渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

鉄道ジャーナリスト渡部史絵オフィシャルブログ「史絵.の鉄道旅」Powered by Ameba

※お仕事に関するご依頼やお問い合わせはこちらでございます。※お気軽にお問合せ下さい。

shie@shie-rail.com


渡部史絵(わたなべしえ) (鉄道ジャーナリスト)(略歴)


2006年より公式に鉄道のお仕事を開始。鉄道の有用性や魅力を発信するため、鉄道に関する書籍の執筆や監修に日々励む。月刊誌や新聞等の連載や寄稿など執筆活動を主体に、国土交通省をはじめ、行政や大学、鉄道事業者にて、講演活動等も多く行っている。


著書に、『関東私鉄 デラックス列車ストーリー』、『電車の進歩細見』DJ鉄ぶらブックス(交通新聞社)、『首都東京 地下鉄の秘密を探る』 (交通新聞社新書)、『鉄道なぜなにブック』(交通新聞社児童書)、 『譲渡された鉄道車両』、『路面電車の謎と不思議』(東京堂出版)、『鉄道のナゾ謎100』、『鉄道のナゾ謎99』、『思い出の昭和50年代 国鉄特急』(ネコ・パブリッシング )、『進化する路面電車』(交通新聞社) など、多数。


著書(10作) 全国で発売中


関東私鉄 デラックス列車ストーリー (DJ鉄ぶらブックス)/交通新聞社 [ 渡部史絵 ]

電車の進歩細見 (DJ鉄ぶらブックス)/交通新聞社/渡部史絵
鉄道なぜなにブック (ぷち鉄ブックス) [ 渡部史絵 ]

首都東京 地下鉄の秘密を探る (交通新聞社新書)/交通新聞社/渡部史絵


譲渡された鉄道車両/東京堂出版/渡部史絵
 

路面電車の謎と不思議/東京堂出版/渡部史絵


『鉄道のナゾ謎100 』 、『鉄道のナゾ謎99 』  (ネコ・パブリッシング )完売御礼!
思い出の昭和50年代国鉄特急―昭和の黄金期を駆け抜けた国鉄特急&急行がここに蘇る (NEKO .../ネコ・パブリッシング
進化する路面電車―超低床電車はいかにして国産化されたのか (交通新聞社新書 18)/交通新聞社
連載 掲載誌等
 
〇「鉄道ファン」(交友社) 2012年から2018年現在、連載など寄稿中
〇『毎日新聞』紙面にて長期連載中、
鉄道×毎日新聞【渡部史絵の乗ってみなくちゃ!】毎日新聞社(2015年から2017年)主に観光列車を紹介
フリーペーパー連載〇『SUBWAY NEWS LETTER7』コラム「鉄道古今物語」2013年から2018年現在 連載

〇最近の掲載誌(寄稿や撮影)等

〇「鉄道ファン」(交友社)2018年3月号より新連載開始

〇「鉄道ダイヤ情報」(交通新聞社)2017年12月号、2018年1月号、どちらも特集を寄稿

2017年の主な掲載紙 https://ameblo.jp/shie-rail/entry-12364417008.html


〇最新のテレビ出演情報(全国放送)


〇テレビ朝日「スーパーJチャンネル」に出演2016年~2018年(木曜企画 観光列車の案内役)

〇日本テレビ「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」2018年1月17日(水)(地下鉄博物館の案内役)

〇日本テレビ「ヒルナンデス!」に出演2016年放送観光列車伊豆クレイルについて
〇テレビ東京「なないろ日和」に出演2015年~2016年(東急世田谷線、東京地下鉄の案内役など)

〇毎日放送(MBS)制作・TBS系列の「サタデープラス」に出演2016年5月7日放送(観光列車の案内役)

講演会経歴 https://ameblo.jp/shie-rail/entry-11670560719.html

鉄道イベント経歴



テーマ:

 

 
みなさんこんばんは。真夜中に失礼いたします。
 
先日からの台風の影響が心配ですが、大丈夫でしょうか・・。
 
さて今回は、先日の東京交通短期大学オープンキャンパスのブログを更新いたします。
 
 
9月1日土曜日はお足元の悪い中にも関わらず、東京交通短期大学のオープンキャンパスにお越しいただき、ありがとうございました。
当日は、東武博物館の名誉館長であられた花上さんとご一緒に講師として壇上に立たせていただきました。
 
 
昨年に続き、今回もご受講頂いた皆さまの人数が多く、階を分けての別々の授業になってしまい、非常に申し訳ありませんでした。
 
今回のテーマは『「素晴らしき鉄道」―鉄道趣味の楽しみ方―』です。
 
日本は国土を動脈のように鉄路が張り巡らされており、ネットワーク化されているため、鉄道を利用することによって素晴らしい旅行ができます。ほかの国に比べて鉄道趣味が発展しているのも、そういった理由があると思います。
 
 
花上さんが「幼き頃の環境によって鉄道に興味が出てきた」と仰っていたように、私も祖父の影響によって鉄道への興味が深くなりましたので、非常に共感しました。
やはり幼少時代の環境から今に結びいたのだと思います。
 
また、東武鉄道・鬼怒川線で運行されている「SL大樹」の裏話では、運行開始までの準備や修繕にともなう大変なご苦労をはじめ、安全弁の修理などで、小さな部品が100万円以上もした。お話など、とても興味を引く内容でした。
 
最近の鉄道車両に関するデザインのお話でも、少々辛口なトークも展開されましたが、参考になることばかりでした。
ご受講いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
 

 
講演が終わった後に、東京交通短期大学・松岡弘樹学長と花上さんと記念写真。
 
 
いつもはパワーポイントなど資料や画像をつかっての内容でしたが、今回は鉄道業界でも大先輩である花上さんの深いお話を中心に進行させていただきました。今回のような形式も好評だったようでなによりです。次回以降もやってみたいです。

その際は、ぜひよろしくお願いいたします。
フォローしてね

テーマ:

 

みなさん。こんにちは。

2018年も後半を過ぎ、秋がやってきますね。

秋といえば行楽の季節、ぜひ鉄道の旅をオススメします。


さて、ダイヤモンド社「ダイヤモンド・オンライン」にて寄稿中の記事ですが、第3回目を書かせていただきました。

 

今回は、行楽シーズンにぴったりの九州・四国の鉄道旅

 

景色も美味しい食堂車で!九州・四国「観光列車」の旅  です。

 

https://diamond.jp/articles/-/178276

 


『景色も美味しい食堂車で!九州・四国「観光列車」の旅』です。

九州と四国と言えば、地震や豪雨など災害で大変な苦労をなさっている方たちが多くいらっしゃいます。

 

しかしながら、そんな中でも必死に観光産業に取り組み、街や地域を盛り上げていこうとしている方がたくさんいらっしゃります。

九州や四国の人たちへ応援メッセージの想いを込めて、九州・四国を満喫できる鉄道の旅をご紹介いたします。

九州は様々な鉄道の旅が楽しめますが、今回はその中でも熊本県にスポットを当てました。

 

 

観光列車が多く走る熊本で特にオススメなのが、肥薩おれんじ鉄道の「おれんじ食堂」。そして、観光列車ではありませんが、地域に根付き、沿線の人たちの大切な足である熊本市電、熊本電気鉄道です。

 

 

 

また四国では、愛媛県を特集。JR四国の観光列車「伊予灘ものがたり」と、地元の人たちの重要な公共交通である伊予鉄道の観光列車「坊ちゃん列車」などを取り上げました。

 

 

 
 


九州・四国の列車たちがお送りする素敵な鉄道旅を、せひご覧ください。

「ダイヤモンド・オンライン」

 

 

 


九州・四国を含め、全国各地で様々な自然被害が出ております。今この瞬間も日夜復興に取り組んでおられる方々が、少しでも早く安心して生活ができることを、心からお祈り申しげます。

 

 

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

 

 

9月1日 東京交通短期大学オープンキャンパスのお知らせ

 

9月 1日(土)
講義時間  13時00分から14時00分まで

特別教養講座模擬講義):花上嘉成氏(一般財団法人東武博物館理事・名誉館長)、
渡部史絵(鉄道ジャーナリスト)

題目『「素晴らしき鉄道」―鉄道趣味の楽しみ方―』
 
2018年(平成30年)度オープンキャンパス日程

オープンキャンパスお申込みページ
 
 

また今年度は新校舎での講演となります。

新校舎の場所につきましては、以下をご覧ください。
 
 
詳細は、東京交通短期大学さまの公式HPをご覧いただければ幸いです。

http://toko.hosho.ac.jp/tokowp/

 

よろしくお願い申し上げます。

 


テーマ:

 

8月も下旬となり、空の色が大分秋めいてきましたね。
 
さて、23日(木)に放送された夕方の報道番組、テレビ朝日「スーパーJチャンネル」観光列車特集第4弾、ご覧いただきありがとうございました。
 
今回わたくしがお勧めした観光列車は、栃木県を走る鉄道路線、東武鉄道・鬼怒川線の「SL大樹」と、群馬県と栃木県を結ぶわたらせ渓谷鐵道・「トロッコわたらせ渓谷号」を中心にご紹介させていただきました。
 
東武鉄道の観光列車として昨年8月にデビューした「SL大樹」は、下今市駅~鬼怒川温泉駅までの旅。個人的にSL大樹は、予てよりご紹介したかった特別なSLです。
 

 
関東の大手私鉄として、初めて蒸気機関車の復活運転を実現した列車であること、そしてその際には、様々な鉄道事業者の協力がありました。大手民鉄の東武鉄道がこのような事業に挑むという事は、とても意味のある素晴らしいことですし、東武鉄道さんだからこそ、可能にした壮大なプロジェクトだと言えます。心より敬意を表します。
 
 
 
「SL大樹」は、JR北海道から借り受けた「C11-207」をはじめ、JR四国から譲受した14系(旧国鉄時代に製造された客車)、JR貨物・JR西日本から譲受された車掌車ヨ8000(保安装置搭載車両として改造)、JR東日本から譲受されたDE10形ディーゼル機関車(車両の入れ替え用として連結されている)で編成されています。
 
沿線では、「SL大樹」の運行時間に多くの人が手を振りに来てくださり、観光客への「おもてなし」の一つとなっています。
 
車窓からの絶景、日光連山や鬼怒川の渓谷などの素晴らしさは勿論のこと、車内販売で味わえるSLをイメージした「黒いアイス」や、「SL大樹」の楽しさに魅せられて車内で食べることができなかったお弁当「日光埋蔵金弁当」「なつかしの下今市立ち売り弁当(幕の内)」などもご紹介させていただきました。
 
また、番組ではカットされていましたが、個人的にハイケンスのセレナーデの車内チャイムが聞けるのも堪りません!
 
わたらせ渓谷鐵道では「トロッコわたらせ渓谷号」をご紹介。
 
わたらせ渓谷鐵道・わたらせ渓谷線は、桐生~間藤に至る路線ですが、トロッコわたらせ渓谷号は大間々~足尾を運行しています。
 

この日現地は、気温38度を超える猛暑日でしたが、渡良瀬川がキレイで癒されました。窓のないトロッコ車両は、涼しい山風が吹いてとても気持ちいいのです。
 
 
さらに、この窓ガラスのないトロッコ車両のみ楽しめる神戸駅~沢入駅間の草木トンネルに入ると、天井で点灯する車内イルミネーションが素敵で、毎回見入ってしまいます。
 
 
今回乗車した「トロッコ わたらせ渓谷3号」のみですが、大間々駅発車時に車内で「トロッコ弁当」と「やまと豚弁当」の購入ができます。どちらも美味しいお弁当で、自然を感じながらの食事は最高です。
 
そして、終点の足尾鉱都の見学も、足尾銅山の歴史を学びながらトロッコ列車に乗れるのでオススメです。
 
今回特集した2つの路線。夏は勿論のこと、秋シーズンもとてもオススメな路線です。どちらも山あいを抜けていくので、紅葉が美しいのも魅力です。これからまた違った楽しみ方ができますね。
 
今回も終始、リポーターの宮脇理恵子さんの温かいサポートのおかげで、無事に観光列車の案内人を務めることが出来ました。それにしても宮脇さん、お綺麗なうえにお人柄も素敵で。天は二物を与えましたね、改めて感じました。
 
そうそう、取材撮影後は、宮脇さんと二人で東武鉄道の新型特急「リバティ」に乗車。
 
 
今回も、心底楽しい取材撮影でした。
 
お世話になったスタッフさん、鉄道事業者のみなさん、宮脇さん。
当日お会いしたみなさん。
 
本当にありがとうございました。
またぜひ、観光列車でお会いしましょう!
 
 
フォローしてね

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース