Seven Hills Diary

Seven Hills Diary

セブンヒルズアドベンチャー代表・池ヶ谷誠の日記です。
ツアーレポートや告知、日々の出来事などを綴っています。


東京近郊でアウトドアツアーを通年開催。
★セブンヒルズアドベンチャーのHPもチェックしてね!
http://www.sevenhills.jp/

DSC00607 

 

本日は埼玉県越生でトレラン。確かに「おごせ」って知らないと読めませんよね。

太田道灌推しの越生です。

 

DSC00632 

 

大田区グルメトーク面白かったです。

「ル・ガリュウM」の丸山さんは、パリのエルグアッシュで修行、新宿のトロワグロで統括シェフを務めた実力派シェフです。2階のイートインの器もとても良く、飾られているロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートも見所です。「はしごや酒肆」も品揃え抜群で舌が肥えている女将さんが痛快です。町中華の「大連」もナイスですし、はしごやさんの女将さんは「くろさわ東京菜」を推してましたー。

以上、大森グルメ関連。

 

DSC00653 

 

今日は人数多めでしたので食材について語れなくてスミマセン。

次回はイタリアンについてスポット当てていきましょう。

 

DSC00643 

 

そろそろアジサイの花が咲く季節。

 

DSC00651 

 

フィジカル強し〜♪

 

DSC00710 

 

健康と美味しさの両立はなかなか難しいですけど、

大谷選手を見習ってまだまだ追究していきましょう〜。

 

DSC00723 

 

集合写真。

 

DSC00736 

 

フットワークの達人。

 

DSC00778 

 

ひゃっほい!

美容情報もコツコツと収集しておきますっ!

 

DSC00801

 

本日はおしゃべりタイム多めのトレランとなりました。

下山時間が少し遅くなってしまいスミマセン。

ご参加の皆様、本日はありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

本日の動画。

DSC07881 

 

観光サイクリングin川口の集合は川口元郷駅。

駅近くの駐車場が利用しやすいため、こちらの駅集合になりました。

JRの方がアクセスしやすい方は、川口駅から歩いて約15分、または川口駅から川口元郷駅までバス利用も可能です。

 

DSC07869 

最初に訪れるのは旧岩渕水門。

昔、荒川下流部分は現在の隅田川を流れていましたが、治水のため明治44年から昭和5年にかけて約22kmの区間に人工的に放水路を造り現在の荒川となりました。この水門は大正5年から大正13年にかけて造られたものです。通称、赤水門。

 

DSC07873 

 

草刈りの碑。

昭和13年〜昭和19年の間、各都道府県の大会を勝ち抜いた強者が(全国で4万人が予選に参加)赤羽岩淵に集結し、「全日本草刈選手権」を開催していたそうです。優勝の商品は牛1頭!

 

DSC07876 

旧岩渕水門の老朽化に伴って、昭和50年から昭和57年にかけて造られたのが新しい水門。

青水門と呼ばれています。

 

DSC08018 

増幸産業の敷地内に展示されている18ポンドカノン砲。

幕末の1852年、津軽藩より依頼を受けた増田安次郎(増幸産業の前身である増田屋初代)が砲術奉行の高島秋帆と協力し作りあげられた大型大砲のレプリカ。全国の台場に213門の大砲と41,323発の砲弾を納入し、国防の最前線を担っていました。

 

DSC08013 

川口市立文化財センター。

伊奈忠治(赤山陣屋)・富士講・安行原の蛇造り・鋳物・軟化栽培あたりを中心にご覧ください。

 

DSC08005 

 

旧田中家住宅。大正12年完成の洋館、昭和9年に増築された和館を見学します。

田中家は材木商・味噌醸造業で財を築いたそうです。

 

DSC07966 

 

洋館は調度品も含め唸るばかりです。

設計は櫻井忍夫さん。ジョサイア・コンドルの孫弟子にあたります。

 

DSC07995 

昔は洋館だけの建物ではなく和館もくっついていることがスタンダード。

和館も素晴らしかったです。

DSC08010 

 

錫杖寺は徳川将軍が日光社参の際に立ち寄った古刹です。

日光御成道沿いにあるため休憩所として利用されていました。

 

DSC08028 

昼食は「ラ・クッチーナ・デル・チェロ」を予定。とても美味しいイタリアン。

天候に左右される自転車ツアー。直前にしか予約を入れられないため、予約状況などによっては「ステーキやるじゃん」または「海老家味可久門」というお店に変更いたします。

 

DSC07888 

 

川口駅前に移動してキューポラオブジェ。

地金を溶かすのに用いる円筒型の直立炉です。

 

DSC07884 

 

「500を数える鋳物工場、キューポラという特色ある煙突。江戸の昔からここは鉄と人、汗に汚れた鋳物職人の街なのである」

1962年の映画「キューポラのある街」より。

 

DSC07895 

 

川口駅東口を見守るライオン像。

元はパチンコ店が目立つものをと作ったそうですが、そのパチンコ店はビルから撤退。

飼い主がいなくなっても逞しく鎮座しています。今後の運命やいかに。

 

DSC07901 

 

青木町平和公園にある東京オリンピック(1964年)で使われた国立競技場聖火台レプリカ。

制作は川口屈指の鋳物師、鈴木萬之助・文吾親子。最初に湯入れしたものは枠から吹き出して失敗だったそうで、オリンピックに使用されたのは2度目の製作のもの。実はこのレプリカは湯入れに失敗した最初のものを補修し展示しています。昭和33年に公園に設置したそうなのですが、当時は柵もなかったためゴミまで投げ入れられていたとか。

 

DSC07912 

八丁堤は1629年に見沼溜井を築造するために造られた堤。

江戸時代初期、江戸湾に流れ込んでいた利根川を銚子に通す利根川東遷により、下流地域の水害の危険度は低くなりましたが、その代わりに農業用水も不足するようになったため、伊奈忠治によって築造された見沼溜井。堤の長さが八町(約870m)あったことから八丁堤と呼ばれました。

その後、1727年に新田開発のため見沼溜井は干拓され田んぼとなります。

 

DSC07915 

見沼通船堀は新田開発で米が収穫できるようになった1731年に完成した閘門式運河。

収穫した米は年貢米として江戸まで船で運ぶのですが、芝川と見沼用水の水位が違うため関(水門)を作って水位を調整し船を通しました。

 

DSC07929 

 

関八州の治水工事を指揮した伊奈忠治。

利根川東遷や見沼溜井など、江戸のインフラを整備した偉人です。

 

DSC07934 

 

伊奈忠治が赤山領の拠点として築いた赤山城(赤山陣屋)。

イイナパーク川口のすぐ近くです。

 

DSC07942 

安行農産物直売所でお買い物。

川口市木曽呂地区ではボウフウの生産地として有名なようです。

主に高級料亭などで刺身のつまに使われるそうです。

私たちはそのまま食べたのですが、とても美味しく体にも良さそう。

入荷しないことも多いようなので運次第ですね。

 

DSC07951 

 

安行原の蛇造り。

毎年5月24日に五穀豊穣、天下泰平、無病息災等を祈願した年中行事。

藁で全長10m程の蛇を作り、大欅(現在はやぐら)に掛け、最後に百万遍を行います。

 

DSC07954 

鳩ヶ谷にある御成坂公園。日光御成道は本郷追分から幸手宿の手前で日光街道に合流するまでの約48kmの街道。もとは鎌倉街道中道でした。

徳川家康が日光東照宮に祀られて以来、歴代将軍が日光社参の際に通る特別な道が日光御成道です。鳩ヶ谷宿は陸路と舟運が交わるジャンクションとして栄えました。

 

DSC08058 

 

お土産(おやつ)は三幸菓子舗で和菓子。

 

DSC08064 

草もちが人気です。

 

DSC08035 

そして川口といったらシャンドワゾー。

 

DSC08049 

最後に近くの公園でパクつく予定です。

 

DSC08051

 

ケーキを食べたら川口元郷駅に戻ります。

こんな感じの川口ツアー。ご都合つきましたら是非!

DSC08243 

 

久しぶりに栃木県の日光男体山へ。

10年前は二荒山神社〜男体山〜志津乗越〜戦場ヶ原〜二荒山神社と周回しましたが、

今回は二荒山神社ピストンなので軽めです。

 

DSC08246 

 

ミツバツツジとシロヤシオの紅白が見事。

 

DSC08252 

 

ツツジを抜けると岩場の急登。

登りはキツく下りは危ない。

登山者も多くてトレランにはあまり向いていない山ではある。

なので男体山はたま〜に登る山になってしまいます。

 

DSC08260 

 

山頂。日光の氏神様である二荒山大神と。

 

DSC08269 

 

男体山の神と赤城山の神が、大蛇と大ムカデに姿を変え、戦った伝説から。

剣の刃は赤城山方面に向いています。

 

DSC08278 

 

さ、下り〜。

 

DSC08314 

 

中禅寺湖を眼下に。

 

DSC08338 

 

岩場セクション。

浮石はあまりないので下りが上手でしたらヒョイヒョイと駆け下りること可でした。

しかし登山者も多いため歩き中心になりますね。

まぁ、こういう岩場は安全第一でいきましょう。

 

DSC08368 

 

舗装路の下は快適なトレイル。

 

DSC08388 

 

最後はダダーっと二荒山神社へ。

 

DSC08425 

 

男体山トレランは行程短めのため、下山後はぷち観光。

英国大使館別荘&イタリア大使館別荘に立ち寄ってきました。

 

DSC08427 

 

特にイタリア大使館別荘はカッコイイ!

アントニン・レーモンドの設計で、和の要素をふんだんに取り入れています。

杉皮張りで網代・矢羽根・市松模様の和の様式がアクセントに。

 

DSC08431 

 

中禅寺湖の桟橋からのイタリア大使館別荘の外観が素晴らしいんですよー。

 

DSC08434 

 

市松模様と窓の格子が調和してカッコイイですよね〜。

昭和3年に建てられイタリア大使館別荘として使われていましたが、

平成9年に栃木県が買い取り修復と復元をします。

その時にレーモンド事務所に保管してあった図面から、

イタリア大使館別荘はレーモンドの設計であったことが確定したというのも面白い逸話です。

観光用に一般開放する都合上、強度の問題から鉄骨造りで建てられ日光杉の樹皮や竹などを貼り付け、

床はモミの木を敷き詰めているため、木造にしか見えない建物で見事です。

 

DSC08436 

 

お土産は羊羹で綿半さん。

1787年創業の日光羊羹のルーツのお店。

日光に行った時の定番で、水羊羹が特にオススメ。

 

DSC08438 

 

洋菓子のお土産で明治の館駅前店へ。

1977年創業の西洋料理&スイーツのお店。

 

DSC08452 

 

打ち上げは栃木まで移動し雅秀殿。

栃木IC近くの大箱中華。

高級中華っぽい内装ですが、価格は意外とリーズナブル。

味も美味しいので重宝するお店です。

 

DSC08442

 

陳麻婆豆腐もしっかり辛い!!!最高です。

ご参加の皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました!