芳村思風一語一会 vol.5456 
命より大切なものはない 
その命が 
このためになら 
命をかけてもいいと思えるものと出会ったとき 、 
このためになら死んでもいい 
と思えるものと出会ったとき 
命は、最高に燃えあがる 
 
「なんのためにやるのか」 
意味や価値を考えて考えて考え抜いたとき 
ふと、感じるものがある 
☆☆☆☆☆ 
命には、命より大切なものがある 
☆☆☆☆☆ 
 
人間の本質は心。 
心とは意味や価値を感じる感性のこと。 
 
価値を感じたら命に火がつく。 
命が意味や価値を感じたとき 
「このためになら、死んでもいい」 
という気持ちになる。 
 
生きたいと思っている命が、 
死んでもいいと思えるほどの意味を感じたとき、 
命は最高に輝き、最高に喜び、 
命には、命より大切なものがあると気づく。 
 
感じてこそ人生 
燃えてこそ人生