the quest for Akashic record

the quest for Akashic record

The Knowing Way Japan (旧Gary Bonnel Japan)認定インストラクター&プロフェッショナルアカシックリーダー中島志保のつれづれ日記です。

★セミナーを企画しましたらこちらでご案内いたします。

今日の福岡市内は、日差しがちょっと強くて、初夏を感じさせるような天気でした。

 

さて、週明けに、《バッチフラワー×アストロロジー(西洋占星術)×アカシックレコード》というテーマでオンライン講座を開催しますので、今日はそのプログラムを考えてみました。

 

《オンライン講座プログラム》

(1)アストロロジーでフラワーレメディを選ぶということについて

(2)ネイタルチャート(natal chart=個人の出生図)の作り方と読み方

(3)フラワーレメディを選ぶときに必要なネイタルチャートの情報

(4)フラワーレメディの選び方

(5)フラワーレメディの調合法

(6)フラワーレメディの飲み方

(7)アカシックレコードとのかかわり

 

バッチフラワーレメディを生み出したエドワード・バッチ博士は、バッチフラワーレメディを使ったセラピーの初期の段階で、バッチフラワーレメディとアストロロジーの組み合わせについて注目し、セラピーの結果に確信をもっていたようですが、その手法を十分に検討するまでは、レメディとアストロロジーの関係性について表明したくなかったようです。バッチ博士は1933年に手紙で次のように記述しています:


「アストロロジーに関することは慎重に考えています。そのようなわけで、はじめの『トゥエルブヒーラーズ』においては、アストロロジーの12星座と月との関係については省きました。このような作業をするのであれば、アストロロジに対する混じりけのない献身と理解に全力を尽くす姿勢が決定的に重要だからです。しかし、私の課題は、一般的な原理を示して、それを使って人々が、あなたのように詳しい知識を使いこなし、大いなる真理を発見できるよう助けることにあるように思われます。そういうわけで、私は、それが確実だという保証がない限り、教義的なものと関わりをもつことはしないつもりです。同封したものは正しいし、それゆえ公表する機が熟していることもわかっていますが、12星座、惑星、身体分類との正確な関係が、現在のところどれも確かではないからです」

 

 

今回のオンライン講座では、自分のネイタル・チャートからバッチフラワーレメディを選ぶ方法をわかりやすく説明いたします。興味のある方のご参加をお待ちしています。

 

 

【中島志保のセミナー】

 

NLP資格認定者対象:

◆NLPプロフェッショナルエクササイズ

 

一般の方々対象:

◆《バッチフラワー×占星術×アカシックレコード》オンライン講座

◆《開運と覚醒に導くスピリチュアルな声の出し方》オンライン講座

◆《アカシックレコードから見たパラレルの仕組み》オンライン講座

◆《お祓いのしかた》オンライン講座

 

《お知らせ》

音声型SNS《Clubhouse》で「スピリチュアルオフ会」を企画します♪

image
Shiho Nakashima のアカウント

@shiho_nakashima のプロフィールの下にあります KNOWING というアイコンを開いていただき、クラブをフォローしていただけますと、中島志保が主催する「スピリチュアルオフ会」の案内が表示されるようになります。どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

image