ADHDの子どもの学習をみていると

 

早く終わらせることを

 

目的とする子が多いように思います!

 

 

何事にも面倒くさがり

 

計算はほとんど暗算!

 

読解問題は敬遠し!

 

早く答えることができる計算問題をしたがる!

 

 

そのような特性をもっている子どもたちに

 

 

暗算はだめ!

 

問題はじっくり読んでから!

 

と繰り返し注意したところで

 

ある一定の年齢を超えてしまうと

 

その注意も聞かなくなり

 

注意するだけ

 

こちらのエネルギーが消耗する事の方が

 

多くなってしまいます!

 

 

では

 

どうするればよいのでしょうか

 

 

ADHDの子どもたちの学習の目的になりやすい

 

スピードだけでなく

 

別の目的も用意する必要が出てきます!

 

 

それが点数であったり

 

正解率であったり

 

ゲーム方式のような対決であったり

 

ゴールを設定してあげたりでも構いません

 

 

但し

 

何かを買ってあげるというような

 

物理的ご褒美は

 

最初の何回かは効果がありますが

 

次第に効果は薄れて行きます!

 

 

ADHDの子どもたちの学習にとって

 

一番欠けている可能性が高いのが

 

継続性です!

 

 

そのかわり良い面として

 

瞬間的な力を発揮することが得意な子どもが多いのです!

 

 

良い特性

 

悪い特性を理解し

 

 

長い目で

 

継続性という弱点を補完する学習をさせるには

 

 

今日一日出来なくても気にせず

 

たとえ

 

暗算をしようが無理強いしない

 

継続させるという

 

教える側の目的をしっかりもった

 

指導者の辛抱が必要とさせるのです!

 

 

しかし現実の生活の中で

 

それを親に求めるのは非常に酷です!

 

 

そのため

 

出来る限り第三者に委ね

 

物理的に子どもをみない時間を作る方が

 

ADHDの子どもをもつ親の役割としては

 

正しい方向へ向かう可能性が高くなるのです!

 

 

次回へ

 

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会 6/23(日)、7/28(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

 

  奈良大和高田校  5月開校

  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!

前回

 

ADHDの子どもをもつ

 

親御様が家庭で行う場合の

 

学習における注意点を

 

お話しました

 

 

今回も

 

その続きをお話しいたします!

 

 

前回も話したように

 

基本は家庭での学習はお勧めいたしません!

 

 

しかし現実の日常生活の中では

 

どうしてもせざるを得ない場面があるので

 

その点を考慮してお聞きください!

 

 

学習に携わる人たちの中でも

 

どうして

 

ADHDの子どもたちの学習をみるために

 

経験が必要とされるのか!

 

 

それは

 

ADHDの子どもにとって

 

どれだけ有効な学習方法があったとしても

 

その日の体調や感情に

 

非常に左右されてしまうからなのです!

 

 

そのため学習にとって一番効果がある

 

繰り返しの学習を行うと

 

体調や感情の状態により

 

集中力の欠如がどうしてもおきてしまい

 

学習効果が期待されなくなってしまうからなのです!

 

 

ある程度ADHDの知識がある人たちでも

 

子どものたちの集中力の欠如に対して

 

感情的になってしまうことがあります!

 

 

血縁関係があれば

 

なおさらではないでしょうか!

 

 

そして

 

子どもたちに感情をぶつけてしまった場合

 

最悪の結果として

 

子どもたちの学習意欲を奪う可能性が出てくるのです!

 

 

では

 

ADHDの子どもたちを集中させるのに

 

学習環境以外で

 

どうすればよいのでしょうか

 

 

それには

 

教える側に

 

ある程度バリエーションをもった指導法が要求されます!

 

 

冷静であるのもちろんですが 

 

その日の子どもたちの状態をみて

 

指導法を変えることが出来るくらいの

 

スキルが持っているかなのです!

 

 

ADHDの子どもたちは

 

繰り返しの学習は嫌いですが

 

新しい事へのチャレンジ精神は

 

もっていることが多いです!

 

 

その特性をいかして

 

指導法やプログラムをガラッと変えることが

 

教える側にできるかが求められます!

 

 

 

次回へ

 

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会 6/23(日)、7/28(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

 

  奈良大和高田校  5月開校

  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!

ADHDの子どもをもつ

 

親御様にとって

 

自身の子どもを

 

ご家庭で学習させるのは至難の業です!

 

 

なぜなら

 

私たちのような学習に携わる人間にとっても

 

発達障がい児の中で

 

一番経験が必要となるのが

 

ADHDの子どもたちだからです!

 

 

そのため

 

ADHDの子どもたちを

 

家庭で学習させることはお勧めしません!

 

 

なぜなら結果的に

 

親と子どもの関係が悪くなるケースが

 

多々あるからです!

 

 

ならば

 

そうならないように

 

親はどのような対応を取るべきなのでしょうか?

 

 

前提として

 

冷静であることです!

 

 

これが出来たとして初めて家庭での学習が出来ます!

 

 

その前提があるとした上

 

つぎに

 

条件として

 

 

出来る限りリビングでの学習を避けることです!

 

 

目に入る刺激物や

 

耳に入る音に敏感な子どもたちにとって

 

リビングでの学習は

 

刺激物にあふれた環境なのです!

 

 

環境を整備することが

 

ほかの子どもたちよりも

 

重要なのです!

 

 

親が家庭学習する場合は

 

まず環境整備からはじめてください!

 

 

次に

 

 

自分の好きなことに

 

過集中する反面

 

興味の無いことやおもしろくない勉強には

 

その反動が出やすいものだということを

 

理解した上

 

 

学習の内容を出来る限り

 

短く端的にすること

 

要するに

 

短期集中を繰り返すような内容にすることです!

 

 

次回へ

 

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会 5/26(日)、6/23(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

 

  奈良大和高田校  5月開校

  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!

最近

 

教えるという行為の意味が

 

昔と変わってきています!

 

 

求められるのは

 

ティーチャーではなく

 

コーチだということです!

 

 

家庭における

 

発達障がい児をもつ親の学習の

 

役割とは

 

まさにコーチではないでしょうか!

 

 

なぜなら子どもたちのモチベーションを保つことが

 

一番できるのは親だからです!

 

 

コーチは一緒に悩んだり考えたりしながら

 

本人に考えさせることが仕事です!

 

 

発達障がい児が

 

自ら考えることが出来るようになるには

 

その親自身も一緒に考えるようにしなければ

 

子どもの考える行為につながりません!

 

 

自分に出来ないことを

 

いくら子どもに押し付けても

 

子どもは反発するだけです!

 

 

親が

 

一緒に考えてくれる行為を見せるだけでも

 

子どもは安心して学習に取り組む可能性が高まります!

 

 

 

次回へ

 

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会 4/28(日)、5/26(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

 

  奈良大和高田校  5月開校

  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!

では逆に

 

親が発達障がい児の学習において

 

しないほうがよいこと

 

言わないほうがよいこと

 

とは何でしょうか

 

 

まずは

 

前回もお話しましたが

 

結果のみをほめるということです!

 

結果は努力してもしなくても

 

よい時もあるし

 

悪いときもあります!

 

そして

 

結果をほめることは親じゃなくてもできます!

 

ただ努力の過程を知って

 

ほめることが出来る役割を担えるのは

 

親が一番ではないでしょうか!

 

子どもの学習に継続性をもたせるためにも

 

親の一言は大変大事になってきます!

 

 

次に

 

頑張らせ過ぎないことです!

 

大切なのは学習を継続させることであります!

 

短い期間頑張ることは

 

ほとんどの子どもはできます!

 

ただ

 

頑張らせすぎてしまうと

 

どこかで破綻してしまう確率が高くなります!

 

学習の継続は一番効果があります!

 

そのためにも

 

限界にならないよう

 

その前で止める勇気が

 

親には求められます!

 

 

次回へ

 

 

学習サポート教室 すてっぷ

宮原 一憲


http://www.kodomo-shien.com/

     

* 大阪SST体験会 4/28(日)、5/26(日)

  大阪・奈良学習体験会 毎週土曜日・日曜日

  東京相談会  完全予約にて随時開催

 

詳細はHPにて!