩 ▲3九玉 △1五歩 ▲7七角△6二玉 ▲6八銀 △7二玉 ▲9六歩 △6二金直 ▲9五歩△4二銀 ▲5七銀 △4三銀 ▲4六銀 △3三桂 ▲5八金左△4五歩 ▲5七銀 △1三角 ▲2八玉 △4四銀 ▲8六角△1二香 ▲6六銀(第2図)4六に出た銀を押し戻され、今度は▲6六銀と反対側に出たのですが…これがかりんちゃんも後のトークで悔やんだ失着でした。つるのさんが指した次の一手は?セーターの上にジャンバーを着ていましたが、メモを取っている手はずっと冷たいまま…去年と変わらなかったのは寒さもそうですが、解説の戸辺先生と木村先生のトークが面白すぎて、会場の笑いが絶えなかった事です。協力:通りすがりの将棋ファンさんTO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      6
      テーマ:
  • 18Mar
    • 「角頭歩戦法」実戦譜 最終話

      ご訪問ありがとうございます。第8図より―第8図以下の指し手△5四銀 ▲同 銀△4七飛成(第9図)5七の地点が空いて桂を打てる格好になったので、詰みが見えた!と第9図。しかし…第9図以下の指し手▲4八銀打△5七桂▲5九玉△6九桂成▲同 玉△6七龍▲6八香△5八金(投了図)まで70手で後手の勝ち。▲4八銀打が大悪手!トン死で私の勝ちになりました。▲4八銀や▲5九玉なら詰みはありませんでしたね…(汗)お粗末!最後までお読み頂きありがとうございました。次回は、3月10日(土)に行われたイベント「第3回 江の島将棋頂上決戦」の模様を通りすがりの将棋ファンのご協力の元、お届け致します。あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      テーマ:
  • 16Mar
    • 「角頭歩戦法」実戦譜 第6話

      ご訪問ありがとうございます。第7図より―第7図以下の指し手△4一歩 ▲2一飛△6四角▲同角成△同 歩▲3一角△5三角 ▲1一飛成△6三銀▲5五銀△6五金▲5六歩(第8図)▲5四桂で、私の玉は風前の灯…(涙)諦めの悪い私は無駄な悪あがきで対抗します。(苦笑)先手は何をやっても勝てそうな局面ですが、この辺はおかしな手が目立ちますね。▲5六歩を見た私は、「チャンス到来!」と指が撓りました。TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      テーマ:
  • 15Mar
    • 「角頭歩戦法」実戦譜 第5話

      ご訪問ありがとうございます。第5図より―第5図以下の指し手△4五角▲5八玉△2七角成▲2一歩成△3五歩 ▲2二と△3六歩▲2八歩△4九馬▲同 玉△3七歩成 ▲同 桂△4三飛(第6図)先手の陣形を少しは乱せましたが、何とも不安定な私の玉…第6図以下の指し手▲3一角△5一玉▲5四桂(第7図)イタタタ…この桂を打たれて負けを覚悟しました。(涙)TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      5
      2
      テーマ:
  • 13Mar
    • 「角頭歩戦法」実戦譜 第4話

      ご訪問ありがとうございます。昨日の第4図より―第4図以下の指し手△4二飛▲同 龍△同 玉 ▲2二歩(第5図)龍を消せば駒得が生きると△4二飛!交換後の▲2二飛は大丈夫と思っていたら、▲2二歩…\(◎o◎)/!!何というウッカリ!歩が立つではないか~!終わった・・・(涙)TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      3
      テーマ:
  • 11Mar
    • 「角頭歩戦法」実戦譜 第3話

      ご訪問ありがとうございます。更新が滞ってしまい申し訳ございません。m(_ _)m前回の第3図より―第3図以下の指し手△4二銀▲5三馬△同 銀▲同飛成△5二歩 ▲4三龍△3三金▲4六龍(第4図)龍を作られ歩切れになりましたが、角銀交換の駒得~!わー、大局観悪っ…(涙)TO BE CONTINUED…あなたの応援が励みになります。 「いいね!」って ↓ を “ポン” とお願いね! にほんブログ村将棋 ブログランキングへ ◆将棋ブログのランキングはコチラ⇒にほんブログ村 将棋 ◆こちらのランキングもチェック ⇒ 人気ブログランキングへ

      3
      テーマ:

プロフィール

将棋・マイナー戦法収集@鹿田 大

性別:
男性
自己紹介:
「マイナー戦法」を使って、将棋大会で優勝することができました。 将棋を勉強する時間があまり取れない私...

続きを見る >

読者になる

最近のコメント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。