こじょるのおこじょなえぶりでい

こじょるのおこじょなえぶりでい

ClassicalHomeopathy柊舎の個人的なBlogです。
基本的に、自分自身の忘備録を兼ねた呟きと
茶話会参加者さん、クライアントさんに向けたBlogです☆
好きなカフェ、趣味、本、手作りのもの等
プライベイトについても時々書いてます☆

NEW !
テーマ:

 

2018年4月現在 息子はやっとこ3か月ぬなりました。

 

「1人目で男の子」は噂通り…

 

育児、ハードです(笑)

 

抱き方一つとっても気に入る気に入らないがあり

 

お昼寝中は何時間だろうと膝にのせてくれなきゃ嫌

 

哺乳瓶も新鮮なミルクじゃなく美味しくないから嫌

 

絶対に嫌なものは嫌だと激おこ。

 

まあ まあ すんごい元気♡(笑)

 

しかし男の子は力強いです。

 

2か月くらいから首を上げ始め

 

3か月になると、エビぞりしたり、首はあげてあちこちをきょろきょろ。

 

私が落ち込むと

 

「あくぅ?え、く?あ、くぅ?」

 

まるでフランス語で愛をささやくようにいつも慰めてくれます(笑)

 

 

いつもスーパーマンみたいにして遊んでるね!

 

こんな一生懸命で大騒ぎの日々が いつかなつかしくなるのかしら?


テーマ:

 

亡くなられた、高畑勲監督の著書です。

 

日本人について書かれた素晴らしい著書です。
 

薄い本ですが、日本人であれば一度目を通しておいて損はないと思います。

 

 

 

空気を読む、

 

冷静さを失い目的に突き進む、

 

権力者(大多数)の意見に流されて、NOという人を無かったことにする…

 

そんな、今の日本人にも共通するものがたくさん書かれています。

 

 

風習だから?

 

大多数がそう言ってるから?

 

昨日の正義は今日の悪となり

 

昨日の悪は今日の正義と

 

あっという間に大多数に味方する”世間”

 

そんなものを後生大切にして、限りある命や資源をどうして大切にできるのかしら?

 

「みんなが~~~だから。」

 

それって…???

 

 

 

そんな一冊です。

 

 

 


テーマ:

去年の有馬避暑記録

https://ameblo.jp/sherlock-b221/entry-12297396976.html

https://ameblo.jp/sherlock-b221/entry-12297724254.html

https://ameblo.jp/sherlock-b221/entry-12297826838.html

https://ameblo.jp/sherlock-b221/entry-12298640910.html

 

*----------------------------------------*

 

 

 

お散歩をしながら 古泉閣をぶらぶらと

 

 

 

アジサイをみながら 涼しい朝の空気を感じ

 

 

本館でゆったりと 遠くを眺めたりして

 

父が大好きな朝ドラをみている間

 

母と私と息子はぶらぶらしてきました

 

リゾート地といったふうで ぷらぷらと

 

 

 

朝は洋食になります

 

野菜が美味しくて パンとごはんはお代わりOK!!

 

 

ロンネフェルトのノンカフェインのお茶葉はここでしか見たことがありません~

 

Webでも購入することが出来ないので

 

朝 こちらで頂く楽しみ★(*'ω'*)

 

 

 

 

まだ腰すわりをしていないんですが

 

息子のために 可愛い席を用意してくださっていました。

 

 

 

チェックアウトしてから、有馬の町を散策。

 

有馬温泉は外国人のお客さんが結構いらっしゃいました。※主にアジア系

 

今回の一番の目的は…

 

 

有馬玩具博物館です。

 

主にドイツをはじめとする超一流の玩具が揃っています。

 

上で遊んでいるのは、ネフ社のピースですね。

 

6階建ての博物館で、6階はドイツの精密な玩具の数々。

 

そこから、実際に触れるおもちゃ からくりおもちゃ ジオラマなど

 

大人が見ても楽しいおもちゃの博物館です。

 

1階は売店?になっており 日本では見ることも珍しい海外の玩具がずらり!!

 

 

5階で実際に手に取って お気に入りの玩具を見つけて

 

1階で購入して帰ることが出来ます。

 

そして何より助かるのが・・・・

 

 

 

5階にある授乳室です!!!

 

おむつ替えと授乳が可能の小さな1部屋ですが、ここにあると思うと大助かりです!!

 

おもちゃ博物館の入場料は800円で「ちょっと高いかな?」と思うかもしれませんが

 

授乳とおむつ替えも出来る!と思うと、納得価格です。

 

あと、わざわざ入館する人は外の人より少ないので それほど混んではいませんでした。

 

 

おむつを捨てて帰ることが出来るのは

 

本当にありがたいです。m(_ _)m

 

 

 

 

玩具博物館で遊び疲れて眠ってしまった息子を抱いて

 

向かいのカフェ・ド・ボウでゆったり休憩して、帰るとしますか☆

 

今年も素晴らしい時間を 有馬で過ごせました。

 

 

ママ友の間で「有馬は授乳室とおむつ替え室がないので行きにくい」と言われている有馬ですが

 

(その上、車でいっても駐車場が中心地にないので不便。坂道が多いのでベビーカーも不便)

 

計画をたてていけば、真夏でも大丈夫でした♪(*^ ^*)

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス