今月

 

学校・児童養護施設関係者を迎えて

 

『学びに困難さを抱える児童に対する特別支援教育
~発達障がいと愛着障がいを

併せ持つ子どもたちへの学習支援~』

 

という内容の研修会を行いました!

 

 

悩んでいる子どもたちのために

 

いかにたくさんの関係者が懸命に連携をくんで

 

取り組んでいられるかという状況を見て

 

自分たちも頑張ろうとあらためて思いました。

 

 

そして、それと同時に

 

私たちも東京・大阪・奈良の講演会や研修会において

 

あらゆる機関が連携することが大切だと説いてきましたが

 

本当にそれを実現することがいかに大変かは

 

肌で感じてわかってるつもりです。

 

 

それだけに

 

それを実際にやろうという関係者の思いに対し

 

とても心動かされました!

 

 

発達障害児と愛着障害児への学習支援は異なります

 

そんな事実も知らずに

 

そして学ぼうとせずに

 

発達障害児や愛着障害児に

 

学習を無理に強いてしまう大人が

 

いかに多いか!

 

 

ひとつ間違うと

 

子どもたちにとって学習というものに興味を持つどころか

 

強い拒否感を植えつけてしまい

 

子どもたちが自ら学習に取り組む道を

 

閉ざす可能性もあるのです!

 

 

そうならないために

 

本当に子どもたちにとって必要な支援が何かを

 

きちんと話し合える関係作りは大切なのです!

 

 

支援者の中に

 

一人でも支援の方向性が違う人がいるだけで

 

子どもにとっての支援はよい方向には向かないのです!

 

 

次回へ

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会  1/27(日)、2/24(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

  東京相談会  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!

先日

 

奈良県生駒市において

 

「支援が必要な子たちの子育て講演会~思春期編」に

 

パネリストとして参加いたしました!

 

 

その中で参加された親御さんたちが学習のことで

 

いかに悩まれているかを

 

あらためて痛感いたしました!

 

 

子どもたちが思春期を迎える中学生になると

 

その親や子どもたちの

 

学習に対する悩みはいっきに

 

大きくなります!

 

 

それは今まで親が主体的に関わってきた学習自体を

 

教えるのに限界が出てくるからです!

 

 

当然まだ教えることが出来る親もいますが

 

それはごく一部です!

 

 

たいていの親は自分が教えられなくなるために

 

塾という選択肢を選ぶことになります

 

 

ただ子どもの特性を親が理解せずに

 

塾を選ぶことになると

 

様々な弊害が出てくる場合が多いです!

 

 

特に発達障がいの特性をもつ子どもたちは

 

学校でが学習につまづき自信をなくし

 

なおかつ

 

塾でもさらに自信をなくし自尊心を深く傷つけられることになります!

 

そうならないために

 

 

親は自分の子どもの何を伸ばしてあげたいか!

 

そして何が足りないのか!

 

 

正しく知る必要があります!

 

 

そして塾に任せきりにせず

 

一緒に子どもをみていくことが必要となります!

 

 

 

次回へ

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会  12/23(日)、1/27(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

  東京相談会  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!

前回は学習の目的についての話をしましたが

 

 

今回は

 

学習における親の役割について

 

お話したいと思います

 

 

就学前や小学校低学年時において

 

発達障がい児への学習支援は

 

親御さんが中心となっている家庭も

 

少なくはありません!

 

 

この時期

 

教育熱心な親御さんほど

 

手とり足とり

 

子どもたちへ勉強を教えようとします

 

 

それが

 

子どもたちにとって

 

好ましくない方法にて行われると

 

様々な弊害が生まれてきます!

 

 

まずは

 

文字を書くことへの拒否感から始まり

 

学習に対しての過大な苦手意識から

 

最終的には

 

何事に関しても無気力になったり

 

親へのうらみ

 

反発につながっていきます!

 

 

特性を考慮しての学習支援自体

 

実際は非常に困難なことだと

 

専門家でも本当に理解していない人が多いのです!

 

 

適切な知識

 

経験

 

子どもたちへの細かい観察眼

 

そして冷静な判断力

 

 

このような条件を完全に満たしている人が

 

どれだけいるのでしょうか

 

現実には

 

ほとんどいません!

 

 

ただ

 

相性の良さよって指導ができる場合もありますが

 

発達障がい児への学習支援に関しては

 

限界も出てきますし

 

まず普遍的ではないのです!

 

 

そのような非常に困難さをもつ子どもたちへの

 

学習支援を親が行うためには

 

情熱を前面に出さない冷静な心!

 

 

これを親が持てるかにかかってきます!

 

 

次回へ

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会  8/26(日)、9/23(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

  東京相談会  9/16(日)、10/21(日)

 

詳細はHPにて!

学習の目的とは一体何でしょうか?

 

 

掛け算をマスターすることでしょうか?

 

二次方程式を理解することでしょうか?

 

 

確かに

 

個々の問題としてそれを理解することもあるでしょう

 

しかし

 

様々なの目的の一つとして

 

自己肯定感をもつことや達成感をもつというような

 

こともあるのではないでしょうか!

 

 

大人になってから必要なのは

 

二次方程式を理解することでなく

 

理解することによって得られる自信です!

 

 

努力すれば

 

がんばれば

 

出来るという気持ちをもつことが

 

 

将来社会で生きていくにおいて

 

 

大切な要素の一つになるでしょう!

 

 

そのような目的を忘れてしまうと

 

私たち大人は

 

学習のための学習をさせてしまう危険性が

 

高まってしまうのです!

 

 

大人がわからないことを責め

 

たとえそれが理解できても

 

子どもの自信につながりません!

 

 

親を喜ばせるだけの学習は

 

本人にとってあまり意味の無いもの

 

になりかねないのです!

 

 

次回へ

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会  7/22(日)、8/26(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

  東京相談会  7/15(日)、9/16(日)

 

詳細はHPにて!

10年間

 

発達障がいの子どもたちへの学習支援をして

 

あらためて

 

子どもたちにとっての学習の重要性を感じています!

 

 

この10年間発達障がいの子どもたちが

 

いかに学習のことで悩んでいるかを

 

実際目の当たりにしてみると

 

学習というものがどれほど

 

子どもたちの生きる意欲やあらゆることへの意欲に

 

つながっているかがよくわかります!

 

 

それは周りの大人が思っている以上なのです!

 

 

学習のことで悩んでいる子どもたちに

 

学校での勉強なんて

 

生きて行く上でそんなに関係ないから

 

気にしなくてもいいと言う人がいますが

 

確かに実社会に出たらそうなのかもしれません

 

ただ

 

学校で日々わからない授業を

 

何時間も受けている子どもたちにとって

 

その言葉を言われても何の慰めにもならないのです!

 

大人はよく

 

「社会に出たら嫌なことでもやらなくてはならない

 

だから学校の勉強が嫌いでもずっと座ってきかなくてなならない」

 

と言いますが

 

大人は経済的にお金を稼ぐという目的があるために

 

嫌なことも我慢できるのです!

 

 

何の目的もなくわからない授業を

 

1時間目から6時間目まで受け続けるのは

 

子どもたちにとって単なる苦しみにすぎないと

 

周りの大人たちは認識することが大切だと思います!

 

次回へ

 

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会  5/27(日)、6/24(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

  東京相談会  5/20(日)、7/15(日)

 

詳細はHPにて!