12月11日

 

東京都目黒区のこぶしえん(地域交流スペース)にて

 

NPO発達相談支援協会LAGOM主催の

 

不登校の子どもや親御様のためのパネルディスカッションが行われます

 

私も僭越ながら

 

パネラーの一員として参加させていただくことになっています

 

 

コロナ禍を迎え不登校の子どもの数がものすごい勢いで

 

増えてきている現状で

 

少しでも不登校の子どもたちや保護者の役に立てればという気持ちで

 

参加させていただくのですが

 

わたくしたちの時代とは異なり不登校の子どもの権利が

 

大きくクローズアップされてきています

 

 

確かに不登校という選択肢をもつことは

 

いじめを受けたり学習に悩んでいたりして精神的に参っている子供たちを

 

守る意味でも重要ではあるとは思いますし

 

不登校の子どもたちの権利も大切にされるべきだとは思います

 

 

そして不登校の子どもたちを受け入れる機関や支援団体が

 

増えてきているのも喜ばしいことだと思います

 

 

ただ不登校という状態を

 

あまりにも肯定的にとらえている機関や支援団体が

 

増えてきていることに関してはある種の危機を感じています

 

 

不登校の子どもたちの多くは

 

多かれ少なかれ学校に行っていないという引け目を感じています

 

引け目を感じている子どもたちを追い詰めることは

 

絶対にするべきではないと思いますし

 

追い詰められた子どもたちに

 

今のままでもいいよと

 

大人たちが手を差し伸べるのも当然だと思います

 

 

ただし

 

一時的に不登校の状態を周りの大人たちが

 

受け入れるのは一向にかまないのですが

 

不登校だって生きていけるとか

 

学校なんて全く行かなくてよいというような

 

耳障りの良い言葉を

 

すべての不登校の子どもたちに伝えている人たちの意見には

 

違和感を感じずにはいられません!

 

 

不登校という状態のまま

 

大人になり社会参加もままならない人たちを何人も見てきている

 

私としてはそのような無責任な一部の大人たちの意見により

 

社会参加という一番重要な問題を先送りにすることは

 

いずれくる親との死別や周囲との軋轢に耐える人格を形成するとは

 

思えないのです

 

 

フリースクールで過ごすのもかまないし

 

家でひきこもるのも仕方のない時期もあります

 

 

傷ついてる状態のままや不登校の原因となる問題が

 

根本的に解決されていないのに

 

元の場所に戻ることはかえって不登校の問題を悪化させます

 

 

しかし

 

 

周りの支援者や支援機関は基本的には

 

元の世界に戻るための手助けをする

 

もしくは

 

考え続けることを常に考慮すべきだと思います!

 

なぜなら

 

良くも悪くも人と人が関係しあうことでしか

 

社会に参加することは学べないからではないでしょうか

 

 

社会に出るまでに

 

たとえ傷ついたとしても生きていける力をつけてあげることが

 

周りの大人たちに求められていることだと思います!

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 代表 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!

夏休みも終わり一年の中で

 

大変行事の多い季節がまたやってきました!

 

 

やはり毎年この時期は発達障がいの子どもたちだけでなく

 

全体的に子どもたちの調子が悪くなっていると感じています

 

同時に学習に対するモチベーションが低くなる時期でもあります!

 

 

日本の学校というのは比較的海外の学校と比べると

 

集団で行う行事が多いと言われています

 

 

集団性を重んじる社会では

 

確かにこのような活動は

 

協調性の強化につながることは確かなのでしょう

 

 

情操教育の一環としての行事が悪いとは思っていません

 

ただ

 

子どもたちだけでなく

 

先生たちもすり減らすような行事の多さには

 

抵抗を感じてしまいます

 

 

子どもたちのために行っている行事が

 

本来の目的から外れて

 

先生や子どもたちを苦しめるのはどうなのでしょうか

 

 

集団の中で協調性を磨くことは大切です

 

しかし

 

精神的肉体的に余裕がなくなると

 

子どもたちの中で伸ばさなくてなならない

 

協調性も個性を潰しかねない可能性も出てきます

 

 

世の中では個性を伸ばす時代だと言われていますが

 

基本となる義務教育のあいだ

 

実際の教育現場では

 

まだまだ協調性というものが大切に思われているのも事実です!

 

 

このことが良いことなのか悪いことなのかは

 

まだ結果は出ていませんが

 

過度な協調性の強要は意味をなさない

 

時代になってきているのではないでしょうか!

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 代表 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!

夏休み前になり

 

様々な親御様からの相談も多くなっています

 

 

その中でよく相談されることとして

 

『どこの塾に行っても勉強してくれない、勉強に興味が無い、やる気がない』

 

ということです

 

 

発達の特性があるなしに関わらずこのような相談の理由として考えられる1つに

 

単純に学習がわからないというものがあります

 

ただこれは指導者支援者の力量によって解決できる可能性があります

 

 

そして

 

もう1つの大きな理由として

 

親御さんや周りの指導者支援者との関係が原因となっている場合があります

 

 

子どもというのは学習だけでなく

 

様々なことに対して本来学ぶという行為を嫌がりません

 

それは学んでわかる喜びや

 

みんなと同じことをしたいという気持ちが

 

備わっているからだと思います

 

しかし

 

子どもたちの中には何事を学んでも無関心で喜ばない子どもたちも

 

一定数存在します

 

 

それは当然虐待やネグレクトのような行為によって

 

子どもたちがそのような状態になる場合もありますが

 

その前に考えられるのは親御さんを含めた周りの大人たちに

 

きちんと認めてもらえていないということです

 

 

私たち大人でも承認欲求は必ず持っています

 

人に認められることによってやる気が出たり努力したりするのものなのです

 

同じように子どもたちも認められたいという気持ちがあるのです

 

 

では誰に一番認められたいか

 

 

当然それは自分自身の親からだと思います

 

それがそばにいる指導者や支援者の大人たちの場合もあります

 

 

私たち大人も子どもも同じなのです

 

 

結果ではなくその努力の過程を認めることの出来るのは

 

親であり

 

理解ある周りの指導者や支援者なのです!

 

 

努力を認められて初めて前に進む気持ちが

 

子どもたちに芽生えていくのです

 

 

自分の親や周りの大人たちに対する承認欲求がきちんと満たされると

 

自然と学ぶという行為に関心が出始める

 

子どもたちがたくさんいることは

 

発達の特性に関わらず事実だと思います!

 

 

子どもたちに本当に学ぶ行為をしてもらうためには

 

今一度目の前にいる子どもをきちんと

 

親御さん自身や周りの大人たちがが認めてあげているかを

 

考えてみる必要があるのではないでしょうか!

 

 

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 代表 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!

この時期が近づくと中学や高校では

 

中間テストが行われます

 

そして定期テストが終わるころ

 

毎年私どもの相談件数がぐっと増えてきます

 

 

地元の集団指導の学習塾や個別指導の学習塾に

 

通っているのに全然成績があがらない

 

もしかして自分の子どもは発達障がいなのではないのか?

 

 

このような相談が自然と増えてくるのです

 

 

この時期に相談に来られる方の多くのお子さんは

 

実感としてグレーゾーンと呼ばれる方が多いようです

 

 

発達障がいは目に見えて認識できる障がいではないため

 

気づかれにくいお子様が一定数いるのも仕方がないことです

 

ただグレーゾーンのお子さんが社会生活の中で

 

適応していくか悪化するかは思春期を迎える中学生の時期に

 

きちんとした対応ができているかによって変わってくると思います!

 

 

それは小学生の時と違ってテストの点数という事実が

 

子どもたちの自尊心や周りの評価の低下を

 

まねく可能性が高いからです

 

 

そして

 

そのような時期だからこそ適切な支援が必要になってきます!

 

 

特に発達障害の子どもたちの学習支援は

 

1つ間違ってしまえば

 

学習の機会を奪ってしまうことにもなりかねないので

 

本来は丁寧に支援されるべきにもかかわらず

 

具体的方法がわからない指導者や支援者自身の

 

成功体験だけに基づく独善的な指導により

 

支援されることの危険性が常につきまといます

 

 

学習の支援方法として確立されたものがない以上

 

 

どのように支援していくか

 

誰が支援するのかということが大事なことになるのです

 

 

よく指導者や支援者にどのように支援したらよいのかと相談されますが

 

確かに特性を考慮しての具体的な方法もあります

 

 

しかし

 

前提としてその生徒をよく観察・分析してくださいと必ずお話しています

 

これが簡単なようで本当に難しいのです!

 

 

丁寧に観察・分析することで

 

その子に何が必要か大切かを冷静に分析したうえで

 

どのように支援するかを判断するのです

 

確かにグレーゾーンの子どもたちの分析をすることは

 

難しいこともあります

 

ちょっとしたしぐさや行動に答えが隠されていることもあるため

 

指導者や支援者には細かい観察力が求められるとは思います!

 

 

なぜ間違うのか

 

なぜ繰り返すのか

 

それには必ず理由があります!

 

その理由が理解できたときにはじめて

 

支援の方法が考えられるのではないでしょうか

 

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 代表 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!

前回

 

英語の学習についてお話しました。

 

英語が嫌いになるよりは

 

最初から書かせずに読み中心の学習をした方がよいと

 

お話したと思います。

 

 

では

 

もう現実的に英語が嫌いになり

 

アルファベットも見たくない子どもたちは

 

どうしたらよいでしょうか

 

 

そこまでいくとやはり時間をかけて

 

少しづつ取り組んでくませることが

 

一番の近道となります

 

 

特に発達障がいをかかえる子どもたちは一度嫌いになると

 

なかなか取り組もうとはしない子たちが多いからです

 

 

当然無理強いはできないので

 

和製英語と英語の違いのような

 

たわいもない話から始めた方がよいと思います

 

英語の単語を特に綴りを暗記させることはまずやらせない事です

 

 

よく私どものところにご相談に来られる親御様は

 

自分たちが学生時代に実際に学校でさせられてきた

 

書かせるという行為を無理強いしたため

 

子どもが一切英語の勉強をしなくなったと悩まれる方が多いのです

 

自分の子どもにそうさせてしまうのは

 

ご自身がそういうふうに教えられ乗り越えてきたからです

 

しかし自分の子どもと言えどやはり別人格です

 

同じようにはいかないしできないと思います

 

 

書かせるのではなく

 

知識や会話としての英語を楽しませることからはじめないと

 

一度英語嫌いになった子どもたちに英語の学習をすることは

 

難しいのです!

 

 

そのときに大事なのが親も含めた指導者との関係性になるのです

 

 

英語嫌いをこじらせればこじらせるほど指導者との関係がうまくいかないと

 

結局前に進むことはありません

 

特に英語は単元によって出来る出来ないが顕著に表れる科目ではないため

 

結局基本に返って単語をいずれは暗記させなくてなりません

 

一番嫌いなことをしてもらうためにはそれなりの関係性が必要とされるのです

 

 

つまり指導者がティーチングではなくコーチングでモチベーションを

 

保てるかにかかっているのです!

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!