芳村思風一語一会 vol.5432 
 
正解はないけど、答えはいっぱいある 
教育とは、人間らしい心を持った人間に育てることです 
子育てに「正解」はありません 
 
成功事例やテクニックを学んでも、意味はありません 
 
教える親の資質が違うし、子どもの個性も違います。 
正しいも間違いもありません。 
 
感性論哲学の「愛の子育て」も、 
この考え方だけが正しいとは言ってはいません 
 
理性偏重教育の中で、感性を育てるにはどうすればいいか。 
どの年代に何を教えるかの目安やヒントです。 
 
その年代でできなくてもいいのです。 
手遅れはありません 
 
最近、反抗しない子どもが増えていると言われています 
「反抗」は命のプログラムに組み込まれたものです。 
反抗しない子どもが、「いい子」ではありません。 
お父さんかお母さんは、どちらかが「壁」になって 
子どもに反抗させてあげてください。 
 
 
これが、反抗を利用しながら、自立心を育てる方法です。 
しかし、この方法が、 
すべての子どもに、あてはまるわけではありません。 
 
 反抗しなくても、自立心がある子どもに育つ子もいます。 
 
正解はないけど、失敗もありません。 
 
間違ったと思ったときは、 
子どもに謝れるかどうか。 
 
子どもが1歳なら 
親としても1歳なのです 
 
 親も子も一緒に成長していくのです 
 
 
 
 
 
感性論哲学「愛の子育て」より