芳村思風一語一会
vol.2532
おはようございます
「芳村思風 語録」の言葉です。。
☆☆☆☆☆
信じて 信じて 信じ抜いて生きる
☆☆☆☆☆

人間が人間を信じて、信じて、信じ抜いて生きることは、理屈を超えたものです。
理性と感性とを協力させなければいけません。バランスではありません。
「信じる」「信じきる」は無自覚でできますが、「信じ抜く」ためには、理性的な努力が必要なのです。
人間は不完全な存在であるがゆえに、心ならずも失敗したり、罪を犯したり、ウソを言ったり、だましたり、裏切ったりする。
理性を使って、人間は不完全だから信じられないものだと認識すること。
その上で「理性的には信じられないものを、信じて、信じて、信じ抜いていく」という
奇跡的な決断ができると、理性では考えられないことが起こる。
これが人間的な真実の愛の姿です。
信じて、信じて、信じ抜いて生きることは、理屈を超えた愛です。

「信じる心」を「信じ抜く力」という愛の力に成長させなければいけないのです。
理屈を超えて、信じて、信じて、信じ抜いて生きると奇跡の扉が開いていくのです。
これが「愛の奇跡」と言われるものなのです。
信じる目が、人を活かす力となるのです。


やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

※「芳村思風 語録」(@1,000円)



●芳村思風先生の勉強会


※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所