■タイトル
1月末まで早期特典あり!!


まずは60分無料個別相談説明会へ。
10年かけてもできなかったのができた!!
既製服のようにきれいに縫える
ソーイングプレタスクール第6期

カリキュラムで基礎から学ぶ
既製服の縫い方を身につけて
1年後の楽しくきれいに縫える
自分に出逢いませんか?

 

 

 

 

 

ブログにご訪問いただき、

ありがとうございます。

 

 

ソーイング本にも載っていない

学校でも教わらない”コツ”を知って

 

「10年かけてもできなかったのが出来た!」

 

あなたのハンドメイドを

既製服レベルにしませんか?

 

 

初心者でも既製服のようにきれいに仕上がる

ソーイングプレタスクール

【RANPI】主宰

曽根 かおりです。

 

 

 

現在、

4月スタートのカリキュラム、

 

ベーシックオンラインコースの

無料個別相談会を実施中です。

 

 

このカリキュラムに

どういう人が向いているかというと

 

 

 

とにかく、

まずはきれいに縫えるようになりたい!!

 

という方^^

 

 

 

洋裁って奥も深ければ

幅も広いです。

 

 

1着の服が仕上がるまでに

デザインをして、

生地を選んで、

パターンを引いて

補正もして

裁断して、

そして縫う。

 

 

 

 

これ、とりあえず全部手を出しちゃう人が

多いのですが、

 

 

 

結論

言わせていただくと、

 

だからいつまでも

きれいに縫えるようにならないのです。

 

 

 

きれいに縫えるようになると

その先の見えてくることが

たくさんあります。

 

 

 

そして、

そのために大切なのが、

どんなものを、

どういう順番で縫っていき、

どのくらいやってから進んでいくのか。

 

 

ということ。

 

 

 

このカリキュラムは、

こんなの縫えたらいいなあーと

いうアイテムやデザインを

集めたのではなく、

 

 

 

習得していける順番を

きちんと考えて

作られたものです。

 

 

 

だから、

受講生さんの成果がすごい!!

 

 

 

コースが終わることには、

このコースで縫ったものだけでなく、

他のものを



ソーイング本見てても

これも縫えそう、あれも縫えそう・・!

と思えてくる。

 

 

 

自分がこんなに縫えるようになるなんて

うそのよう。。

 

 

あんなにたくさんマチ針を使っていたのに

全然マチ針を使わなくなった。

 

 

そうするとね、

他のことにも

気を配れるようになってくるのです。

 

 

 

他のこととは、

 

どんな生地が適しているのか、

このデザインは

どんな縫い代をつけた方がいいのか、

こんな修正はできるのか、できないのか。

 

 

 

ということ。

 

 

 

失敗は原因がわかれば

解決するように

 

きれいに縫えるように

なってくると

なぜきれいに縫えたのか

その要因もわかってくる。

 

 

 

ここから理解して進んだ方が

とっても早いのです。

 

 

 

独学で何年もやっていて

何だかなっとくいかない・・

そのモヤモヤは

この先の独学で解決されることは

ありません。

 

 

 

 

独学何年分ものモヤモヤを

1年でスッキリさせる。

 

 

それを得たその1年後からの

あなたのソーイング人生は

驚くほど変わります。

 

 

 

しっかりサポートしながら

進んでいくコースで

 

 

一生モヤモヤし続けるか、

 

 

1年でモヤモヤとさよならするか、

 

 

 

やりたい!!

と思った時が1番のタイミング。

 

 

 

ベーシックコースに

ご興味のある方は

 

ベーシックオンラインコースの

無料相談会を

 

2023、4月スタートの

第6期ベーシックオンラインコース

60分の無料個別相談説明会を

行っております。

 

 

早期特典もあります!!

ぜひご参加ください。

 

 

 

ベーシックコースの詳細をお読みいただいて、

不安や疑問などが無いように、

そして、

このコースが本当に

あなたのやりたいことと

合っているか。

 

 

確認してほしいからです。

 

 

時間とお金はとても貴重です。

 

受講し出してから、

なんか違った・・・

となっては残念過ぎます。

もちろん、私も残念過ぎます。

 

 

 

納得してから

お申し込みしてくださいね。

 

 

無料個別相談会お申し込みはこちらから

 

 

本日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます

 

 

 

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

7ステップで学ぶメルマガ内容
【Lesson1】生地を買ってきたら水通しをしましょう
【Lesson2】パターンについて
【Lesson3】シルエットを左右する地の目について
【Lesson4】裁断について①
【Lesson5】裁断について②
【Lesson6】縫う前のひと手間。アイロン工程がカギ
【Lesson7】マチ針無しで、ミシンでズレずにきれいに縫うコツ

登録してもメールが届かない。という方は

こちらをご一読くださいませ。

 

 

 

オンラインで学ぶカリキュラムコース

 

 

 

「既製服の縫い方の基本」を動画で学ぶ1回完結のレッスン

 

 

 

 

RANPIホームページ

 

 

 

レッスンで愛用している便利な洋裁グッズや小物、

サロンや自宅でのお気に入りのインテリアグッズを

載せています。ご参考までに♪

 

 

 

 
ご参考になりましたら、どうぞ
クリックをよろしくお願いします笑
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 自宅ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
      

 

 

      

       

 

■タイトル
1月末まで早期特典あり!!


まずは60分無料個別相談説明会へ。
10年かけてもできなかったのができた!!
既製服のようにきれいに縫える
ソーイングプレタスクール第6期

カリキュラムで基礎から学ぶ
既製服の縫い方を身につけて
1年後の楽しくきれいに縫える
自分に出逢いませんか?

 

 

 

 

 

ブログにご訪問いただき、

ありがとうございます。

 

 

ソーイング本にも載っていない

学校でも教わらない”コツ”を知って

 

「10年かけてもできなかったのが出来た!」

 

あなたのハンドメイドを

既製服レベルにしませんか?

 

 

初心者でも既製服のようにきれいに仕上がる

ソーイングプレタスクール

【RANPI】主宰

曽根 かおりです。

 

 

 

 

 

たくさんある糸の色の種類

 

いざお店で選ぼうとすると

迷ってしまいますね。

 

 

しかもベーシックな色であるほど

特に悩みませんか?

 

 

ベージュやグレー、

そしてカーキなどは

 

すっごくたくさんあって、

あればあるほど

全部ちょっと違う気がしてしまう・・

 

 

 

 

 



サロンの糸

(こんなにあっても、合う色が無いことも

あるのです・・)

 

 

 

 

そんな感じになって、

どの色を選んでいいか、迷ってしまう。

 

 

 

そんな明度や彩度が細かく分かれている色の基準。

 

 

 

生地の色が濃い目の時は、

迷ったら濃い色の糸を。

 

 

生地の色が薄い時は、

迷ったら薄い色の糸を。

 

 

 

が、選ぶ時の基準です。

 

 

 

 

糸をあてている時よりも、

実際に

縫った縫い目がしっくりきます。

 

 

色糸が実際にちょっと違っても、

違和感なく馴染んでくれます。

 

 

 

そんな基準で選んでみてください。

 

 

ご参考になれば♪

 

 

 

 

 

 

2023、4月スタートの

第6期ベーシックオンラインコース

60分の無料個別相談説明会を

行っております。

 

 

早期特典もあります!!

ぜひご参加ください。

 

 

 

ベーシックコースの詳細をお読みいただいて、

不安や疑問などが無いように、

そして、

このコースが本当に

あなたのやりたいことと

合っているか。

 

 

確認してほしいからです。

 

 

時間とお金はとても貴重です。

 

受講し出してから、

なんか違った・・・

となっては残念過ぎます。

もちろん、私も残念過ぎます。

 

 

 

納得してから

お申し込みしてくださいね。

 

 

無料個別相談会お申し込みはこちらから

 

 

本日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます

 

 

 

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

7ステップで学ぶメルマガ内容
【Lesson1】生地を買ってきたら水通しをしましょう
【Lesson2】パターンについて
【Lesson3】シルエットを左右する地の目について
【Lesson4】裁断について①
【Lesson5】裁断について②
【Lesson6】縫う前のひと手間。アイロン工程がカギ
【Lesson7】マチ針無しで、ミシンでズレずにきれいに縫うコツ

登録してもメールが届かない。という方は

こちらをご一読くださいませ。

 

 

 

オンラインで学ぶカリキュラムコース

 

 

 

「既製服の縫い方の基本」を動画で学ぶ1回完結のレッスン

 

 

 

 

RANPIホームページ

 

 

 

レッスンで愛用している便利な洋裁グッズや小物、

サロンや自宅でのお気に入りのインテリアグッズを

載せています。ご参考までに♪

 

 

 

 
ご参考になりましたら、どうぞ
クリックをよろしくお願いします笑
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 自宅ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
      

 

 

      

       

 

■タイトル
NEWベーシックオンラインコースNEW
申し込み受付スタート!
まずは無料個別相談説明会へ。

カリキュラムで基礎から学ぶ
既製服の縫い方を身につけて
1年後の楽しくきれいに縫える
自分に出逢いませんか?
 

 

 

 

 

 

ブログにご訪問いただき、

ありがとうございます。

 

 

ソーイング本にも載っていない

学校でも教わらない”コツ”を知って

 

「10年かけてもできなかったのが出来た!」

 

あなたのハンドメイドを

既製服レベルにしませんか?

 

 

初心者でも既製服のようにきれいに仕上がる

ソーイングプレタスクール

【RANPI】主宰

曽根 かおりです。

 

 

 

 

さて、唐突の質問。

 

 

  パターンは立体と平面、どっちがいいの?

 

 

 

 

 

あなたはどっちがいいと思いますか?

 

 



 

 

何を比べてどっちがいいのか?

 

いきなり聞かれたら

人によって、取り方が違うかもしれません。

 

 

 

「立体」と聞くと

なんだかそっちの方がより”いい”もののような

気がしてしまうかもしれませんね。

 

 

 

答えは、

 

 

 

どっちも絶対大切

 

 

 

です。

 

 

 

 

絶対平面だけ。というパタンナーも

 

 

立体だけでOK。というパタンナーも

 

 

着たいことはありません。

 

 

もちろん人によって、

どちらが得意。

 

は、あると思います。

 

でもどちらかだけで

完成することは無いのです。

 

 

 

以前にパターンの恩師の先生が

 

「立体の感覚を持って、

平面で仕上げる」

 

ときっぱりおっしゃっていました。

 

 



 

 

私のふわふわと感覚的に

なっていたものを

ピシッと軸を決めてくれたようで

すごくスッキリした言葉だったのです。

 

 

 

デザインによって、

アイテムによって、

 

9割平面、1割立体

のものもあれば、

 

 

7割立体、3割平面

 

のものもあります。

 

 

それでいい。

 

 

10割平面で引くときも

頭の中では

立体が動いています。

 

 

きっとそういうことなのでは。

 

 

 

 

 

因みに、一般的には

洋裁学校では、

平面から学び、

その後、立体に入ります。

 

 

この過程も納得です。

 

 

 

 

 

 

2023、4月スタートの

第6期ベーシックオンラインコース

60分の無料個別相談説明会を

行っております。

 

 

早期特典もあります!!

ぜひご参加ください。

 

 

 

ベーシックコースの詳細をお読みいただいて、

不安や疑問などが無いように、

そして、

このコースが本当に

あなたのやりたいことと

合っているか。

 

 

確認してほしいからです。

 

 

時間とお金はとても貴重です。

 

受講し出してから、

なんか違った・・・

となっては残念過ぎます。

もちろん、私も残念過ぎます。

 

 

 

納得してから

お申し込みしてくださいね。

 

 

無料個別相談会お申し込みはこちらから

 

 

本日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます

 

 

 

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

7ステップで学ぶメルマガ内容
【Lesson1】生地を買ってきたら水通しをしましょう
【Lesson2】パターンについて
【Lesson3】シルエットを左右する地の目について
【Lesson4】裁断について①
【Lesson5】裁断について②
【Lesson6】縫う前のひと手間。アイロン工程がカギ
【Lesson7】マチ針無しで、ミシンでズレずにきれいに縫うコツ

登録してもメールが届かない。という方は

こちらをご一読くださいませ。

 

 

 

オンラインで学ぶカリキュラムコース

 

 

 

「既製服の縫い方の基本」を動画で学ぶ1回完結のレッスン

 

 

 

 

RANPIホームページ

 

 

 

レッスンで愛用している便利な洋裁グッズや小物、

サロンや自宅でのお気に入りのインテリアグッズを

載せています。ご参考までに♪

 

 

 

 
ご参考になりましたら、どうぞ
クリックをよろしくお願いします笑
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 自宅ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
      

 

 

      

       

 

■タイトル
NEWベーシックオンラインコースNEW
申し込み受付スタート!
まずは無料個別相談説明会へ。

カリキュラムで基礎から学ぶ
既製服の縫い方を身につけて
1年後の楽しくきれいに縫える
自分に出逢いませんか?
 

 

 

 

 

 

ブログにご訪問いただき、

ありがとうございます。

 

 

ソーイング本にも載っていない

学校でも教わらない”コツ”を知って

 

「10年かけてもできなかったのが出来た!」

 

あなたのハンドメイドを

既製服レベルにしませんか?

 

 

初心者でも既製服のようにきれいに仕上がる

ソーイングプレタスクール

【RANPI】主宰

曽根 かおりです。

 

 

 

 

 


長年のレッスン経験の中で、
ふと感じる時が時々あります。


何を感じるのかというと。。。



縫うことはみんなそれなりに
練習量に応じて上達していきますが


ふいの会話の中で


「ここまで理解してくれてる」


と思う時と


「あれ、そこでつまづいてた?」

と思う時です。





同じようにきれいに仕上がられる
2人の生徒さんがいたとして、



家でも、同じようにできるか、
つまづいてしまうか。


この違い、なんだと思いますか?
 

 

 

 

 

 

 

  洋裁が上手になる本当に秘訣を知っていますか?

 

 

 



その答えは、

 

 

パターンが読めるかどうか。

 

 

です。

 

 



 


ここを縫って、
次はここを縫って


そしてここをアイロンしたら、
このあとこういうふうに縫って
あとは裾、始末して出来上がりね。





こんな一連の会話、
実は
全て答えはパターンに書いてあります。





これがパターンを読めて作れているかどうかの違い。


つまり、一人で家でも
できるかどうかの違い。


は、ここにあります。





どうにか作れるけど、
一人で作るには心配・・
気が重い・・



という場合は

縫うことよりも、
パターンが読めていない。
という場合が圧倒的に多いのです。




そして更に厄介なのが
そのこと自体を
自分で把握しにくいのです。





なので何を強化していいか
わかりにくいのです。





パターンが読めるようになるには
もちろん場数は必要ですが、


1回1回服を作るたびに
パターンを用意しますよね、





そのたびに場数を増やしていけばいいのです。

せっかくその機会があるのに
早く縫いたいために
せっかくの場数のチャンスを逃してしまっていくのは
もったいないのです。




「今回は縫い代付きのパターンだったので」


とそのままカットして裁断しようとするのも
危険です^^




私は、
パターンを引いて、縫うことを依頼する側も

逆にメーカーからのパターンを預かって縫うことも

どちらも仕事としてしていましたが、




縫う側の仕事の時は、
仕事仲間は、縫うことは長けていますが
パタンナーではありません。


ですが、メーカーから預かったパターンを
生地を広げていきなり裁断する人は
誰一人いません^^





「パターンを読む」作業から
無意識で入っています。



縫っていく上で
それがどれだけ大切か
よくよくわかっているからです。


パターンを読んで
どうやって縫って、
どうやって仕上げていくか、

不明な点があったら、裁断前に問い合わせる。


全て理解した上で、手をつけ出したら
一切質問は来ない。
という場合がほとんどです。




趣味で洋裁をしているのに
これが、できるようになるのに
どこから手をつけたらいいのか・・・


迷うと思われますが、
私の長年教えてきた経験で、

確実に言えることがあります。





それが、正しく工業用パターンの縫い代がついた
パターンを使ってきれいに縫うこと。
を先に体験すること。




なので、
カリキュラムには正しい縫い代付きの
パターンがキットに入っています。


それを使って縫ってもらうことで
きれいに縫えることを学んでもらいます。




なぜこの順番かというと
きれいに縫うことができないと
パターンの縫い代と
頭がつながらないからです。





こちらからお渡しするキットで
動画とテキストとパターンで
まずは縫ってもらう。


そして
きれいに縫えたことにより、
縫い代が大切。だったり、
生地の選び方、
生地とデザインの関係、
アレンジの可能性



などなど、

さまざまなことがだんだんに見えてきて
可能性が広がっていきます。






ベーシックコースでは
これを8型のデザインを使って進めていきますが、





ただ8着を縫う。

のではなく、




お渡ししたいのは
8着学んだあとの
その先の未来の
可能性なんです。




コース終了時に
ソーイング本を見ると
これも、あれも・・・
なんでもできそう・・・!!



と思えるのは、
このカリキュラムに秘密があるからです^^





1年後、
 

宝石緑自信を持って、外に着ていける服が縫える。
宝石緑お子さんの服を好きなだけ作ってあげれる
宝石緑お孫さんの服をお好み通りに作れる
宝石緑お友達にも褒められて、作ってほしい。と言われる。






ソーイングを通して、
そんな自信を築いていきませんか?


自分に自信が持てるようになると、
子供や家族への対応、
仕事仲間への配慮、


が自分でも驚くほど変わってきます。

同じ「自分」の行動なので♪




第6期「ベーシックオンラインコース」
お申し込み受付中です。
詳細はこちらから↓↓

 

 





気になる方は
無料のzoom個別相談説明会にお越しください。
 

 

 

 



1月末日までのzoomお申し込みで
早期割引が適応されます。

(zoom日程は2月以降でも大丈夫です)




※ベーシックコースは、
ビギナーズレッスンのご受講が必須となっております。

 

 

 

 

本日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます

 

 

 

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

7ステップで学ぶメルマガ内容
【Lesson1】生地を買ってきたら水通しをしましょう
【Lesson2】パターンについて
【Lesson3】シルエットを左右する地の目について
【Lesson4】裁断について①
【Lesson5】裁断について②
【Lesson6】縫う前のひと手間。アイロン工程がカギ
【Lesson7】マチ針無しで、ミシンでズレずにきれいに縫うコツ

登録してもメールが届かない。という方は

こちらをご一読くださいませ。

 

 

 

オンラインで学ぶカリキュラムコース

 

 

 

「既製服の縫い方の基本」を動画で学ぶ1回完結のレッスン

 

 

 

 

RANPIホームページ

 

 

 

レッスンで愛用している便利な洋裁グッズや小物、

サロンや自宅でのお気に入りのインテリアグッズを

載せています。ご参考までに♪

 

 

 

 
ご参考になりましたら、どうぞ
クリックをよろしくお願いします笑
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 自宅ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村
      

 

 

      

       

 

■タイトル
NEWベーシックオンラインコースNEW
申し込み受付スタート!
まずは無料個別相談説明会へ。

カリキュラムで基礎から学ぶ
既製服の縫い方を身につけて
1年後の楽しくきれいに縫える
自分に出逢いませんか?
 

 

 

 

 

 

ブログにご訪問いただき、

ありがとうございます。

 

 

ソーイング本にも載っていない

学校でも教わらない”コツ”を知って

 

「10年かけてもできなかったのが出来た!」

 

あなたのハンドメイドを

既製服レベルにしませんか?

 

 

初心者でも既製服のようにきれいに仕上がる

ソーイングプレタスクール

【RANPI】主宰

曽根 かおりです。

 

 

 既製服の縫い方って

本当にどんなところにも

マチ針を使わないのですか?


こんな質問を

よくいただきます。



きれいに縫い上がるための

"丁寧"な作業。



それが、

マチ針をたくさん刺す

しつけをしっかりかける



これが丁寧な作業だとしたら、

私が教えている"丁寧"

全く違います。




それをしないための

"丁寧"はどこにあるのかというと



その前の前の段階。


パターンに縫い代を付ける。


きれいに縫い上がるための

縫い代を付ける。


ここです。


これが、

足元を固める作業。




大きなコートだったら

1日がかりです。








最初は一日かかっていても、

理解して、

慣れてくれば

これも1時間ほどであっと終わります。



これも、とりあえず終わらす。


のではなく、

どうしてそうなるのか。

なぜここはこうなるのか。

どうしてこうしてはダメなのか。



理由を理解して

最初はもどかしいくらいに

丁寧に練習していく。




これが、後々の

あっという間にきれい。


に変わります。




ここを本当に大切。


と実感できるには、

独学だと

洋裁歴20〜25年くらいかかるようです^^




こういう受講生さんが多いですが、

こういう方は飲み込みも早いです。


出来なかった経験をたくさん持っているから。




ただ、これを変えるには

ちょっと勇気がいるかもしれません。



その勇気の先には

もちろんスッキリ晴れ晴れ♪


楽しいソーイングが待っています。



そんな丁寧さの

楽しいソーイング




自分が楽しむことができれば

家族のもの、

子供のもの、孫の物、

友人へのプレゼント






そんなものまで

自信を持って出来る♪




ずっと続けるソーイングなら

基礎を学んでみませんか?

 

 

 

2023、4月スタートの

第6期ベーシックオンラインコース

60分の無料個別相談説明会を

行っております。

 

 

早期特典もあります!!

ぜひご参加ください。

 

 

 

ベーシックコースの詳細をお読みいただいて、

不安や疑問などが無いように、

そして、

このコースが本当に

あなたのやりたいことと

合っているか。

 

 

確認してほしいからです。

 

 

時間とお金はとても貴重です。

 

受講し出してから、

なんか違った・・・

となっては残念過ぎます。

もちろん、私も残念過ぎます。

 

 

 

納得してから

お申し込みしてくださいね。

 

 

無料個別相談会お申し込みはこちらから

 

 

本日も最後までお読みくださり、

ありがとうございます

 

 

 

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

既製服のようにきれいに縫えるソーイング無料メルマガ

7ステップで学ぶメルマガ内容
【Lesson1】生地を買ってきたら水通しをしましょう
【Lesson2】パターンについて
【Lesson3】シルエットを左右する地の目について
【Lesson4】裁断について①
【Lesson5】裁断について②
【Lesson6】縫う前のひと手間。アイロン工程がカギ
【Lesson7】マチ針無しで、ミシンでズレずにきれいに縫うコツ

登録してもメールが届かない。という方は

こちらをご一読くださいませ。

 

 

 

オンラインで学ぶカリキュラムコース

 

 

 

「既製服の縫い方の基本」を動画で学ぶ1回完結のレッスン

 

 

 

 

RANPIホームページ

 

 

 

レッスンで愛用している便利な洋裁グッズや小物、

サロンや自宅でのお気に入りのインテリアグッズを

載せています。ご参考までに♪

 

 

 

 
ご参考になりましたら、どうぞ
クリックをよろしくお願いします笑
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 自宅ハンドメイド教室へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ
にほんブログ村