芳村思風一語一会 vol.5452 
命には限りがある 
当たり前のことであり、 
誰もがわかっていることだけど 
理解していても、実感している人は少ない 
そして、いつその時が来るかはわからない 
大病をして、あらためて実感した 
「今、ここを生きる」 
「残された限りあるこの命、なんのために使うか」 


☆☆☆☆☆ 
この命、何のために使うか 
☆☆☆☆☆ 
「なぜ生まれてきたのか」ではなく 
「与えられたこの命をどう使うか」と自分に問いかける。 
使命とは、理性ではつかむことができない理屈を超えたもの。 
命の底から湧いてくるもの。 
 
「このためになら死ねる」という仕事や人との出会いが命を燃えさせる。 
理性で考えた夢は、命に真の喜びは与えない。 
「このためになら死んでもいい」 
という気持になったときが命に火つく。 
 
燃えてこそ人生。 
感じてこそ人生。 
 
 
やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・