<人生哲学の基本原理>


人生は、意志と愛のドラマである。
人間は皆、愛ゆえに生き、愛のために死ぬのである。
意志ゆえに生き、意志のために死ぬのである。
意志と愛の結合が、人間であり、人生である。

愛の世界は、
親子の愛を縦軸とし、男女の愛を横軸として、
その骨格が形成されている。

意志の世界は、
自我(人類の意志)を縦軸として、職業(社会的使命)を横軸として、
その骨格は成り立っている。

この意志と愛を共に実現する事が、人生の目的である。

そして、
人間生命の本質である意志と愛を
努力して実現せんとするところに、
生き甲斐もまた、生まれるのである。

 

芳村 思風

※詳しくは「人間観の覚醒」をぜひ読んでみてください