本質眼

テーマ:

楽天がプロ野球参入を表明して2年。


同じインターネット新興企業の立場から言わせてもらえば、

結果として凄まじい投資パフォーマンスを挙げたと感じてます。


インターネットサービスを展開するネット企業にとって、
知名度、信頼感は、企業価値を創造する上でもっとも重要な要素。

知名度はアクセス数につながり、信頼感は有象無象のネット上の

サイトとの差別化になるからです。




黒字経営が難しいといわれたプロ野球の球団経営。



我々のような新興インターネット企業から見れば、多少の赤字は、
広告費と割り切ることもできると思っていた。



ところが・・・



楽天野球団は、楽天の知名度と信頼感を高めただけでなく、

球団自体が初年度から黒字化を達成してしまった。





楽天野球団社長の島田亨氏は元インテリジェンス副社長。


実は私の元上司だった人物です。




その島田社長がアメーバブックスから本を出版しました。


島田 亨
本質眼ー楽天イーグルス、黒字化への軌跡



「なんで、島田さんが球団経営???」




最初に楽天野球団の社長になる話を聞いたとき、
耳を疑った。


でもこの本を読んで納得。



球団経営の話だけでなく、

最初から社長ではなはく起業した人の人生、

他業種を渡り歩く経営者のキャリアとしても興味深い。



また、若かりし頃一緒に起業した、当時インテリジェンス社長の
宇野社長(USEN)とのエピソードも面白いです。



来週金曜日に出版記念講演も行われます。

http://www.amebabooks.co.jp/articles/shimada/index.html





今月は、アメーバブックスのブログ本シリーズも3冊発売になりました。

中川 はるか
はるかりんー僕が彼女の彼女になるとき
笹川 勇
おしぼりを上手に使うサラリーマン
織田 うさこ
きらきら研修医





3冊とも作者はアメブロのブロガーさんです!