iPhone写真家 SETSUKOのブログ

iPhone写真家 SETSUKOのブログ

iPhoneで写真を撮って自分好みに加工をするiPhone写真にはまりました。主に身の回りにある植物や風景を撮っています。小さな植物にも名前が付いていること、面白い特徴があること、植物の世界の不思議にも魅せられています2022.01からはiPhone13PRO です。


南條美恵 写真展 

仕事場

Place M Yokohama 

2024.4.9〜4.14

12:00 ~  19:00(最終日16:00)





彼女とは、iPhone写真教室でご一緒させていただいて、写真という世界に足を踏み入れた仲間。

このiPhone写真教室で、ご一緒した仲間はそれぞれ活躍をしている。

私は結局iPhone止まりだが、ほとんどのメンバーが一眼レフ、それもフルサイズのカメラを今、使っている。


美恵さんの視点は、独特で、私は好きだ。


最近は、仕事場をテーマに、作品を使っている。


2年前、初個展を都内でされたが、

その頃の私は、私自身個展をするなんて考えてもいなかったから、すごいなぁと尊敬の念でした。


そして、第二弾、仕事場も見たいと、切望し、

それが今年叶いました。


初めの頃の仕事場は、

仕事場にある物が中心で、あまり人が写っている写真はなかった。


今回の印象は、たくさんの人が写っていて、

仕事場の緊張感、臨場感が伝わってくる写真でした。

おそらくこのような写真を撮るには、

信頼関係の構築があってこそだと思います。




相手は危険を伴う仕事をしているので、

そこに、カメラマンがはいるということはとても、

大変なこと。


実際に、ヘルメット、防護服、安全靴で

撮影に臨むそうです。


緊張感が張り詰めるなかの、ふとした時の、

緩んだ表情が、とてもいい感じでした。








今回のプリントは全てご自身でやられたそうです。

今回は、前回がA4サイズだったが、A3ノビのサイズ。

展示も小さなマグネットを使い、

鏡がない分、画面の広がりを感じながら

拝見できたように思う。



PlaceM Yokohamaの特徴的な

展示ルーム。

ここは小さな写真がたくさん。



夜間に10万と書かれていたが、その意味は?

どうでもいいことだけど気になった。


前回とは.ガラリと変わった見せ方の展示でした。


またまた次が、楽しみな展示でした。


会場の最寄駅

反町 

可愛らしい建物の駅でした。



初個展

仕事場