当社のIR

テーマ:

現在の当社のIR 活動は毎年のように

IR関連の賞を受賞していますが、

2000年に上場してから数年は

試行錯誤の連続でした。
その間ずっとIRコンサルを受けていた

バリュークリエイトの佐藤さんと私の

対談記事がWSJ日本版に出ています

最初は、株価を上げたい一心で

佐藤さんに相談していたのですが、

私が結論的に理解したことは

IRの量を増やしても株価は上がらない。だけど、

IRを諦めたら市場に見放されて終わり。
ということでした。

今回の対談取材中でも話したのですが、
佐藤さんに教えられたことの中で

最も印象的だったのは、
「IRは実態と比べて株価が低すぎるときと、

高すぎるとき、量を増やして強化すべき」
適切な株価であれば適切なIRの量で

よいのです。

また、IRのプレゼンは、

自社の魅力を伝えることは大切です
しかしそれは、

自社を魅力的に伝えることではありません

魅力的に伝えようとすると

話を盛ってしまい、

嘘が混じるからです。

市場との信頼関係の構築には

とても長い時間が掛かりますが、

失うのは一瞬です。

IR活動が身近ではない人も多いと

思いますが、個人に置き換えて、

大事な人との信頼関係においても
同様に大切なことだと思います。

ご興味のある方は対談記事の4ページ目をどうぞ。
http://jp.wsj.com/sp/ad/valuecreate/ca/04.html