人生は本当に選択の連続。

 

中での医療は、生死に関わるため、とかく選択は難しいもの。

 

「私にとってのいいお医者さんは

患者がどう生きたいのか?

その為にはどういう治療が

いいのか?を

一緒に考えてくれるお医者さん」

 

大島さんのそのお言葉が響く。

 

緩和ケアを専門とする医師は、これが仕事でもある。

 

もっとも良い選択をできるように全力で支援する。

 

大島さんが苦痛少なく過ごせることを願う。