しゃちゃん-ちゅ

しゃちゃん-ちゅ

よさこいとコスプレが趣味の人間が子どもを産んだらどうなるか、人生かけて検証してみる。


テーマ:

妊娠出産の辛さをみんなが知っていたら、
やれ産めだ作れだ、何人欲しいだ男だ女だ、軽々しくは絶対に言えないと思いました。

妊娠出産の苦しさは身をもって体験しないと絶対にわからない。
もっと言うと、今苦しさを感じている人にしかわからない。

こんなに苦しくて辛くて怖いことなんか、
過ぎた時に忘れるように出来てなきゃ困る。

GWもあと1日。主人と長女がずっとそばにいる9日目を終えました。

長女とお風呂を済ませ、夕食の支度をしようにもとにかく体が重く、声も出せないくらい辛くて、主人に全部任せてしまいました。
主人がお土産で買って来てくれたうどん、義母が育てた菜っ葉と、こどもの日のお祝いに贈ってくれたハンバーグ。
涙が出るほど美味しかったです。

美味しいねって笑って、ほらお行儀悪いのダメだよって言ったり、おかわりいる?とか、大きいおかずを切ってあげたり、箸の持ち方を教えてあげたり、
死ぬほど辛くて苦しくて、頑張って、悩んで、きっと旦那さんも死ぬ気で頑張ってくれていて、
その先にこの時間があるんだとしたら、
やっぱり幸せはタダじゃ手に入らないんだなって思いました。

理解のある主人で、家事もしてくれるし、子供の相手もしてくれるし、私のことも労わってくれます。
心の底から信頼してるし感謝してる。

でもそんな主人のつがいとして生活していても、それでも毎日辛い。もっと手伝って欲しい、極力体を動かしたくない、そう思うのが妊娠だなって感じたんです。

そう思う気持ちも、そんなこと言えない自分も、悔しくて腹立たしいくらいです。

妊娠してから、長女を抱っこするのは主人の役目でしたが、1ヶ月程前から肩首を壊してしまった様子。
ちょっとふくよかに育て過ぎました。
それでも今日も幾度となく肩車してくれて、感謝しかないです。

もうすぐ里帰りなので、その隙に治してください。
新生児産まれたら、痛いとか言ってられなくなるのでその前に治して…

あと少し、お腹の中に留めておくのも残り2ヶ月を切りました。
今も充分辛いけど、新生児の辛さのほうがよっぽど記憶にあるので浮かれてもいられません。

俗に言う「普通の幸せな家庭」をせっかく手に入れられたのだから、
死にものぐるいで守り抜かなきゃ。


テーマ:

こんにちは、しゃちゃーんです。

 

5ヶ月に入ったのでお知らせします、第二子授かりました!

俗に言う安定期に入って、検診も済ませて参りました。

 

今のところ特に異常なし!性別はまだ不明!という感じ。

毎日お腹の中でぽこぽこ動いてくれているので、元気だなというのがわかります。

 

ずっと二人目欲しかったのですごく嬉しいです。

旦那さんも喜んでくれていて、一緒にでかけた時はいつも娘(17kg)を抱っこしてくれています。

娘にも話してあって、最初は「嬢ちゃんのお腹にもねー赤ちゃんいるのー!」と対抗意識を燃やされていましたが、最近は「あ!嬢ちゃんのお腹に赤ちゃんいなかったー!」と気づいた様子。よかったw

 

悪阻も落ち着きました。

一人目の時はほとんどなかった悪阻ですが、二人目は重い時ははちゃめちゃに重かったーーーー!魔の10週というやつ。

あまりに動けなさすぎて、実母と義両親に遠方から来てもらってご飯と子守としてもらいました。ありがたかった…。

ただやっぱり身重、5ヶ月に入っても万全とまでは回復せず、胃もたれと湯あたりがひどくなったり、食の選り好みをするようになったり…ちょっと悪阻の名残がある感じ。

あとは、重いものを持ったり、3歳児の育児という名の激しい運動をしたりすると、夕方以降ダウンしてしまったり…無理はしちゃいけないって神からのお告げかもしれません。

 

妊娠にあたり、バサカニ参加が出来ず、花と髑髏のみなさまには本当にご迷惑をおかけしました( ;  ; )(※あの時は安定期入る前でちゃんと育ってくれるかわからんかったからメンバーにはちゃんと報告できてなくてごめんね!!!)

 

今後も皆さまには何かとご迷惑をかけるかと思いますが、何卒仲良くしてやってください。

今回も里帰り予定なので遊んでくれる人は遊んでねー!!

 

しゃちゃ

 


テーマ:

プリチャンみたいなタイトルになったなw

 

今日はガタケに行ってきました!娘を連れて!

あんまこういうとこにこどもを立ち入らせるのは本意ではないんだけど、

・今日のガタケには用事があった

・主人が忙しく、預けられる状況ではなかった

・以前ガタケに行った感じ、お子さん連れを何人も見てきた。しかもみなさま楽しそうだった。

以上により今回は決行ー!!!

…とはいえ、何かと条件が揃ってしまい、即売会は初めてではあるものの、

オタク系イベントには街イベ含め行き慣れている娘なので割と気軽に。

『もしかして現地ついたら嬢ちゃんもお着替えしたいーとか言い出すのでは…』と思い、

一応バッグにキュアエトワール衣装を忍ばせておきました。

 

まず、入場。

「こどもでも一人分なのかしらどうなのかしら」とドキドキしていたらばっちり

【小学校3年生以下のお子様はカタログを購入しなくても入場できます】

という旨が書かれてる!

 

_人人人人人人人人人_

>対応している!神!<

 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ 

 

すげぇやガタケ、まじか、まじかすげぇなガタケ。

この環境は日本のオタクコンテンツを大いに支える土地だからこそなのだろうな新潟からスーパークリエイターがポンポン出てくるぞ未来は明るいなおい。
※既出スマソ

 

今日のご用事とはこれ!来年9月に関東で催される「はなまる園」のフライヤーを設置する任務!

なんとか置かせていただきました!(ご対応くださったスタッフの方、本当にありがとうございました!)

気になる人は #男装ママカフェ で検索検索ゥ!

 

小腹が空いたのでおやつをぱくぱくしながら「あっちこっち歩いてみてもいいし、お姉さん達みたいに嬢ちゃんもキュアエトワールにお着替えしてもいいし、どうする?」と聞いたら「お着替えするー!」とのこと。おっけー。

 

更衣室を使わせていただきに…

「すみません、娘の着替えで使わせていただきたいのですけど、一人分で大丈夫なもんでしょうか?」

とお伺いしたところ快くおっけー!ありがとうございます!お嬢と私とで手の甲にスタンプを押してもらい更衣室へ。

スタッフさんから「わーコスプレだねー!いってらっしゃーい!」と暖かく声をかけていただきました。

 

ガタケの更衣室は本っっっっ当ぉおおおおに広くてゆったりと使えるので好きです!!!

正直子連れでも楽々です。

ちょっと話し声大きかったりゆったり広々すぎて駆け周ってしまっていたいたのでそこは大変申し訳なかったです( ;  ; )

 

着替えてお散歩。

二階・駐車場両コスエリアも、人でぎゅうぎゅうというわけでもなく手を繋いで楽しく歩けました。

「プリキュアだー!可愛いー!こんにちはーー👋」っと声をかけてくださる優しい方が何人も!!!

本当にこういう環境が、新潟のオタクを育て、マンガ・アニメの街新潟を作っているんだなと感じました。

 

途中、Twitterで知り合ったオタママさんに会えたり、飲食物販で買ったチュロスと焼きそばでお昼ご飯をしたりして

14時ごろに離脱。

 

アフターと言う名のおやつ&お遊びタイムに突入ですが、

産業振興センターの川を挟んで隣にはあの超有能体験交流施設いくとぴあ食花が!あるんですよねー最高です。

キラキラマーケットでおやつを買って食べ、こども創造センターで遊ぶ。

 

文句なし!最高!

 

お夕飯もキラキラレストランでばっちりいただいたのでとにかく充実した1日を過ごせました。

気をぬくとお昼寝してしまう3歳お嬢ですが、終始楽しかったのか、帰りの車までうとうとすることなく過ごしておりました。

 

まとめると、3歳娘を連れてのガタケット参加、なにも不自由な思いをすることなく過ごせました!!!

もっと小さなお子様づれでも、授乳室あり、トイレにはオムツ替えシートあり、ということだったので、

新潟でのパパママの同人ライフは深く心配せずとも楽しんで暮らせそうだなという印象。

今日もたくさんお子様いらっしゃったしね!

 

アフターへのお散歩でお嬢の口から「また行こうね、プリキュアにお着替えしようね」との言葉が聞けたので、私は満足です。

また母娘共々お邪魔するかと思います、よろしくお願いいたします。