わたら瀬店長のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

出会いと別れ


神事での祭祀の後、繋がりを深めるための宴会を指す直会(なおらい)という言葉があります。

日本書紀に記されたのは奈良時代、

我々に太古から組み込まれた本能。



今 出会いと別れの季節です。


この節目となる時期、我々は様々な機微の下に育ち、人との繋がりを築いてきました。


そこに必ずといって欠かせないのは、繋がりのなかで同じ食卓を囲む事。


食卓を囲むのは何も、家族だけではありません。


桜の季節から、入梅、満天の南十字星、木枯らし、やがて雪へ


その季節によって


親しい友人や、同僚、同級生、恩師と教え子、上司と部下、男性と女性


追憶を巡れば皆様にも色々な顔が浮かんでくるのではないでしょうか。


折々で人は出逢い、食卓を囲み様々な関係を築いていきます。


同じ時に、同じ場所で、同じ物を食べること、飲むこと、

それは

我々人間にとってとても大切で、特別な時間です。



わたら瀬は小さなお店ですが、数えきれない程の「特別な時間」をお手伝いしてきました。

ずっとそういう場所を作れればと思ってきました。


思うようにいかない生活の中でも、限られた時間の中でも、我々はその役割を果たしてまいります。


何気ない日常が特別に感じる、

必ずや、ここで培う感性がこれからの人間性を豊かにしていくことでしょう。



いま災厄の最中、特に

卒業を迎え新しいステージに進んでいく若者たちへ

心からのエールを送りたいと思います。





わたら瀬店長//

緊急事態宣言延長(KJS)に伴う時短営業継続のお知らせ

3月7日(日)以降も緊急事態宣言(KJS)がほぼ、延長される見通しとなりました。

 

つきましては当面の間、営業時間を以下の通りとさせていただきます。

 

月曜日 11:30~14:00

            16:00~20:00

火曜日 11:30~14:00

            16:00~20:00

水曜日 11:30~14:00

            16:00~20:00

木曜日 11:30~14:00

            16:00~20:00

金曜日 11:30~14:00

            16:00~20:00

土曜日 16:00~20:00

 

日曜日 定休日(祝日含む)

 

尚、政府発表の時短要請により営業時間が変動することもございますので

ご来店・ご予約のお客様はお電話ください。

 

(03)3409-1702  わたら瀬

振り子

団結して非接触

協力して孤食

Unite but Stay home


これらをコロナ禍以前に目にしていたら

何かの冗談か戯言と思えるでしょう。


しかし今はこれが現実。一年が経ちます。


ただ、何事も

振り子の針は端から端へ振れるものです。


戦争と平和、分断と融合、緊張と緩和


明けない夜は無い、と言いますがまさにその通り。


ですが、暮れない日は無い、のも確かであります。ついでに、降らない晴れは無い。


物事はいつも多面的ですが、一つを切り取るのは人間にとって希望する事柄に当てはめたい比喩として使いたいからです。


そうした我々の性質からすると、冒頭のような矛盾した言葉が生まれる訳ですが、この「矛盾」が示す通り、

現在の情勢下では、人間が敢えて好まざる活動を強いられているのが実態であります。

世の中には、どこに向けても不平、不満、鬱憤の嵐。


世界が、心満意足・笑いに充たされるまでには、もう少し。

ただ、その時こそ慶びはひとしお。あまり祝えなかった新年もクリスマスも今年、来年こそはと。

禍福がある振り子の中に生きているからこその感情でしょう。


緊急事態宣言中の現在、わたら瀬は夜の部は一旦お休みしております。また皆さんと笑ってお会いするまで暫しお待ちを。


名著

「夜と霧」より以下、引用いたします。


人間の苦悩は気体の塊のようなもの、ある空間に注入された一定量の気体のようなものだ。空間の大きさにかかわらず、気体は均一にいきわたる。それと同じように、苦悩は大きくても小さくても人間の魂に、人間の意識にいきわたる。人間の苦悩の「大きさ」はとことんどうでもよく、だから逆に、ほんの小さなことも大きな喜びとなりうるのだ。


わたら瀬店長//

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>