大津秀一 オフィシャルブログ 「医療の一隅と、人の生を照らす」 Powered by Ameba -3ページ目
2018-10-16 13:16:28

私の好きな言葉は公正です 免疫療法

テーマ:■緩和ケア医のひと言

各所で不正の風が吹き荒れています。

 

 

文春オンラインの下記記事。よくまとまっています。

 

ノーベル賞受賞で再注目「免疫療法」は「まゆつばもの」だらけだった

 

なぜ免疫細胞療法を行っている民間のクリニックは、それをやめられないのでしょうか。その大きな理由の一つとして考えられるのが、クリニックのバックに、免疫細胞の培養会社がついていることです。

 これらは「株式会社」ですから、売上を伸ばさなければ株主に突き上げられます。私はある培養会社の投資家向けの資料(IR情報)で、「今期は売上が伸びなかったので、来期は患者を〇パーセント増やす」といった趣旨のことが書かれているのを読んだことがあります。つまり、資本主義の論理に基づいて、運営がなされているのです。

 そのため、こうしたクリニックはネット広告やがんセミナーなどを行って、たくさんのがん患者を集めようとします。ある培養会社の取締役には、大企業の元役員、厚労省の元官僚、大学病院に勤めていた医師なども名を連ねていました。また、最近では、テレビCMでおなじみの某美容外科系の医療法人も免疫細胞療法のクリニック運営に乗り出しています。「医は算術なり」という言葉もありますが──医師だけでなく、企業家にも倫理はないのかと、本当に嘆かわしく思います。

 

医療ジャーナリストの鳥集徹さんのこの記事も含め、出ている様々な情報から鑑みるに、患者さんやご家族が知らないと大変な目に逢いかねない状況があります。要注意です。

 

また『がん治療の虚実』の押川勝太郎先生が指摘されているように、数ある免疫クリニックの中で、特定のクリニックが媒体で何度も紹介されているのには作為的なものを感じます。

 

これが 便乗がん免疫療法だ!+警鐘記事リスト

 

押川先生が上のリンクで挙げられている最近のフライデーの記事と、以前の記事(「注射1本でがん消滅」の治療がうけられるニッポンの病院はここだ)で、紹介されているクリニックが同じことが確認されます。

 

 

そして今や、そういうクリニックがお手盛りの患者会を作るという手段に出ていることまで漏れ聞きます。

 

一部政治家も巻き込んでいる等、大きな力を有しています。

 

 

それにしても、”テレビCMでおなじみの某美容外科系の医療法人も免疫細胞療法のクリニック運営に乗り出して”とは知らなかったです。確かに調べてみるとそうでした。

 

私が好きな言葉は公正です。

 

RESERVA予約システムから予約する

 

★診療のサイト「早期緩和ケア大津秀一クリニック」

 

 

★緩和ケアの情報をわかりやすくお伝えするサイト

「緩和ケア相談所」

早期緩和ケア相談所

 

早期緩和ケア外来・相談のFacebookページです。

 

早期緩和ケア外来・相談facebook

 

※いいね、フォロー等何卒よろしくお願い申し上げます。

 

★クリニックホームページ、Facebookページからメルマガ登録ができます。

ご登録をお待ちしております。

 

『緩和ケアちゃんねる』(YouTube)です。

ぜひチャンネル登録・ブックマークよろしくお願い申し上げます。

緩和ケアちゃんねる 早期緩和ケアクリニック(東京都文京区目白台)外来主宰の緩和ケア医(緩和医療医)大津秀一運営

 

 

 

 

 

 

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース