人生で

「やる?」

「やらない?」

って選択はしょっちゅうありますよね。

前回は、ぴーちさんの 『究極の2択』 の話でしたが、
今回は、もうちょっと身近でよくある 『人生の2択』 の話。
私自身の話をしますね。


★『究極の2択』 の話はこちらから(↓)
 「運命として受け入れる」 by ぴーちさん

★ぴーちさんの体験談はこちらから(↓)
banner


約1年前、私はある無料セミナーを受けて、
その内容にすごく興味を持ちました。
さらに学びたい場合は、有料のセミナーで
より深く学ぶことができます。

でも有料のセミナーは決して安くはないし、
そもそもその日は旦那と出かける予定があったので
「どちらにしても無理だなぁ」 とあきらめていました。

ところが、急にその日のスケジュールが
ぽっかり空くことになります。

旦那のおばあちゃんが亡くなったのです。

忌引休暇の取れた旦那は、告別式に出席するため、
もともとの予定をキャンセルして、
飛行機で1週間弱の里帰りをすることになりました。

私は、仕事の休みが取れず、
家でおとなしく留守番することになったのですが…

どうしても、その有料セミナーが気になるのです。

かといって、おばあちゃんの不幸の直後に、
私個人の欲求を満たすためにそういう場へ出向くのって、
いかがなものか?
本来なら喪に服す場面なのではないか?
などと、行くべきか、行かないべきか、
決めかねていました。

そんな時、職場の大先輩(おじいちゃん)と
一緒にゴハンを食べる機会があり、
少し遠回しな言い方で相談してみました。

やりたいことがある。
でも、それはうまくいくかどうか、わからないし、
それなりにお金もかかる。
そんな時、先輩ならどうしますか?


みたいな聞き方だったと思います。
そしたら、

それがうまくいかなくたって、
急に生活に困るほどの金額ではないでしょ。
何もしてないうちから心配したってしょうがない。
僕なら、悩んでないでさっさと動くよ。

やらないで後悔するくらいなら、やって後悔しなさい!


と檄を飛ばされ、すごく背中を押された感じがしました。

それで決心がついて、
そのぽっかり空いた休日に、
有料セミナーへ行ったのです。

そして、そこを皮切りに、いろんな事が動き始めて…


当時を振り返ると、あの時は
いろんなタイミングがうまい具合に重なっていたなぁ
と感じます。

そして、あのぽっかり空いた休日は、
もしかしたら、旦那のおばあちゃんが私へくれた
一つの “チャンス” だったのではないかとさえ思えるように…

95歳で亡くなった旦那のおばあちゃんは、
長崎訛りが強い人で、
私には半分くらいしか聞き取れなかったのですが、
それがかえって、かわいらしい印象の方でした♪

おばあちゃんが亡くなったことは悲しいことですが、
私はおばあちゃんから、リレーのバトンを手渡されたような
そんな気がしているので、
私も次の人にバトンを手渡すその時まで
一生懸命走りたいなぁと思いました(*^-^*)


そして、今回、私は

やらないで後悔するより、やって後悔しなさい

という大先輩の言葉を受け取って、
本心である 「やる」 という選択をしたわけですが、
これって、結局、ぴーちさんの 『究極の選択』 と
根っこは一緒なんだなって思いました。

どうしても決断できない大事な選択は、本心に従え。


肝心要の大事な時こそ、素直に、正直に。

それは、理屈とか、理性とか、
そういうのを超えたところにある “直感” のようなもの…
なのかもしれないな~って、そう思いました。