なぜ家賃がタダになるのか。

給与の3割ともいわれる「家賃」を上手くコントロールして貯蓄を増やすことができます。


独身のワンルームでも月に6万円であれば、年間72万円掛かります。これは20歳から定年までの60歳までの40年間で2,980万円です。


つまり、この家賃をタダにすることができれば、収入が同じでも定年までに3,000万円多く貯蓄ができます。



家賃タダの基本戦略

私の取ってる家賃タダの基本戦略です。


家賃をタダにするための基本戦略は自宅は賃貸では無く購入して、購入価格より高い金額で売却することができれば家賃はタダ+売却益という人生を得ることができます。


少し前まで、都内のタワーマンションを移り住んで似たことをやっている方のことを「空中族」とマスコミでやっていました。

(ネーミングセンスは僕ではなくマスコミが悪いです)


ただ、彼らは都内の不動産バブルに乗っている、いわば「他人まかせ」の売却益です。既に都内の不動産は売れ残りや融資の引き締めから、値下がりが始まっておりタワーマンションで今から家賃タダを実践するのは難しいと思います。


ではどのように売却益を得る不動産の買い方/売り方を見てみましょう。



安く買って高く売るための付加価値とは?

買値よりも高く売るために僕が実践していることは非常にシンプルで「リフォーム」です。


「築古マンションを底値で購入し、リフォームをして売却をする。」非常にシンプルですが、リスクを押さえて稼ぐことができるスキームだと思います。


僕のスキームでは500万円前後のマンションを購入し、数百万円リフォームをすることで、1000万円以上で売却するということを繰り返します。


一回の売却益は200~500万円程ですが、売れるまでの家賃を考慮すれば、500~1000万円程得している計算になります。


しかも、不動産投資では売却益が500万円出ると、最大で200万円の税金が取られますが(短期売買による所得税+住民税で40%取られます)自宅であれば、3000万円までの売却益に対する税金はタダなので売却益の500万円は丸々あなたの手元に残ります。


「リフォーム」と言っても、デザインや機能性、ターゲットとする売却先のニーズ等、やってみると結構面倒なことが多いと思います。


この「面倒くささ」と「一人1件しか税金を無税にできない」という法律が参入障壁となり、あなたの住む町で競合は非常に少なくなるでしょう。


もっと詳しいスキームやリフォーム費用の抑え方等、ご連絡頂ければ相談に乗ります。

皆さんも家賃タダを経験してみてはいかがでしょうか。