SNSが発信の主流になっている現代では
インターネットのwebニュースなどでも
「女優の○○がInstagramで~」
とか
「Twitterで○○が~」
とネタにされることも多い。




だからこそSNSにて発信して
自分の言葉をそこに載せるのは
すごく大切なことだし
場合によってはすごく賢い。




政治家でも使うぐらいだし。
それだけメリットが大きい。




その中で自分に言い聞かせるのは
いくつかあるんだけどその中の一つに
「やはり結果が全て」
ということがある。




何を言うのも自由だし
ある程度の覚悟を持ってSNSって
もはやこの現代使わないといけないと思うんだけど
行動と言動と結果が伴っていないと
そりゃ好き勝手言われるわけで。




人間って矛盾というものが好きじゃないから
良い物も悪いものも自分の中で
矛盾がないように考えたい生き物らしい。




自分が正しいと思いたい
それが人間という生き物なのであって
どこでもかしこでも意見の押し付け合いが
行われている。




スポーツ選手で表舞台に立っていれば
結果が出なければ好き勝手言われるし
自分の中ではどれだけプロセスを信じていたとしても
絶対にこうなれると頭の中で思い浮かべていたとしても
今の現実を受け止めることが出来なければ
道化になると思っている。




YouTubeで私がテニスに関してあまり
動画をあげていない理由もそこにあって
ある意味結果を出してファンの皆様に
目に見えるものを提示したいという思いもある。




プロセスを見たいファンの方もいらっしゃるので
すごく有難いけど
やはり結局は何をやっていても
遊んでいたとしても
頑張って真面目であっても
結果が全て。




SNSで見える部分なんか
私の人生の1%にもならん。









ちょっと盛った。←おい









頑張るなんて当たり前。
一生懸命なんて普通。
そんなものはベースでしかない。
全力で全てに当たることも普通。
何も特別なことはない。





一生懸命練習するとかっていうのは
普通なのであって
それが根底にむしろない人は
プロテニスプレイヤーの中にはいないと思ってる。




テニスというスポーツは個人スポーツであり
またゴルフと違ってキャディなんか試合中付けられない。
試合では2時間や3時間はざらで
たった1人で戦うわけで。
(一部のWTAの大会以外基本的には)




負ければ全責任を自分でおって自分を見つめ直し
また次に進む。





ある意味孤独の中での戦い。




団体は団体での大変さがあると思うけど
これだけ孤独で過酷なスポーツでありながら
他競技と比べるとまだスポットライトは
浴びることが少なかったりする。




野球のように一打ホームランで英雄にはなれないし
サッカーのように素晴らしいゴールやアシストでMVPなんぞ貰えない。




大会で決勝まで勝ち残り
最後負ければ準優勝で
それまで4回は勝っていて
現実たった1度しか負けていないのに
自分には価値がない人間なのか
と思い知らされることすらある。




どんな大会においても優勝でなければ
スポンサーさんを探す履歴書に書いたところで
ほとんど意味が無い。




他スポーツには他スポーツの苦しさがあるように
プロテニスプレイヤーも
各々が言葉にできない苦しみを抱えている場合もある。




結果を出さないと
好き勝手言われる。




それをわかっている上で




一生懸命なのは普通
結果出すのが仕事




それもわかった上で




同じ仕事をやったことない人達が
その人に何か言う権利なんて
一切ないと思うけど。
しかも匿名で。笑




逆に貴方の仕事に対して
サラリーマンでもなんでもそうだけど
一切会社で働いたことないであろう
匿名の人が
貴方の業務のアドバイスなんかしたら
嫌悪感でしかないんじゃない?
一緒だよ。




私は本当に有難いことに
そういうことを言われることが少なくて
ファンの皆様は優しいから
私にはそういうストレスって一切ないんだけど。




人のこと言う前に自分の人生充実させなよ
って思う。




まぁ個人に当てたものでもなく
ちょっと最近の流れを感じただけなんだけど。




まぁそれだけ。











応援してくださる皆様
本当にいつもありがとう。
やぁやぁ。
もう何ヶ月ぶりだろう。
それぐらいブログを開いてもないし
確認してもない。
何だか文字が書きたくなった。
そういう時ない?




YouTubeチャンネルを開設してから
かれこれもう1年が経つけど
ひとつの事を続けるって大変だ。




私はテニスを1つと例えるなら
もう23年テニスは続けてるから
YouTubeは2つ目の続けてることになる。




1つだけでも大変なのに
欲を出して2つ目に手を出してしまった。




言ってるような更新頻度ではないし
ファンの皆さんにも不満が溜まるかもしれないけど
申し訳ないなと思いつつも
マイペースにやらせていただいてます。
すみません。←
そんな私は相も変わらず
東海オンエアさんが大好きです。




そんな前置きは置いておいて
コロナがすごいことになってきたね。




これを書きつつも
まさかの2020年になってから
ブログを書いてないことを確認し
書くことが盛大に溜まっていることに気づく。




ぱっぱっと流していこう。




時系列からいうと
あけましておめでとうございますだよね。←違う




あけおめの後は
リーグは橋本総業HD女子3位。
男子は優勝。おめおめ。




私は2019年年末に実は
足首の靭帯を2本部分断裂した関係もあり
選手として貢献は出来ず
試合にも2月の中旬まで行くことは出来ませんでした。




とりあえず試しに行ってみるか
のコーチの一言を受け行ったオーストラリアで
シングルスベスト4からの2週目優勝。








行く前にも行ってる間も
日本でいつもお世話になってるトレーナーさんに
もし勝ち続けてしまうことがあったら
復帰戦にしては足への負担が大きすぎるから
棄権も視野に入れといてください
と言われていたのもあって
綿密に連絡を取って
足にブリスターも出来て
大変だったけど
最後まで出来ることを探し続けて
勝ちきれた。




グロ注意喚起




3




2




1










でーーーーーーん




まぁなんだかんだ足首も腫れてたよね。
試合やめるべきだった瞬間は
たぶん何度もあったけどね今思い返しても。
でも必死ってあの事をいうのかもしれん。




で帰ってきて横浜ベスト8で終わって
コロナよーいスタート。




正直今8月終わりだけど
こんなに試合行けなくなるなんて
思ってなかった。




2月にこんないいスタートが切れるなんて
思ってもいなかったし。




750位まで落ちてたランキングも
一気に390位まで戻って
少しいい兆しが見えた。
と思ってたのに。




それぞれにストーリーがあると思う。




ただ思うのは
30歳になって
すごくいいスタートが切れて
ここからという時に
感染症の病気が世界中に広がるバイオハザード。




例えば20代前半の子が送る1年とは
正直言って全然思いが違うと思う。




たぶんね?
価値観もあるとは思うけど、物理的に。




ただ私は自分の体は毎年若返ってるのか
と思うぐらい動けているし問題ない。




この歳になってもまだ
細かいところの修正が何個も何個もある。




過去の試合の動画を見たりして
イメトレする日々。




コーチにも周りにも支えられ
毎日やるべき事を当たり前のようにやっています。




私は意見を外に沢山発信するのが苦手だし
個人個人には伝えるんだけど
今一緒に練習してる若手とか。
そういうのは出来るんだけど
YouTubeとかで例えば
プロになる上でのシステムついて
どう思うかとか
そういうのにはあまり触れたくない。
意見が無いわけではないけど。




ただ思うのは
プロになるのでもアマチュアでも関係なく
やり切る覚悟を持つこと。
そこが大事なんじゃないかと。




プロになる前から覚悟を持ってる人もいれば
プロになってからも持てない人もいる中で
一概にプロなのに覚悟ないとかおかしいだろ
とは言えないんだけど
最低限の覚悟は持ってるべきなんじゃと思って
私は活動してるつもり|ω・`)




アイドル業ではないけど
人に見られて夢を与える職業だし
アーティストではないけど
ファンが付く職業で
芸能人ではないけど
名前が売れる職業。




私自身もSNS使いながら
プロとして恥ずかしくない使い方をしたいし
胸を張れる行動をしたいし
自分が勘違いしやすいからこそ
己を正しながら日々生活したい。




でもSNSの使い方がどうであれ
あんまり何も言われなく済むスポーツ選手って
結局のところ結果を出してる人な気がしてて。




でもさ
そこも価値観違うじゃん。




全日本選手権優勝してて結果という人もいれば
グランドスラム出てないのに偉そうなこと言うな
っていう人もいる。




難しいところなんだけど
ファンに対して誠実に
一生懸命活動する上でSNSも上手く使って
尚且つ結果を出して
人間性もそこに伴ってたら
もう何も言われん気がする。笑




これで言ってきたらもうそれは
本物のアンチ。笑
おめでとうございます。88888




何にしても勘違いせず
気づいたら夢を与えてて
気づいたら尊敬されてて
気づいたら結果も出てて。




私の理想はこういう選手。
下の子の成長を見ると
すごくすごく嬉しくて涙が出ます。




相手のレベル関係なしに
本人の成長を見て
日本リーグの初日のダブルスでは
本当に試合中泣きそうになりました。




そんな瞬間に立ち会わせてくれた彼女に
本当に感謝でいっぱいです。




サポートでも一度言えば全部理解し
自ら動いてくれる18歳。




いるんだなぁまだこの時代に。
本当に感動しました。




歳をとってしまったのか。
なんなのかわからないけど
そういうところでいちいち感動している。




橋本総業ホールディングス女子は
大学上がりがほぼいないチームです。




その分成長の伸びしろが多い
若い選手が多く
その分本当にたくさんの感動に
出会わせてもらえています。




私はたくさん未熟なところがあって
学ぶところが多く
日々学んでいる最中
そんな中下の子が頑張って
こっちみてカモンって言ってくれるのを見て
その気持ちに立ち会うだけで
本当に涙が溢れます。




団体ってすごい。


















1枚目におかきょんがいないから
オンコートの全体写真も載せる。笑






みんなまたがんばろう。




1M